PythonでWebアプリ開発!手順からサービス例、メリットも紹介

PythonでWebアプリを開発する手順がわからない...
実際、Pythonを使うとどんなWebアプリが作れるの?

PythonでWebアプリを開発できるとは知っているものの、具体的な手順がわからない方は多くいますよね。また、実際にどんなWebアプリが作れるのかイメージが湧かない方もいるはず。

そこで、今回はPythonを使ったWebアプリの開発手順を、開発例やPythonを活用するメリットも交えて紹介します。また、Webアプリ開発におすすめのWebサーバーやPythonのフレームワークも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、次の記事ではそもそもPythonとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを将来性・学習方法も交えて解説しているのでよければ参考にしてください。

Pythonとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

PythonでWebアプリを開発する3つのメリット

開発手順へ入る前に、おさらいも兼ねてPythonの特徴を押さえておきましょう。

ここでは、PythonでWebアプリを開発する3つのメリットを紹介します。

  • 文法がシンプルでエラーが起きにくい
  • 便利なフレームワークが豊富
  • OSを問わず開発環境が導入できる

文法がシンプルでエラーが起きにくい

Pythonは、文法がシンプルかつコードの可読性が高いため、エラーが発生しにくいのが大きなメリットです。

規則があることでシンプルなコードになるため、不特定多数のエンジニアが携わっても同じようなコードになりやすい特徴があります。

例えば、Pythonはインデントに大きな意味を持つため、インデントの数や位置が間違っていると正しく実行できません。また、変数やクラス・関数の名前も、大文字・小文字の区別、アンダーバーの使用方法などが細かく決まっています。

規則に沿ったコードを記述しないと、エラーが発生するため、実行できる状態のコードを作成すれば自然と他人が理解しやすいコードになるのです。

コードの可読性が高ければ、開発途中でエラーに気づきやすいです。そのため、予期せぬエラーは発生しにくいといわれています。

エラーの対処には時間がかかるため、エラーが発生しにくい点は開発効率アップにつながるでしょう。

便利なフレームワークが豊富

Pythonは、Webアプリ開発に便利なフレームワークが豊富です。

フレームワークとは、よく使用するプログラム機能をまとめたものです。コードをいちから書く必要や何度も同じコードを書く必要がないため、作業効率をアップできます。

例えば、ユーザー認証機能や管理画面、サイトの案内ページなどの機能は多くのWebアプリで採用されていますよね。フレームワークを活用すれば、こうした機能を簡単に実装できるのです。

後ほど具体例を紹介しますが、PythonにはWebアプリに必要な機能のほとんどを実装できる万能フレームワークや、シンプルで軽量なフレームワークなどがあります。

フレームワークを活用することで、Webアプリ開発をスムーズに行えるようになります。

OSを問わず開発環境が導入できる

OSを問わずに開発環境が導入できる点も、Pythonのメリットの1つです。

例えば、Webアプリ開発ではこのようにOSに適した言語を選択しなければいけません。

OSプログラミング言語
WindowsJava,C#,VisualBasic など
MacGo言語,Swift など
Linuxシェルスクリプト,Java,C言語 など

また、言語ごとに使用できるフレームワークや機能も異なります。そのため、言語が変われば、その都度最適な開発手法を検討しなおさなければいけないのもデメリットです。

その点、PythonはWindowsやMac・Linuxなど幅広いOSに対応しているのでOSを問わず導入できます。

PythonにはAnocondaやminicondaなど、フレームワークと開発環境を両方兼ね備えるツールがあり、これを活用すれば開発の準備も楽にできるのです。

Pythonを使ったWebサイトの開発例

実際、Pythonを使うとどんなWebアプリが作れるの?

とイメージが湧かない方もいますよね。

実のところ、普段から利用しているサービスの中にはPythonで開発されているものも多くあります。ここでは、Pythonを使ったWebサイトの開発例を4つ紹介します。

  • Instagram
  • YouTube
  • Spotify
  • Dropbox

Instagram

出典元:Instagram

写真共有サイトとして有名かつ人気の高いInstagramには、PythonのフレームワークであるDjangoが使用されています。

もともと、Instagramはプログラミングの開発経験がない2人の共同経営者2人によって開発されました。最初はユーザー数も少なく要望に対応して修正できていたそうです。しかし、ユーザーが急激に増加したことで、開発が容易かつ早急に対応しやすいPythonを使用するようになったそうです。

ユーザーのニーズに答えるには、使い勝手や欲しい機能の要望などをできるだけ早く取り入れる必要があります。Instagramは、Pythonを採用することで、素早くユーザーのニーズに答えられるサービスになったのです。

例えば、自分が普段よく見ている画像がおすすめされる機能がありますよね。このおすすめ機能は、Pythonによって開発されています。

YouTube

出典元:YouTube Japan

2005年に設立されたYouTubeは、動画共有サイトとして世界で最も有名です。日本でも人気があり、現在では、広告収入で生活するYouTuberもいます。

Pythonは、YouTubeのサーバーサイド処理に使用されているそうです。具体的には、検索機能・動画の再生・アカウントの管理などに使用されています。

Spotify

引用元:Spotify

世界中の楽曲やアーティスト、アルバムに無料でアクセスできるストリーミングサービスがSpotifyです。お気に入りの楽曲を集めて、自身のオリジナルプレイリストを作成したり、シェアできます。

楽曲のデータ解析などに、Pythonの数値解析ライブラリが使用されているようです。

Dropbox

出典元:Dropbox

Dropboxは、世界的に有名なオンラインストレージサービスです。ストレージはどのような環境でもアクセスでき、同様の速度で動作する必要があります。

そのため、コード量が少なく、かつ処理速度は速くないといけません。少ないコード量で開発できるPythonは、Dropboxに最適だったといえますね。

また、次の記事ではそもそもWebアプリとは何なのか、その種類や開発手順を必要なスキルやおすすめの言語も交えて紹介しているので良ければ参考にしてください。

Webアプリ開発とは?入門者がゼロから開発するための知識と学習手順まとめ
更新日:2022年9月14日

Pythonを使ったWebアプリの開発手順

Pythonの特徴や開発例を押さえたところで、いよいよここからはWebアプリの開発手順を、3つのステップで解説します。

  • ステップ1:開発環境を整える
  • ステップ2:フレームワークを活用しながら開発を進める
  • ステップ3:完成したWebアプリを公開する

記事を参考にしながら作業できるよう、詳しく解説していきます。

ステップ1:開発環境を整える

まず、PythonでWebアプリを開発するには、開発環境を整える必要があります。例えるなら、開発環境は「土地」です。土地がなければ、家は建てられませんよね。

家と同様に、Webアプリ開発でも、まず土台となる開発環境を整備しなければいけません。Webアプリ開発に必要な開発環境は、次の2種類あります。

  • 統合開発環境を含む開発環境
  • Webサーバー

それぞれの導入方法を解説していきます。

開発環境の導入

コードを記述するエディタ機能、デバッグ機能などの開発環境をインストールしましょう。

開発環境は機能ごとに準備することもできますが、一般的には開発環境がまとめられている統合開発環境(IDE)を導入することが多いです。

Pythonで使用できるおすすめ統合開発環境は、次のとおりです。

特徴
Visual
Studio
Code
・動作が早く操作しやすい
・Windows、mac、LinuxなどのOSに対応している
Eclipseエディタ、デバッグ、コンパイル機能などがまとめられている万能型IDE
PyCharm・Pythonのフレームワーク「Django」「Flask」のサポートがある
・PythonのWebアプリ開発フレームワークと相性がいい

Visual Studio Codeは、テキストエディタの1つです。Windows・mac・Linuxに対応しているため、OSを問わず使用できます。また、動作が早く操作しやすいため、円滑にコーディングを進められる点も魅力ですね。

また、Eclipseはエディタ・デバッグ・コンパイル機能などがまとめられている万能型です。Java・PHP・Rubyなどで使用するIDEとして有名ですが、Pythonでも使用できます。

PyCharmはPythonのWebアプリ開発フレームワークと相性がいいです。後ほど解説しますが、PythonのフレームワークであるDjangoやFlaskのサポートがある点もポイントです。

次の記事では、Webアプリ開発におすすめの統合開発環境を詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてください。

【目的別】webアプリ開発でおすすめの統合開発環境を比較!
更新日:2022年9月13日

Webサーバーの導入

開発環境が準備できたら、次はWebサーバーを導入しましょう。

Webサイトを運営するには、Webブラウザ側で動作するプログラムとWebサーバー側で動作するプログラムが必要です。Webブラウザはパソコンに搭載されているため準備不要ですが、Webサーバーは別途用意しなければいけません。

Pythonを使ったWebアプリ開発で使用するWebサーバーにはこのようなものがあります。

特徴
Apache動的コンテンツやアプリケーションなど重い処理が得意
Nginx・Webアプリの同時接続に強い
・レスポンス速度が早い

Apacheは、重い処理が得意なWebサーバーです。動的コンテンツやアプリケーションなど、多くのデータを処理する必要がある場合はシステムの実行速度が遅くなるケースもあります。

その点、Apacheなら、1リクエストに対して1プロセスが処理されるため、重たい処理でもスムーズに対応できるのです。

Nginxは、Webアプリの同時接続にも強いWebサーバーで、レスポンス速度が早い特徴があります。Apacheの上位互換ともいえるWebサーバーです。重い処理はApacheに劣る部分もありますが、同時接続数が多ければNginxの処理能力は優れています。

どちらを選べばいいかは、開発するWebアプリの規模や内容によって変わります。動的コンテンツやアプリケーションをたくさん必要とする場合、Apacheの方が向いているでしょう。

一方、Webアプリへの同時接続数が多い場合は、処理速度が速いNginxがおすすめです。開発内容やユーザーの特性にあわせて選択し、インストールしてみてください。

なお、下の記事ではApacheの特徴を導入方法も交えて解説しているので、あわせて参考にしてください。

【Django入門】apacheを使ってサーバーを動かそう
更新日:2022年9月13日

また、次の記事ではNginxの特徴を導入方法も交えて解説しているので、良ければ参考にしてください。

【Django入門】Nginxを使ってWebサーバーを動かそう
更新日:2022年9月13日

ステップ2:フレームワークを活用しながら開発を進める

開発環境の整備ができたら、次はフレームワークを活用して開発を進めましょう。フレームワークを活用することで、効率的に開発を進められます。

前述のとおり、Pythonのフレームワークにはユーザー認証や管理画面機能など、よく使用するコードがまとめられています。コードをいちから書く必要や、何度も同じコードを書く必要がないため、作業効率をアップできます。

ちなみに、Pythonを使ったWebアプリ開発では、HTML/CSS・JavaScriptなども使います。そのため、これらの言語は前もって習得しておきましょう。

HTML/CSSはWebアプリのデザイン作成、JavaScriptはWebアプリに動きを与えるために使います。

例えば、動画投稿サイトやSNSなど、動きがあるWebアプリを作成するときはJavaScriptが必要です。また、HTML/CSSに関しては、Webアプリの種類を問わずデザインを作成する場面で使用します。

Pythonのフレームワークは豊富で、Webアプリ開発向けのものが多いです。つぎにPythonのおすすめフレームワークを紹介します。

おすすめのフレームワーク

Webアプリ開発で使える便利なフレームワークにはこれらがあります。

特徴
Djangoユーザー認証・管理画面・RSSフィードなど機能面が充実している
Flask・軽量化されたフレームワーク
・自由度の高い開発が可能
Bottle・入門者におすすめのフレームワーク
・動作が早い

Djangoは、豊富な機能を持つフレームワークです。Webアプリ開発で頻繁に使用する、ユーザー認証・管理画面・RSSフィードなど機能はそろっています。便利な機能が多い分、使いこなすには時間がかかりますが、覚えておけば活用の場面は多いです。

また、Flaskは機能面を削ることで、軽量化に成功しているフレームワークです。Djangoのように機能が多いわけではありませんが、最低限の機能を搭載しています。機能が限られていることで、自由度の高い開発がしやすいメリットがあります。

一方、Bottleは、入門者におすすめのフレームワークです。ひとつのファイルのみで構成されているため、動作が早いという特徴があります。構造がシンプルで使い方を覚えやすい反面、機能面を自分で実装する手間がかかるともいえます。

次の記事ではPythonでおすすめのフレームワークを紹介しているので、あわせて参考にしてください。

Pythonのフレームワークとは?人気の5種を徹底比較
更新日:2022年10月3日

ステップ3:完成したWebアプリを公開する

PythonでWebアプリが開発できたら、テスト作業などを行った後で公開します。

コーディング時にはうまく動作しても、実際に稼働させるとエラーが発生するケースもあります。何度かテストを重ねながら、随時修正を行いましょう。

Webアプリ公開後、問題がなければ開発は終了です。

Pythonを使ったWebアプリ開発にまつわるFAQ

ここでは、Pythonを使ったWebアプリ開発でよくある質問をまとめました。

  • Pythonを使ったWebアプリ開発の学習方法は?
  • Pythonを使ったWebアプリ開発ではパソコンのスペックはどれくらい必要?
  • Python以外のプログラミング言語でもWebアプリは開発できるの?

Webアプリ開発する際の参考にしてください。

Pythonを使ったWebアプリ開発の学習方法は?

Pythonを使ったWebアプリ開発は、この方法で学べます。

  • Webサイトで学ぶ
  • 本で学ぶ
  • プログラミングスクールで学ぶ

独学の場合、Webサイトや本で学ぶのが一般的です。最近では、HTML/CSSやJavaScript、Pythonなどを学べるWebサイトや本が豊富にあります。

このため、自分の学習スタイルや難易度にあわせて、教材を選べます。

ただ、未経験から独学する場合、分からないところを自分で解決しなければならず、挫折する原因になりやすいです。

そのためしっかりスキルを身につけたいのであれば、プログラミングスクールの利用も検討するといいでしょう。スクールでは、現役エンジニアのサポートやノウハウが詰まったカリキュラムを使って学習できます。

例えば弊社SAMURAI ENGINEERなら、現役エンジニアのサポートが受けられます。同じ講師にサポートしてもらえるので、分からないところも質問しやすいですね。

また、完全オーダーメイドカリキュラムを採用しているため、自分のペースで学習できます。SAMURAI ENGINEERでは、スクールを利用するか悩んでいる人向けに無料カウンセリングも実施しているので、ぜひお気軽にご参加くださいね。

公式サイトで詳細を見る

Pythonを使ったWebアプリ開発ではパソコンのスペックはどれくらい必要?

パソコンのスペックを考えるうえで大事な項目が、メモリ・CPU・ストレージの3つです。

メモリは机の大きさに例えられることもあり、大きいほど処理能力が高くなります。CPUはパソコンの頭脳といえるもので、CPUの性能によってパソコン全体の動作性能が決まります。

ストレージはデータを保管する場所のことです。容量が大きければ、それだけたくさんのデータを保存できます。ストレージにはSSDとHDDがあり、SSDの方が処理速度が速いです。

【Pythonを使ったWeb開発におすすめのパソコンスペック】

CPUCore i5以上
メモリ8GB以上
ストレージ256GB以上(SSD)

Pythonを使ったWeb開発で使用するなら、CPUはCore i5以上、メモリは8GB以上、ストレージは256GB以上(できればSSD)あるとよいでしょう。

動画編集やゲームプレイをするわけではないため、そこまで高性能なパソコンは必要ありません。しかし、ストレスなく動作させるためにも、これくらいのスペックは最低限必要です。

Webアプリ開発を行う場合、開発環境やセキュリティに関するソフトウェア・アプリケーションなどをインストールします。

スペックに余裕がなければ、パソコンがフリーズするなど不具合の原因になるため、余裕を持ったスペックにしておくべきでしょう。

Python以外のプログラミング言語でもWebアプリは開発できるの?

結論をいうと、次のようなPython以外のプログラミング言語でもWebアプリは開発できます。

  • Ruby
  • PHP

Rubyは、Webアプリが効率的に開発できるRuby on Railsというフレームワークが魅力的な言語です。文法がシンプルな点も含め、Pythonと類似点が多くあります。Rubyは日本人が開発した言語でもあるため、日本では使用する企業も増えています。

PHPはサーバーサイド言語で、Webアプリ開発向けのフレームワークが豊富です。例えば、Laravelを使用すれば、効率的にWebアプリが開発できます。

まとめ 

今回は、Pythonを使ったWebアプリの開発手順を、開発例やPythonを活用するメリットも交えて紹介しました。

Pythonは文法がシンプルでエラーが出にくい点や、優秀なフレームワークがたくさんある点からWebアプリ開発に使用されることが多いです。

Pythonとあわせて、HTML/CSS・JavaScript・PHPなどの言語を学習すれば、Webアプリ開発の現場で活躍できるでしょう。この記事を参考に、ぜひWebアプリ開発にチャレンジしてみてください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close