【Unity入門】Updateメソッドとは?FixedUpdateとの違いも徹底解説!

今回はUnityのUpdateメソッドについて解説をしたいと思います!

Updateメソッドはゲーム開発する際に必須のメソッドです。
毎フレームごとに自動で呼び出されるメソッドであるためこのメソッドを使うことで定期的に処理をさせることができます。

この記事を読めば、

・Updateメソッドの使い方
・FixedUpdateメソッドの使い方
・LastUpdateメソッドの使い方

を知ることができます。
また、それぞれ3つのUpdateメソッドの違いが何かを知るための特徴についても解説しています!

ぜひ、最後までご覧ください!

Updateメソッドとは?

使い方

まずUpdateメソッドについてですが、何らかの処理を行いたい時に毎フレーム呼ばれる処理になっています。

そのため、このUpdateメソッドに処理を記述することで毎フレーム呼び出され実行されます。

このメソッドはどういった場所で使われるのでしょうか?

例えばシューティングゲームで言えば敵のキャラクターを動かす処理やボタンやキーの入力の受付などの場面で使われます。

実際に動きとサンプルコードを見てみましょう。

unity_update_4

今回はこのようにCubeを配置して赤色のMaterialを用意して色を付けています。

次にソースコードを見てみましょう!

Move.cs

このコードでは上方向(Y軸)にCubeを移動させるサンプルです。

Updateメソッドは毎フレーム呼ばれるため上方向に進み続けるサンプルとなっています。

unity_update_1

特徴

Updateメソッドの特徴は先程触れましたが毎フレーム呼ばれるというところが特徴です。
このあと解説するFixedUpdateとは呼ばれるタイミングが違います。

FixedUpdateメソッドとは?

使い方

次にFixedUpdateメソッドについて解説します。
先程のCubeを使いまわしますがソースコードについては次のように変更します。

実際に動かしてみましょう。

あれ・・・?
特に変わりませんか?

実は今回のサンプルでは少し動きが分かりづらいかもしれません。
FixedUpdateメソッドは一定時間ごとに呼ばれるというメソッドになっています。

基本的には0.02秒毎に呼ばれてるような仕組みになっています。
この秒数を変更したい場合、メニューの「Edit」→「Project Setting」→「Time」と選択すると次のようなTimeManagerというタブがでてきます。

unity_update_2

この画像の「Fixed Timestep」を変更することでFixedUpdateが呼ばれる間隔を変更することができます。

試しにFixedTimestepを1.02に変更してから実行してみましょう。

1秒後に動いているのがわかりますよね?

先程のコードのFixedUpdateとしているところをUpdateに変更することで全く動きが異なっているのがわかるかと思います。

特徴

FixedUpdateの特徴は今回の動きでわかっていただけたかと思います。

Updateは毎フレーム呼ばれるのに対し、FixedUpdateは設定されている一定秒数ごとによばれるというものです。

FixedUpdateでは入力処理などを行うのはやめたほうが良いでしょう。
一定間隔で処理をするため、ユーザーの操作次第では入力にラグがでてしまって思わぬ誤動作を生む可能性があります。

そのため、処理ごとにUpdateとFixedUpdateのどちらに処理を記述するか考えて使う必要があります。

LastUpdateメソッドとは?

使い方

最後にLastUpdateというメソッドについて見ていきます。

unity_update_3

今回はCube2と言う形でもうひとつCubeを用意します。
Updateメソッドを用いて今回は処理をしていますが、特におかしい点はなかったかと思います。

しかし内部的にはそれぞれのオブジェクトのUpdateメソッドが呼ばれる順番はバラバラです。

例えば

とあるフレームでは「赤CubeのUpdateメソッド」が呼ばれたあとに「青CubeのUpdateメソッド」が呼ばれたとします。

次回以降の別のフレームでは「青CubeのUpdateメソッド」が呼ばれたあとに「赤CubeのUpdateメソッド」が呼ばれることもあり順不同で順番がバラバラに呼ばれることがあります。

このオブジェクトは最後にUpdateメソッドを呼びたいという時にこのLastUpdateメソッドを呼び出します。

まとめ

いかがでしょうか?

今回はUpdateメソッドについて解説しました。

Updateメソッドには3種類あり、それぞれ動きが違うためオブジェクトの持つ役割によって使い分けをする必要があるでしょう。

使い方次第では不具合やユーザーの不利益になるような操作に至る可能性があるためよく考えて使い分けましょう!

エラーばかりでプログラミング学習が進まない、と悩んでいませんか?

プログラミング学習を始めたけれど、エラーの原因がよく分からなかったり、調べてみたけれど解決されず「どうやって進めればいいんだろう」と放置してそのまま挫折しかけていませんか?

一度進め方が分からなくなるとやる気も失せてしまいますよね。

そんなあなたにオススメしたいのが、「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンです。独学で1000時間以上の学習が必要と言われているところを300時間に短縮する「プログラミング独学法」をお伝えします。

下記の無料体験レッスン予約カレンダーよりお申し込みいただけます。あなたのご相談を心よりお待ちしております。

LINEで送る
Pocket

書いた人

オータケ

オータケ

30歳、フリーランスプログラマ。中学の頃よりプログラミングに興味を持ちゲーム開発やWebサイト構築などを経験
新しいフレームワークやライブラリに興味があり革新的な機能が含まれていると泣いて喜ぶ。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説