JavaScriptでできることとは?作れるものの実例も紹介

JavaScriptでできることってなんだろう?
JavaScriptで何が作れるのかも気になる...

JavaScriptに興味はあるものの、具体的に何ができるのかイメージが湧かない人は多くいますよね。また、Javascriptでどんなものを作れるのか理解してから学ぶかを判断したい人もいるはず。

そこで、今回はJavaScriptでできることを、作れるものの実例も交えて紹介します。この記事を読めば、今からJavaScriptを学ぶべきか判断できますよ。

なお、次の記事ではそもそもJavaScriptとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴を将来性も交えて紹介しているので良ければ参考にしてください。

JavaScriptとは?初心者向けに特徴・できること・将来性を簡単解説

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

JavaScriptでできること

JavaScriptでできること
JavaScriptでできること

主にJavaScriptはWeb開発で使用されるプログラミング言語ですが、細かくみるとできることは多いです。ここでは、JavaScriptでできることを12個解説します。

動きのあるWebサイトの作成

JavaScriptは、動きのあるWebサイトを作成できます。

Webサイトにアクセスすると、ログイン画面が表示されたり、ボタンをクリックすると演出映像が流れたりすることがあります。このような、Webサイトに動きを与える機能は、JavaScriptによって作成可能です。

WebサイトのデザインはHTML/CSSで作成できますが、それだけだと単純で飽きやすいサイトになってしまいます。JavaScriptを活用すれば、Webサイトの動きを与え、ユーザーに興味を惹かれるWebサイトにできるのです。

そのため、世の中にある多くのWebサイトでJavaScriptが利用されています。

ポップアップの表示

JavaScriptは、画像や広告、入力情報の確認画面などをポップアップ表示する機能を作成できます。

例えば、Webサイトで表示されている画像をクリックすると、見ているページに画像が重なるように拡大表示されることがあります。

Lightbox
出典:Lightbox

これは一般的に「ポップアップ表示」といわれ、JavaScriptによって実現可能です。

上記画像は、JavaScriptのライブラリであるjQueryのLightboxというサイトに掲載されているサンプルです。JavaScriptを活用すれば、このような画像の拡大が簡単に実現できます。

また、画像以外にも、広告や入力確認画面などのポップアップ表示機能もJavaScriptで作成できます。ポップアップ表示は、分かりやすくユーザーの目を引けるため、とくに見てほしいコンテンツがあるときに活用できます。

スプレッドシートと連携した業務効率化

JavaScriptを活用すれば、スプレッドシートと連携した業務の効率化が可能です。

皆さんはGoogle Apps Script(GAS)というものを聞いたことがあるでしょうか?GASは、Googleが提供しているJavaScriptをベースとしたオリジナルスクリプト言語です。

GASの強みは、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなど、Googleが提供しているサービスと非常に親和性が高いことです。

GASを利用すれば、次のような仕組みを作成し、業務を効率化できます。

  • スプレッドシートの自動集計
  • 自動転記・メールやSNSとの連携
  • 簡単なWebアプリケーションの作成

例えば、スプレッドシートでまとめたデータをもとに自動で図やグラフを作成したり、設定した定型文を自動転記したりすることができます。1つずつの短縮時間は短いかもしれません。しかし、積み重なれば大幅な作業効率アップにつながります。

IT企業はもちろん、最近では非IT企業でも業務効率化が促進されており、JavaScriptを使った業務改善も行われています。

チャットボットの作成

JavaScriptは、チャットボットも作成できます。

JavaScriptはWebブラウザ上で動作するプログラミング言語というイメージが強いですが、実はJavaScriptの活用領域は既にサーバーサイドにも広がっています。

サーバーサイドの開発を行う際は、「Node.js」を使用します。Node.jsはJavaScriptをUNIX系のサーバーサイドで実行するための環境です。Node.jsを利用することで、サーバーで動くチャットボットを作ることができます。

最近では、人手不足や業務効率化を補うために、銀行・ECショップ・企業のホームページなどでAI自動応答機能を備えたチャットボットの活用が増えています。私たちが目にするチャットボットにも、JavaScriptで作成されたシステムがあるのです。

送信フォームの入力チェック

送信フォームの入力チェックも、JavaScriptで作成可能です。

送信フォームで入力必須項目を設定せず送信しようとすると、「××が入力されていません」というメッセージが表示されます。このように「送信フォームの必須項目が入力済みかチェック」という機能も、JavaScriptによって実現可能です。

もし、JavaScriptを使わなければ、入力値のチェックはすべて一度サーバー側にデータを送り、サーバー側でチェックをかける必要があります。ユーザーの操作性も悪くなるため、ページ内の入力データで問題ないチェックはJavaScriptに任せた方が効率的です。

入力チェック機能は、ECサイトやSNSのログイン時など、多くのサービスで使用されています。このように、知らない間にJavaScriptの恩恵を受けている場合も多いです。

非同期通信機能の作成

JavaScriptを使えば、リアルタイムで情報を更新できる非同期通信機能を作成できます。

一般的なWebサイト・Webアプリでは、サーバーと通信するとき待ち時間が発生します。しかし、非同期通信であれば、サーバーの応答を待たずに処理を進められるため、待ち時間なしで結果を表示できるのです。

例えば、GoogleMapで特定の場所を拡大すると、その動作に合わせて地図情報が更新されて表示されます。このように、非同期通信を使えばリアルタイムで情報を更新できるため便利です。

計算機の作成

JavaScriptは、計算機機能も作成できます。

例えば、スマホやパソコンに入ってる計算機アプリ、旅行サイトで宿泊費などを見積計算する仕組み、保険の見積もり機能などがあります。簡単な計算から、条件を含む複雑な計算機まで作成可能です。

単純な計算機なら難易度も高くないため、初心者が挑戦するにもおすすめです。

ブックマークレットの作成

JavaScriptは、ブックマークレットも作成できます。

ブックマークレットとは、ブラウザのお気に入りブックマークを利用した機能です。ブラウザにはお気に入りサイトのURLを保存できるブックマーク機能があります。ブックマークレットは、このブックマークにJavaScriptのコードを登録し、簡単なコードをいつでも使えるようにした機能です。

ブックマークレットを活用すれば、WebサイトURLのコピーや翻訳など、手間がかかる作業をクリック1つで実現できます。あまり知られていない機能ですが、作業効率をアップしたい人は、JavaScriptの学習もかねて利用してみるといいでしょう。

Chrome/Firefoxにおける拡張機能の作成

Google ChromeやFirefoxの拡張機能も、JavaScriptを使えば自作できます。

例えば、ショートカットキーの割り振りを自分好みにした拡張機能も作成可能です。拡大はS、縮小はTなど自由にショートカットキーを決めれば、自分がやりやすいルールを作れます。

ちなみに、Googleの場合、拡張機能のひな型コードが公開されています。そのコードをカスタマイズすれば、自分好みの拡張機能を簡単に自作できるのです。

スマホゲームの動的機能

JavaScriptは、ゲーム開発にも使用できます。とくに、スマホゲームやWeb上でできるゲーム開発に使用されることが多いです。

例えば、ログイン時の広告ポップアップや、イベント発生時の説明表示などはJavaScriptで作成できます。ゲームの場合、ユーザーが飽きないように、動きを与えることが多いです。そのため、JavaScriptの出番もたくさんあります。

今度ゲームをするときは、どの機能にJavaScriptが使われているか、気にしてみるのもいいかもしれませんね。

Webアプリにおける動的機能の作成

JavaScriptは、Webサイト同様、Webアプリの動的機能作成にも使用できます。

WebアプリはWebブラウザにかかわるフロントエンド側の開発と、サーバーにかかわるバックエンド側の開発がありますが、JavaScriptは両方に使用できます。

例えば、フロントエンド側であれば画像のスライド表示、スクロールにあわせた背景デザインの変更機能、サイト表示時のアニメーション作成などができます。バックエンド側では、リアルタイムにやり取りをするチャット機能、または通知機能などの作成などが可能です。

Webアプリは、HTML/CSSでデザイン作成するだけだと、動きのない表面的な見た目になりがちです。JavaScriptを有効活用することで、ユーザーの興味を引くコンテンツを作成できます。Webサイト・Webアプリ開発をしたいのであれば、JavaScriptは学んでおきたい言語です。

スマホアプリにおける動的機能の作成

【RPG編 #01】JavaScriptゲームプログラミング初級

スマホアプリにおける動的機能も、JavaScriptで作成できます。

スマホアプリは大きく分けてAndroridとiOSに分けられますが、通常はそれぞれのOSに合わせたアプリ開発が必要です。そのため、Android・iOSそれぞれに適した言語、開発環境を用意しなければならず、手間がかかっていました。

その点、クロスプラットフォームフレームワーク「React Native」を利用すれば、Android・iOS両方のアプリを開発できます。

皆さんが普段スマートフォンであそんでいるゲームアプリも、JavaScriptによって開発されたものが多く存在します。もしゲームアプリの開発に興味がある人は、下記の記事をご覧ください。

JavaScriptでゲーム開発に必要な基礎とライブラリ活用術
更新日:2022年9月13日

JavaScriptで作れるもの

JavaScriptで作れるもの
JavaScriptで作れるもの

JavaScripで作れるものは、次のとおりです。

  • カレンダー
  • 電卓
  • ビンゴマシン
  • パズルゲーム
  • シンプルなチャット

上から3つの作品は、すべてJavaScript単体で作成できます。それ以降の作品は、JavaScriptのライブラリを活用して作成可能です。

ライブラリとは、開発に必要で使用頻度が高い機能をまとめたものです。JavaScriptはアプリやWebサイト開発に便利なライブラリが豊富なため、効率的にコンテンツを作成できます。

なお、下の記事ではJavascriptの作品例をわかりやすく解説しているので、良ければ参考にしてください。

カレンダーも電卓もできる!JavaScriptで作られた作品例7選
更新日:2022年9月13日

JavaScriptを学ぶべき対象とは?

Javascriptを学ぶべき対象者
Javascriptを学ぶべき対象者

ここまでの解説を踏まえ、JavaScriptを学ぶべき人の特徴は次のとおりです。

  • プログラミング初心者
  • Webサイトを作成したい人
  • Webアプリやサービスのデザインを作りたい人
  • 簡単なスマホアプリを作りたい人

JavaScriptは、比較的難易度が高くないプログラミング言語を学びたい人、もしくはJavaScriptが使える分野の開発をメインにしたい人におすすめです。

JavaScriptは文法がそこまで難しくないため、プログラミング初心者向けの言語です。Webサイト・Webアプリ・スマホアプリなど、幅広い開発で使用できるのもメリットといえます。

学習するプログラミング言語を決めるときは、自分がやりたい開発ができるかが大事です。今回紹介したJavaScriptのできることを確認したうえで、学習すべきか判断してください。

JavaScriptの学習方法

JavaScriptの学習方法
JavaScriptの学習方法

JavaScriptを習得するには、基礎知識を学んでから実践練習を繰り返すことがおすすめです。ここでは、JavaScriptの学習方法を3つ紹介します。

Webサイトで学ぶ

JavaScriptは、Webサイトで学ぶのがおすすめです。

Webサイトは無料で利用できるものも多く、手軽に始められます。また、コードの実行環境が用意されているサイトもあり、未経験者でも学習をしやすいです。

未経験者のなかには、開発環境を準備することに苦戦し挫折する人もいます。手軽にすぐ学べるのは、大きなメリットでしょう。

また、Webサイトには動画形式・イラスト形式など、分かりやすく楽しみながら学習できる教材が多いです。未経験者はモチベーション維持も難しいため、学習のしやすさは魅力です。

ちなみに、JavaScriptが学べるおすすめのWebサイトは、次のとおりです。

スクール名特徴
SAMURAI
TERAKOYA
現役エンジニアのオンラインレッスンが受けられる
Progateイラスト形式で学んだあとコード作成が体験できる
ドット
インストール
動画形式で手軽に学べる
Paiza
ラーニング
動画で学んだあとコード作成を体験できる

なかでもSAMURAI TERAKOYA(侍テラコヤ)は、Webサイト制作やWebアプリ開発など、40種類以上の教材が月定額1,980円で学べる学習サイトです。

また、必要に応じて現役エンジニアとのマンツーマンレッスンも受けられるため、初心者の方でも挫折なくスキル習得が可能です。

わからないことを気軽に聞きながら独学でプログラミング学習を進めたい人におすすめのサイトです。

なお、入会金不要・いつでも退会OKに加え、利用から1ヵ月の間は「全額返金保証制度」が適用されるので、気軽にお試しください。

公式サイトで詳細を見る

本で学ぶ

JavaScriptの基礎はWebサイトで学習できますが、Webサイトだけでは足りない内容もあります。そのため、Webサイトとあわせて本で学ぶのもおすすめです。

本にはテキストやイラスト、図解などを用いた分かりやすい解説があります。また、サンプルコードや問題集もあるため、実際に開発環境を整えてコーディング練習ができるのもメリットです。

1冊数千円で購入できるので、1~2冊購入して集中的に学習するといいでしょう。

JavaScriptを学ぶときにおすすめの本は、次の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

挫折したくない人向け!JavaScript勉強本 14選
更新日:2022年9月13日

プログラミングスクールで学ぶ

効率的にJavaScriptを学ぶなら、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

スクールを利用すれば、現役エンジニアやエンジニア経験者の講師にサポートしてもらえます。そのため、分からないところが出てもすぐ質問して解決できるのです。

また、講師がモチベーションの維持をサポートしてくれるのもメリットでしょう。独学の場合、どうしてもやる気が出ないタイミングや、分からないところが出てきたときにモチベーションが下がりやすいです。

講師にサポートしてもらえれば、モチベーションが落ちそうなときに声かけをしてもらえるため、やる気を取り戻せます。

実際、プログラミングを学ぶ人のなかで、スクールの利用を検討する人は多いです。

弊社がプログラミング学習に興味がある人へ行った調査では、6割以上の人が「プログラミング学習を始めるならスクールがいい」と回答しています。

プログラミングの勉強を始めるなら独学とスクールどちらがいい?

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

また、プログラミングスクールを選んだ理由としては「確実にスキルを身につけられると思ったから」「独学では不安がある」といった回答が多くを占めています。

プログラミング学習にスクールを選んだ理由

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

はじめて独学する場合、学習方法を試行錯誤するところから始まるため、途中で挫折する可能性も高いです。

スクールに通うには費用がかかります。しかし、独学で挫折し学習時間が無駄になることを考えれば、スクールで学ぶメリットは大きいでしょう。

短期間でJavaScriptを習得するなら

先ほど解説したとおり、JavaScriptを学ぶなら、独学よりプログラミングスクールを利用するメリットは多いです。

なかでも短期間でJavaScriptを習得したいなら、SAMURAI ENGINEERがおすすめです。

SAMURAI ENGINEERでは、現役エンジニアが講師を勤めており、マンツーマンで指導しています。ずっと同じ講師に担当してもらえるため、分からないところも気軽に質問しやすいです。

また、カリキュラムも充実しており、受講生にあわせた完全オーダーメイドカリキュラムを採用しています。進捗具合や最終的な目標にあわせて学習内容が決まっているので、自分のペースで必要な知識が学べます。

費用が気になるという人もいるかもしれませんが、SAMURAI ENGINEERでは分割払いに対応しているので、一度の負担は少なくできます。

興味がある人向けに無料カウンセリングも実施しているので、ぜひお気軽にご参加ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、JavaScriptでできることを、作れるものの実例も交えて紹介しました。

JavaScriptはWebサイトやWebアプリなどWeb開発以外にも、ゲームや業務効率を改善するツール作成なども可能です。習得難易度も比較的低く、幅広い開発に使用できます。興味がある人は、ぜひ学習に取り組んでください。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close