初心者がスマホアプリを開発する時に必要な言語とツールまとめ

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

昨今のスマートフォンブームでスマホアプリ開発をお考えの方も多いのではないでしょうか?

ただ初心者からすると

  • どんな言語を勉強すればいいのか?
  • 開発には何が必要なのか?
  • 開発環境はどうやって整えればいいのか?


など分からないことも多いですよね。

そこで今回は初心者向けにスマホアプリ開発に必要な前提知識をまとめてみました。

詳しい話を直接聞いて、最速でスマホアプリ開発をしたい人は「無料体験レッスン」へ気軽にお越しください!

【月500名以上が受講】1時間で人生が変わる無料体験レッスン
更新日 : 2019年6月25日

まずはじめに

そもそも初心者がいきなりスマホアプリ開発できるのか?

これは初心者の方が一番疑問に感じているのではないでしょうか?

結論からいうと、まったくの初心者でもスマホアプリ開発はできます!

なぜなら、まったくの初心者からアプリ開発をマスターして、フリーランスに転向した方や企業へ就職や転職に成功した方は多くいらっしゃるからです。

まったくの初心者だからといって、諦める必要は全くありません。

初心者なのになぜスマホアプリ開発ができるようになるのか?

まったくの初心者から成功した方は多くいるといわれても、なぜできるようになるのかイメージが湧かないですよね。

それは「学習サイト」「勉強会」「イベント」「プログラミングスクール」など初心者向けに用意された学習環境がたくさんあるからです。

現代では、初心者の方が学習しやすい環境が揃っていますので、まったくの初心者でも順番に学習していくことによってスマホアプリ開発のスキルを身につけることができるのです。

アプリ開発を仕事にしていく際に必要な考え方やマインド

アプリ開発の現場では、基本的に1人で開発を行うことは少なく、チームで開発を進めていきます。

そのため、開発を助けるGitHubのようなツールを使って同時にファイルを編集して開発を進めていきますが、そういった開発を前提に学習する必要があります。大切なのは、そういった現場に適応して仕事として成立するスキルを身につけることです。

このスキルがなければ、いくら質の高いアプリを開発したとしても評価してもらえることが難しくなります。仕事獲得を目指しているのであれば、改めて学習方法を考える必要がありますよね。

そこで手前味噌なのですが、侍エンジニア塾の無料体験レッスンの受講をおすすめしています。その体験レッスンでは、仕事獲得するための効率的な学習カリキュラムをプレゼントしているほか、仕事獲得までのノウハウを惜しみなく伝授しています。

さらに無料体験レッスン受講者全員に豪華3大特典をプレゼントしています!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート


さらに無料体験レッスン受講後にはAmazonギフト券1000円分プレゼント中!
「オンラインでの受講も可能」なので気軽に受講してみてください!

無料体験レッスン(オンライン可)の詳細はこちら

スマホアプリ開発に必要なモノ・お金とは

shutterstock_424224871

iPhoneアプリ

  • Mac
  • iPhone, iPadなどの端末(実機で動作確認用)
  • 11800円/年(AppStoreで配信する場合)

Android

  • WindowsかMac
  • Androidの端末(実機で動作確認用)
  • $25(初回のみ、GooglePlayで配信する場合)


Windowsをお持ちの方はAndroidアプリの開発ができますが、iPhoneアプリはまだMacでしか開発することができません。

iPhoneアプリを開発したい場合は、Macを購入しましょう。

MacであればiPhoneアプリとAndroidアプリのどちらも開発ができますので、PCをお持ちでない方はMacの購入を検討されてもいいですね。

またスマートフォンをお持ちでなければ、動作確認のために購入しておいた方がいいです。

ツールのシミュレーターでアプリの動作を確認できますが、実際に端末で動かした時と挙動が違うことがあるため、アプリを配信する場合や仕事で開発を行う場合などはスマートフォンで動作確認することが必須だからです。

最後に、アプリを配信するためには開発者として登録する必要があり、それぞれ費用が発生します。

iPhoneアプリの場合は年間11800円の費用が発生し、Androidの場合は初回のみ$25の費用が発生します。

あらかじめ登録して支払っておくと、開発者向けの便利な機能が使えたりするので、配信まで行うのであれば最初に支払っておいてもいいでしょう。

スマホアプリ開発に必要なプログラミング言語とは

shutterstock_376500178

iPhoneアプリ: Swift

Swiftは2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。

以前は「Objective-c」というプログラミング言語が使われていましたが、独特な特徴を持っていて扱いが難しい部分もあったため、使いやすく馴染みやすい言語としてSwiftが開発されました。

Swiftは、Apple製品だけでなくWebアプリケーションも作ることができるので、今後は様々な分野で活躍されることが期待されています。

iPhoneアプリ開発でもApple社もSwiftでの開発を推奨しているので、これからはSwifでアプリが作られていくでしょう。

iPhoneアプリを作りたい方は、Swiftを学習しましょう!

