【PHP入門】header関数とは?使い方をわかりやすく解説

PHPのheader関数とは?
指定したページにリダイレクトする方法が知りたい
ファイルを取得する方法が知りたい

PHPではHTTPによるリクエストや、レスポンスのやりとりをするときにHTTPヘッダの内容を指定できるheader関数があります。

この記事ではheader関数について、基本からファイルを取得する方法、ページにリダイレクトする方法などについて解説していきます。

※この記事ではPHPの「Version 7.1.1」で動作確認しました。

header関数とは

header関数は、HTTPヘッダー情報を送信するときに使用します。

そもそもHTTPヘッダーとは、HTTPによる「リクエスト(要求)→レスポンス(応答)」の流れで、どのような情報をリクエストして、どのようなコンテンツを受け取るかを定義するためのものです。

HTTPヘッダを定義するheader関数は以下のように定義します。

header ( $ヘッダ文字列 [, bool $replace = true [, int $http_response_code ]] )

第一引数にはヘッダ文字列を指定します。ヘッダ文字列は"http/"から始まるヘッダを指定した場合は、HTTPステータスコードを示すために使用されます。

"Location:"ヘッダとURLを指定すると、指定したURLのブラウザを表示することができます。

第二引数のreplaceオプションを指定すると、前回送信された類似のヘッダが指定された場合に、値を置換するかどうかを指定します。

第三引数の$http_response_codeを指定すると、HTTPレスポンスコードを強制的に指定した値に設定することができます。

header関数の使い方

ファイルのダウンロード

ここでは実際にheader関数を使用して、sample.jpgをdownload.jpgという名前でダウンロードする方法を見ていきましょう。

「header.php」ファイルを作成して以下のプログラムを記述します。取得するファイルは予め用意して指定のディレクトリに格納しておきます。(ここでは取得するディレクトリを/Users/Shared/PHPで指定しています。)

<?php

// ダウンロードするサーバのファイル
$pass = 'sample.jpg';

// HTTPヘッダを設定
header('Content-Type: /Users/Shared/PHP');
header('Content-Length: '.filesize($pass));
header('Content-Disposition: attachment; filename=download.jpg');

readfile($filepath);

?>

header.phpを実行すると、指定したパスに存在する指定したファイルをダウンロードすることができます。

HTTPヘッダの設定では、まずContent-Typeにパスを指定し、Content-Lengthにはファイルサイズを指定します。

Content-Dispositionではdownload.jpgの名前でダウンロードされるように指定しています。

ファイルをダウンロードする方法については、以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

指定したページにリダイレクト

header関数で指定したページにリダイレクトするには、引数に「Location: url」の形式で指定します。

httpから始まるURLは、絶対パスでも相対パスでも構いません。

<?php

header('Location: https://www.sejuku.net/blog/');
exit();

?>

このサンプルを実行すると、指定したURLのページが表示されます。リダイレクトする際には、以降のコードが実行されないようにexit()を指定して処理を終了します。

JSONを出力するときの設定方法

JSON形式のデータを出力する際には、header関数で「Content-Type: application/json」を指定します。

JSONのデータは文字コードがUTF-8なので「charset=utf-8」を指定します。

'data1',
          'BBB'=>'data2',
          'CCC'=>'data3',
          'DDD'=>'data4',
          'EEE'=>'data5'
        ];

//配列をJSON形式に変換
$jsonstr =  json_encode($array);

receive_json($jsonstr);

?>

実行結果:

{"AAA":"data1","BBB":"data2","CCC":"data3","DDD":"data4","EEE":"data5"}

データをJSON形式に変換する方法や、JSON形式のデータをデコードする方法の詳細については、以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

ここでは、HTTPヘッダを使用するheader関数について、以下の内容で解説しました。

  • header関数の使用方法
  • header関数でファイルを取得する方法
  • header関数でブラウザをリダイレクトする方法
  • JSON形式のデータを適切に出力する方法

header関数を使用してHTTPヘッダを指定する処理はよく使いますので、よく理解しておきましょう。もしheader関数の使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部としてこれまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説