【ExcelVBA入門】繰り返し処理をするための3つの方法を徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAで繰り返し処理をする方法を知っていますか? VBAのプログラミング言語でもそうですが、データ数分処理をループして動かすケースはとても多いです。

そこで今回は、

  • VBAで繰り返し処理をするための3つの方法
  • For Next、While、For Eachを使ったサンプルコード
  • 処理の途中でループ処理を抜ける方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

VBAで繰り返し処理する3つの方法

VBAでは、次の3つの方法でループ処理を書くことができます。

  • For Nextステートメント
  • Whileステートメント
  • For Eachステートメント

それぞれ解説します。

For Nextステートメント

最初は、For Nextステートメントです。For Nextステートメントは、繰り返し回数を数値で指定して、実行することができます。

使い方:

For カウンター用の変数 = 初期値 To 最大値
    '処理
Next カウンター用の変数

サンプル:

For i = 1 To 5
    '処理
Next i

上の例では、「処理」に書いた処理を、5回ループ処理することができます。詳しい使い方は以下でも解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA For Next】ループ処理の基本を5つのステップで完全理解
更新日 : 2019年4月20日

Whileステートメント

次に、Whileステートメントです。Whileステートメントは、「指定の値に到達するまで処理をループしたい場合」のように、具体的な数値が決まっていないときに使います。

使い方:

While 条件式
    '処理
Wend

サンプル:

While i > 5
    '処理
Wend

上の例では、変数iが5よりも大きくなるまで処理をループすることができます。変数1が0.1ずつ増えた場合、1ずつ増えた場合など条件によってループ回数が変わってくるのが、For Nextステートメントとの違いですね。詳しい使い方は以下でも解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】While Wend、Do While、Do Loop Whileの使い方
更新日 : 2019年4月22日

For Eachステートメント

次に、For Eachステートメントです。

For Eachステートメントは、配列の要素数やオブジェクトの数など、変数の塊の数分処理をループしたい場合に使います。

使い方:

Dim 要素を受け取る変数名 As Variant
For Each 要素を受け取る変数名 In 配列やコレクションなどのグループ名
    '処理
Next 要素を受け取る変数名

サンプル:

Dim intVal As Variant
Dim arrVal() As Variant

arrVal = Array(1, 2, 3, 4, 5)
For Each intVal In arrVal
    '処理
Next intVal

上の例では、配列arrValの要素数分処理をループすることができます。詳しい使い方は以下でも解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】For Eachで配列やコレクション、Selectionを操作
更新日 : 2019年4月23日

サンプルコード

次に、サンプルコードをもとに、具体的な使い方を解説します。配列(arrVal)の要素数分処理をループし、データを合計した値をメッセージで表示するサンプルを、3つの方法で書きました。

For Nextステートメントの場合:

Sub ForNext_Sample()
  
  '初期値をセット
  Dim arrVal() As Variant
  Dim intTotalVal As Integer
  arrVal = Array(1, 2, 3, 4, 5)
  intTotalVal = 0
  
  '配列の要素数を取得
  Dim intEleCount As Integer
  intEleCount = UBound(arrVal)
  
  'iが要素数以上になるまで、合計金額を計算
  Dim i As Integer
  For i = 0 To intEleCount
    intTotalVal = intTotalVal + arrVal(i)
  Next i
    
  MsgBox "For Nextステートメントの合計結果:" & intTotalVal

End Sub

実行結果:

Whileステートメントの場合:

Sub While_Sample()
  
  '初期値をセット
  Dim arrVal() As Variant
  Dim intTotalVal As Integer
  arrVal = Array(1, 2, 3, 4, 5)
  intTotalVal = 0
  
  '配列の要素数を取得
  Dim intEleCount As Integer
  intEleCount = UBound(arrVal)
  
  'iが要素数以上になるまで、合計金額を計算
  Dim i As Integer: i = 0
  While i <= intEleCount
    intTotalVal = intTotalVal + arrVal(i)
    i = i + 1
  Wend
    
  MsgBox "Whileステートメントの合計結果:" & intTotalVal

End Sub

実行結果:

For Eachステートメントの場合:

Sub ForEach_Sample()
  
  '初期値をセット
  Dim arrVal() As Variant
  Dim intTotalVal As Integer
  arrVal = Array(1, 2, 3, 4, 5)
  intTotalVal = 0
  
  '合計金額を計算
  Dim intVal As Variant
  For Each intVal In arrVal
    intTotalVal = intTotalVal + intVal
  Next intVal
    
  MsgBox "For Eachステートメントの合計結果:" & intTotalVal

End Sub

実行結果:

実行結果は全て同じですが、処理の内容が若干違いますね。このように、3つの方法でループ処理をすることができます。

補足:ループ処理を途中で抜ける方法とは

ここまでループ処理をする方法について解説してきましたが、ループの途中で処理を抜けたいケースもありますよね。GoTo文を使えば、簡単に途中で処理を抜けることができます。

使い方は以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】GoToでスキップ(ラベル、ループ制御、エラー処理)
更新日 : 2019年4月19日

まとめ

今回は、VBAで繰り返し処理をする3つの方法について解説しました。大規模なデータを扱うことも多いExcelだからこそ、繰り返し処理はよく使います。どれも使い方は簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー