【Ruby入門】findメソッドの使い方をわかりやすく解説!

こんにちは!エンジニア兼ライターのヤマシタです。

Rubyには配列の評価を行い、要素が真になったら結果を返すfindメソッドがあります。

「配列の要素に条件に一致した値が存在するか確認したい」
「ハッシュの要素を検索する方法についても知りたい」

そんな方に向けて、この記事では配列の要素を調べるfindメソッドについて、以下の内容を解説していきます。

【基礎】findメソッドとは
【基礎】findメソッドの使い方
【発展】ハッシュの要素を検索する
【発展】真偽判定を行いたい場合(any?)

findメソッドは配列の評価を行うときに便利なメソッドですので、使い方はよく理解しておきましょう。

findメソッドとは

findメソッドは、ブロックで指定した条件に一致した要素を取り出したいときに使用します。

書き方:

ブロックの要素を1つずつ格納しながら、要素ごとにブロックの処理を繰り返して、ブロックの処理が真ならその要素を返して処理を終了します。

ブロックの結果が全て偽の場合はnilを返します。

findメソッドの使い方

ここでは、実際にfindメソッドの使い方を見ていきましょう。

以下のサンプルでは、3で割り切れる値が存在するか確認しています。

サンプルプログラム:

実行結果:

配列の要素の中で3で割り切れるのは30なので、30を返しましたね!

以下のサンプルでは、配列の要素から一致する文字列が存在するか?確認しています。

サンプルプログラム:

実行結果:

ハッシュの要素を検索する

findメソッドはハッシュで使用することもできます。

以下のサンプルでは要素の値が500以上の要素を検索しています。

サンプルプログラム:

実行結果:

以下の例では値が100以上でキーがbananaの要素を検索しています。

サンプルプログラム:

実行結果:

真偽判定を行いたい場合(any?)

findメソッドとよく似たメソッドとしてany?メソッドがあります。

any?メソッドは配列の要素をブロックで評価して、ブロックに記述された条件が真になった場合はtrueを返します。

サンプルプログラム

このように条件に一致したらtrueを返します。

any?メソッドについては、以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてくださいね!

はじめてのRuby!any?メソッドの使い方をマスターしよう!
更新日 : 2018年6月19日

まとめ

ここでは条件に一致した要素を検索するためのfindメソッドについて解説しました。

  • findメソッドとは
  • findメソッドの使い方
  • ハッシュの要素を検索する
  • 真偽判定を行いたい場合(any?)

findメソッドを使用すれば、配列やハッシュなどの要素を使用する前に事前に配列の評価を行うことができるので、使い方についてはよく理解しておきましょう。

もし、findメソッドの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

自分にプログラミングなんて・・・と思っていませんか?

今後10年間で今ある職業の『77%』はなくなると言われています。

人工知能や機械学習を筆頭にVR、AR、ドローンなどの最先端技術の発達はこれからのあなたの働き方に間違いなく影響を与えるでしょう。

将来を見据えてプログラミングができるようになってエンジニアになりたい、自分だけにしかできないクリエイティブな仕事がしたい、、、とお考えの方も少なくないでしょう。

と、同時に「難しそう、、自分にはできないだろう、、、」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

弊社マンツーマンレッスンは、お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは『無料体験レッスン』で弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下の画像をクリックしてください。

cta_mtm2

LINEで送る
Pocket

書いた人

ヤマシタ

フリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、今まで200本以上の執筆経験があります

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説