JavaScriptが学べる企業研修おすすめ5選【未経験から経験者まで】

JavaScriptの研修って実際どうなの?
JavaScriptの研修を受けるにはどうすればいい?

新入社員や、既存の社員に向けてJavaScriptの研修を実施しようとお考えの企業の方は、このようにどんなことが学べるのかや、どのようにして研修を受けることができるのか悩まれるでしょう。

JavaScriptの研修を検討されている方は、まず始めにJavaScriptの基礎知識やどんな形態の研修があるのかを事前に把握しておくことが必要です。予め知っておかないと、高額なお金を払ったが思ったような効果を得れないことにも繋がります。

そこで本記事では、

JavaScriptの基本的な知識と、研修を提供している企業を特徴や料金も併せてご紹介します!

Javascriptとは

画像:Shutterstock

JavaScript(ジャバスクリプト)はプログラミング言語のJavaと似ていますが、全く別のプログラミング言語です。

JavaScriptはフロントエンド言語のなかの一つで、Web上にあるサイトやサービスのほとんどに用いられている汎用性の高い言語です。

Javascriptの特徴

JavaScriptはWebサービスのシステムを作るものではなく、主に動きやアニメーションなどを実装することができます。

現在Web上にあるサイトのほとんどにJavaScriptが使われており、ほぼ全てのブラウザで動作させることができます。JavaScript単体では、チャットアプリや簡単なゲームアプリの開発も行うことができます。

Javascriptを学ぶべき理由

JavaScriptはWeb開発には必須のプログラミング言語なので、Webに関する開発を行う企業は必ず学んでおく必要があります。

例えば、Web制作会社を例にすると、JavaScriptを用いたサイトでは華やかなアニメーションや、スマホで便利なハンバーガーメニューの実装ができます。

しかし、JavaScriptを用いないサイトでは、サイトになんの動きもなく、ユーザーインターフェースが貧相なサイトになってしまいます。JavaScriptを学ぶことで、Web開発におけるできる事の幅が非常に広くなるので、Webに携わる方は必須の言語です。

Javascriptの企業研修を外部委託するメリット

画像:Shutterstock

汎用性の高いJavaScriptを学ぶために、研修を外部委託される企業も増えてきています。

「外部委託するのって、実際どうなの?」と思われる方もいますが、外部委託するメリットは以下の3つです。

  • 研修の準備や手間を省ける
  • 経験豊富な講師から学べる
  • 助成金が支給される

研修の準備や手間を省ける

JavaScriptの研修を外部委託せずに、自社で行うとなると準備に手間がかかります。調べてスライドにまとめたり、研修生が学びやすいように演習課題を考えたりしなくてはなりません。

しかし、外部委託することによって、このような準備の手間を全て省くことができます。

外部委託すると、費用がかかりますが、その分JavaScriptのプロの講師から教えてもらえたり、準備の手間が減る事などを考えると、費用対効果は大きいので外部委託は得策だと言えます。

経験豊富な講師から学べる

外部委託すると、非常にレベルの高い、実務経験豊富な講師から学ぶことができます。

このような研修を提供しているサービスの講師陣は、JavaScriptと教育のエキスパートであり、JavaScriptで長年エンジニアとして働いていたり、資格を持っていたりします。

また、JavaScriptの知識だけを持っていても、それをどのようにビジネスに活かすのかも伝える必要があるので、その点においても外部委託は特化しています。

助成金が支給される

JavaScriptの研修目的が社内人材育成のためであれば、国や団体からの助成金が支給されます。さらに、研修費用を経費で削減することもできるので、実質的に通常の支出よりも安く研修を受けることができます。

厚生労働省がこのような助成金を定めており、「人材開発支援助成金」が適用され、制度の内容や申請に関しては下記のリンク先をご覧ください。

人材開発支援助成金(厚生労働省)

企業研修の種類

画像:Shutterstock

JavaScriptの企業研修の種類に関しては、セミナーのような「講座形式」とeラーニングなどの「オンライン形式」の2つがあります。

それぞれで、行う学習内容や、学習の環境も異なるので、どのような違いがあるのかを事前に把握しておきましょう。

講座形式

「講座形式」の研修とは、一般的なセミナーのような形式の研修で、実際に企業が準備している会場に足を運んで、受ける研修となっています。

特徴

講座形式の特徴としては、一方的にJavaScriptの説明を聞き、その後に演習課題を行うようなカリキュラムが特徴です。基本的には1~3日間の研修期間となっており、前半で講師の方がJavaScriptを用いたプログラムの組み方や環境構築の方法を教えてくれます。

研修の後半では、実際にパソコンを使って何か小さなプロダクトをJavaScriptを用いて開発するような内容となっています。

こんな人におすすめ

講座形式がオススメの人は、JavaScriptの全体像を掴み、詳しいことなどは自分で調べて学習できる能動的な人に向いていると言えます。

講座形式は時間が限られており、スケジュールもタイトなので、短時間でJavaScriptの全体像掴むような内容となっています。
もっとJavaScriptの知識を深めようと思うと、研修後も自分で学習をする必要があるので、自分で学習計画を立てて取り組める人にオススメです。

オンライン形式

オンライン形式の研修では、ビデオ通話を利用したマンツーマン学習、動画学習、Eラーニングなど、様々な学習カリキュラムがあります。

研修会場に行く必要がないので、自分の好きな時間に学習を進めれたり、会場費を削減できるメリットがあります。

特徴

オンライン研修の特徴としては、講座形式の一方的に聞く姿勢とは異なり、自分で手を動かしてプロダクトを作りながら学んでいくので、自主的にJavaScriptを学習することができます。

研修生一人一人に、講師が付いて、プロダクトの開発を目的にJavaScriptの学習を進めていきます。

基本的には学習教材に沿って自分で進めていく形となりますが、分からないことや、エラーになった際には、チャットやビデオ通話を通じて講師に質問することができるので安心です。

こんな人におすすめ

オンライン研修は、高い意識を持って自主的に学習を進めることのできる人にオススメです。

ゴールとして、何か成果物を作ることにフォーカスしているので、トライアンドエラーを繰り返し根強く継続できる人が向いています。

また、自分のペースで学習を進めることができるので、仕事と両立して学習を進めることができます。

講座形式のおすすめ企業研修3選

画像:Shutterstock

カサレアル

カサレアルのJavaScriptコースは、2日間の研修となっており、JavaScriptの基礎学習をハンズオンと、演習を通じて体系的に学習するコースとなっています。

JavaScript以外にもnpmwebpackなどのJavaScriptを扱うなら必ず必要になってくるツールの扱い方も学ぶことができます。カサレアルのJavaScript研修を受けることで、規模の大きなアプリケーションを作る基礎を身につけることがでいます。

  • 料金:90,000円(税抜)
  • 受講人数:記載なし

トレノケート

トレノケートのJavaScript研修は、JavaScriptの基礎を学びたい人、Web上で動作するアプリケーションの開発を行いたい方を対象とするカリキュラムとなっています。

トレノケートでは、JavaScriptだけでなくビジネスで使う事にフォーカスした講師陣が在籍しており、経験豊富なエンジニアや資格を多数所有する講師がいます。

研修期間は2日間となっており、前提としてHTMLとCSSでWebページを作ることのできる人が対象です。

  • 料金:110,000円(税抜)
  • 受講人数:記載なし

NECマネジメントパートナー

NECマネジメントパートナーのJavaScript研修では、まず始めに基礎的な記述方法を学び、最終的には実際にWeb上で動作するサイトを開発します。

Webサイトに必須である、ドロップダウンリストやメッセージを動的に変更したりなどを演習を通じて学習できるので、実践的なスキルが身につきます。

  • 料金:68,000円(税抜)
  • 受講人数:記載なし

オンライン形式のおすすめ企業研修2選

画像:Shutterstock

TechAcademy

引用元:テックアカデミー https://techacademy.jp

TechAcademy(テックアカデミー)は日本最大級のプログライミングスクールとして有名であり、JavaScriptの研修コースもあります。

テックアカデミーの特徴は完全オンラインで学習を進めることができ、目標物に向かって講師とマンツーマンで学習を進めていきます。

JavaScript以外にも、HTML/CSS、Vue.js、Bootstrap、jQuery、FirebaseなどWebアプリケーションを開発する上で欠かせない事を学習できるので、非常に実践的なスキルが身につきます。

  • 料金:記載なし
  • 受講人数:記載なし

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾の法人向けのプログラミング研修は「完全オーダーメイド&専属マンツーマン指導」で業界でもトップクラスのお客様満足度を獲得しています。

完全オーダーメイドのカリキュラムとなっているので、お客様が本当に必要としているスキルに絞って学習して頂けるので、時間も費用も無駄のない研修です。

侍エンジニア塾では、オリジナルのアプリ開発を重視したカリキュラムで、実際に手を動かしながらJavaScriptを学ぶことができます。

  • 料金/受講人数:応相談

まとめ

JavaScriptの基本的な知識と、研修を提供している企業
を紹介しました。

JavaScriptはWeb開発を行う企業には必須のプログラミング言語であり、将来性も非常に高いのでオススメです。

ぜひこの記事を参考に、JavaScriptの研修を行なってみてはいかがでしょうか!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー