【iOSアプリ開発】Swiftを使って初心者が1から開発する手順を公開!

こんにちは、侍エンジニア塾ブログ編集部のTAKUMAです!

スマートフォンの利用率が高くなっている中で、スマホでアプリケーションを利用する人も大変多くなってきました。そんな中、自身でアプリを作ってビジネスを展開したりする人の需要も大変高くなってきています。

しかし、

iOSアプリを開発するにはどうすればいいの?
iOSアプリ開発を少し学んだけど、ぜんぜんわからない!

とお悩みの方も多いですよね。そこでこの記事では、これからプログラミング学習を始めようとしてる人や一度アプリ開発に挫折してしまった人に向けて、簡単にできるSwiftを活用したiOSアプリ開発の方法をご紹介します。

スキルアップや仕事の幅を広げようと考えている人にも、大変参考になる内容なので是非ともご一読ください。

iOSアプリ開発とは一体なんなのか?

画像:shutter stock

iOSアプリ開発の説明の前に、まずiOSについてご存知でしょうか?iOSとは、Apple社が開発したOSです。OSとは、Operating System(オペレーティングシステム)の略で人がパソコンやスマホで開発した内容をアプリケーションに伝えるためのソフトウェアのことです。

これらは、私たちが普段使用しているiPhone、iPad、iPod touch、Apple TV等には必ず搭載されているもので、iOS端末などとも呼んだりします。

iOSアプリ開発とは?

では、iOSアプリ開発とは何と聞かれると、もう答えは分かりますよね?

そうです。iOSアプリ開発とは、Appleで使えるアプリケーションを開発することを言います。もっと簡単に分かりやすく言いますと、Appleストアでダウンロードできるアプリケーションを作りましょうということです。

それって難しくないの?

と感じる方が多いと思いますが、基礎的なことをしっかりと抑えていけば誰でも簡単にiOSアプリの開発はできます。

swiftを使ってiOSアプリを開発しよう

swiftとはネイティブアプリを、開発するためのプログラミング言語です。iPhoneやiPad、iPod touchやMacBookなどのMacパソコンで使えるアプリ開発に使われるプログラミング言語がswiftとなります。

swiftの特徴としては、もともとApple社が開発したプログラミング言語の一つで本来の意味としては、アマツバメと呼ばれる鳥のことを指す意味です。swiftは、iOSやMac向けのネイティブアプリケーションを開発するために、作られた言語の一つで2014年にApple社が公表しました。

また、swiftを活用したアプリケーションの開発には、Xcode(エックスコード)と呼ばれるApple社が提供しているソフトウェアが必要なため、基本的に Macパソコンがないとコードを書いたりできません。

ちなみに、Xcode(エックスコード)はApple IDさえ持っていれば、無料でダウンロードすることができます。

初心者が簡単にiOSアプリを開発できる方法

画像:shutter stock

ここまでで、だいたいiOSアプリ開発に関しての概要はお分かり頂けたと思います。ここからはもっと深く掘り下げて行きましょう。

初心者がiOSアプリ開発にする際に必要なものとは?

初心者がiOSアプリ開発をするには、まずMacパソコンもしくはWindowsのパソコンが必要です。

スマホ一台でできないの?

という方もたまにいますが、まずスマホ一台ではiOSアプリ開発はできません。逆にMacパソコンもしくはWindowsのパソコンと、ネット環境さえあれば初心者の方でも作ることは可能です。

中には、初心者でも1週間から1ヶ月で作成した方もいらっしゃいます。ですので、iOS開発にチャレンジしたい方はまずはMacパソコンもしくはWindowsのパソコンを揃えてネット環境を整えましょう。

未経験からswiftを学ぶ方法

未経験からswiftを学ぶ方法は、4つあります。

  • サイトで勉強する
  • 書籍で勉強する
  • スライドで勉強する
  • 勉強会に参加する

おすすめのやり方として、初心者の方はまずは学習サイトで勉強しつつ、簡単に読めそうな書籍を1冊購入し、ある程度基礎的なことが理解できてきたらスライドや勉強会で学習する方法がいいでしょう。

また、上記であげた各swiftの学習方法ついて、以下の記事に詳しく解説してあるので、参考にしてみてください。

Swift初心者が1ヶ月の勉強で習得できた爆速学習方法まとめ
更新日 : 2019年7月23日

アプリを実際に作ってみよう!

勉強ばかりしていても、実際に作ってみないと何も始まりません。ということで、ご自身でまずは一つ簡単なアプリケーションを作ってみましょう。

自身でiOSアプリを開発して行く中で、わからないことが出てきたらググって調べたり、知り合いのプログラマーに聞いたりして、少しづつ開発に慣れることが大事です。

数をこなして行けば、自ずとアプリのクオリティーも上がってくるので、まずはある程度基礎的なことが学習できた時点で一つご自身で作ってみましょう。

iOSアプリ開発に行き詰まったら?

画像:shutter stock

自身でiOSアプリを開発して行く中で、

これってどうしたらいいの?

といった疑問があがると思います。ここでは、そのための打開策をいくつかご紹介いたします。

検索力を鍛えて答えを見つけよう!

プロのプログラマーでさえ、よく分からないことが出てくるのに、初心者の方がアプリ開発を初めて分からないことが無いはずはありませんよね。むしろ分からないことだらけだと思いますので、そんな時はググりましょう。

ググるというと、分かりにくいのでここでは検索しましょうと言った方が分かりやすいですね。プログラミングにいてもアプリ開発においても、同じように分からないことがあった場合は検索する癖をつけておきましょう。

だいたいのことは全て、ネット上に答えがすでにありますのでしっかりと調べましょう。検索の仕方等については、以下の記事で詳しく解説してあるので是非とも参考にしてみてください。

プログラミング上達のコツとは?エンジニアに学ぶ検索テクニック
更新日 : 2018年12月13日

Q&Aサイトを活用してみよう!

検索しても分からなかった場合。そんな時は、質問しましょう。ネット上にはYahoo!知恵袋など質問するサイトがありますよね。

プログラミングに関しても、そういった専用のQ&Aサイトがあります。ご自身でググっても分からなかった場合は、Q&Aサイトを活用して自分より上級者の意見を仰ぎましょう。

おすすめQ&Aサイト:Qiitateratail

どうしてもダメならプログラミングスクールもあり?

どうしてもiOSアプリ開発は一人では、難しいし続かない…

と感じる方は、プログラミングスクールに通って学びながら開発するのもアリでしょう。スクールに通うことで、ご自身で学ぶ学習よりも効率よく行えますし分からなければプロの講師の方が手取り足取り教えてくれます。

その他にも、スキル習得後の仕事の斡旋なども行なってくれるので大変メリットは多いですね。また、一人で学習や開発が続かない人は、仲間を求めてスクールに通うのもアリだと思います。

弊社侍エンジニア塾でもiOSアプリ開発=Swift言語の習得をサポートさせて頂いています。弊社では、

  • 最後まで同一講師がマンツーマンで徹底指導
  • 生徒一人一人に合わせたフルオーダーメイドカリキュラム
  • 転職や就職だけでなく、フリーランスとしての仕事獲得もサポート

などなど、他のプログラミングスクールにはない独自のサービスを提供しています。最短に着実にiOSアプリ開発ができるようになりたい人は、まずは弊社の無料体験レッスンをご利用下さい。

iOSアプリ開発に関する学習の悩みや、あなたに合った学習プランなどを提供させて頂きます。対面(渋谷)はもちろん、オンラインでも利用可能となっているので、お気軽にご相談ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

iOSアプリ開発を学ぶメリット

画像:shutter stock

iOSアプリ開発を学ぶメリットについて、ここでは詳しくみて行きましょう。

収益を得ることができる

アプリケーションの開発をすることでApple Storeに有料で販売されているアプリの様に収益を発生させることもできます。iOSアプリ開発を行なって、自身で作ったアプリケーションはあなたの商品となるのでそれをいかに販売して、ユーザーに購入してもらうかも大事な要素です。

商品が作れるということは、収益を挙げれる可能性があるということですので、是非ともご自身で作ったものをApple Store等で有料販売してみましょう。

自分のアイデアをアウトプット出来る

ご自身のアイデアをアウトプットすることで、

  • 誰かの役に立てたり
  • 多くの人に自分を知ってもらえたり
  • 新しい仕事が舞い込んだり
  • アウトプットすることでインプットすることが分かったり

等様々なメリットがあります。是非ともiOSアプリ開発のスキルを身につけたら、まずはアウトプットして実際にアプリケーションを作ってみましょう。自分のアプリを公開することで、きっと上記の様なメリットが受けられます。

仕事の幅が広がる

新しいスキルを身に付けるということは、当然仕事の幅は広がります。特に需要の高いiOSアプリ開発のスキルは、市場に対して大変仕事も多く多くの企業から求められているスキルです。

もしあなたがプログラミング初心者であっても、iOSアプリ開発ができるというだけで仕事がもらえる可能性は高いです。

また、前述したiOSアプリ開発に必要なプログラミング言語としてSwiftは需要の高い言語で、なおかつエンジニアが少ない言語なのでアプリ開発を通して、Swiftを覚えることで需要の高いエンジニアになれるます。

まとめ

【iOSアプリ開発をするために初心者に必要なこと】

  • まず、開発するための環境を整えること(Macパソコンやネット環境)
  • iOSアプリ開発に必要なプログラミング言語「swift」について学習すること
  • 実際にiOSアプリ開発を自分でやってみること
  • 分からないことがある場合は、その都度ググること

もう一度最後に繰り返しますが、iOSアプリ開発は初心者の方でも1週間から1ヶ月で作ってしまう方も中にはいます。それほど、開発と学習できる環境は誰でも簡単に手に入るので、あとは本人のやる気次第です。

是非とも一緒に、新しいアプリケーションを作りましょう!また、趣味でのアプリ開発に留まらず、Swiftエンジニアとして仕事獲得、転職を目指している方はぜひ弊社「侍エンジニア塾」をご利用ください。

Swiftを習得するにあたって、あなただけのオリジナルカリキュラムを作成し、専属の講師が現場で使えるレベルのスキル習得から転職サポートまで徹底的に支援させて頂きます。下記カレンダーから無料体験レッスンの予約が可能となっているので、ぜひお気軽にご相談ください。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Takuma Oka

Takuma Oka

クラウドワークスを中心にライターをやっています。海外ノマドワーカーに憧れて公務員を辞めて、勢いでフリーランスになりました。

カフェめぐりや海外旅行が大好きです!

元航空自衛官。辻調理師専門学校caféクラス卒業生。飲食歴4年程度。コンテンツマーケター。プログラマー(Progate歴2年)

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説