インフラエンジニアの副業はできる?料金相場や必要なスキルを紹介

インフラエンジニアとして働いてる方の中には、


収入を増やしたい」
今より、スキルアップしたい
人脈を広げていきたい

このように思っている方も多いのではないでしょうか?もし、このように考えているなら、副業にチャレンジするのもおすすめです。そこで、今回は下記の内容を中心にインフラエンジニアの副業事情について紹介します。

  • インフラエンジニアが副業するメリット
  • インフラエンジニアの副業相場
  • インフラエンジニア副業するなら持っておきたいスキル
  • インフラエンジニアに最適な副業

ぜひ、この機会に副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

結論:インフラエンジニアは副業できる

もし、今の生活でインターネットが使えなくなったらどうなるでしょう?

どのような生活になってしまうか?想像できないですよね。

インフラエンジニアは、ITインフラの設計や構築、保守運用など、私たちの生活を支えるITインフラの基盤を支えています。つまり、ITが普及した現代社会において、インフラエンジニアの需要を増え、その人材価値が高まっています。そのため、正社員の仕事だけでなく、副業案件も増えています。

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークを構築したり、運用や保守点検を行うため、エンジニア職種の中でも、副業は難しいと思われがちですが副業は可能です。特に、今後はクラウドサービスの普及によって、ますます副業案件が増えるでしょう。

インフラエンジニア副業メリット

インフラエンジニアが副業するメリットは、下記の3つです。

  • 収入が上がる
  • スキルや経験がつめる
  • 人脈がを広げられる

副業にチャレンジすることで、このようなメリットがあります。そこでここでは、それぞれのメリットについて解説します。

収入が上がる

副業をすることで、本業とは別の収入源が増えます。

例えば、今の収入プラス月5万円増えた場合、生活に余裕ができたり、自分のやりたいことの挑戦できたり可能性が広がりませんか?そのため、収入を増やす目的で副業を始める人もしくは、始めたいと思っている人が増えています。

ちなみにパーソルP&Tが実施した副業の潜在ニーズに関する意識調査によれば、副業をしたい理由として最も多かったのが、本業以外の収入を得たいでした。

副業の潜在ニーズに関する意識調査

この調査結果からも、副業をするメリットは収入が増えることだと考えている人が多いと言えます。

また、本業以外に収入源を確保することで、残業時間が減らされ本業の収入が減ってしまうリスクなどに備えることも可能です。ただし、副業の収入額によっては、別途確定申告が必要になるため注意してください。

スキルや経験をつめる

本業が同じような業務ばかりだった場合、新しいスキルや経験を積むことができません。

副業なら自分でやりたい案件を選べるため、新しい分野にチャレンジすることも可能です。特に、副業案件の場合、クラウドサービスを活用したものが多いです。そのため、本業でクラウドに関する経験を積むことができないなら、副業でクラウドサービスに関する経験を積むのもいいでしょう。

副業は自分で案件を選ぶ自由があるため、本業でできない経験を積むことも簡単です。このような理由から、副業には、新しいスキルや経験をつめるメリットがあります。

人脈を広げられる

副業をすることで、本業では出会えない人たちとの出会いがあります。そのため、副業を始めることで、自然と人脈を広げることができます。

特に、将来独立や起業、転職を考えている人の中には、人脈づくりのために副業を始める人も多いでしょう。副業案件をもらっていたクライアントの企業に転職したり、もしくは独立後も仕事をもらい続けるケースはよくあります。

インフラエンジニアの副業案件相場

副業をスタートするにあたり、気になるが副業の相場ではないでしょうか?インフラエンジニアの副業案件は、月10万から20万円前後です。

例えば、シューマツワーカーの下記の案件の場合、時給が2,500円です。週10時間で月40時間働いたとしたら、1ヶ月で10万円です。

シューマツワーカー

また、下記のクラウドワークスでのインフラエンジニア向けの案件の場合は、月20〜30時間で8~12万円です。

クラウドワークス

このように、インフラ系の副業案件の相場は、月10万から20万円前後が目安です。副業案件は下記のサービスで探せます。

  • シューマツワーカー
  • クラウドワークス
  • ランサーズ

どのような副業案件があるのか?気になるなら、一度それぞれのサービスで案件を探してみるといいでしょう。

インフラエンジニア向けの案件獲得に適したスキル

インフラエンジニア向けの副業案件は、保守運用に関する案件が多いです。そのため、下記のスキルを身につけておくと、いい案件を獲得しやすいでしょう。

  • AWS
  • Azure
  • GCP

ここでは、それぞれのスキルについて紹介します。

AWS

AWSは、Amazonが提供しているクラウドコンピューターサービスの総称です。パブリッククラウド市場における世界シェアナンバー1です。

パブリッククラウド市場における世界シェア

そのため、まずはAWSから勉強するのがいいでしょう。AWSについて、一から勉強するならAWS認定資格にチャレンジするといいでしょう。資格取得の勉強をすることで、正確な知識を習得できるだけでなく、客観的にスキルを証明できるため、仕事を獲得しやすいでしょう。AWS認定資格の種類と難易度は下記の通りです。

基礎レベル 6ヶ月間の基礎的な AWS クラウドの知識と業界の知識を持っている人
アソシエイトレベル 1年間のAWSクラウドを利用し問題解決などの実施経験がある人
プロフェッショナルレベル 2 年間の AWS クラウドを使用した問題解決や、運用、使用中に起きた障害の原因排除など包括的な経験と知識がある人

AWS認定資格には、有効期限があるため注意してください。

Azure

Azureは、マイクロソフト社が提供しているクラウドコンピューターサービスの総称です。Azureは、万が一トラブルが起こってしまった場合に日本の法律が適用されます。そのため、日系大手企業で選ばれやすいでしょう。

AWSと同じくAzureにも認定資格制度があります。資格の種類と難易度は下記の通りです。

Azure Fundamentals(AZ-900試験) Azure初学者向け
Azure Administrator Associate(AZ-103試験) Azureを管理するエンジニア向け
Azure Security Engineer(AZ-500試験) Azureのセキュリティを学びたいエンジニア

これらの資格はオンラインで受講できます。Azureを使った副業案件にチャレンジしたい場合は、スキルを客観的に証明できる資格を取得しておくといいでしょう。

GCP

GCPは、Googleが提供しているクラウドコンピューターサービスの総称で、使用するためにはGoogleアカウントが必要です。他のクラウドコンピューターサービスに比べて、AI分野のサービスが充実しているため、この分野の案件を獲得したいなら、習得しておくといいでしょう。

もし、GCPをスキルを客観的に証明したいなら、Google Cloud認定資格を取得するのがおすすめです。
日本語で受験できる認定資格の種類と難易度は下記の通りです。

Associate Cloud Engineer 6ヶ月以上のGoogle Cloud実務経験
Professional Cloud Architect 3年以上の業界経験(GCPを使用したソリューションの設計と管理の経験1年以上を含む)
Professional Data Engineer 3年以上の業界経験(GCPを使用したソリューションの設計と管理の経験1年以上を含む)
Professional Collaboration Engineer 3年以上の業界経験(G Suite の管理の経験 1 年以上を含む)

資格取得することで、クラウド全般の知識を習得できます。また、米グローバルナレッジの稼げる資格ランキングでは1位を獲得しています。

米グローバルナレッジの稼げる資格ランキング

同じくクラウド系資格のAWS認定資格も2位ランクインしているため、副業だけでなく、本業でも収入アップを狙いたいなら、クラウド系資格の取得を検討するといいでしょう。

インフラエンジニアができる副業

インフラエンジニアができる副業は大きく分けると、サーバーを開設するなどのスキル・技術系と、TechライターやITコンサルのようなインフラエンジニアとしての知識や経験を提供する知識系があります。ここでは、それぞれの副業に関して解説します。

サーバー開設

在宅でサーバーシステムの設計や構築、運用などを行います。インフラエンジニアにとって基礎的なサーバーやOS、ネットワークなどの知識やスキルがあれば充分対応できるでしょう。クラウドワークスでサーバー・ネットワーク構築に関する案件を調べたところ4件ありました。(2020年9月25日現在)

クラウドワークス サーバー・ネットワーク構築に関する案件

内容としては、メールサーバーの不具合を解消したり、サーバーを設定などです。もし、シスコ技術者認定試験やLinux技術者認定試験の資格を持っているなら、副業で案件を獲得する際にも有利になるためしっかりアピールするといいでしょう。

Techライター

インフラエンジニアの知識を活用して、Techライターとして活動するのもいいでしょう。サーバー開設などのスキル系の副業に比べると、報酬が少ないケースが多いです。しかしながら、パソコンとネット回線があれば気軽に始めることができます。

副業案件は、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで探したり、テック系のメディアに直接応募したりして見つけるといいでしょう。普段、情報収集のためにみているサイトで、ライターを募集しているケースもあります。

副業の中でも、比較的に簡単にスタートできるため副業初心者に最適です。

ITコンサル

コンサルの仕事は、顧客が抱えている課題を解決するための提案をする仕事です。そのため、インフラエンジニアの場合は、社内のITインフラにおける課題解決をサポートするITコンサルも副業としておすすめです。

コンサルの場合は、週末などの空いた時間にできるため、本業が忙しい人でも高収入が狙える可能性があるでしょう。下記のサービスなどでコンサル案件を探してみるといいでしょう。

もし、 ITコンサルとしての実績がない場合は、下記の資格取得にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

  • ITコーディネーター
  • プロジェクトマネージャー試験
  • ITストラテジー
  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)試験

ITコンサルは、実績次第では他の副業案件に比べると、高収入が期待できます。また、人脈も広がりやすいため、副業から独立や起業を目指す人におすすめです。

まとめ

今回は下記の内容を中心に、インフラエンジニアの副業について解説しました。

  • インフラエンジニアが副業するメリット
  • インフラエンジニアの副業相場
  • インフラエンジニア副業するなら持っておきたいスキル
  • インフラエンジニアに最適な副業

ぜひ、この機会に副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら