転職・就職支援を重視する人向けプログラミングスクール12校

転職・就職を目的として、プログラミングスクール選びをしている人向けに、「転職支援・就職支援が充実しているプログラミングスクール」をまとめました。

転職支援・就職支援が充実しているプログラミングスクール一覧

プログラミングスクールの転職・就職支援は大きく分けて5つのパターン(無料で転職できる、転職保証制度、転職後に給与から天引の出世払い制度など)に分かれます。

今回は、転職成功率94.1%の実績を持つプログラミングスクールを運営する当社が監修。

転職支援・就職支援が充実しているプログラミングスクールを5つのパターンに分けつつ、それぞれの特徴、転職・就職支援の内容から料金まで解説します。

この記事の監修者

これを読めばきっと「就職・転職したい」という希望を叶えられ、かつあなたの希望に沿うスクールが選べるでしょう。

転職・就職支援が充実のプログラミングスクール比較表

転職・就職に強いプログラミングスクール

画像:スクールによって支援の内容は違う

プログラミングスクールでは就職・転職の支援を受けられますが、スクールによって支援の内容は違います。今回はサポートの種類ごとに分けて、おすすめのスクールを紹介します。

ここで紹介するプログラミングスクールは以下の通りです。

スクール名転職サポート受講期間
侍エンジニア転職成功したら無料4週間~
プログラマカレッジ最初から最後まで無料12週間
ネットビジョンアカデミー最初から最後まで無料8週間
TechAcademy転職保証12週間
DMM WEBCAMP PRO転職保証12週間〜
TECH CAMP転職保証10週間
CodeCampGATE転職・就職支援16週間
GEEK JOB転職・就職支援12週間
KENスクール転職・就職支援12週間〜
RUNTEQ転職・就職支援12週間〜
RaiseTech転職・就職支援16週間
CODEGYM ISA転職後出世払い24週間〜

「スクール詳細へ」

プログラミングスクールの転職・就職支援5つのパターン

プログラミングスクールの転職・就職支援には種類がある

画像:人によって受けるべきサポートは異なる

プログラミングスクールでは、転職保証や転職支援などの制度が設けられています。

  • 転職成功したら無料:転職成功すれば1円もかからない
  • 最初から最後まで無料:リスクゼロだがサポートもそれなり
  • 転職保証型:転職成功率は高いが費用は高額
  • 転職支援型:転職メインではないため努力が重要
  • 転職後出世払い:卒業後に給料から天引き

転職活動の支援や金銭的な負担の軽減など、さまざまな形で転職・就職をサポートしてもらえます。

あなたの目的や状況によって選ぶべきプログラミングスクールは違ってくるので、どんなサポートが受けられるか事前に把握しておきましょう。

①「転職成功したら無料」のプログラミングスクール

要約:転職が成功すれば1円もかからないが、転職失敗なら受講料がかかるスクール

転職に成功した場合のみ、費用がかからないタイプです。反対に転職に失敗した場合は、受講料を支払わなければいけません。

一般的な「転職保証型」は転職に失敗した場合無料になるので、こちらはその逆パターンです。転職保証型は失敗した時の保険になりますが、逆にいうと「失敗しても無料だから」と甘い考えが出てしまいます。

転職成功したら無料のパターンであれば、「転職を成功させて無料にしよう」とポジティブな方向に頑張れます。また転職失敗したら受講料がかかるので、転職活動も本気で取り組む気持ちになれるでしょう。最初に受講料の一部だけ支払いは必要ですが、転職に成功したら返金されます。

②「最初から最後まで無料」のプログラミングスクール

最初から最後まで無料のプログラミングスクール

画像:転職にお金をかけたくない方におすすめ

要約:最初から最後まで完全無料だが、転職先や学べる言語に制限があり、受講前の審査も厳しいスクール

受講料がかからない完全無料のタイプです。最初から最後まで費用は一切かかりません。スクールは企業側から報酬を貰っているので、受講料が無料でも運営できるという仕組み。そのため転職成功しやすいのもメリットの1つです。

しかしその分、転職先の企業は限られてきます。また学べる言語も企業側に合わせているので、好きな言語を学べるかはわかりません。また受講のための審査が厳しい場合もあるため、誰でも受講できるわけではありません。

