プログラミングスクール5社を比較!転職成功の秘訣を徹底解説

スクールの転職サポートを比較したい
スクールからどんな企業に転職できるの?
本当に未経験から就職や転職はできるか?

プログラミングスクールを選ぶ上で、このような悩みをお持ちの方は多いですよね。確かに、未経験からエンジニアという他業種の世界に飛び込むことは非常に勇気が必要な行為です。

こんにちは。今まで多くのスクール卒業生を企業に転職させてきたキャリアコンサルタントの加瀬です。

今回は、皆さんにプログラミングスクールの転職・就職事情や、サポート充実のおすすめプログラミングスクールをご紹介いたします。大手スクールの転職サポートから、一般的なキャリア設計なども合わせて紹介するので、未経験からエンジニアを目指している方はぜひ参考にしてください。

はじめに、大手5社の転職サポート制度を比較した表を用意したので、お時間のない方はこちらの比較表をご活用ください。

転職に強いスクール一覧はこちら
School_CTA

エンジニアの転職市場

エンジニアの転職市場

どうしてスクールに通うと転職できるの?

プログラミングスクールに転職支援があっても、本当に転職や就職できるのか不安に感じている方は多いですよね。結論からいうと、プログラミングスクールから転職・就職することはできます

では、なぜプログラミングスクールに通うことで、未経験者でも転職や就職を成功させることができるのかを詳しくご紹介いたします。

IT業界は今後人材不足の可能性が高い

IT業界は今後人材不足の可能性が高い

引用元:経済産業省 IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

まず第一に、IT業界の深刻な人材不足という問題があります。IT業界の急成長と反して、今まで業界を支えていたエンジニア達が大勢退職しており、その人材不足は2020年には37万人を突破すると予想されているほど。

そのため、IT企業は未経験者であっても、プログラミングスクールのカリキュラムを修了した人であれば、戦力と見なして採用してくれるのです。

しかし、気を付けておきたいのが雇用条件です。基本的にIT企業は「SES」「SIer」「自社開発」の3種類に分かれています。給料面で見るとSES→SIer→自社開発の順に収入は増えていき、自社開発企業であればスキル次第で高収入を望めます。エンジニアの平均年収が他の業種に比べて高いのは、自社開発企業の待遇の良さも要因の一つ。

また、自社開発企業はリモートワークやフレックス勤務など自由な社風の会社が多く、最近では人気も上がって倍率がとても高くなっています。こういった企業は基本的に経歴を重視するため、未経験者の転職は非常に難しいです。

しかし、エンジニアは自由というイメージがあることから、プログラミングスクールに通えばこういった企業へ転職できると考えている方も多いです。たしかに、未経験者でも努力次第で転職することは可能です。ただ、相当なスキルが求められるということを理解しておきましょう。

自社開発企業の転職について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

WEB系自社開発企業に転職事情|プログラミングスクールから転職できるのか
更新日 : 2020年2月19日

エンジニアへの転職後の年収相場は?

エンジニアへの転職を考えている人にとって気になるのが、転職後の年収ではないでしょうか?求人ボックスのシステムエンジニアの平均年収は、正社員で約490万円月額で約37万円、初任給が約21万円が相場です。

エンジニアへの転職後の年収相場は?

そのため未経験からの転職の場合、人によっては年収が下がってしまう可能性があります。しかしながら、エンジニアはスキルアップすることで年収アップが可能です。

また、求人検索エンジン「スタンバイ」を運営するビズリーチが発表した調査結果によれば、GoやScalaなど世界的にも需要が高いプログラミング言語を使えるプログラマーの平均年収は600万円という結果がでました。


引用元:求人検索エンジン「スタンバイ」調べ https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html

このように人気のあるプログラミング言語を習得すれば、未経験からでも将来的に高収入を狙うことができます

転職サポートのある無料プログラミングスクールとは

実はプログラミングスクールの中には「無料で転職まで支援してくれるスクール」があります。「無料で転職出来るなんて最高じゃん!」と思うかもしれませんが、誰でも受けられるというわけではありません。無料のプログラミングスクールには年齢や期間など厳しい受講条件が設けられています。

また、無料スクールの場合、企業に人材を斡旋することで収入を得ているため、自分の希望通りに転職先を選べるわけではありません。もちろん、自分に合った企業に転職できる可能性はありますが、確実に企業を選べないというのは非常にリスクが高いといえます。

ただし、無料スクールだからといってカリキュラムの質が悪い訳ではありません。とにかく転職したいという方にとっては無料スクールという選択肢も視野に入れておくと良いでしょう。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

無料で学べるプログラミングスクール14選|条件や有料との違いも徹底解説
更新日 : 2020年11月16日

未経験者が希望の条件で転職するにはどうすればいいか

では、未経験者が希望通りの条件で転職や就職を成功させるにはどうすればいいのでしょうか?

答えはポートフォリオを作成することです。ポートフォリオとは自分のスキルを証明する成果物であり、ポートフォリオを作り上げることがカリキュラムの目標となっているスクールも多いですよね。

この「ポートフォリオを作れること」が、プログラミングスクールに通うべき最大の理由です。ポートフォリオの質が高ければ、未経験でも希望通りの企業に転職・就職することも夢ではありません。

プログラミングスクールに通うことで転職や就職ができるもう1つの要因は、スクール自体が企業と提携していたり、協力企業を多く抱えているという点です。特に大手のスクールは有名企業とも提携を結んでいることがあるので、いきなり大手に就職することも努力しだいでは可能です。

評価されるポートフォリオについてはこちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2020年10月1日

スクールからの一般的な転職・就職成功事例

プログラミングスクールから転就職後の一般的なキャリアプランも知っておくと、スクールを選ぶ上でより具体的なイメージが沸きますよね。ここで紹介する転職成功事例が全てというわけではありませんが、1つの指標となりますので覚えておいて下さい。

エンジニアという業種は経歴を重視しています。そのため、一般的にスクールから転職・就職する企業は多くの場合、SES企業となります。

SES企業と聞くと悪いイメージを持つ方もいると思いますが、SES全てが悪いというわけではありません。むしろ多くの人材を雇用するため、研修制度や人材育成のノウハウを持っている場合が多く成長するための環境が整っているといえます。

まずSES企業で経験を積み、2〜3年でSIer企業や自社開発企業へ転職するというのが、一般的なキャリアプランです。もちろん、未経験だと絶対に最初からSIerや自社開発企業に転職できないというわけではありません。

質の高いポートフォリオの他に、国家資格など目に見える成果が必要となりますが、相当努力すれば最初から好条件の企業へ転職・就職することは十分可能です。未経験から稼げるWEBエンジニアを目指したい方は、エンジニア系オンラインサロンを運営している勝又さんのインタビュー記事も読んでみてください。具体的なイメージが浮かびますよ!

未経験から稼げるWebエンジニアになる方法とは?雑食系エンジニア勝又さんインタビュー
更新日 : 2020年3月4日

30代未経験でもエンジニアへ転職可能か?

30代で未経験の場合、エンジニアへの転職は難しい。無理なのでは?と諦めている方も多いのではないでしょうか?確かに20代に比べると不利な点がありますが、決して無理ではありません。事実、弊社の卒業生の中には、30代で異業種からエンジニアへ転職した方はいます。

医療系の事務職からエンジニア転職できた30代男性の場合

都内の外資系企業からITベンチャー企業に転職した30代女性の場合

また、DODAが実施した2019年上半期の転職成功者の平均年齢の調査結果によれば、

  • 転職に成功した人の平均年齢は31.7歳
  • IT/Web業界に限ると平均年齢は32.6歳

続いて、IT/Web系業界への転職成功者の年代別の割合は、

  • 20代49.6%で、30代36%を占める
  • 30代以上を見ると50%を超える割合

一般的に転職を成功させているのが30代以上を占めていることから、未経験からでもエンジニアへの転職は可能だと言えます。

ただし、ここで注意しておきたいことがあります。未経験とはあくまで実務経験がないということで、プログラミングを全くやったことがないということではありません。そのため、エンジニアへ本気で転職を考える場合は、プログラミングの知識や経験が必須です。

30代の場合、20代に比べると時間的余裕がありません。そのため、独学ではなく、プログラミングスクールに通って、プログラミングを習得しエンジニアへ転職する方法がベストでしょう。

30代から未経験でエンジニアへ転職を目指すためにコツや注意したいことについては、こちらの記事を参考にしてください。

未経験でも叶う!30代エンジニアの転職ノウハウ│男女別・年齢別に解説
更新日 : 2020年6月11日

転職支援と転職保証の違い

転職支援と転職保証の違い

転職サポートに注目してプログラミングスクールを選んでいると、転職支援と転職保証の2種類のスクールがあることに気がつくと思います。文字通り支援と保証では全く内容が異なります。

もちろん、どちらも履歴書の作成や面接の対策などスクールが全力で転職をサポートしてくれますが、具体的にどんな違いがあるのかを知った上でスクールを選びましょう。

転職支援とは

転職支援を行なっている大手プログラミングスクールは、 下記の通りです。

  • 侍エンジニア塾
  • リナックスアカデミー
  • CodeCamp

これらの転職支援を行なっているプログラミングスクールでは、受講生が希望の会社へ転職できるように、下記のような転職に向けたサポートをしています。

  • キャリアコンサルタントによるヒアリング
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策
  • 就職全体説明会

転職支援には受講生の希望条件などをヒアリングして、受講生の希望にあった企業をマッチングしたりなど求人の紹介を行います。そのため転職支援のないスクールに通って自分で求人を探すよりも、自分に合った求人を探すことが可能です。

転職保証とは

転職保証は、転職支援に比べ転職成功率が高いです。転職保証を行なっている大手プログラミングスクールは下記の通りです。

  • TECH::EXPERT
  • WebCAMP

転職保証を行なっているプログラミングスクールでは、受講生が希望の会社へ転職できるように、下記のような転職に向けたサポートをしています。

  • キャリアコンサルタントによるヒアリング
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策

サポート内容は転職支援とあまり変わりませんが、保証と名が付いているとおり、仮に就職や転職に失敗してしまった場合は、全額返金保証などの手厚いサポートが付いています。そのため、通いたいと思われる方が多いでしょう。

しかし、転職保証のあるスクールは誰でも受講できるわけではありません。スクールによっては定員が決まっていたり、年齢制限が設けられている場合があります。また、受講料金も他のスクールに比べると比較的高額なので、より確実に転職や就職を成功させたいという方にオススメです。

未経験者ほどプログラミングスクールを利用すべき理由

未経験者がエンジニアへ転職を目指す場合、プログラミングスクールに通うのベストです。ここではその理由について解説します。

挫折しにくい

エンジニアへ転職する際の未経験とは、あくまでも実務経験が未経験ということで、プログラミングが未経験ということではありません。そのため、プログラミングの知識やスキルを習得しておく必要があります。

もちろん独学でもプログラミングを習得することは可能です。しかしながら、プログラミングの途中でエラーが発生した場合、独学の場合は自分で解決しなければなりません。この時にもし自分で解決できないと、そこで学習が止まってしまい挫折してしまうことも。

一方で、プログラミングスクールなら、不明点が出てきたい場合やエラーが発生した場合は講師に質問できるためすぐに解決可能です。また学習へのモチベーションが維持できるようにサポートしてもらえます。

このような理由から、未経験者の場合はプログラミングスクールを利用した方がいいでしょう。

未経験者を採用したい企業を紹介してもらえる

未経験者がエンジニアへ転職するサポートを行うプログラミングスクールには、未経験者を積極的に採用したいと考えている会社からの求人が多いです。例えば、マイナビ転職で、下記の条件で検索し、未経験者を採用したい会社や仕事内容を調べてみましょう。

  • 職種:プログラマー
  • 正社員
  • 職種未経験OK・業種未経験OK

ゲームやアプリ開発、PC初期設定の求人や、

引用元:マイナビ転職 https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-230455-1-28-1/

クラウド・ネットワーク・サーバの開発、設計構築、運用保守などの求人があります。そのため、未経験者でも自分のやりたい仕事ができる可能性が高いでしょう。

プログラミングスクールの場合、求人サイトや転職エージェントなどに比べると未経験者向けの求人を豊富に扱っている可能性が高いため、効率的に未経験者向けの求人に出会えます。

ライバルと差がつきにくい

転職エージェントを活用した場合、現役のエンジニアも多く登録しています。そのため、ライバルのレベルが高くなってしまい、未経験者にとっては不利な場合も。

一方で、プログラミングスクールで紹介される求人の応募者は、同じスクールに通っている受講生がメインです。つまり、スキルや知識面では他のライバルと差がつきにくいです。そのため、他の受講生よりもスキルを磨くことで、内定を獲得できる可能が高まるでしょう。

就職・転職のためのプログラミングスクールの選び方

プログラミングを習得する目的によって、プログラミングスクールを選ぶ基準が異なります。

転職サポートが手厚く、目的にあっているか?

就職や転職目的でプログラミングスクールに通う場合、転職支援や転職保証などのサポートがあるスクールを選びましょう。転職支援や転職保証の内容はスクールによって異なりますので、事前に確認しておくと安心です。

特に転職保証のあるスクールの場合は、受講条件が30歳未満というような条件を設けています。誰でも受講できるわけではないので、受講できるかどうかも確認してください。

無理なく受講できるか?

就職や転職目的でプログラミングスクールに通う場合、多くの人が働きながらになるかと思います。そのため、働きながら無理なく受講できるか?を確認しましょう。確認したいポイントは、下記の通りです。

  • オンラインかオフラインか?
  • 料金は予算の範囲か?
  • オフラインの場合、仕事帰りや休みの日に通えるかどうか?
  • 仕事の都合で休んだ場合など、授業の振替が可能かどうか?

特にオフラインの場合は、通学時間も含めて無理なく通えるかどうかを確認しておく必要があります。そのため、入学前に直接スクールに問い合わせておくのがオススメです。社会人向けのプログラミングスクールの選び方については、こちらの記事を参考にしてください。

【厳選11校】プログラミングスクールを社会人が選ぶ6つのポイント!
更新日 : 2020年11月17日

ポートフォリオを作成できるか?

転職の際、自分のプログラミングスキルがどの程度あるか証明するために、「ポートフォリオ」が必要です。応募時にポートフォリオ提出するメリットは、以下の通り。

  • 自分の価値をプレゼンできる
  • 書類選考の際に有利になる
  • 技術力の担保になる
  • 未経験者の場合は、転職への熱意を伝えることができる

一方でポートフォリオを提出しないことによるデメリットは、以下の通りです。

  • 職務経歴書のみで判断される
  • 面接が受けられない場合がある

このような理由からも、未経験者でも転職の際にはポートフォリオを準備しておきたいですね。講座の中で制作物を作れば、そのままポートフォリオとして使えます。そのため、プログラミングスクールを選ぶ際には、ポートフォリオとして使える制作物が作れるスクールがオススメです。

ポートフォリオ作成のポイントは、下記のサイトで確認してください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2020年10月1日

大手5社の就職・転職サポートを徹底比較

ここでは、累計受講者数10000人以上の大手プログラミングスクール5社の転就職サポートを徹底比較いたしました。お時間のない方は、こちらの表を参考にしてください。

就職・転職サポート充実のおすすめプログラミングスクール5社

ここからは、はじめに比較表で紹介させていただいたプログラミングスクールの詳細情報をお伝えいたします。比較表から気になったスクールの詳しい情報を知って、あなたにぴったりのスクールを探してみてください。

侍エンジニア塾マンツーマンレッスン

侍エンジニア塾マンツーマンレッスン

引用元:侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/

特徴

一般的な転職コースははじめに受講料金を支払い、転職成功時に全額キャッシュバックされる仕組みが多いのですが、侍エンジニア塾の転職コースは、最初から受講料金0円で受講を開始できます。通常3ヶ月438,000円のコースを、転職成功することで無料で受講できるのはとても嬉しいポイントですね。

また、侍エンジニア塾は挫折しないための仕組み化に力をいれており、カリキュラム開始から最後までを1人の講師が専任で担当してくれます。講師が合わないと感じた場合は別の講師へ変えることもできるので、あなたに合った講師に最後まで担当してもらうことができますよ。

カリキュラムもあなたの目的に合わせて、フルオーダーメイドで作成するので目的と学んでいることが違ったなんてことは起こらず、確実にスキルを習得していけるでしょう。

転職コースの詳細はこちら

受講コース

  • スタンダードコース:168,000円(1ヶ月)〜
  • AIコース:580,000円(3ヶ月) 〜
  • 転職コース:168,000円(1ヶ月)〜

転職支援

  • キャリアコンサルタントによるヒアリング
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策
  • 転職コースは受講料金0円
    期間内に転職できない場合は通常料金のお支払いが必要となります。

転職事例

渡邊暁大様(23) 前職:大学生
弊社卒業生である渡辺さんは大学在学期間中に、アルバイト先のお客様から「これからの時代はプログラミング」という一言をきっかけに独学でプログラミング学習を開始。しばらくするとエラーを解決するために時間を割くのはもったいないと感じて、プログラミングスクールの受講を決意。

渡辺さんはもともとフリーランスエンジニアを目指していましたが、経験を積むためにまずエンジニアとして企業に転職することを目標として、学習をスタート。その後、3ヶ月という期間でエンジニアへの転職を果たしました。

渡邊さんのインタビューを詳しく見たい方はこちら

いきなり入会するのはちょっとこわいな・・・

そう思っている人も少なくないのではないでしょうか?そんな方はまずは無料体験レッスンを利用してみるのがオススメです。

弊社「侍エンジニア」の無料体験レッスンでは、学習プランや仕事獲得方法、その他様々な不安点を、たとえ入会せずとも無料でコンサルさせていただきます。嬉しいことにご好評を頂いており月間500人以上の方に体験して頂いています。

もちろんオンライン、対面(渋谷)どちらの形式でも可能となっています。まだ少なからず空きがありますので、まずはぜひお気軽にご相談ください!

無料体験レッスンの予約はこちら

リナックスアカデミー

リナックスアカデミー

引用元:リナックスアカデミー https://www.linuxacademy.ne.jp/

特徴

リナックスアカデミーはJavaスクールとして15年間の実績を持っているプログラミングスクールです。特にJavaエンジニアは非常に需要が高く、常に業界で必要とされている業種のため、経験者・未経験者問わず、実力があれば好条件の企業へ転職することが可能です。

Javaは比較的初心者に難しいと言われている言語ですが、仕事と同じ流れで開発の演習を行うため、コースが終わった頃には現場で活躍出来るスキルを身につけることができます。

また、15年の実績を活かした就職・転職サポートも魅力的です。リナックスアカデミーは900社以上の求人を抱えており、Javaという需要の高いプログラミング言語を教えているため、好条件案件もあることが非常に嬉しい点ですね。
リナックスアカデミーの詳細はこちら

受講コース

  • IT業界就職総合コース(215時間):890,000円(税込)
  • javaデータベースエンジニア就転職総合コース(210時間):890,000円(税込)

転職支援

  • 就職全体説明会
  • 受講生限定就職サポートサイト(NOLE)
  • グループワークによる面接対策
  • キャリアコンサルタントによるヒアリング
  • 希望条件に見合う企業の斡旋

転職事例

山本修平様 (23) 前職:スポーツインストラクター
授業では、初歩的な質問にも丁寧にわかりやすく答えてくれたので、未経験の自分でも専門的な知識とスキルを身につけることができました。また、無料で何時間でもフリートレーニングができたり、授業がわからなかったら再受講できるところも良かったです。

今はプログラマーとして、ECサイトなどのWebアプリケーション開発に携わっています。これからもっと経験を積んで、SEとしてキャリアアップしていきたいです。

引用元:リナックスアカデミー https://www.linuxacademy.ne.jp/voice/student/

codecamp

code camp

引用元:code camp https://codecamp.jp

特徴

侍エンジニア塾と同じく、マンツーマンレッスンを採用しているのがcodecamp。365日7時〜24時まで受講できるのが特徴です。2020年3月現在で、受講生も「30,000人突破」と実績も十分。

初心者の方が挫折しがち開発環境の構築をスクール側が行ってくれるため、初期の環境構築をする必要性がないのも嬉しいポイントです。多彩な受講コースがあり、レッスン受け放題コースであれば、様々なスキルを身に付けることができるのも、非常に魅力的ですね。
codecampの詳細はこちら

受講コース

  • 各種マスターコース:148,000円(2ヶ月) / 248,000円(4ヶ月) / 298,000円(6ヶ月)
  • プレミアムコース(全言語受講可能):248,000円(2ヶ月) / 348,000円(4ヶ月) / 398,000円(6ヶ月)
  • プレミアムプラスコース(受け放題):398,000円(2ヶ月) / 498,000円(4ヶ月) / 698,000円(6ヶ月)

転職支援

  • キャリアコンサルタントによるヒアリング
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策

転職事例

桑田佳祐様 前職:介護職
僕の場合はIT業界の経験がまったくなかったので、研修や教育のサポートが充実していることを基準にして企業選びを行なっていました。

エンジニアとしてのステップアップができそうで、学習する時間がしっかり取れる働きやすい職場を探していました。企業選びを行ううえでは、CodeCampの就職サポートをフル活用していましたね。

初めての転職活動だったので、応募書類の書き方から企業選びの方法までいろいろな点で幅広くサポートしてもらっていました。仕事が忙しく転職活動に時間がとれなかった時には、僕の希望に沿った企業を探して紹介していただけたので本当にありがたかったです。

今は無事に転職することができてエンジニアとして働きはじめているのですが、研修もしっかり受けることができているし、じっくりと学んでから現場に配属される職場なので同期入社の社員と一緒に一つずつ学んでいます。

引用元:CodeCamp https://codecamp.jp/voice/19

TechExpert

TechExpert 

引用元:TechExpert https://tech-camp.in/expert

特徴

TechExpertの最大の魅力は、転職保証制度を採用した転職特化型のスクールということです。もちろん、カリキュラムの内容も充実しており、卒業後すぐに適応できるように実践的なスキルを身に付けられます。

現場で活躍出来るスキルを身につけるため、実際の開発現場と同様にチームで開発を行うのが特徴。コードレビューやアジャイル開発など仲間とともに進めていくことができるため、モチベーションを保ちながらカリキュラムを進められますよ。

転職保証制度では、仮に受講生が転職できなかった場合に受講料金の全額保証を行っています。転職成功率も99.0 %と高く、ほとんどの受講生が転職を成功させています。
TechExpertの詳細はこちら

受講コース

  • 短期集中スタイル(10週間):648,000円(税抜)
  • 夜間・休日スタイル(半年):848,000円(税抜)

転職保証

  • キャリアコンサルタントのマンツーマンサポート
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策
  • TechExpert専用の求人枠

転職事例

大木彩様(25歳) 前職:大阪大学事務補佐員
TechExpertを選んだ理由は?
1番すぐに就職が出来るプログラミングスクールが、TECH::EXPERTだからです。

他のプログラミングスクールは”仕事を続けながら、空いた時間に学習する”といったスタイルのものが多いです。

私は少しも時間を無駄にしたくないと考えていたので、エンジニアとして就職するまでに半年、1年といった時間がかかることには抵抗がありました。「エンジニアとして仕事をする」と決めたからには、一刻も早く技術を身につけ、就職したかったんです。

