アプリケーションエンジニアの仕事内容4つ|有利な資格はある?

アプリケーションを作るエンジニアになりたい。

どんな仕事内容で持ってると有利になる資格はある?

いまや日常の様々なシーンで欠かせないのがアプリ。

自分で実際にアプリを作る仕事に就きたいと考えている人も多いでしょう。事実、アプリ開発のエンジニアは人気職業です。

本日はアプリケーションエンジニアの仕事内容と資格について紹介していきます。

アプリケーションエンジニアとは

アプリケーションエンジニアとは、ITシステムに含まれるアプリケーション開発の一連の作業を担当するエンジニアです。アプリとは、元々は表計算ソフトや画像編集ソフトなどの作業の目的に合わせて使い分けるソフトウェアを指す言葉でした。

しかし近年では、業務用アプリケーションやコンピューターを制御・コントロールするためのソフトウェア、スマートフォンで利用するソフトウェアなど、その種類は多岐にわたります。

業務系アプリ開発

業務系アプリとは、クライアントが抱えている課題を解決するためのアプリケーションです。

アプリケーションエンジニアはITソフトのパッケージ製品や、企業が特定の業務を行うために利用する業務システムなどの設計、プログラミング、動作テストなどを行います。また、金融関係のシステムやATMなど、社会的なインフラに関わることもあります。

Webアプリ開発

Webアプリとは、パソコンやスマートフォンにインストールせずにブラウザで利用できるアプリです。

ポータルサイトだけでなく、TwitterやFacebookなどのSNS、GmailメールやYahoo!メールなどもWebアプリにあたります。実際にはポータルサイトやショッピングサイトなどを手掛けることが多いです。

スマホアプリ開発

スマホアプリとはスマートフォンで利用するアプリです。

  • SNSアプリ
  • 通信アプリ
  • EC・オークションアプリ
  • 動画アプリ
  • 音楽アプリ
  • ゲームアプリ

など、その種類は多岐にわたります。スマホの普及率の上昇にともない、近年ではスマホアプリ業界はWeb業界以上に盛り上がっている分野だと言えます。

アプリケーションエンジニアの仕事内容4つ

アプリケーションエンジニアも他の一般的なエンジニア職と同じく、システム設計、プログラム開発、動作テスト、保守運用の4つの業務を担います。

ここではアプリケーションエンジニアの仕事内容4つを紹介します。

アプリケーションエンジニアの仕事内容1:システム設計

アプリケーションのシステム設計では、要件定義やアプリケーションの基本設計、詳細設計などを行います。アプリケーションの仕様を設計するため、プロジェクト全体から見てもかなり重要なフェーズです。

また、要件に沿った合理的な設計をするためにはシステム設計も重要となります。設計の中にはミスが含まれていることもありますが、後工程でのミスを事前に確認でき、アプリが完成してから直すよりもコストを抑えることが可能です。

アプリケーションエンジニアの仕事内容2:プログラムの開発

アプリケーションのプログラム開発では、仕様書の内容に沿って実際にシステムを開発していきます。アプリケーションエンジニアはプログラミング言語を使ってコーディングを行い、アプリケーションを作成します。

また、仕様書の設計通りに動かないときには、バグを探して修正したり、アルゴリズムを考えたりしながら、アプリケーションのアウトプットを目指します。

アプリケーションエンジニアの仕事内容3:システムの動作テスト

システムの動作テストでは、アプリケーションが正しく動くか、バグがないかといったテストを行います。テストでは、アプリケーションが期待通りに動作するか、仕様書通りの機能や性能要件を満たしているかについて検証します。

動作テストでは実際の使用状況を想定し、本番と同じ環境で多角的にテストを行うことになるため、開発環境ではわからないバグや不具合を発見するのに役立ちます。

アプリケーションエンジニアの仕事内容4:運用・保守

アプリケーションの保守・運用では、アプリケーションを日々運用し、システム障害が発生した場合には原因究明や改修などを行います。保守運用作業での「保守」とは、システムを改善・変更するものであり、「運用」はシステムを日々動かしていくことを指します。

アプリケーションエンジニアはアプリをリリースすれば終わりではなく、その後も運用し、改善や仕様変更が発生した場合には大規模な変更を行うこともあります。

アプリケーションエンジニアに必要なスキル

アプリケーションエンジニアには、ソフトウェアやハードウェア、ネットワーク、データベースなど、システム開発に関わる幅広い知識が必要です。また、クライアントと直接やりとりする場合もあるため、コミュニケーション能力が求められる場合もあります。

ここではアプリケーションエンジニアに必要なスキルについて紹介します。

システム開発に関わる知識

アプリケーションエンジニアにはシステム開発に関わる知識が必須です。

アプリケーションエンジニアはシステム設計から運用・保守など全てのフローを担うため、ソフトウェアやハードウェア、ネットワーク、データベースなど、システム開発に関わる幅広い知識が必要です。

また、コンピュータに関して深く理解していることも重要です。

技術力

アプリケーションエンジニアにはさまざまなプログラミング言語が使える技術力が必須です。

開発に必要な言語はプロジェクトによって異なりますが、アプリケーション開発に用いられる言語にはJavaC言語など多くの種類があります。また、サーバーやMySQLなどのデータベースの知識も必要です。

プログラミングやコーディングの高いレベルの技術がなければ、アプリケーションエンジニアとして仕事をするのは難しいでしょう。

コミュニケーション能力

アプリケーションエンジニアにはコミュニケーション能力も必須です。エンジニアは言語化することが苦手な場合が多いため、しっかりと意思疎通することもアプリケーションエンジニアに求められる重要なスキルだと言えます。

また、役職が上がれば直接クライアントと打ち合わせをしてヒアリングすることもあるため、技術力や知識に加え、クライアントの要望を引き出すコミュニケーション能力が求められます。

【目的別】使用するプログラミング言語

アプリケーションエンジニアが使用する言語にはさまざまな種類があります。アプリケーションエンジニアが使用する言語は多く、さらに開発するアプリによって用いられる言語も異なります。

そのため、アプリケーションエンジニアとして活躍したいなら、できるだけ幅広い言語を身に着けておくといいでしょう。

ここでは目的別に使用するプログラミング言語について紹介します。

業務系アプリ開発に使用するプログラミング言語3つ

業務系の大規模なアプリ開発ではJavaやC言語、C++、C#が多く用いられます。

Javaは環境に左右されることなく動作し、素早いレスポンスが可能です。また、C系言語は組み合わせて使用することが多く、バランスのよい動作を実現します。

これらの言語はプログラミング言語として汎用性が高く、さらに複雑な機能の実装にも向いています。また、動作する際の安定性も高いため、企業で利用する業務システムに適しています

使用するプログラミング言語1:Java

Javaは日本だけでなく海外においても人気で、世界でもっとも利用されているオブジェクト指向型のプログラミング言語です。

OSなどの環境に依存しないシステム開発が可能な点が特徴で、その汎用性の高さからWebアプリだけでなく企業で使用される業務系アプリまで幅広いシステム開発に採用されています。

使用するプログラミング言語2:C言語

C言語は世界中の多くのシステムで使用されている歴史の古いプログラミング言語です。C言語は機械を制御する制御系システムや企業が利用する業務システム、OSの開発に至るまで、幅広い開発を行うことができます。

ポインタやメモリ管理などといった概念の習得が必須で、他の言語よりも学習難易度は高いですが、エンジニアとして幅広いジャンルの開発を行いたいならマスターしておきましょう。

使用するプログラミング言語3:C#

C#は制御系から業務系、Web系など幅広いジャンルの開発で採用されている言語です。

Microsoft社の独自フレームワークである「.NET Framework」上で動作するプログラミング言語となっており、Windows系のシステム開発で人気が高いです。

C#はC言語やC++の改良版として開発されたため、それらと組み合わせて利用することができ、さらに学習難易度もC言語ほど高くはありません。

Webアプリ開発に使用するプログラミング言語8つ

Webアプリ開発ではJavaやC系言語に加え、RubyやPHPといったオブジェクト言語も多く用いられます。

Rubyは開発における工程がシンプルで、システム構築が容易に行えます。また、PHPはCMSやグルメサイト、ショッピングサイトなどによく使用され、商用目的のWebサービスの構築に向いています。

これらの言語は扱いが比較的容易であり、さらにスピーディな動作や開発期間の短縮などの利点を備えています。

使用するプログラミング言語1:Java

JavaはWebアプリ開発でも広く用いられているオブジェクト指向型のプログラミング言語です。

さきほども紹介したとおり、JavaはOSなどの環境に依存しないシステム開発が可能で、WebシステムやAndroidアプリ、機械を制御するようなシステム開発でも用いられる高い汎用性を誇ります。

人気言語ということもあり、技術情報は豊富なので、アプリケーションエンジニアとして活躍したいなら身に着けておきましょう。

使用するプログラミング言語2:C

Cは世界中の多くのシステムで使用されている歴史の古いプログラミング言語です。C言語はさきほども紹介したとおり、業務システムやOS、さらにWebシステムなど幅広い開発を行うことができる高い汎用性を持つプログラミング言語です。

他の言語なら自動的に実行されるような処理も実装が必要なケースが多く、学習難易度も高いですが、アプリケーションエンジニアとして活躍したい場合にはマスターしておくべき言語です。

使用するプログラミング言語3:Ruby

RubyはWebシステム開発で広く用いられている日本で生まれたスクリプト型オブジェクト指向言語です。Rubyは海外でも人気があり、規模を問わず多くのWebアプリ開発で採用されています。

他の言語と比較しても柔軟性が高く、少しのソースで多くの機能を実装できます。フレームワークを使ってシステム開発するケースが多いです。また、突然の仕様変更にも比較的対応しやすいため、短期間のシステム開発にも向いています。

使用するプログラミング言語4:PHP

PHPはWebアプリケーション開発によく用いられているWebシステム向けのプログラミング言語です

Webサービスに特化した言語となっており、他のシステム開発にはほぼ利用できません。平易な言語仕様になっており、実際のシステム構築の際に役立つ豊富なフレームワークが使えるのが特徴です。

使用するプログラミング言語5:Swift

Swiftは2014年に開発されたApple向けの新しいプログラミング言語です。SwiftはPythonやObjective-Cなどの良い点を参考にして開発されたため、ソースコードの記述が他の言語と比較して非常に少なくなっているのが特徴です。

MacなどのApple社製プラットフォームで動作するWebアプリ開発を行うアプリケーションエンジニアになるなら、覚えておくべき言語です。

使用するプログラミング言語6:HTML

HTMLはWebページの内容を記述するためのマークアップ言語です。HTMLはタグを使用し文章構造を作るための言語で、現在のWebページのほとんどで利用されています。

ブラウザはHTMLで記述された内容に従って画面に文字や画像を表示したり、文字色やサイズを設定します。厳密にはプログラミング言語ではありませんが、WebサイトやWebアプリを作成する場合には必要になる言語の1つです。

使用するプログラミング言語7:CSS

CSSはWebページの見た目を記述するためのスタイルシートです。CSSはレイアウトやデザインに関係するスタイルシート言語で、WebページはCSSが定めたスタイルが適用されて表示されます。

アプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーションを作成する場合には、HTMLで内容を設定し、CSSで見た目を構築し、さらに次に紹介するJavaScriptで処理を行うということになります。

使用するプログラミング言語8:JavaScript

JavaScriptはWebページで動的な表現を可能にするスクリプト型言語です。

JavaScriptはWebページに組み込むことで、ブラウザ上でのインタラクティブな表現や操作を可能にします。特定のOSに依存せず、さらにライブラリを使用することで表現方法の幅が広がる点もポイントです。

JavaScriptをメインにして開発するケースは少ないですが、Webアプリを構築する場合には必須になる言語です。

スマホアプリ開発に使用するプログラミング言語7つ

スマホアプリ開発ではiPhone対応アプリではSwift、Android対応アプリにはKotlinなどの言語が用いられています。

SwiftやKotlinは近年登場した言語で、いずれもスマホアプリの開発を容易にし、スマートフォンの普及の拡大に合わせて使用される機会が増えている言語です。

主にSwiftはApple製品に使用されており、KotlinはAndroidアプリ開発向け言語として広まっています。

使用するプログラミング言語1:Swift

SwiftはiPhone向けのアプリ開発に用いられているプログラミング言語です。Swiftは先ほども紹介したとおり、他の言語の良い点を参考にして開発された後発言語のため、ソースコードの記述が他の言語と比較して非常に少なくなっているのが特徴です。

iPhoneなどのApple社製プラットフォームで動作するスマホアプリ開発を行うアプリケーションエンジニアになるなら、覚えておくべき言語であると言えます。

使用するプログラミング言語2:Java

Javaはスマホアプリ開発でも広く用いられているオブジェクト指向型のプログラミング言語です。さきほども紹介したとおりJavaはOSなどの環境に依存しないシステム開発が可能で、Android向けのスマホアプリでも用いられ、KotlinもJavaをベースとした言語になっています。

また、開発できるジャンルが多いということもあり、どんなシステムを開発するかによって使用するフレームワークが異なります。

使用するプログラミング言語3:Kotlin

KotlinはJavaをベースにしたAndroidアプリ開発に適したオブジェクト指向言語です。Kotlinは2017年にAndroid公式開発言語に追加されたことで話題になりました。

Javaとの相互利用ができ、Javaよりもコードが短く簡潔に記述できるという特徴があります。Androidアプリ開発のみを行いたい場合は、JavaではなくKotlinを学習するのも良いでしょう。

使用するプログラミング言語4:C

Cはさきほども紹介したとおり、C言語は業務アプリやWebアプリ、さらにスマホアプリなど幅広い開発を行うことができる汎用性の高いプログラミング言語です。

難易度は高いですが、C言語を習得すれば他の言語の習得は容易になります。

使用するプログラミング言語5:HTML5

さきほども紹介したとおり、HTMLはタグを使用し文章構造を作るための言語で、Webページのほとんどで利用されています。

使用するプログラミング言語6:CSS3

さきほども紹介したとおり、Webページのレイアウトやデザインに関係するスタイルシート言語です。

使用するプログラミング言語7:JavaScript

JavaScriptはさきほども紹介したとおり、ブラウザ上で動的な表現や操作を可能にする言語ですが、HTMLとJavaScriptを組み合わせることによりスマホアプリの開発も行えます。

ただし、iOS、Androidに搭載されているWebViewを使って動作させるため、速度があまり速くない点には注意が必要です。

アプリケーションエンジニアに有利な資格

アプリケーションエンジニアにはどのような資格が適しているのでしょうか。

IT業界には、国家試験から民間の試験までさまざまなエンジニア向けの試験があります。取得することにより、その専門分野で十分なスキルを持っていることを証明することが可能になります。

ここではアプリケーションエンジニアに有利な資格について紹介します。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は要件定義などシステム開発の上流工程に関わる試験です。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験で、上級システムエンジニアを対象とした試験です。

コンピュータに関する基本的な知識、専門的な業務分析や業務知識、マネジメントに関する知識など幅広い分野の知識が問われます。情報処理技術者試験の一区分でスキルレベル4に相当する、非常に難易度が高い試験の1つです。

Android技術者認定試験

Android技術者認定試験はAndroid技術者としてのスキルを認定する資格です。一般社団法人IT職業能力支援機構Android技術者認定試験制度委員会が実施します。

試験には「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」の2種類、さらに「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2つのレベルが用意されています。

アプリケーションエンジニアを目指そう

アプリケーションエンジニアの仕事内容と資格について解説しました。

近年ではWebやスマホアプリの開発が盛んなため、アプリケーションエンジニアは引く手あまたの状態です。また、業務系アプリの開発の需要も高く、今後もアプリケーションエンジニアの活躍の場は広がり続けるでしょう。

アプリ開発に興味があるなら、ぜひアプリケーションエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。