転職までお金をかけたくない方や、学ぶ言語や転職先の会社にこだわわらない方におすすめです。

③「転職保証型」のプログラミングスクール

要約:転職成功率は非常に高いが、受講料が高額で複数の返金条件もあるスクール

転職保証は、転職できなかった場合に返金される制度です。プログラミングを学んでも転職できるとは限らないので、転職失敗したときのためのリスクヘッジになります。

ただし返金保証を受けるには、スクールが決めた条件をクリアしなければいけません。主な条件には以下のような内容があります。

  • 年齢制限(約30歳までが多い)
  • 転職活動を行う
  • セミナーなどに参加する
  • 規定のカリキュラムを期間内に終わらせる


そのほかにも細かく条件が決められており、簡単には返金されない場合があります。期間内にカリキュラムや課題を終わらせポートフォリオを作り、転職活動までしなければいけません。そのため、働きながら返金保証の条件をクリアするのは簡単ではないでしょう。

また転職先に合わせたプログラミング言語しか選べない場合もあります。

④「転職支援型」のプログラミングスクール

「転職支援型」のプログラミングスクール

画像:転職活動に不安のある方におすすめ

要約:転職サポートはあるが、転職メインではないため学習者本人の努力が必須のスクール

転職支援型は、返金保証はありませんが就職・転職に関するサポートをしてくれる制度です。

大手であれば、多くのスクールで転職支援を受けられるコースは用意されています。さまざまなサポートをしてくれるため、自分1人で転職活動をするよりも効率よく希望の会社を探せるでしょう。

主に以下のようなサポートが受けられます。

  • コンサルタントによるカウンセリング
  • 一般にはない求人の紹介
  • 履歴書や経歴書の添削
  • 面接対策
  • マナー講習


履歴書の添削や面接対策、マナー講習などもあるので、転職活動に不安のある方におすすめです。また一般の求人サイトには公開されてない求人も紹介してもらえます。

転職支援を受けるための審査などはありません。支援を受けられるコースを受講できる方であれば、サポートの対象です。弊社侍エンジニアの場合、「エキスパート」「デビュー」コースで転職支援が受けられます。

⑤「転職後出世払い」のプログラミングスクール

要約:転職成功してから、給料から天引きで「受講料を後払い」するスクール

転職が成功した場合に、働き始めてから受講料を支払うタイプです。転職するまで費用はかかりません。そのため「スクールを受講したいけど、すぐには受講料が払えない」という方におすすめです。

転職後に給与から一定割合を支払う契約のため、支払う料金は人によって違います。ISA(所得分配契約)と呼ばれる契約で、アメリカなどで増えている方式です。

ただし日本でISAを採用しているスクールは、まだほとんどありません。また受講するためには選考に合格する必要があり、事前に学習しなければいけない場合もあります。

無料で就職・転職可能なプログラミングスクール

無料で就職・転職できるプログラミングスクールには、一切費用がかからないものや後から返金されるタイプなどがあります。

プログラミングスクールは数十万円の受講料がかかるため、ためらっている方は多いかもしれません。しかし実質無料のプログラミングスクールであれば、費用の心配なくプログラミングが学べます。

侍エンジニア

侍エンジニア

引用元:侍エンジニア

特徴完全オーダーメイドのカリキュラム
こんな人におすすめマンツーマンでプロから教わりたい人
対応言語C言語、C++、Ruby、Ruby on Rails、
Java、JavaScript、TypeScript、PHP、
Go、Python、Node,jp、VBAなど
受講期間4週間~
受講料金¥156,000(税込み)
(受講料¥58,000+入学金¥98,000)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類① 転職成功したら無料

侍エンジニアは、完全オンラインで学習できるプログラミングスクールです。決まった学習コースはなく、一人ひとりに合った学習カリキュラムをオーダーメイドで提案しています。人によって知識量や経験は違うので、その人に最適なカリキュラムで効率よく学習できるのが特徴です。

なかでも「転職コース」は、転職が成功した場合に受講料が返金される仕組みで、転職に特化したコースのため、実務で使える確かなスキルを身につけられます。

そのためにカリキュラムの多くの時間をオリジナルサービス開発にあて、クオリティの高い制作物の作成を目指します。現役エンジニアによるマンツーマン指導なので、挫折することなく続けられるでしょう。

また転職支援に関しては、プロのキャリアアドバイザーが転職成功までフルサポート。2000以上の求人から、ピッタリな会社を紹介しています。

Twitterでの口コミ

「侍エンジニアの詳細はこちら」

プログラマカレッジ

プログラマカレッジ

特徴アウトプットを重視したカリキュラム
こんな人におすすめ整った設備環境で学びたい人
対応言語HTML/CSS、JavaScript、PHP、Java、
Ruby、jQuery、MySQL、Git、GitHub
受講期間3ヶ月
受講料金無料
受講形式通学
転職・就職サポートの種類② 最初から最後まで無料