引用元:TechExpert https://tech-camp.in/note/31486

WEB CAMP

WEB CAMP

引用元:WEB CAMP https://web-camp/

特徴

TechExpert同様、受講生全員に転職保証をしてくれるのがWEB CAMP。WEB CAMPではもしも受講完了後3ヶ月以内に転職できなかった場合には全額を返金してくれるという保証があります。転職を前提にしている人にとってはとても嬉しいサービスですね。

教室通いたい放題というシステムを採用していて、毎日11:00〜22:00の間、教室も自由に利用可能です。とことん学びたい、転職前提で学びたいという人におすすめのスクールとなっています。また、オンラインコースもあるため、近くに教室がない人も通えるのも嬉しいポイント。

WEB CAMPの詳細はこちら

受講コース

  • 転職コース短期集中講座(3ヶ月):628,000円(税込)
  • 転職コース専門技術講座(4ヶ月):828,000円(税込)
  • 転職コースオンライン講座(320時間):518,000円(税込)〜

転職保証

  • キャリアコンサルタントのマンツーマンサポート
  • キャリア設計サポート
  • 希望条件に見合う企業の斡旋
  • 面接対策

転職事例

吉田真人様 前職:営業職
新卒として大手通信機器販売会社に入社しましたが、社会人をこれから10年20年やっていくことを考えた時に不安を感じエンジニアを目指しました。

転職期間中は担当のキャリアアドバイザーの方から的確なアドバイスがあって、面接した企業はスムーズに内定までいきました。将来はエンジニアとして自分で稼げる力を持ちたいです。

引用元:WEB CAMP https://web-camp.io/

プログラミングスクールで失敗しないためには?

プログラミングを学ぶ目的が明確でない場合

プログラミングを学ぶ上で、目的を明確にすることは重要です。目的がなくては、目標を決めることができないからです。

目的を明確にするには、以下の2点を特にしっかり考えましょう。

  • 何が作りたいのか?
  • どんな働き方をしたいのか?

考えた上で、どの言語をどのように学ぶのかを決めましょう。しかし未経験者の場合は、自分ひとりで考えてもはっきりわからないかと思います。

そこで、弊社「侍エンジニア塾」がご用意している「プログラミング学習プラン診断アプリ」を使ってみてください。3つの質問に答えるだけで、サクッとあなたの学ぶべき言語や学習プランを診断致します。

プログラミング学習プラン診断

転職を目指したい場合

プログラミングスクールに通う目的の一つに、「エンジニアとして転職をする」と考える人が多いです。そのためには、転職保証が充実しているスクールに通うのがいいでしょう。しかし、転職保証の中にも、下記のようにいろいろなサービスがあります。

  • 転職成功で全額返金
  • 転職成功のためのカウンセリング
  • 転職できる企業を紹介してくれる

どうせなら受講も0円で、転職まで保証してくれるサービスがあれば、学習コストも抑えられて学びやすいですよね。0円で学べるスクールも多く存在するのですが、選ぶのはとても大変です。

無料で学べるプログラミングスクール14選|条件や有料との違いも徹底解説
更新日 : 2020年11月16日

弊社でも、0円から学べる「転職コース」をご用意しています。最初に掛かる初期費用を抑えることができて、転職までサポート致します。気になる方は、下のボタンより詳細を御覧ください。

転職コースの詳細はこちら

独学で学習してるけど挫折しそうな場合

プログラミングを独学で学習していると、「挫折」という言葉をよく耳にします。どの学習にも挫折は付きものですが、プログラミングは特に高く

298名を対象とするアンケート

なんと、87.5%もあることがわかりました。その理由としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • エラーに躓き先に進めない
  • 自分に合った学習方法がわからない
  • モチベーションの維持が難しい

挫折率の高いプログラミング学習ですが、挫折しないためにはまずプログラミングを学ぶ目的をはっきりさせる必要があります。目的をはっきりさせた上で、目標を決め学習プランをしっかり作りましょう。

目的から学習プランを決める?よくわからないな・・・

このように感じる人は、サクッと話の聞ける「無料体験レッスン」に参加してみましょう。あなたの悩みや疑問点を解決できます。

下のカレンダーより予約できるので、お気軽にお申し込みください。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

加瀬悠貴

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー