【Linux入門】bashの使い方をわかりやすく解説!

Linuxには命令文を記述したり、簡単なスプリクトを組むときに使用する「bash」があります。ここでは「bash」について以下の内容で解説していきます。

bash_image

この記事では「bash」についてわかりやすく解説していますので、ぜひ使い方を覚えておきましょう!

bashコマンドとは

bash(バッシュ)とは「Bourne Again Shell」の略で、Linuxでコマンドなどの命令文を記述したシェルを実行するために使われます。

bashはLinuxで標準で採用されていて、基本的に「.sh」の拡張子でviエディタなどのテキストに処理を記述して実行します。プログラミング同様に変数や関数、演算処理など多くの機能がありちょっとしたプログラムならbashのみでも記述することができます。

また、bashはシェルによって実行されるのでシェルスクリプトとも呼びます。

シェルスクリプトの作成

では実際にbashが記述されたシェルスクリプトを作成してみましょう。まずはコンソールに「Hello World!!」を出力する簡単なスクリプトを作成してみます。

viコマンドで新規にファイルを作成します。

$ vi hello.sh

エディタを開いたら以下のように記述します。

#!/usr/bin/bash

echo "Hello World!!"

exit 0

1行目の「#!/usr/bin/bash」はbashを使用したシェルスクリプトであることを意味しています。2行目では実行する命令文を記述します。最後に「exit 0」でbashを終了します。引数の0は正常に終了することを意味します。

ファイルを作成したら「bash」コマンドでシェルスクリプトを実行します。

$ bash hello.sh

実行結果:

Hello World!!

Hello World!!が出力されました!

また、シェルスクリプト実行時のコマンドは「bash」のほかに、実行権を変更して「./」で実行する方法と、

$ chmod 755 hello.sh
$ ./hello.sh

「sh」コマンドで実行する方法があります。

$ sh hello.sh

bashの基本を理解しよう!

コメント

シェルスクリプトにはプログラミング同様コメントを記述することができます。コメントは「#」以降に書くことができます。

#!/usr/bin/bash

#ここはコメントです。
echo "Hello World!!"

#処理を終了します。
exit 0

変数の定義

シェルスクリプトは変数を定義して値を代入することができます。

#!/usr/bin/bash

num=100
PI=3.14
STR1="Hello"
str_2="World!!"

echo ${num}
echo ${PI}
echo ${STR1}
echo ${str_2}

exit 0

変数は大文字小文字や数字などの半角英数字やアンダーバー(_)が使えます。変数に値を代入するときは「変数=値」のように記述します。「=」の前後に空白を入れるとエラーになるので注意しましょう。

また、変数にアクセスするときは「${変数}」のように変数名の前に「$」を付けて、変数を「{}」で囲む必要があります。

入力と出力

シェルスクリプトは「echo」で出力を行い、「read」で入力を行います。

#!/usr/bin/bash

read AGE
echo "ege=$AGE"

exit 0

実行結果:

30
ege=30

readは引数に指定した変数にコンソールから入力された内容を格納します。readで指定した変数は通常の変数のように参照することができます。

まとめ

ここでは、bashの基本について、

  • bashとは
  • bashの使い方
  • シェルスクリプトの作り方
  • bashの基本処理


などについて解説しました。

シェルスクリプトはLinuxで開発する上で使用する機会が多いので使い方はしっかりと理解しておきましょう。もし、「bash」の使い方について忘れてしまったら、この記事を参考にしてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー