VBScriptでできることは?特徴や具体例をわかりやすく解説!


VBScriptを使うとなにができるの?
具体的に作れるスクリプトや、作り方を知りたいな。
できれば、学習のコツもあると嬉しい!

VBScriptは、初心者でも簡単に始められるプログラミング言語です。使いこなすと自動化ツールが作れるため、とても便利です。

でも、具体的に作れるスクリプトのイメージや、作り方がよくわからない方もいるのではないでしょうか。

こんにちは! フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、VBScriptでできることや言語の特徴について解説します。

サンプルコードも解説しているので、これからすぐに始めたい方にもおすすめです。

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBScriptの概要や特徴を知りたい人
  • VBScriptの作り方や学習のコツを知りたい人

VBScriptってなんだろう?

画像:Shutterstock

VBScriptは、Microsoftが開発したスクリプト言語の1つです。プログラミング初心者でも始めやすく、以下のような特徴を持っています。

  • 開発環境を別途作る必要がない
  • 作業を自動化する処理(スクリプト)が簡単に作れる
  • プログラミング学習をこれから始める人にも最適

VBScriptは、メモ帳さえあればすぐに始められます。プログラミング言語によっては環境構築で挫折する人もいますが、その心配がないのは嬉しいですね。

パソコンの操作を自動化するスクリプトが簡単に作れます。そのため、事務作業や経理をしている人にもオススメできます。

ただ、「具体的にどんなスクリプトが作れるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。そこで次に、VBScriptを使って作れるスクリプトについて、解説しますね。

VBScriptを使えばどんなスクリプトが作れるの?

VBScriptでは、以下のようなスクリプトを作れます。

  • PC操作補助ツール
  • 計算処理の自動化
  • フォルダ操作
  • Webデータ取得
  • Excelマクロの実行

たとえば、「普段使っているアプリを全て開く」といった、PC操作補助ツールが簡単に作れます。普段の作業を一覧化しておけば、作りやすいかもしれませんね。

VBScriptなら手作業で行っている計算を自動化できます。計算ミスが減るだけでなく、作業工数を減らすこともできるのです。

応用するとWebからデータ取得するスクリプトも作れるため、リサーチ時間を短縮できます。Excelで作ったマクロを定期実行することもできるので、作業効率化したい方にもおすすめです。

「でも、具体的にどうやってVBScriptを始めればいいんだろう...」と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで次に、VBScriptで簡単なコードを書いて動かしてみましょう。

VBScriptで簡単なコードを書いて動かしてみよう!

今回は、VBScriptで以下2つのサンプルを作る方法を解説します。

  • VBScriptでメッセージを表示
  • VBScriptでテキストファイルを開く

どちらも簡単なコードですが、実用性が高いです。プログラミング初期に学ぶのがおすすめなので、1つずつ詳しく解説しますね。

サンプル1: VBScriptでメッセージを表示

1つ目は、「VBScriptでメッセージを表示」するサンプルです。

スクリプトを作る手順は、以下の4ステップです。

  • 1. メモ帳を開く
  • 2. メッセージを表示するコードを書く
  • 3. ファイル名を入れて、「.vbs」で保存
  • 4. 保存したファイルをダブルクリックで実行

1つずつ画像付きで解説しますね。

1. メモ帳を開く

メモ帳を開く

2. メッセージを表示するコードを書く

サンプルコード:

magbox “Hello, World!!!!!!!!!”

メモ帳の画面イメージ:

メモ帳の画面イメージ

3. ファイル名を入れて、「.vbs」で保存

ファイルを保存

4. 保存したファイルをダブルクリックで実行

スクリプトをダブルクリックで実行

実行すると、以下のようにメッセージが表示されます。


実行後に表示されるメッセージ

メッセージが表示できていますよね。「msgbox "メッセージ"」のように書き方も簡単なので、覚えておきましょう。

サンプル2: VBScriptでテキストファイルを開く

2つめは、「 VBScriptでテキストファイルを開く」サンプルです。

スクリプトを作る手順は、以下の4ステップです。

  • 1. メモ帳を開く
  • 2. テキストファイルを開くコードを書く
  • 3. ファイル名を入れて、「.vbs」で保存
  • 4. 保存したファイルをダブルクリックで実行

こちらも1つずつ詳しく解説しますね。

1. メモ帳を開く

メモ帳を開く

2. テキストファイルを開くコードを書く
サンプルコード:

'Windows Scripting Hostオブジェクトをセット
Dim objWsh
Set objWsh = CreateObject("Wscript.Shell")

'テキストファイルを開く
objWsh.Run "C:UsersSiroDesktopTestTest.txt"

メモ帳の画面イメージ:

メモ帳の画面イメージ

3. ファイル名を入れて、「.vbs」で保存

ファイルを保存

4. 保存したファイルをダブルクリックで実行

スクリプトをダブルクリックで実行

テキストファイルが開けていますよね。このように、簡単にファイルを起動できます。

今回は「WSHオブジェクト.Run ファイル名」で指定しましたが、フォルダを指定すると「フォルダ内のファイル・アプリ」を一括起動できます。

こちらも便利なので、覚えておくと良いかもしれませんね。

VBScriptのコーディングで悩まないためのコツ

画像:Shutterstock

VBScriptはメモ帳ですぐに始められるため、始める敷居は低いです。ただ、「自分が作りたいツール」を作ろうとしたときに、以下のように悩む人もいるでしょう。

  • 基礎知識として何を学べば良いか?
  • エラーが起きたときの対処方法は?
  • ツールを作るときの考え方は?

特にエラーが起きたときの対処方法は、初めてプログラミングを学ぶ方には敷居が高いです。エラーメッセージを見ても意味が分からず、途方に暮れてしまう人もいるかもしれません。

「エラーコードの読み方」や「エラーが起きたときの調べ方」がわからないと、先に進めない人も多いです。

このように、初めて学ぶ上でわからないことが多く、調べても解決できないケースがあります。そのため、相談できる環境を用意しておきましょう。

侍エンジニアでは、無料相談ができます。

自分が作りたいイメージを簡単にイメージしてから、相談してみてはいかがでしょうか。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、VBScriptでできることや言語の特徴について解説しました。

内容が理解できたら、実際にメモ帳を開いてスクリプトを作ってみましょう。自分で作ったスクリプトが動くと、ワクワクしますよ!

自分で作れるようになったら、普段の作業を以下のように洗い出しして見てみましょう。

  • 毎日〇〇ファイルと△△ファイルを開いている
  • 新しいプロジェクトに入った時に、同じフォルダ構成でフォルダを作っている

毎日、毎週同じような作業をするタイミングがあれば、VBScriptで自動化を考えてみましょう。

簡単なところからでいいので、ぜひ自動化スクリプトを作ってみてくださいね!

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

Sanshiro Wakizaka

フリーランス

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!
侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close