エンジニア研修が必要な理由2つ|企業が申請できる助成金について

今回は、企業におけるエンジニア研修のポイントについて、具体的な研修内容を交えながら解説していきます。

またエンジニア研修サービスを提供している機関や、厚生労働省に申請することのできる助成金の仕組みについても紹介します。エンジニア研修の重要性や仕組みを理解しましょう。

エンジニア研修のメリット

画像:Shutterstock

エンジニア研修とは、企業に所属する社員が受けるエンジニアリングに関する研修のことです。エンジニアとは、コンピュータを通したプログラミングやコーディングを担う、IT職を指します。

エンジニア研修とは、社員のスキルや技術をアップさせる目的で行われるもので、場所・講師・参加人数は、研修によってさまざまです。優秀なエンジニアを育てるためには、内容の充実した研修が重要となります。

優秀な人材が育成できる

エンジニア研修を社員に受けさせることで、エンジニアリングに精通した優秀な人材を育成することが可能になります。元からエンジニアに関する知識を持っている社員であれば、さらなるスキルアップを促せます。

もし、これまでエンジニアリングに触れたことがない社員ならば、基礎を固めるエンジニア研修に参加すれば良いでしょう。元々得意な人も、そうでない人も、全体の能力アップにつながるでしょう。

企業にとってエンジニア研修が必要な理由

画像:Shutterstock

企業にとってエンジニアはなくてはならない存在といっても過言ではありません。ですが、初めからエンジニアリング技術を有している社員はなかなかいないものです。

たとえ入社前に、学校でエンジニアに関しての授業を受けていても、すぐにエンジニアとして働くことができるわけではありません。実践的なスキルや知識を早く身につけるには、研修が最も的確な道だと言えるでしょう。

ITエンジニアが不足している

現在、ITエンジニアの需要は高まり続けていますが、一方で、ITに精通した人材は不足しています。要因としては、十分なスキルを持つエンジニアとなるまでに時間が掛かること、文系の社員はエンジニアの道を選びにくいこと、などが挙げられます。

長い時間をかけずにスキルアップを可能にし、実践的な知識を身につけやすいエンジニア研修は、こういったマイナス要因を解決するには良い方法です。

面接だけでは能力がわからない

企業が実施する採用面接において、エンジニアリングに関する技術や知識を図ることは難しいものです。ですが、エンジニア研修を行うことで、その社員がどれくらいできるのか、何ができないのか、ということを明確にすることが可能になります。

研修は能力を育てるだけではなく、能力を発見する場としても適しています。これによってエンジニア面接において、研修が役立ち、能力の的確な判断に結びつくでしょう。

エンジニア研修について

画像:Shutterstock

エンジニア研修とは、企業が実施するエンジニアリングに関する研修のことです。研修の場は社内に限らず、セミナー会場であったり、パソコン教室であったりなど、さまざまです。また、社員の実力に合わせて研修の難易度を選ぶこともできますし、研修の時間も自由に設定できます。エンジニア研修を望む社員一人ひとりに寄り添った研修方法で、効率の良いスキルアップを図りましょう。

研修の意味とは

エンジニア研修を行うことにより、社員は、エンジニアリングに関する技術や知識を身につけることができます。エンジニア研修を始める前からある程度の実力を持っている社員ならば、さらなるスキルアップを目的とした研修内容を設定します。

もし、これまでエンジニアリングに触れたことがない社員ならば、基礎からコツコツと知識を積み上げる研修が必要でしょう。

基本的な研修の内容

エンジニア研修の内容は、社員のレベルによってさまざまです。基礎的な専門用語の解説や、プログラミング言語の初歩から入る研修もありますし、実践的なコーディングについて指導する本格的な研修も存在します。

重要なのは、エンジニア研修を受ける社員のレベルを、研修レベルと合わせることです。簡単すぎたり難しすぎたりする研修では、ほとんど意味がありません。まずは社員の基本スキルを把握しましょう。

企業で行っている研修の種類

企業では、所属社員が研修を行ったり、専門の業者に依頼したりと、その会社によって、さまざまなエンジニア研修方法をとっています。

よく見受けられるのは、基礎知識を座学で解説するセミナー型の研修や、実際にコンピュータを使用してコーディング等の作業を行う実務研修です。エンジニア研修を受ける社員のレベルに添った研修内容を選びましょう。

代表的な企業の研修の内容

代表的な企業のエンジニア研修としては、即戦力人材向けの研修が多く見受けられます。そもそも採用募集をかける段階で、エンジニアとしての素養がある人間のみを選別していることもあります。

代表的な企業が請け負うエンジニアの仕事は、必然的に難易度が高くなるため、研修内容も基礎的なものというよりは、実践的なものが選ばれます。大企業においてエンジニア職を選ぶのであれば、ある程度のスキルは事前に持っていて当たり前だと考えるようにしましょう。

エンジニア研修の助成金について

画像:Shutterstock

企業がエンジニア研修を行うにあたって、厚生労働省に助成金を申請することができます。資金的に外部機関への研修依頼は厳しい、と考えている場合には、助成金を利用するのがおすすめです。

厚生労働省の提示する要件を満たして、必要な書類申請を済ませれば、助成金を受け取ることが可能です。今回は助成金の申請の流れなどについて紹介します。参考にしてみましょう。

7つのコースがある

厚生労働省が出している人材開発支援助成金という助成金があります。

この制度には、特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇付与コース、特別育成訓練コース、建設労働者認定訓練コース、建設労働者技能実習コース、障害者職業能力開発コース、以上の7つのコースが用意されています。

事業主と、エンジニア研修を受ける社員の要件を確認しながら、最も適したコースを選択しましょう。

申請の流れについて

助成金申請の流れについては、労働局もしくはハローワークに書類を提出する必要があります。必要となる書類は、訓練実施に関する計画書や、就業規則または労働協約などです。

その企業において助成金がどのような働きをするのかを書面で提出する必要があります。申請がスムーズに行かない場合は、厚生労働省のホームページから各連絡窓口に問い合わせてみましょう。

おすすめの法人向けエンジニア研修の請負機関

画像:Shutterstock

法人向けのエンジニア研修請負機関は、数多く存在します。その中でも実績を兼ね備えたインターネット・アカデミー、ISA法人研修サービスという2つの機関について紹介していきます。

この2つのエンジニア研修機関は、研修社員に合わせた多種多様なサービスを提供しています。エンジニアの研修の実施を検討している方々は是非参考にしてみましょう。

AIエンジニアになるには?求められるスキルを解説!
更新日 : 2020年5月14日

インターネット・アカデミー

エンジニア研修の請負機関のひとつであるインターネット・アカデミーでは、短期間で効率よく、実践的な知識を学ぶことができます。インターネット・アカデミーにおけるエンジニア研修の特徴は、研修対象者に合わせて研修スタイルを選べることです。

会社内外のみならず、自宅でのリモート研修も可能ですので、社員の希望に合わせて研修内容をカスタマイズしましょう。

ISA法人研修サービス

ISA法人研修サービスは、企業および法人向けのエンジニア研修機関です少人数から参加可能なオープンセミナーや、個別学習のパソコン教室など、学校機関にも通ずる研修サービスを提供している機関です。

ISAは「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」の受賞経験もあり、その実績に信頼のおける機関です。

エンジニア研修で優秀な人材を育成しよう!

画像:Shutterstock

今回は、エンジニア研修が必要な理由と、企業が申請できる助成金についてご紹介させて頂きました。

エンジニア研修を通して、プログラミング言語やコーディングに精通した人材を育てることは、企業の活性化につながります。また、エンジニア研修を実施する上で役立つ助成金も紹介しましたので、利用の検討をしてみましょう。優秀なエンジニアが所属していることで業務内容にも幅が出ます。

社員に合ったエンジニア研修内容を組み立て、より良いスキルアップを目指しましょう。

AIエンジニアが職業を奪われない理由7つ|職業選択のポイントは?
更新日 : 2020年5月18日

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー