スライドショー スライドショー

【副業に最適】週末プログラマーのメリットについて解説

侍エンジニアの詳細はこちら


週末のプログラミングだけで稼げるのかな?
週末プログラマーはいくら稼げるのだろう?

こんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当記事をご覧ください!

当記事では、「週末プログラマーとは?」といった説明から週末プログラマーのメリット・デメリット、週末プログラマーになる方法まで、具体的に解説していきます。

当記事を参考にして、週末プログラマーデビューしましょう!

週末プログラマーってなに?

週末プログラマーってなに?

週末プログラマーってなに?

まずは週末プログラマーの概要を説明します。

土日はプログラマー、平日は別の本業

週末プログラマーとは、土日はプログラマーとして働く一方、平日は別の本業があるプログラマーのこと。

本業での収入に加え、週末のプログラマーとしての収入も見込めます。

本業でプログラマーとして働いている人々と分けるため、「週末プログラマー」と呼ばれているようです。

働き方改革から注目されてきた

週末プログラマーは、政府主導の「働き方改革」から注目されてきました。

基本的に週末プログラマーは在宅ワークでこなすことはほとんどです。

本業の以外の時間帯であれば、場所・時間に縛られない自由度の高い働き方といえます。

週末にプログラマーで仕事をするメリット

週末にプログラマーで仕事をするメリット

週末にプログラマーで仕事をするメリット

週末にプログラマーとして仕事をするメリットは以下の4つです。

  • 収入源が増える
  • 一生もののスキルが身につく
  • 本業の会社が倒産しても安心
  • 人脈が増える

それぞれのメリットを詳しくみていきましょう。

収入源が増える

週末プログラマーは、副業として収入源が増えます。

会社以外の収入源があれば万が一のときに安心です。

また、スキルアップ次第では、本業の収入超えも夢ではありません。週末プログラマーとして、収入源を増やせるのは、大きなメリットです。

一生もののスキルが身に付く

プログラミングは一時的なスキルではありません。

社会的にIT化が進んでおり、プログラミングスキルは長期的なスキルといえます。

プログラミングスキルが身につくのはもちろんですが、クライアントとのコミュニケーションスキルや自己管理能力など、広い意味で応用の効く「一生もののスキル」が身につきます。

本業の会社が倒産しても安心

時代の変化するスピードが加速している昨今、本業の会社が倒産しないリスクはゼロではありません。

週末プログラマーは、本業の会社が倒産しても安心です。

プログラマーとしての収入源があるため、プログラマーとしての収入源を伸ばしたり、週末プログラマーとして培ってきた実績で転職したりすることもできるでしょう。

万が一に備え、週末プログラマーを目指すのも選択肢のひとつです。

人脈が増える

本業だけだと、出会える人数は限られてくるでしょう。週末にプログラマーとして働くことで、本業では出会えない人脈が増えます。

新たな人脈は、プログラマーとしてのスキルアップやモチベーション維持に繋がるでしょう。

また、本業とは違った層を取り入れることで、良い息抜きにもなります。

週末プログラマーのデメリット

週末プログラマーのデメリット

週末プログラマーのデメリット

一方で、デメリットがあるのも事実です。週末プログラマーのデメリットは以下の3つです。

  • プライベートが無くなる
  • 家族との時間に影響
  • 健康に影響がある可能性も

週末プログラマーのメリット・デメリットを理解した上で、目指しましょう。それでは、週末プログラマーのデメリットを詳しく解説していきます。

プライベートが無くなる

平日の本業に加えて、週末はプログラマーと、プライベートの時間が無くなってしまいます。

プライベートの時間をしっかり確保したい方にとっては、大きなデメリットでしょう。

プライベートの時間を重要視している方は、週末プログラマーという働き方について、自分に合っているのか生活バランスを考えてみてください。

家族との時間に影響

プライベートが無くなることに付随して、週末プログラマーは家族との時間に影響があるでしょう。

週末プログラマーは、家族と触れ合う時間が減ります。

とはいえ、週末のプログラミング業務は本業と異なり、自分の裁量で仕事量を調節可能です。家族と話し合った上で、週末プログラマーを目指しましょう。

健康に影響がある可能性も

平日は本業、週末はプログラマーとなれば、自ずと休む時間が減ってしまいます。場合によっては、健康に影響がでる可能性もあるでしょう。

週末のプログラマー業務で健康に悪影響を及ぼしてしまうと、本業に支障をきたしてしまうケースも考えられます。

そうなると本業もおろそかになってしまい、本末転倒です。

自分の健康状態を考慮し、週末プログラマーとして働く必要があります。

週末プログラマー案件が探せる求人サイト【バイト・副業OK】

続いては、実際に週末プログラマーの案件が探せる求人サイトを紹介します。

Workship

Workship

Workshipは、マッチング機能とエージェントが組み合わさった「ハイブリッド型求人サービス」です。

週末プログラマー向けのリモート案件や週1日〜3日のさまざまな案件がそろっています。

最短即日マッチング可能です。AIによるスコアリング機能により、これまでの実績に応じ、企画担当者に効果的に魅力を訴求。

複業保険やトラブル窓口もあり、安心のサポート体制となっています。

Workship

Reworker

Reworker

Reworkerとは、「リモートワーク」「副業可」「フリーランス」など新しい働き方の求人だけを紹介する求人サービスです。

在宅ワークが豊富なため、週末プログラマーとして働きやすい案件がそろっています。自分の働き方に合った求人が見つかるでしょう。

Reworker

CODEAL

CODEAL

CODEALは、即戦力IT人材向けのマッチングサービスです。

登録者の平均年収は600万越えと、技術力のあるユーザーが集まっています。

社員・業務委託どちらの契約形態でも契約可能で、万が一本業の会社が倒産した場合でも、転職できる可能性もあるでしょう。

週末プログラマー向けの案件が豊富な求人サイトです。

CODEAL

Anotherworks

Anotherworks

Anotherworksは、企業と複業・フリーランスをつなぐマッチングプラットフォームです。

週末プログラマー向けの「休日OK」や「リモート可」などの案件が豊富。

また、「平日夜」の案件もあるため、週末以外もプログラマーとして働きたくなった方におすすめです。

自分の生活スタイルに応じて、自由度の高い働き方ができます。

Anotherworks

週末プログラマーを目指すならスクールがおすすめ

侍エンジニア

独学でスキルを身につけ、週末プログラマーになることも可能です。

とはいえ、独学の難しいところは「モチベーション維持」です。

一緒に学ぶ仲間がいない孤独感や、学習サポートや質問・相談できたり、鼓舞してくれるメンターがいないからです。

そこでおすすめなのが、スクールを活用したスキル習得です。

当社でもプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営しており、フリーランスの経験年数が3年以上のプロの現役エンジニアを中心とした講師で、個人に合わせたカリキュラム作成から実際の指導、案件の獲得法まで支援。

独自のカリキュラムを通じて、プログラマーとして、週末に活躍できるスキルを習得できます。まずは一度無料体験レッスンを受けてみてください!

無料体験レッスンを受けてみる

まとめ

週末プログラマーには、収入源を増やせることや人脈を増やせるなどのメリットがあります。一方で、プライベートの時間が無くなるなどのデメリットがあることも事実です。

当記事では、「週末プログラマーとは?」といった説明から週末のメリット・デメリット、週末プログラマー向けの案件を探せるサイトまで説明してきました。

週末プログラマーという働き方が自分に合っていると思った方は、案件獲得に向けてプログラミング学習をスタートしましょう。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら