スライドショースライドショースライドショー

【挫折率90%】プログラミング学習に失敗する原因と3つの対処法

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部の中川です。

最近、プログラミングに対する注目度が高まっていますね。この記事を読んでいるあなたもプログラミング学習中ではないでしょうか。

しかし、学習のなかで、

エラーがなかなか解決できない……
エラーの連続で学習が進まない……

といった経験をしている方も多いはず。実際プログラミング学習はとても挫折率が高く、ほとんどの学習者が一度はつまずきや挫折を経験しています

そこで、侍エンジニア塾が行った「プログラミング学習の挫折に関するアンケート」の結果をもとに、

  • プログラミング学習に挫折する原因
  • プログラミング学習に挫折しないための対策

この2点についてご紹介いたします。

最後に「挫折せずプログラミングを習得できる環境を手にする方法」も解説するので、いまプログラミング学習に躓いている方やこれから学習を始めてみようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

プログラミングの挫折率は約90%

questionnaire, 80% frustrated with programming

弊社がプログラミング学習経験を持つ240名の方を対象に行ったアンケート結果によると、プログラミング学習時に「つまずいた経験がある・挫折したことがある」と回答したのは全体の87.5%に及びました。

つまりプログラミング学習を行っている10人のうち、9人は挫折を経験してしまうということですね。挫折者の統計をみると、6割が独学の学習者、2割が学校、1割が企業研修といった結果になっています。

このようにプログラミング学習者のほとんどが何らかの理由で挫折を感じています。では、なぜこれほどまで多くの人が挫折してしまうのでしょうか。

アンケートの結果、挫折してしまう3つの原因が浮き彫りになりました。次は挫折してしまう原因について解説していきます。

プログラミング学習に挫折する原因

questionnaire reason for frustration

プログラミング学習に挫折してしまった原因をアンケートしたところ、

  • 質問できる環境がなかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

という3つの理由がもっとも多いことが分かりました。では何故これらが挫折の原因となってしまうのでしょうか。

それぞれ詳しく解説していきます。

質問できる環境がなかった

独学者がつまずく原因のほとんどは質問できる環境がないことに起因しています。

プログラミングは多様性の高いスキルです。ひとつのプログラムを作成するとしてもエンジニアによって方法や内部のコードはまったく異なります。

そのため、参考書どおりに学習を進めても、プログラミングの仕組みを理解できなければ習得が難しいのです。

しかし、独学や学校・企業研修などではそもそも質問できる環境がなかったり、多人数で学習を進めるような環境では参考書頼みで仕組みを理解するところまではなかなか至らず、それを教えてもらうこともできないという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、多くのひとが質問できる環境がないという理由で挫折してしまうのです。

エラーが解決できなかった

画像:Shutterstock

質問できる環境がないことに次いで多いのがエラーが解決できなかったということです。

プログラミング学習はエラーの連続です。その都度、エラーの原因を特定して改善しなければシステムを組み上げることはできません。

メジャーな言語であれば、インターネットで検索することで対処法が分かることもありますが、ほとんどの場合はまったく同じエラー内容ではなく、似たような内容なので記載内容を参考にして原因を特定しなければなりません。

また、Go言語Kotlinなどまだメジャーではない言語だと、日本語の参考サイト自体がなく、エラー原因をすべて自分で解決しなければならないことも少なくありません。

エラーの連続につまずいて、そのまま学習自体を諦めてしまうケースが多いです。

モチベーションが続かなかった

3番目に多かったのがモチベーションが続かないということです。

こちらも、独学者に多く見られるケースで、プログラミング学習のゴールが見えず、ひたすらエラー解決をし続けていることで次第にモチベーションが低下してしまい学習を辞めてしまうのです。

モチベーション低下は目的が不明確であったり、質問できる環境がないのとも相まって起きることが多いですね。

プログラミング学習に挫折しないための対処法

画像:Shutterstock

ここまでご紹介したプログラミング学習に挫折してしまう原因をもとに、挫折しないために必要なことを解説していきます。

いま学習に躓いているという方は自身の環境と照らし合わせてください。

質問できる環境を作る

まずは「質問できる環境」を作りましょう。最近ではエンジニア向けのQ&Aサイトなどもあり、これらのサイトを活用することで独学でも困ったときに質問することができますよ。

こちらの「teratail」というQ&Aサイトは回答率90%以上を誇る大手エンジニア向けQAサイトです。まだ活用していない方は絶対に登録しておきましょう。

また、「StackOverflow」も非常に情報量の多いQ&Aサイトです。teratailと併用することで、回答速度を早めることができるでしょう。

もし、いち早く質問できる環境がほしいのであれば、エンジニアの知人を増やしてみましょう。最近ではエンジニア向けの交流会や勉強会が豊富に開催されています。こういった場に参加することでコミュニティを増やすことができます。

エンジニア向け勉強会についてはこちらの記事を参考にしてください。

初心者必見!失敗しないプログラミング勉強会・セミナーの活用術
更新日 : 2019年6月19日

適切な学習プランを設ける

プログラミング学習は目的をもとに学習プランを立てなければ、効率的に進めることはできません。そのため、目的を明確にしたうえで適切な学習プランを設計しましょう。

もし、あなたが目的はあるけど、明確な学習プランが決まっていないのであれば、こちらの「プログラミング学習プラン診断」をご活用ください。最短1分ほどであなたにあった学習プランを提示いたします。

学習プランを診断する

同じ志の仲間を作る

プログラミング学習はほとんどが自分ひとりで進めることになります。そのため、モチベーションが続かずに挫折してしまうという訳ですね。

そこで大切なのが、仲間を作ることです。例えば同じ目的を持って学習している人と進捗状況を共有したり、学習状況を共有できるような環境があればモチベーションを高く保つことができるでしょう。

最近では、SNS上にエンジニア向けのコミュニティがあったり、探してみると色々と交流できる環境が整っているので、ぜひ仲間づくりに励んでみてください。

挫折せずプログラミングを習得できる環境を一挙に手にする方法

画像:Shutterstock

プログラミングに挫折してしまったり、躓いてしまうことは誰しもが通る壁です。しかし、そこでプログラミング学習を諦めてしまうのは勿体ありません。

もし、プログラミングを挫折せず効率的に学習したいのであればプログラミングスクールがおすすめです。スクールには挫折せずにプログラミングを習得するための環境がすべて整っています。

弊社「侍エンジニア塾」ではプログラミング学習の挫折をできるだけ少なくし、より確実に本物のプログラミングスキルを習得するために、

  • 受講者の目的に合わせたオーダーメイドカリキュラム
  • 学習をサポートする現役エンジニア専属講師
  • 完全オリジナルのWebサービス開発

という3つのサービスを提供いたします。現場で活躍するエンジニア講師が専属で教えることで、本当に役立つスキルを効率よく習得することができます。

まずは、弊社の無料体験レッスンをご利用ください。専属コンサルタントがあなたの学習に対する不安や悩みなどあらゆる質問にお答えいたします。

下記カレンダーから簡単にご予約いただけます。お気軽にご利用ください(オンラインでも受講いただけます。)

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説