【Java入門】コマンドで実行する方法(jarファイルの実行も解説)

長野 透
書いた人 長野 透


侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!フリーランスの長野です。

Javaって使ってますか?

Javaはソースコードを書くだけでは実行することはできません

環境変数を設定したり、コンパイルする必要があります。

この記事では、Javaの実行について

・そもそもJavaとは
・実行するには?

という基本的な内容から

・実行できない場合の対処法
・jarファイルを実行する方法

など応用的な内容についても解説していきます。

今回はJavaの実行について、わかりやすく解説します!

そもそもJavaとは

コンパイルの説明に入る前に、まずはJavaについて簡単におさらいしておきましょう。

Javaは1990年代にSun Microsystemsが開発・発表したオブジェクト指向という考え方を取り入れた言語です。

2010年にOracleが買収し、Oracle製品の1つになりました。

Javaは家電やモバイル機器を始めとして、多くのデバイスに搭載されています。

国内でもスマートフォンなどに搭載されていて、アプリ開発を行うにはJava言語を使って開発することになります。

Javaの最新バージョンはJava10で2018年3月にリリースされました。

Java10については、こちらのサイトでも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

実行するには?

冒頭でも述べましたが、Javaはインストールしただけでは実行できません。

環境変数を設定したり、ソースコードをコンパイルする必要があります。

実行するまでの前準備

Javaファイルを実行するまでの準備について説明します。

まずはJava10をダウンロード、インストールする必要があります。

インストール後に環境変数を設定する必要があります。

そして環境変数を設定した後にパソコンを再起動したらコンパイルできるようになります。

コンパイルが成功して、classファイルが作成されたら実行することができます。

ここまでの流れについて、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ここまで完了しなければ実行できませんので、こちらのサイトを参考にして必ずコンパイルまで完了しておいて下さい。

実行例

それではいよいよJavaのプログラムを実行しましょう!

ここではあらかじめコンパイルの際にJavaファイルが保存しているフォルダにコマンドプロンプトで移動して、コンパイルが完了している前提で説明します。

コマンドプロンプトで実行するにはjavaコマンドを使って以下のように入力実行します。

ここで注意すべきはjavaコマンドの後に記述するJavaファイル名には「.java」や「.class」などの拡張子が不要ということです。

それではサンプルコードを実行してみましょう。

Sample.java:

実行結果:

実行できない場合の対処法

実行できない場合はJavaファイル名の指定が間違っているか、ソースコードの記述が間違っているか、コンパイルができていないかなどの理由が挙げられます。

Javaファイル名の指定

コマンドプロンプトで実行する場合、javaコマンドのあとのJavaファイル名の指定には「.java」「.class」などの拡張子は不要です。

Javaファイル名が間違っていないか、拡張子まで入力していないか、もう一度確認しましょう。

文法が間違っている

先ほどのサンプルコード「Sample.java」でコンパイルと実行ができるか確認してみてください。

サンプルコード「Sample.java」でコンパイルと実行ができて、他のJavaファイルで実行ができない場合はソースコードの記述に誤りがあるかもしれません。

ソースコードをもう一度確認してみましょう。

コンパイルができない場合

コンパイルができなければ、実行はできません。

コンパイルまでの手順はこちらに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

jarファイルを実行する方法

jarファイルとは簡単に言うと、Javaのファイルを1つにまとめて圧縮したファイルのことです。

jarファイルを作成する方法についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

Sample:java

これを実行する方法について説明します。

jarファイルを実行するにはマニフェストファイルが必要です。

マニフェストファイルにはmainメソッドを含むクラスを指定します。

例えば以下のとおりです。

manifest.mf:

マニフェストファイルの拡張子は「.mf」にする必要があります。

「Main-Class:」のあとにmainメソッドを含むクラスを指定します。

そして、行の最後は必ず改行する必要があります。

マニフェストファイルを指定してjarファイルを作成する例です。

これを実行するコマンドは以下のとおりです。

実行結果:

まとめ

今回はJavaの実行について解説してきましたが、いかがでしたか?

作成したJavaファイルを実行して、Javaプログラミングを楽しんでいきましょう!

Javaカリキュラム無料公開中!
この記事はJava入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Java学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくJavaを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


最短でJavaを習得したい方へ

もし、あなたが、

「難しすぎて学習が全然進まない」
「学習量が膨大でゴールが見えない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

など、プログラミング学習やキャリアに関してお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_bannar-java2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

長野 透

長野 透

熊本在住のフリープログラマ兼ライターです。C/C++/C#、Java、Python、HTML/CSS、PHPを使ってプログラミングをしています。専門は画像処理で最近は機械学習、ディープラーニングにはまっています。幅広くやってきた経験を活かしてポイントをわかりやすくお伝えしようと思います。
お問合せはこちらでも受け付けています。
[email protected]