プログラマカレッジは、東京にある教室に積額するタイプのスクールです。アプリ・Webサイト開発なども行っている会社が運営しているので、現場で使える技術や仕事術を教えています。

実践に沿ってチーム開発をするため、仕様書・設計書の読み込みから、Git/GitHubの使用、テストまで実践的な学習内容です。

求人情報は常時5000~7000件あり、平均内定獲得率は3.7社。マンツーマンでの就活サポートやビジネスマナー研修を受けられるため、社会人未経験の方でも安心して就職活動ができるでしょう。

Twitterでの口コミ

「プログラマカレッジの詳細はこちら」

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

特徴CCNA資格合格率95%以上
こんな人におすすめネットワークエンジニアを目指している人
対応言語OSI参照モデル、Ciscoルータ
スイッチ基本コマンド、RIP構築、
DHCP・ACL・NAPT構築、
Router on a Stick構築など
受講期間2ヶ月
受講料金無料
受講形式通学
転職・就職サポートの種類② 最初から最後まで無料

ネットビジョンアカデミーは、ネットワークエンジニアを目指している方のためのスクールです。ネットワークの世界で最も有名な資格であるCCNAを、1ヶ月ほどで取得できます。合格率は95%以上。

技術的な内容だけでなく、マナーやクレーム対応、お客様訪問時、セキュリティ事故発生時の対応など、業務で使うさまざまなスキルを学べます。

また地方からの上京支援もしており、無料のシェアハウスを最大2ヶ月まで利用可能です。生活コストや受講料・テキスト料がかからないので、勉強に専念して効率よく転職を目指せます。

Twitterでの口コミ

「ネットビジョンアカデミーの詳細はこちら」

就職・転職保証のあるプログラミングスクール

就職・転職できなかった場合に返金される、転職保証型のスクールを紹介します。転職できなかった場合は費用の負担がないので、リスクを負わずにスクールに通えます。

TechAcademyPro

TechAcademyPro

引用元:TechAcademy

特徴週に2回
パーソナルメンターのマンツーマンメンタリング
こんな人におすすめ講師に相談しながら学習したい人
対応言語Java
受講期間12週間プラン
受講料金327,800円(税抜)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類③ 転職保証

TechAcademyの転職保証コースでは、Javaを使ったWebアプリケーション開発を学べます。現役エンジニアがメンターとして1人付き、週2回のマンツーマンメンタリングで学習をサポート。メンターは1日8時間オンラインにログインしているため、その時間帯であればチャットで質問するとすぐに答えが返ってくる環境です。

学習から転職のサポートまで完全オンラインのため、全国どこでも受講できます。ただし転職先は基本的に東京なので、東京で勤務可能な方が対象です。

転職保証を受けるための条件は、20歳以上32歳以下、期間中に300時間の学習時間を確保するなどがあります。

Twitterでの口コミ

「TechAcademyProの詳細はこちら」

DMM WEBCAMP PRO

DMM WEBCAMP PRO

引用元:DMM WEBCAMP PRO

特徴ライフスタイルに合わせた学習プラン
こんな人におすすめ仕事や育児をしながら転職を目指したい人
対応言語Ruby、Rails、Git、HTML、CSS、
JavaScript、AWS
受講期間12週コース~
受講料金687,280円(税込み)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類③ 転職保証

DMM WEBCAMP PROは、自分に合った学習ペースでプログラミングを学べるスクールです。仕事や育児でスケジュール調整が難しい方でも、無理なく学べます。

基本的なコードを記述する学習だけでなく、サービス開発における企画・設計からリリースまでの工程を経験できるのも特徴です。一連の流れを通して、ポートフォリオとなる制作物を開発できます。

卒業後も交流ができるエンジニアサロンに入れるため、転職した後も継続して学習を続けられるでしょう。

Twitterでの口コミ

「DMM WEBCAMP PROの詳細はこちら」

TECH CAMP

引用元:TECH CAMP

特徴2,000名以上の卒業生がエンジニアとして転職に成功
こんな人におすすめ短期集中で学びたい人
対応言語HTML、CSS、JavaScript、Ruby、
Ruby on Rails、SQL、AWS、GitHub
受講期間10週間~
受講料金712,800円(税抜)
受講形式オンライン、通学
転職・就職サポートの種類③ 転職保証

TECH CAMPは、10週間600時間の短期集中スタイルでプログラミングを学べるスクールです。1日12時間×週5日を10週間と、かなりタイトなスケジュールではありますが、効率的に短期間で終わらせたい方にはおすすめ

通学とオンライン両方に対応しており、教室は東京・大阪・愛知・福岡にあります。平日はオンライン、休日は教室に通うといった使い分けができるのもポイントです。

転職先が決まるまで、エンジニア未経験者専門のキャリアアドバイザーによるマンツーマンのサポートが受けられます。期間内に規定のプログラムを修了し、1社も内定が出ない場合には全額返金される仕組みです。

Twitterでの口コミ

「TECH CAMPの詳細はこちら」

就職・転職支援が手厚いプログラミングスクール

就職・転職支援は、求人の紹介や面接対策など、転職活動のためのサポートが受けられる制度です。就職・転職支援を行っているスクールは多くありますが、支援内容がそれぞれ異なります。

どんなサポートが受けられるか確認して、自分が求めている支援を受けられるスクールを選びましょう。

CodeCampGATE

引用元:CodeCampGATE

特徴専属メンターとのチーム開発
こんな人におすすめ実務に近い内容で学びたい人
対応言語HTML、CSS、jQuery、PHP、JavaScript、
MySQL、Git、GitHub
受講期間4ヶ月
受講料金492,800円(税抜)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類④ 転職・就職支援

CodeCampGATEは、完全オンラインで手厚いサポートが受けられるスクールです。現役のメンターによるマンツーマン指導で、実務で必要なスキルを基礎から学べます。

基礎学習が終わった後は、実務に近い形でチーム開発を経験できるのも特徴です。Githubなどチームでの開発に必要なスキルも学べます。

エンジニアメンターとキャリアアドバイザーによる転職サポートで、地元での就職から首都圏での就職までカバー。今後の成長や技術レベルについてまとめた推薦状も発行しています。

Twitterでの口コミ

「CodeCampGATEの詳細はこちら」

GEEK JOB

引用元:GEEK JOB

特徴自分の状況に合わせた学習スタイル
こんな人におすすめ就職に強いスクールに通いたい人
対応言語HTML、CSS、Java、Ruby、Ruby on Rails、
MySQL、GitHub、SourceTree、Web API、
eclipse、Json、Apache Tomcat
受講期間3ヶ月
受講料金437,800円(税別)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類④ 転職・就職支援

GEEK JOBはオンラインで学習でき、10:00~18:00の間はチャット、ビデオ通話で講師に質問ができます。講師とのメンタリングで、個人の経験やスキルに合わせて学習計画を作成。自分の空いている時間に合わせた学習スケジュールを立てられます。

言語はJavaかRubyを選び、それを中心に現場で使う周辺技術を学んでいくスタイルです。

転職プレミアムコースでは、転職での選考を通過するためのポイントや、選考で評価される制作物の作成を学べます。

Twitterでの口コミ

「GEEK JOBの詳細はこちら」

KENスクール

引用元:KENスクール

特徴開校31年の実績
こんな人におすすめ個別指導でわかりやすく教わりたい人
対応言語PHP、Java、JavaScript、C言語、VBA
受講期間3ヶ月~
受講料金170,500円(税抜)
受講形式通学
転職・就職サポートの種類④ 転職・就職支援

KENスクールは、開校31年以上の実績があるスクールです。東京や大阪、福岡などにある校舎から、好きな場所・好きな時間を選んで通えます。

対面式のマンツーマン指導のため、すぐに質問ができる環境です。オンライン学習のチャットでは伝えづらい内容も、口頭でわかりやすく説明が受けられます。

プロのキャリアアドバイザーによるカウンセリングから、面接対策、自己PRの対策まで丁寧にサポート。グループ会社の人材エージェントチームと連携して、理想のキャリアに沿った企業選びを支援します。

Twitterでの口コミ

「KENスクールの詳細はこちら」

RUNTEQ

引用元:RUNTEQ

特徴実践型でサービス開発を学べる
こんな人におすすめWebエンジニアを目指している人
対応言語HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、Vue.js
受講期間3ヶ月
受講料金327,800円(税抜)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類④ 転職・就職支援

RUNTEQではWebエンジニアになるためのスキルを学べます。運営しているのはRuby on Railsに特化したWebサービスを開発している企業なので、Ruby on RailsでWeb開発がしたい方向けのスクールです。

制作物は企画・アイデア出しの段階から始め、アーキテクチャ、データベース設計なども行います。完全オリジナルのポートフォリオが制作できるため、転職の際にアピールできるでしょう。

企業選考カリキュラムという技術試験に合格した場合、提携先のWeb系企業への紹介が受けられます。

Twitterでの口コミ

「RUNTEQの詳細はこちら」

RaiseTech

引用元:RaiseTech

特徴現場で通用する技術をひと通り学べる
こんな人におすすめ実践的なスキルを学びたい人
対応言語Java、Ruby on Rails、AWS、MySQL、
Git、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、
PHP、WordPressなど
受講期間全16回(週1回 / 1回あたり120分)
受講料金437,800円(税抜)
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類④ 転職・就職支援

RaiseTechは、実務で使えるスキルを学べる徹底現場主義のスクールです。「稼げるエンジニア」にこだわっているため、案件の多いJava、将来性のあるAWS、副業WordPressの3コースでプログラミングが学べます。

オンライン学習ですが、ディスカッション形式で講座を受けるスタイルなので、いつでも講師に質問ができる環境です。

自社開発のシステム会社が運営しているため、面談時の注意点やポイントなども教えてもらえます。また自社案件の一部発注や、パートナー企業の紹介もしているのが特徴です。

Twitterでの口コミ

「RaiseTechの詳細はこちら」

CODEGYM ISA

引用元:CODEGYM ISA

特徴日本で初めてISAを取り入れたスクール
こんな人におすすめ受講料を出世払いにしたい人
対応言語フロントエンド、AWS、Linuxサーバーなど
受講期間24週間~
受講料金給与の15%を30ヶ月間
受講形式オンライン
転職・就職サポートの種類⑤ 転職後出世払い

CODEGYM ISAは、日本で始めてISAの出世払いを導入したスクールです。住んでいる地域や学歴、環境にかかわらず、学習から就職まで全国でサポートしています。

学習時間は1200時間と比較的長めです。その分カリキュラムは充実しており、コンピュータサイエンスの基礎からフレームワークの活用、セキュリティ、AWS、さらに受講生同士でのチーム開発なども経験できます。

初週から就活オリエンテーションが始まるため、6か月間のサポートにより万全の態勢で転職活動に望めるでしょう。

Twitterでの口コミ

「CODEGYM ISAの詳細はこちら」

就職・転職のためのプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの選び方

画像:自分にあったスクールを選ぶのが大切

プログラミングスクールでは就職・転職のためにさまざまな支援を受けられます。スクールを選ぶときには、以下のポイントを確認してみましょう。

  • 転職サポートが手厚く、目的にあっているか?
  • ポートフォリオを作成できるか?
  • 無理なく受講できるか?
  • スクールの評判は良いか?


どんなサポート受けたいか考え、自分にあったスクールを選ぶのが大切です。

転職サポートが手厚く、目的にあっているか?

就職や転職目的でプログラミングスクールに通う場合、転職支援や転職保証などのサポートがあるスクール・コースを選びましょう。支援内容はスクールによって異なるので、どこまでサポートしてくれるか事前に確認しておくと安心です。

スクールによっては、紹介している企業が限られている場合もあります。自分が希望している会社や目指している分野がある場合は、そこに行くためのサポートが受けられるかどうかが大事です。

下記の記事では、大学生や30代の方向けのプログラミングスクールを紹介しているので、参考にしてください。

学割のあるプログラミングスクール6選|大学生だけのメリットあり
更新日 : 2021年6月3日
30代未経験におすすめ!プログラミングスクール10校【専門家監修】
更新日 : 2021年6月22日

ポートフォリオを作成できるか?

転職活動をするとき、自分のプログラミングスキルがどの程度あるか証明するために「ポートフォリオ」が必要です。カリキュラムのなかで、ポートフォリオを作成できればスムーズに転職活動が始められます。

ポートフォリオを作成する理由は以下の通りです。

  • 自分の価値をプレゼンできる
  • 書類選考の際に有利になる
  • 技術力の担保になる


ポートフォリオがないと、履歴書・職務経歴書だけで判断されてしまいます。また応募条件にポートフォリオの提出が定められている会社も多いので、ポートフォリオがないと受けられない場合もあるでしょう。初心者の場合1人で制作物を作るのは難しいので、ポートフォリオの作成ができるスクールがおすすめです。

ポートフォリオ作成のポイントは、下記の記事で紹介しています。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2021年1月25日

無理なく受講できるか?

画像:働きながらでも無理なく受講できるかを確認する

就職や転職目的でプログラミングスクールに通う場合、多くの人が働きながらになるかと思います。そのため働きながらでも無理なく受講できそうかを確認しましょう。確認したいポイントは以下の通りです。

  • オンラインかオフラインか?
  • 料金は予算の範囲か?
  • オフラインの場合、仕事帰りや休みの日に通えるかどうか?
  • 仕事の都合で休んだ場合など、授業の振替が可能かどうか?


とくにオフラインの場合は、通学時間も含めて無理なく通えるかどうかを確認しておく必要があります。そのため入学前に、直接スクールに問い合わせておくのがおすすめです。

スクールの評判は良いか?

実際に利用した人の評判・口コミは、スクール選びの参考になります。公式サイトの情報やカリキュラムの内容だけではわからない部分も、利用者の声から見えてくるでしょう。

プログラミングスクールの場合は、教えてくれる講師の質は確認したいポイントです。多くのスクールでは、外部のメンターを雇って受講生に指導させています。そのためメンターのスキルや教え方によって、学習スピードに差がでてくるのです。

また運営の対応もチェックしたいポイント。とくにオンラインの場合は、メールやチャット・電話で問い合わせをするので、レスポンスの速さなども重要です。口コミや評判をチェックして、講師や運営の対応も確認しておくといいでしょう。

評判のいいプログラミングスクールについては、下記の記事で紹介しています。

リアルな口コミあり!評判のいいプログラミングスクール厳選5社!
更新日 : 2021年4月20日

またこちらの記事では、社会人向けのプログラミングスクールの選び方について紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

忙しい社会人でも学べる!おすすめプログラミングスクール7選
更新日 : 2021年5月25日

プログラミングスクール卒業後の転職・就職先

プログラミングスクール卒業後の転職・就職先

画像:プログラマーとしての転職先は3種類

プログラマーとしての転職先には、自社開発・受託・SESの3種類があります。未経験から転職する場合、多くの方がSESか受託から始めることになるでしょう。

自社開発企業は即戦力を求めているため、確かな実力がなければ採用されません。また自社開発を希望している人が増えているのも、入りづらい要因の1つです。もちろんSESや受託でも良い会社はあるので、スクールの支援を活用すれば機能の条件に近い会社を目指せます。

自社開発企業に行きたいのであれば、まずはSESや受託の会社で働いてスキルを付け、それから転職するのがおすすめです。

こちらの記事では、プログラミングスクールから自社開発企業を目指すためのスキルなどを紹介しています。

プログラミングスクールから自社開発企業へ転職できる?必要スキル5つ
更新日 : 2021年5月12日

プログラミングスクール選びで迷ったらまずは無料相談へ!

まずは無料相談へ

画像:迷ったらまずは無料相談へ

プログラミングスクールではさまざまな支援を受けられるため、どのスクールを選ぶかは重要です。現在の年齢や学習に使える時間、プログラミングに対する知識量などでも、選ぶべきスクールは変わります。そのため気になるプログラミングスクールがあれば、まずは相談してみましょう。

弊社侍エンジニア塾でも、無料カウンセリングを開催しています。カリキュラムについてだけでなく、プログラマーの転職事情や年収なども包み隠さず説明致しますので、気軽に相談にお越しください。

「無料カウンセリングの詳細はこちら」

まとめ

この記事では、転職・就職に強いプログラミングスクールを紹介しました。多くのプログラミングスクールでは、履歴書の添削や面接対策、求人の紹介といった転職支援をしています。

また、完全無料で通えるスクールや転職に成功したら無料のスクール、出世払いのスクールなどもあるため、金銭的な負担もサポートしています。受講料で悩んでいる方も諦める必要はありません。支援内容を確認して、自分の状況にあったプログラミングスクールを選びましょう。

こちらの記事では、各地方のおすすめスクールを紹介しているので参考にしてみてください。

書いた人

れん

WordPress系言語(HMTL・CSS・PHP)を愛する6歳男の子パパ。2020年のプログラミング教育開始に向け、親子プログラミング学習をやってます。息子のプログラミング教室の送り迎えが日課です。
プログラミングスクールやプログラミング学習のブログ書いてます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら