Webデザイナーとプログラマーどっちを目指すべき?5つの視点で徹底調査

こんにちは。侍ブログ編集部です。

最近では、Web系の仕事をしたいと考えている人が増えてきています。そのなかで、

Webデザイナーとプログラマーどちらを目指せばいいんだ・・・

このような悩みを抱えている人もいますよね。

そういった場合、自分の目的からどちらを選ぶか決めるのがいいのですが、どこで比較すればいいのかわからないですよね。

そこでこの記事では、Webデザイナープログラマーの違いを5つの視点から比較しました。この記事を読めば、この二つの職種の違いがわかり、どちらが自分に合っているのか参考にすることができます。

それではさっそく見ていきましょう。

Webデザイナーとプログラマーの仕事内容の違い

画像:Shutterstock

まずは、Webデザイナーとプログラマーの仕事内容の違いを見ていきましょう。仕事内容によって興味が湧く部分が違うと思うので、しっかりと把握しましょう。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事内容は、主にWebサイトやブログなどのデザイン部分を担当しています。つまりユーザーに見える部分(文字やレイアウトなど)の構築をする仕事です。デザインの他にもHTML/CSSJavaScriptのプログラミング言語を使いコーディングを行ったり、ロゴやイラストを作成します。

Webサイトのデザインはユーザーにとって最初に目に入る部分なのでとても大事ですね。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、Webアプリなどの仕組み(システム)の実装を担当しています。つまり、ユーザーが使いやすいように機能(チャットや予約フォーム)の構築をする仕事です。例えば、食べログなどでネット予約をする場合は、この機能をプログラマーがプログラミングを使い実装しています。

ユーザーが使いやすい仕組みを考え、常に改善を行う重要な部分になります。

Webデザイナーとプログラマーの需要は?

Webデザイナーの需要

Webデザイナーの現在の需要を求人サイトを参考に見てみましょう。

この求人数はサイトによって数が異なりますが、案件は多い印象です。しかし地方によってはどうしても案件数が少なくなるので、フリーランスとして仕事を獲得するのは難易度が高くなるでしょう。

Webデザインの需要ってどうなの?気になる将来性をチェックしよう
更新日 : 2020年6月30日

プログラマーの需要

こちらもプログラマーの現在の需要を求人サイトから見ていきましょう。

プログラマーの現在の需要は、求人サイトを見てもわかるように高いと言えます。Indeedだと、東京都内だけで11,600件の求人があることがわかります。仕事獲得がしやすいためフリーランスとして案件獲得できる可能性も高いですね。

Webデザイナーとプログラマーの需要比較

5つの求人サイトの案件数を合計して見てみましょう。

  • Webデザイナー:22,625件
  • プログラマー:14,103件

結果を見るとWebデザイナーの方が約8000件多いことがわかります。ですが、プログラマーの方も、14,103件と案件数は多く、需要でいうとどちらも高いと言えるでしょう。

現在では、スマホユーザーも増えてきてネットを誰でも簡単に見れる時代です。そういった背景からWeb系の仕事の需要が上がっていると言えます。

Webデザイナーとプログラマーの将来性は?

画像:Shutterstock

Webデザイナーの将来性

今後も、スマホの普及やネット社会の拡大により、Webデザイナーの仕事はなくなることはないでしょう。ですが、Webデザインができる人の求められるスキルが変わりつつあります。

大手求人サイトdodaによれば、今後Webデザインで需要が伸びる人材は「コミュニケーションスキルの高いWebデザイナー」とのことです。

Webデザイナーの選考を左右するのはデザインスキルだと思われがちですが、コミュニケーションスキルがとても重要になってきています。ユーザーがそのデザインを見てどんな印象を受け、どんな行動を取るかをディレクターや顧客に対してロジカルに説明することが求められるためです。仮説と検証を繰り返してより良いデザインへの改善点を言語化することでコミュニケーションスキルが磨かれます。

参照元:doda(転職市場予測2019下半期)

このように、ただデザインだけをやる作業者ではなく自分で戦略を考えてコミュニケーションが取れる人材です。デザイン以外にもWeb開発ができる人材やマーケティングスキルのある人材の需要が伸びていくでしょう。

デザイナーの将来性について紹介している記事があるので参考に御覧ください。

Webデザイナーの将来性を徹底解剖【10年後も活躍するためにすべきこと】
更新日 : 2020年6月1日

プログラマーの将来性

続いてプログラマーの将来性を見ていきましょう。

情報化が進む現代社会において、IT人材全体の需要は確実に伸びています。これは日本だけにとどまらず、世界中で言われているまぎれもない事実です。

引用元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

上の図は、経済産業省の調査結果なのですが、日本国内でITニーズの拡大により2030年までの間に約41万人から79万人のIT人材が不足すると予測されています

この統計から考えると、今後プログラマーの需要は確実に増加することが予測でき、将来性があると言えます。なぜなら、いくら良い製品やサービスを企画したとしても、肝心のそれを創り出すプログラマーがいなければ実現できないからです。

プログラマーの将来性についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。

現役プログラマーが教える!将来性のある人材に必要な7つのスキル
更新日 : 2020年6月15日

Webデザイナーとプログラマーの年収の違いは?

Webデザイナーの年収

Webデザイナーの平均年収はだいたい300万〜400万円と言われています。これだけだと低いと感じる人もいるのではないでしょうか。

Webデザイナーは、使えるスキルで年収が上下しやすい傾向にあります。例えば、コーディングやWordPress編集、マーケティングのスキルがあると年収は400万〜600万になります。

引用:Webデザイナー案件の単価相場と市場動向【フリーランスで活躍しているWebデザイナー必見】 https://freelance-start.com/articles/62#title4

スキルによっても年収の違いはありますが、上の図を見てもわかるように経験年数でも年収に差が出るようです。

プログラマーの年収

プログラマーの平均年収は400万前後だと言われています。平均で見るとWebデザイナーとあまり変わらない年収ですね。

ですが、プログラマーの場合だと技術や働き方によって年収に差が出ます。

順位 言語名 年収
1位 Go 600万円
2位 Scala 600万円
3位 Python 575.1万円
4位 Kotlin 575万円
5位 Java 552万円

上の表を見てもわかるように、プログラマーが使う言語によっても年収は上下します。ですが、この表もビズリーチが調べた結果で、全ての企業がこの年収というわけではありません。企業によっては年収の違いがあるのでご注意ください。

Webデザイナーとプログラマーのスキルの違いは?

画像:Shutterstock

Webデザイナーのスキル

Webデザイナーのスキルで必須となるのがこちらです。

  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • Photoshop/Illustrator

これらのスキルは未経験からでも比較的学びやすく、習得までに最短3ヶ月〜6ヶ月で習得可能です(学び方で習得期間は変わります)。

Webデザイナーに必要なスキルについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

プログラマーのスキル

プログラマーに必須のスキルが

  • Ruby
  • Python
  • PHP  etc...

などのプログラミング言語です。

プログラマーを目指すのであれば、プログラミングスキルを覚える必要があります。言語によっては習得難易度の高いものがあるので注意しましょう。

プログラミング言語について詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

【結論】Webデザイナーとプログラマーどちらを目指すべき?

画像:Shutterstock

今まで5つの視点から、Webデザイナーとプログラマーを比較しました。

結論として、Webデザイナーに向いている人は

  • 初心者でも学びやすく現在も需要が高いスキルがほしい人
  • 集客やユーザー心理を考える仕事をしたい人
  • 自分でスキルを追求して年収を上げたい人

プログラマーに向いている人は

  • 将来性が高く今後も需要が伸びるスキルを身につけたい人
  • ユーザーが喜ぶサービスを1から作りたい人
  • 副業から始めて、転職・フリーランスを目指したい人

このような人が向いてると言えます。

ですが、いちばん大切なのは「自分の目的を達成する」ということを考えて、どちらを学ぶか決めることです。中には、Webデザイナーはやめとけと言う声もあります。

「Webデザイナーはやめとけ」は本当?需要や将来性、年収アップの方法も解説
更新日 : 2020年6月17日

目的がハッキリせず、一人で悩んでしまう場合は相談をしましょう。

弊社で行っている「無料体験レッスン」では、そんな悩みを相談することができます。あなたの目的をヒアリングした上で、どちらのスキルを学ぶべきか提案してくれます。

目的がハッキリして学ぶスキルが明確になれば、最速でその目的を達成できるイメージが湧きます。このイメージがとても大事で、学習する時の原動力になります。

無料体験レッスンは、オンラインでも受講できるので下のカレンダーより気軽にお申し込みください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。