コーディング未経験者が3ヶ月でコーダーとして活躍する方法

こんにちは。Webデザインの魅力に惹かれてコーディングを学習中の中川です!

スマホの普及により、誰でもインターネットを見れるこの時代、自分でもおしゃれなWebサイトを作ってみたい! デザインやコーディングを仕事にしたい! とお考えの方も多いのではないでしょうか?

「コーディング未経験」と検索してみるとたくさん「未経験者歓迎」と書かれた求人が出てきます。ですが全くの未経験からコーディング案件へ応募するのはおすすめできません。

え!? なんでおすすめ出来ないの……?
じゃあ未経験からコーダーになるにはどうすればいいの??

このような疑問が出てくると思います。しかし全くの未経験だと最初に学ぶべきことが多すぎてWebサイトのコーディングをする前に挫折してしまうケースが跡を絶ちません。

そこでこの記事ではコーディング未経験者が3ヶ月でWebサイト制作の仕事を得るための流れを一挙にご紹介します。この記事を読めば未経験者でもコーディングを学ぶためのノウハウを身に付けることが出来ますよ!

この記事の要約
  • 1ヶ月目はHTML/CSSの学習を実施
  • 2ヶ月目は学習サイトでJavaScriptを学ぶ
  • 3ヶ月目はWebサイトを制作し求人に応募しよう
本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。


当ブログがオススメする
無料プログラミング学習サイト3選

スクロールできます
1位:侍テラコヤ2位:Progate3位:ドットインストール
サイト名


学べる内容HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Bootstrap、PHP、Laravel、Ruby、Ruby on Rails、Python、Java、WordPress、Cloud9、Git、AWS 、ChatGPT、WebデザインなどHTML/CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Java、Go、Git、SQL などHTML/CSS、JavaScript、Ruby、Python、JavaC言語 など
質問
相談サポート
練習問題の数
特徴現役エンジニアとのマンツーマンレッスン
回答率100%のQ&A掲示板が使い放題  
実践的なスキルを身につけられる課題機能
環境構築をしなくても学べる 
イラスト付きのスライド式教材   スマホアプリでも学べて手軽
    
レッスン動画でインプット可能
3分の簡単な動画で手軽に学べる
有料プランなら質問ができる
 
詳細公式サイト公式サイト公式サイト
どのプログラミング学習サイトも無料プランを用意しているので、気になる学習サイトは試してみるのがオススメです!
目次

未経験からコーディング案件獲得までのフロー


まずはじめに未経験OKの求人に応募するまでの流れをご紹介します。

  • 1ヶ月目:HTML/CSSの学習
  • 2ヶ月目:JavaScriptの学習
  • 3ヶ月目:Webサイト制作・求人へ応募


ざっと流れだけ説明するとこの3点です。

こんなフローで本当にWebサイト制作ができるの?

このような疑問が出てくると思いますが、大前提としてこの流れはコーダーとしての入口に立つまでを表しているにすぎません。いきなり巷に溢れているおしゃれなWebサイト制作が出来るようになるわけではないということを承知しておいてください。

ではこの流れを意識してコーダーとしての第一歩を歩んでみましょう。

コーディングに必要なスキルを確認しよう

画像:Shutterstock

この記事を読んでいるあなたはもちろんコーディングとはなにかを理解していますよね。「ちょっと不安だな」という方は、こちらの記事も合わせて御覧ください。


ではさっそくコーディングに必要なスキルをご紹介します。

コーディングには「フロントエンド言語」と呼ばれているプログラミング言語が必要です。まずは最低限必要なフロントエンド言語を習得しましょう。

具体的に必要になるのは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript


この3つです。比較的ほかの言語に比べて初心者向けの言語なので安心して下さい。

HTML

HTMLとはWebサイトの骨格とも言える役割をもつ言語です。(厳密にいうとHTMLはプログラミング言語ではなくMarkup言語と呼ばれています。)

全てのWebサイトはHTMLから成り立っているので一番始めに学習すべき言語といえます。

HTMLについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので合わせて御覧ください。

CSS

CSSはHTMLを装飾するための言語です。(こちらも厳密にはプログラミング言語ではなくスタイルシート言語と呼ばれています。)

HTML単体では文字に役割を与えるだけでWebページの見栄えを整えることはできません。そのため、HTMLにCSSで書いたスタイルシートをあてはめる必要があります。

あまりイメージが湧きにくいと思うので実際に見てみましょう。HTMLでまずボタンを作ってみます。

このようにボタンを作ることは出来ますが、イマイチ味気ないものになってしまいますよね。

ではこちらにCSSを当ててみましょう。

どうですか? 違いは一目瞭然だと思います。このようにWebサイトはHTMLにCSSをあてて外観を作り出しています。

JavaScript

HTML/CSSがベースとなってWebサイトが作られていることは分かりましたね?

しかしこの2つだけではWebサイトに動きを加えることができません。では動きを加えるにはどうしたらいいのか……ここで登場するのがJavaScriptです。

JavaScriptはサイトコンテンツのアニメーションと、サイトの見えない部分であるプログラムの制御で使われています。これら3つの言語を合わせることによって基本的なWebサイトの見た目を作り出すことが出来ます。

JavaScriptについて詳しく知りたい方はこちらも御覧ください。

コーディングに必要なスキルを学ぼう

画像:Shutterstock

必要なスキルが分かったところで学習方法について学んでいきましょう。

学習目標に期限を設けよう

学習を始めるにはまず目標が必要です。この目標は細分化してあるほどいいので出来る限り細分化しましょう。

今回は最初にご紹介したフローに沿って目標設定を行っていきます。

まず最初の1ヶ月でHTML/CSSを学びましょう。【目標学習時間:100時間】

  • ステップ1:HTML/CSSについての理解を深める(1週目)
  • ステップ2:学習サイトを用いてHTMLの基礎を学ぶ(1〜2週目)
  • ステップ3:実際にHTMLファイルを作成する(2〜3週目)
  • ステップ4:作成したHTMLファイルにCSSを適用させる(3〜4週目)
  • ステップ5:HTMLとCSSをあてはめたページを作成する(3〜4週目)


2ヶ月目でJavaScriptを学びましょう。【目標学習時間:100時間】

  • ステップ1:学習サイトを用いてJavaScriptの基礎を学ぶ(1〜2週目)
  • ステップ2:1月目で作成したWebページにJavaScriptをあてる(2〜4週目)


3ヶ月目で未経験OKの求人に応募しましょう

  • ステップ1:ここまでで出来たWebページの質を高めよう(1〜2週目)
  • ステップ2:自分の強みを明確にする(何が出来るか,なぜ志望するのか)(2週目)
  • ステップ3:未経験OKの求人に応募してみよう(2〜4週目)

おすすめ学習サイト

では上記の学習をするために必要な学習サイトも合わせてご紹介致します。

侍テラコヤ

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow

登録無料で100種類以上の教材が学べる侍テラコヤは、

  • 回答率100%のQ&A掲示板
  • 必要に応じて受けられるオンラインレッスン

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきた不明点を解決しながらスキルの習得が可能です。また「学習ログ」で勉強の進み具合やこれまでの学習時間を確認しながら、自分のペースで学習を進められます。

学習ログで勉強の進捗や学習時間を確認できる

なお、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、「無料会員登録」でお試し利用ができるので「他のサービスを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

コスパよく効率的にスキルを習得したい方は、ぜひ侍テラコヤをお試しください。

公式サイトで詳細を見る

運営会社株式会社SAMURAI
実績・業界最安値0円から
・累計登録者1万8,000名以上
・講師満足度95%
受講形式オンライン
・テキスト/動画視聴
・マンツーマンレッスン
習得できるスキルHTML、CSS、PHP(Laravel)、Ruby(Ruby on Rails)、Python、Java、JavaScript (jQuery) 、AWS、Linux、ITパスポート、Webデザイン、WordPressなど
担当講師現役エンジニア/Webデザイナー
対応時間全日24時間
※営業時間(10時~22時)外の質問は翌営業日に回答
サポート内容・無料でのお試し利用可能
・100種類以上の教材閲覧
・回答率100%のQ&A掲示板
・現役エンジニアとのマンツーマンレッスン(回数制)
・就職/転職サポート(20~31歳の利用者に限る)
アクセス完全オンライン
備考※全プランの共通事項
・入学金:無料
・利用継続:最短1ヶ月から利用可能
・全額返金保証制度あり
・1レッスン時間60分

・各項目は公式サイトに記載された情報をもとに掲載しています。
・料金には2024年6月時点の税込み価格を掲載しています。

CODEPREP

参照元:CODERREP http://codeprep.jp/

CODEPREPはプログラミングを実際に書いて、プログラムがどんな動きをするのかを学べる実践型のプログラミング学習サービスです。100種類以上のカリキュラムが用意されているので目的にあったプログラミング学習をすることができます。

今回の場合は、Webサイト制作に用いられるカリキュラムを重点的に進めましょう。

Progate

参照元:Progate https://prog-8.com/

ProgateもCODEPREP同様、画面上に実際にコードを書いてプログラムの動きを学ぶことが出来ます。HTML/CSSとJavaScriptの基礎知識を全て学ぶことが出来るのでProgateのカリキュラムは必ず全て修了させましょう。

ドットインストール

参照元:ドットインストール https://dotinstall.com/

ドットインストールは項目ごとに3分の動画でカリキュラムが構成されており、視覚的にプログラミング学習を進めることが出来ます。どうしても手を動かすだけのプログラミング学習だと躓いてしまうことがあるので、ドットインストールの動画学習も併用しましょう。

未経験OKな求人を確認してみよう

学習がある程度進んだら実際にどのくらい未経験OKの求人があるのか、どの程度の収入が望めるのかを確認してみましょう。

平均年収求人件数
求人ボックス平均250〜400万588件
Find Job!平均250〜400万65件
indeed平均200〜450万41件
リクナビNext平均350〜450万 32件

未経験からわずか3ヶ月でコーディング案件を獲得した実例

弊社「侍エンジニア」の卒業生である市川さんは、仕事の合間に6ヶ月コースを受講しました。

全くの未経験にもかかわらず受講期間中である3ヶ月目にしてコーディング案件を獲得しています。現在では、副業としてWebデザイン案件を中心にフリーランスとして活躍中です!

市川さんのように正しい手順で学習を進めれば、未経験者でもコーダーとして活躍することは可能です。あなたもぜひ彼を参考に学習を進めてみて下さい。この記事では市川さんのインタビューを行っています。ぜひ併せてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか? この記事では未経験者がWebサイト制作の要であるコーディング技術を身に付けてコーダーとして活躍する方法をご紹介致しました。

コーディングはWebサイト制作の他にWebデザインにも用いられます。興味のある方はぜひ一歩踏み出して下さい。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次