エンジニアにキャリアプランは必須! 成長を実感できるプランの考え方

あなたのキャリアプラン どう考えていきます?

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

突然ですが、SEの皆さん! いま明確な『キャリアプラン』をお持ちですか?

仕事が忙しくて、そんなこと考えている暇ないよ!
まだ入社したばかりで、具体的には分からない。

なんて思った方もいらっしゃいますよね。急にキャリアプランと言われて、なかなかピンと来ない方も多いと思いますが、エンジニアが成長していく上でこのキャリアプランってすごい重要なんです。

特にキャリアプランを持っていないエンジニアは、なかなか成長できないという傾向にあります。いま伸び悩んでいる方やこれからエンジニアになろうとしている方はぜひこのキャリアプランの大切さを知っておいてください

それではどうぞ!

エンジニアのキャリアプランとは?

画像:Shutterstock

キャリアプランって何?

キャリアプランとは、「自分が将来的にどんな役職に就きたいか」「どんな仕事をしていたいか」を考え、目標を実現するために何をすればいいか計画を立てることです。

たとえば、知らない土地に放り出されて、目指す場所がなかったらどこに歩いていけばいいか分からないですよね。そんな時、街が見えたらそこを目指して歩きだすと思います。

この例えに出てくる「街」の部分があなたの「目標」になります。そして、そこまでの道筋が達成までのプランということです。

特にエンジニアはキャリアの幅が広く、将来の目標によって身に付けるべきスキルも変化するため、キャリアプランが重要視されています。

キャリアプランがないとなぜ成長できない?

画像:Shutterstock

エンジニアにとって、キャリアプランを持つことは重要な要素と考えられています。ここでは、キャリアプランを持たないエンジニアがなぜ成長できないかをご紹介します。

エンジニアのキャリアが増えた

昔であれば、エンジニアのキャリアは『プログラマー→SE→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー』という流れが主流でした。そのため、キャリアプランがなくても、自然とプロジェクトマネージャーを目指すキャリアを歩むエンジニアが多かったのです。

しかし、現代のエンジニアには様々なキャリアが用意されています。

例えば「プロジェクトマネージャー」のほかに「ITコンサルタント」「フルスタックエンジニア」「フリーランスエンジニア」などがあり、それぞれ要求されるスキルは変わっていきます。キャリアが多様化した結果、エンジニアにはキャリアプランを持つことが重要な要素に変わったのです。

キャリアプランによって学習すべきことは変わる

キャリアによって要求されるスキルは変化していきます。そのため、キャリアプランを持っていなければ、どのスキルを学習していけばいいか決められません。

現代のエンジニアは、ただ闇雲に働くのではなく『自分に何が足りないか・何から始めればいいか』を明確にしなければ成長できない訳ですね。

エンジニアにとって、キャリアプランは早いうちから明確にすることが重要になります。エンジニアを目指す段階で、どんなキャリアを築いていきたいかを決めておきましょう。

自己分析することができない

エンジニアに限らず、自己分析は自身の成長を促す大切な要素の1つですよね。

キャリアプランは、自己分析を行う上でも必要になります。自己分析で大事なことは、目標に対して『達成するために何が必要か』を把握することです。

目標がなければ、自己分析を行うことができず、成長するために必要なことが分からなくなってしまいます。まず、最終的なキャリアプランを立てて、そこから細かく目標を細分化して定期的にPDCAを回すことを心掛けましょう

キャリアプランを決めるコツ

画像:Shutterstock

過去を分析しよう

あまり意識して過去を分析することってあまりないですよね。でも過去には、色々な課題が隠れてるんです!

過去に「どんな失敗をしたか」「どんな成功があったか」「いままで何を目標にしていたか」を書き出してみましょう。特に失敗したことや成功したことは具体的になぜそうなったのかを細かく記載しておきましょう。

いまを分析しよう

次にいまの自分を客観的に分析してみましょう。いまの自分が会社で「どういう仕事を任されているのか」「どんなことが得意か」「どんなことを苦手としているか」を書き出して、1つづつ分析してみましょう。

分析していくことで、いま自分がどんな方向に進んでいるか見えてきますよね。まずはいま自分が何をしたいのか明確にしておきましょう。

期間を決めて、目標を明確にしよう

あまり目標が漠然としていても何すればいいかわからないですよね。

まずは「3年後」「5年後」くらいの自分がどんなふうになっていたいかを想像してみましょう。想像できたら、その目標に対して「今足りないもの」「これからすべき事」思いつくもの全て洗い出してみましょう。

ある程度洗い出せたら、出てきた課題に優先順位を付けることで、目標に対するプランが作成できますよ。

エンジニアの主なキャリアプラン

画像:Shutterstock

エンジニアにはどういったキャリアプランがあるのでしょうか。今回は、「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」「Webエンジニア」のキャリアプラン例をご紹介します。

システムエンジニアのキャリアプラン

システムエンジニアのキャリアプランとして、まず「基本情報技術者」「ソフトウェア開発技術者」の資格取得を目指しましょう。

できれば、1〜3年目の間に基礎的な資格は取得しておきたいですね。5年目以降には中堅社員として、担当業務が「要件定義」「外部設計」といった上流工程に変わっていきます。

そのため、表現力・解読力など「ドキュメント作成スキル」を伸ばしていきましょう。上流工程をこなしていくことで、次第に管理業務を行うようになってきます。

管理を行うようになると、成果を上げるためにはどうすればいいかが求められるように変化していきます。そのため「プロジェクトマネージャー」の資格を取得しておきましょう。

基本的にシステムエンジニアは社内で長期間働いていれば次第に評価されていきます。昇進するためには、業績の他に資格も必要になるので、資格取得を目標にしたプランを立てるといいでしょう

ネットワークエンジニアのキャリアプラン

ネットワークエンジニアには、技術力を表す明確な指標としてCCNAという資格があります。ネットワークエンジニアの基盤となる資格なので、まずはCCNAの取得を目標にしましょう。

大体1〜3年目までにはCCNAを取得しておきたいですね。中堅社員になるころには、技術力・知識はかなり伸びています。技術力に合わせて、上位資格となる「CCNP」「CCIE」といった資格取得を目指しましょう。

ネットワークエンジニアには主に、

  • プロジェクトマネージャー
  • ITスペシャリスト
  • ITコンサルタント


この3つのキャリアパスがあります。

資格取得と共に、キャリアパスに合わせたスキルを伸ばしていきましょう。

Webエンジニアのキャリアプラン

Webエンジニアには、最新のWeb知識やプログラミング言語の開発経験が必要です。

参加するプロジェクトによって必要なスキルが異なるので、システムの企画・設計の他にも、デザイン・コーディング・SEO対策・Webマーケティングなど様々な知識が求められます。

Webエンジニアが目指すべき資格の1つとして基本情報技術者が挙げられます。まずは、1〜3年の間に「基本情報技術者」を取得しておきましょう。

Webエンジニアの特徴として、転職時には職種を変更するのではなく、同業種の別会社に転職する方が多いです。なので、Webエンジニアとして、スキルを伸ばしていくことが重要になります。

スキルを伸ばして、待遇のいい企業に転職することを目指したキャリアプランを立てましょう。

キャリアプランがなかなか決められないあなたは……


エンジニアになりたてで具体的なキャリアプランが決められない。
これから目指すけど明確なプランは決めてないな。

エンジニアになりたての方やこれからエンジニアを目指す人にとって、今の段階で具体的なキャリアプランを作るのは難しいですよね。しかし、ここまでに解説したとおり、エンジニアにとってキャリアプランは非常に重要です。

しかし、あまりにも現状と乖離したキャリアプランを立てても意味がありません。キャリアプランは現実的かつ明確である必要があります。

なかなかキャリアプランが決められないという方は、一度プロに相談することをオススメします。例えば、これからエンジニアを目指すのであれば、転職エージェントなどを活用することでプロのキャリアコンサルタントに相談することができます。

プロに相談することで現実的かつ具体的なキャリアプランを立てることができますよ。

もし、転職エージェントなどを活用するのが面倒だと感じるなら、弊社侍エンジニア塾の無料体験レッスンをご利用ください。

あなたのキャリアに対する悩みからプログラミング学習や業界知識などさまざまな不安・疑問などに専属コンサルタントがお答えいたします。無料体験レッスンを受けることで、あなたのキャリアをより具体的にすることができますよ。

下記のカレンダーから簡単にご予約いただけます。お気軽にご利用ください。(オンラインでも受講いただけます。)

まとめ

いかがでしたか。

エンジニアにとって、キャリアプランがいかに大切かが分かりましたね。具体的なキャリアプランを持って仕事に取り組むことで、あなたのスキルも自ずと伸びていきますよ。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説