Androidアプリ:Java

Javaはシステム開発やゲーム開発など、広い分野で使われている人気のあるプログラミング言語です。

すでに20年以上前に作られた言語ですが、堅牢性や生産性の高さから今でも様々な分野で利用されています。

Androidアプリはそんな大人気のJavaで開発することができます。Javaを学習することで、Androidアプリ以外でも様々なものが作れるようになります。

Androidアプリを学習したい方はJavaを学習しましょう!

言語選定に悩んでしまうときは?

そうは言ってもアプリを開発するためのプログラミング言語を選ぶのに悩んでしまいますよね。

本当にアプリ開発が自分の目的に合っているのか
その言語で今後のキャリアを達成できるのか

このような不安があるのではないでしょうか?

このような不安を解消するためには、自分の目標を明確にして、プログラミング言語を選ぶ必要があります。自分の作りたいものが決まっていて、理想とする働き方がイメージ出ている人はこの「学習プラン診断」を使ってみてください。

この学習プラン診断では、あなたの作りたいものや理想とする働き方からあなたにぴったりなプログラミング言語と学習プランの提案をしています。ぜひ使って参考にしてみてください。
学習診断アプリを使う

スマホアプリ開発に必要なツールとは

shutterstock_426631645
スマホアプリ開発を行うためには、最初に必要なツールをインストールしたり設定を行ったりする「環境構築」が必要です。

環境構築がわかりやすく解説されている記事もご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください!

iPhoneアプリ

Xcode
Xcodeという専用ツールがあります。

アプリ開発に必要なありとあらゆる機能が盛り込まれています。

残念ながらWindowsでは使えずMacでしかインストールできませんが、Apple製品のアプリであればこのツール1つでどんなアプリでも作ることができます。

参考記事

Androidアプリ

Android Studio
以前はAndroidアプリ開発は「Eclips」というツールが使われていましたが、2014年頃からGoogle社によって作られた「Android Studio」というAndroidアプリ開発専用ツールが使われるようになりました。

公式でAndroid Studioでの開発が推奨されているので、今後はこちらを使った方がいいでしょう。

Windows、Macのどちらでも使うことができます!

参考記事

  • Windowsをお使いの方
  • Macをお使いの方

最速でオリジナルアプリ開発を実現したい方だけに

いかがでしたでしょうか?まったくの初心者にとってスマホアプリ開発は高い壁だと感じるかもしれません。ですが、アプリ開発ができるようになると「あれ作ってみよう」「こんなサービスいいかもしれない」と考えることが楽しく、毎日ワクワクできますよね。

今までにない、こんなサービスあったらいいよな

あのサービスにこの機能をつけるアイデアって良いかもしれない

こんなことを考えてワクワクできる方は、アプリ開発で仕事をすることが向いている可能性が高いです。いち早く現場デビューを果たし、アプリ開発プログラマーとしての一歩目を踏み出せるといいですね。

そうは言っても何を学習すれば良いのかがわからない

学習し始めたけど難しくてなかなか進まない

こんなことを考えているかもしれませんよね。今、挫折しているからといって才能がないというわけでは決してありません。あなたに合った学習方法が見つかってないだけです。すごくシンプルな理由なんですね。

そこで手前味噌ではありますが、侍エンジニア塾の無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?優秀なアプリ開発プログラマーになるためには、いかに早く現場に出てコードを書くかがすごく重要なわけですが、そこに至るまでにも開発現場に出ることができるぐらいのプログラミングスキルが必要です。

そこで無料体験レッスンを受講することで侍式の学習ノウハウを教えてもらうことをおすすめしているのです。さらに無料体験レッスン受講者全員に豪華3大特典プレゼントしています!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート

また、無料体験レッスン受講後にはAmazonギフト券1000円分プレゼント中!
以下のカレンダーから1分で予約でき、オンライン受講も可能ですので、ぜひご活用ください。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説