AIが与えるメリットとデメリット9つと、AI活用の具体例3例

日進月歩で精度を高めている人工知能(AI)、このままその進歩が続くのは間違いありません。

そこで考えられるメリットとデメリットは何があるでしょうか?

今回の記事では、AIが与えるメリットとデメリットについて解説していきます。AIが活用されている具体例も紹介しますので、人工知能のトレンドが簡単に把握できる記事になっています。

AIの著しい進歩

AIは著しい進歩を遂げています。AIによる人工知能は膨大なデータをネットワークを介して収集することができるため、収集したデータをもとにディープラーニングマシンラーニングという学習をすることで人間の思考に近いモデルを持っています。

AIのメリットを活用していきたい人は、扱いやすいAIのソフトウェアを選んだり、人が介入する場を設けることでAIを効率的に使うようにしましょう。

AIの進歩の過程

AIの進歩の過程があります。

AIは1950年代にアメリカの科学者によって生み出された後、80年代から90年代にはAIを搭載したコンピュータがゲームや家電に使われるようになり、現代ではビッグデータなどを活用したAIが登場し大きな飛躍を遂げています。

AIのメリットを活用していきたい人は、AIの過去の実績を振り返ることで、どのような産業にAIを導入すべきか考えてみましょう。

ディープラーニングにより飛躍的に進歩

ディープラーニングの技術がなければ現在のAIの進歩はありえません。ディープラーニングは膨大なデータから規則性や関連性を見出し、アルゴリズムを組むので80年代や90年代のAIより精度が高くなっています。

AIに関わって仕事をする人は、普段の仕事で多くの経験を積み、与えられた職業に詳しくなることでAIを効果的に使っていきましょう。

AIが教育に与えるメリット

AIを教育に活用することでメリットを得ることができます。AIを教育に取り入れれば一人一人に的を得た学習をさせることができるので、生徒全体の学力を上げることができます。

AIを教育に活用する人は、教師と生徒の信頼関係を築きながら、部分的にAIを活用していきましょう。

AIが教育に与えるメリット1:学習の効率化

AIが教育に与えるメリットに学習の効率化が挙げられます。

適応学習のようにAIの機能を活かした学習方法も出てきているので、AIを活用することで一人一人に合った学習法を提示できるので効率を考えて教えていくことができます。

教育にAIを活用していく人は、一人一人の生徒のことを理解することでどのようなAIの学習法が当てはまるのか考えていくことが大切です。

AIが教育に与えるメリット2:成績を正確に分析

AIが教育に与えるメリットに成績を正確に分析できる点が挙げられます。

過去のデータを元にAIが成績を正確に分析するため、平等に評価を下せるだけでなく学力を上げるために必要なことが把握しやすくなります。

教育にAIを使っていく人は、普段の生徒の学習への取り組み方を見ながら、AIが下す判断を参考にして、成績を分析し評価しましょう。

AIが教育に与えるメリット3:質の高いカリキュラムの作成

AIが教育に与えるメリットに質の高いカリキュラムの作成が挙げられます。

生徒一人一人の学力や得意科目などをデータ化し、AIで把握しておけば、適切な学習法を提示できるので質の高いカリキュラムを組むことが可能になります。

質の高い教育をしていきたい人は、AIで作成したカリキュラムを活かすためにも、生徒の得意なことや考え方などを把握しておきましょう。

AIが仕事に与えるメリット

AIを仕事に活用することで得られるメリットがあります。

仕事にAIを導入することでロボティックプロセスオートメーション化が可能になるので、効率や生産性を考えた仕事をしていくことができるようになります。

AIの導入を検討している人は、忙しい部署にAIの導入をすることで、社員の作業負担を減らし、社内の生産性を上げていきましょう。

AIが仕事に与えるメリット1:労働の負担の軽減

AIが仕事に与えるメリットに労働の負担軽減があります。

AIを駆使したビジネスツールなどを活用することで労働の負担が軽減されるため、作業効率を考えながら仕事をすることができます。

労働の負担を軽減したい人は、AIを活用したツールを職場に取り入れる基盤を作り、AIを導入していくことで作業効率を上げていきましょう。

AIが仕事に与えるメリット2:生産性を上げる

AIが仕事に与えるメリットに生産性を上げることが挙げられます。

AIを使って仕事をすることで時間の短縮や作業の効率化に繋がるので、生産性を上げて仕事をしていくことができます。企業の生産性を上げたい人は、社員にAIツールの知識を身につけさせ、社内にAIを使ったビジネスツールの導入を浸透させていきましょう。

AIが仕事に与えるメリット3:ニーズに素早く気づける

AIが仕事に与えるメリットにニーズに素早く気づけることが挙げられます。

Webサイトの訪問者数のデータなどを分析し、マーケティングに役立てることができるので顧客が持っているニーズが掴みやすくなります。

AIを使って新しいサービスを提供したい人は、Webサイトの訪問者のデータの分析結果だけでなく、実際に営業をしている人の意見を取り入れ、顧客が求めていることを考えるようにしましょう。

AIが仕事に与えるデメリット

AIが仕事に使っていく場合、デメリットが生じることになります。

AIに仕事を任せてしまうので、人手不足は解消されますが、その分、雇い入れる人員を減らすことも考えていく必要があります。

経営者でAIを活用していく人は、AIと人の手による作業をバランス良く組み合わせ、双方の力を上手に取り入れることで生産性を上げていきましょう。

AIが仕事に与えるデメリット1:雇用が減る

AIが仕事に与えるデメリットの一つに雇用が減ることが挙げられます。

作業をRPA化したり、ビジネスツールを使うことで時間の短縮や作業を減らすことができるので、多くの雇用を必要としなくなります。

経営者でAIを使っていく人は、雇用が減って経費削減できた分、従業員を育成する費用に当てて他の企業と競争していく力を備えていきましょう。

AIが仕事に与えるデメリット2:情報漏洩のリスクがある

AIが仕事に与えるデメリットに情報漏洩のリスクがあることが挙げられます。

AIのビジネスツールはPC上で管理していくため、外部からサイバー攻撃を受けたり、セキュリティーが弱い機材をIoTなどで操作する場合、情報漏洩のリスクがあります。

情報漏洩させたくない人は、AIを駆使したセキュリティソフトを活用することで、セキュリティを高め情報漏洩を防ぐようにしましょう。

AIが仕事に与えるデメリット3:リスクマネジメントが難しい

AIが仕事に与えるデメリットにリスクマネジメントが難しいことが挙げられます。

AIが不具合を起こしたまま分析、判断をしてしまったり、悪意のあるデータから正確な分析ができないことがあるのでAIを組織的に管理していく必要があります。

AIのリスクマネジメントが難しいと感じる人は、AIのリスクを管理するコンサルティングサービスなどを利用し、リスクマネジメントしていきましょう。

AIが活用されている具体例

AIが活用されている具体例があります。AIはディープラーニングによる学習を可能にしたため、人工知能の精度が上がりさまざまな職場で使われることが多くなりました。AIを職場で使う人は、扱いやすいAIのソフトウェアを使いながら、社員にITやAIと情報漏洩の知識を身につけさせ、運用していきましょう。

AIが活用されている具体例1:安全

AIが活用されている具体例に安全業務が挙げられます。AIはカメラで撮った映像から画像分析することに優れているので、警備などの安全性を重視した職場で運用されています。

AIを警備などで活用していく人は、AIだけでなくドローンなどを活用した巡回をしていくことでセキュリティの高い警備をしていきましょう。

AIが活用されている具体例2:検索サービス

AIが活用されている具体例に検索サービスが挙げられます。

検索サービスを利用すれば企業内のデータをAIを使って管理できるため、必要としている文書や情報が見つけやすくなり、業務を効率化することができます。

検索サービスを導入する人は、いくつかの検索サービスの特徴を比較し、会社の予算に合わせて利用するサービスを選びましょう。

AIが活用されている具体例3:家電サービス

AIが活用されている具体例に家電サービスがあります。

大手家電会社は掃除ロボットやスマートスピーカー、エアコンなどにAIを組み込むことで、顧客の負担を減らすための家電を販売しています。

AIが搭載された家電を使う人は、室内で使うIoTのセキュリティを高くしたり、情報漏洩の可能性が低い家電を選ぶことが大切です。

AI活用のメリットやデメリットについて知っておこう!

AI活用のメリットやデメリットをについて知っておきましょう。

AIにどのようなメリットやデメリットがあるのか理解しておかないと情報漏洩の危険を招くだけでなく、AIを活用したサービスや家電を効果的に使うことができません。

AI活用されたものを使う人は、仕事や生活を豊かにするためにもAIの知識を高め、メリットとデメリットを把握して有効に使うようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。