【Win10】システムの問題をコマンドプロンプトで確認・修復しよう!

今回の記事では、コマンドプロンプトでシステムの問題をスキャンして修復する手順について解説いたします。

「コマンドプロンプトでWindowsのシステムチェックができるって事は分かったんだけど、具体的にどうやればいいの?」

という方へ向けて、

・コマンドプロンプトとは
・コマンドプロンプトの開き方(管理者で開く)
・コマンドプロンプトでシステムのエラーをスキャンする方法

を紹介致します。

コマンドプロンプトを管理者で開く方法までは問題ないという方は、「3 コマンドプロンプトでシステムのエラーをスキャンする方法」からご覧ください。

コマンドプロンプトとは

まずはじめに、コマンドプロンプトは、コマンドによってWindowsの操作を行うためのツールのことです。

Mac言う「bash」です。

Windowsでは「コマンドプロンプト」という名前が付けられている訳ですね。

以下画像がコマンドプロンプトです。

一見、専門性が高い人でないと扱えないように思えますが、基本的な事さえわかればそれほど難しくありませんので、順を追って確認しましょう。

コマンドプロンプトの開き方(管理者で開く)

コマンドプロンプトの開き方はいくつかあります。

ここでは、そのうちの基本的な2つを紹介致します。

なお、今回はコマンドプロンプトを「管理者」として開きます。

これは、この後に実施したいWindows10の問題をスキャンや、修復する際に必要な為です。

特別な事をする場合でなければ管理者として開く必要はないので、覚えておいてください。

それでは、コマンドプロンプトを開いてみましょう。

タスクバーから開く

まずは、タスクバーから開く方法を紹介します。

デスクトップの左下にある、タスクバーの入力ボックスに「cmd」と入力します。

すると検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、右クリックします。

表示されたメニューの「管理者として実行」を選択します。

これで管理者としてコマンドプロンプトが立ち上がりました。

「ファイル名を指定して実行」のショートカットから開く

続いて、「ファイル名を指定して実行」をショートカットで開いてコマンドプロンプトを立ち上げてみましょう。

ショートカットはキーボードの「Windows(のマーク)キー + R」です。

Windowsを押しながらRキーを押す形です。

すると、「ファイル名を指定して実行」というダイアログが表示されます。

ここで「cmd」と入力します。

そしてEnterを押して開きたい所ですが、ここでは「Ctrl + Shift + Enter」としてください。

これをする事で、管理者としてコマンドプロンプトが立ち上げられます。

コマンドプロンプトでシステムのエラーをスキャンする方法

さて、それでは本題のシステムのスキャンを実施しましょう。

システムファイルの破損をチェックする

まずはWindowsのシステムファイルが壊れていないかをチェックします。

システムファイルの破損を確認するには、「Dism」を実行します。

コマンドプロンプトに以下のように入力しましょう。

$Dism.exe /Online /Cleanup-Image /Restorehealth

これで破損のチェックが開始するので、しばらく待ちます。

もし破損が検出された場合は、修復が開始します。

「復元操作は正常に完了しました」
「操作は正常に完了しました」

というメッセージが出たら、破損したファイルの復元は完了です。

システムファイルの整合性をチェックする

続いて、システムファイルの整合性をチェックします。

整合性のチェックには、「sfc」を実行します。

$sfc /scannow

「sfc」では、システムファイルが書き換えられていないかをチェックし、整合性に問題がある場合はファイルを元に戻します。

こちらも少々時間がかかるので、しばらく待ちましょう。

「検証100%が完了しました。」

となればシステムのスキャンも完了です。

もし問題があれば復旧します。

「Dism」「sfc」両方が完了したら、スキャンは終わりです。

一応PCを再起動させて問題がない事を確認し、システムファイルの復元は完了です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

・コマンドプロンプトとは
・コマンドプロンプトの開き方(管理者で開く)
・コマンドプロンプトでシステムのエラーをスキャンする方法

を紹介致しました。

システムファイルがだめになることはあまりないかと思いますが、いざという時にこの記事がお役に立つことができたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説