【これだけはおさえたい】AWSの主要サービス一覧をやさしく解説!


AWSの主要サービスについて知りたい
AWSのサービスの特徴って何?

AWSをシステム開発に導入したいと考えている方の中には、このような疑問を持っている方もいると思います。今回は、AWSの主要サービスの特徴を詳しく解説したうえで、おすすめの勉強方法も簡単に解説します。

AWSの主要サービスを知ることで、目的に合わせてAWSを活用することができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

AWSの主要サービス一覧

AWSの主要サービス一覧

AWSの主要サービス一覧

AWSのサービスを活用するためには、まず主要サービスを理解しておく必要があります。ここでは、AWSの主要サービスとして

  • Amazon EC2
  • AWS Lambda
  • AWS Batch
  • AWS Cloud9
  • Amazon S3
  • Amazon RDS
  • Amazon DynamoDB
  • Amazon VPC
  • Amazon CloudFront
  • AWS Route53

の10個を紹介していきます。

AWS公式サイト(https://aws.amazon.com/jp/pricing/

【コンピューティング】Amazon EC2

Amazon EC2は、クラウド上で動く仮想サーバーを作成することができるサービスです。

一般的にサーバーを利用して開発を行う場合、サーバーを購入して受け取るまでの期間は作業を進めることが難しいですが、Amazon EC2を利用すれば素早くサーバー環境を構築することができます。

またサーバーを運用していくうえで、保存するデータが増えていくとメモリなどを増やす必要がありますが、普通は増設に手間がかかります。

一方でAmazon EC2であれば、画面上の操作だけで簡単にメモリの増設を行うことが可能です。サーバーをスムーズに作成したいのであれば、Amazon EC2は役立つサービスですね。

【コンピューティング】AWS Lambda

AWS Lambdaは、サーバーを用意しなくてもコードを実行することができるサービスです。

通常、Pythonなどプログラミング言語で作成したコードを実行するには、サーバーやプログラミング言語を実行できる環境を整える必要があります。

しかしAWS Lambdaを利用すれば、Webサーバーやデータベースサーバーなどを準備しなくても、コードを作成するだけで実行することが可能です。

サポートされている言語も

  • Java
  • Python
  • Ruby
  • PHP

など数多くの言語に対応しています。

サーバーの構築が不要なので、サーバーの保守管理などの手間がかからないというのも魅力ですね。

【コンピューティング】AWS Batch

AWS Batchはバッチ処理を実行できるサービスです。

バッチ処理というのは、複数のプログラムをまとめたうえで、連続して実行する処理方法のことをいいます。

たくさんあるプログラムを1つずつ実行するとかなりの時間がかかりますが、まとめて実行することで効率よく開発を進めていくことが可能です。

また、AWS Batchは時間のかかる処理を行う際にも便利なので、バッチ処理を効率よく行いたい場合はおすすめのサービスです。

【開発者用ツール】AWS Cloud9

開発者用ツール

開発者用ツール

AWS Cloud9はアプリ開発をする際に利用するツールで、ブラウザ上で使用できるIDE(統合開発環境)です。

IDEは簡単にいうと、システム開発に必要なツールをまとめたもので、デバッガ―やテキストエディタなど必要なツールを簡単に使えるようになっています。

通常はIDEをパソコン内にダウンロードして利用するため、パソコンの容量を圧迫してしまいますが、ブラウザ上で利用できるAWS Cloud9を利用するとそうした心配はありません。

また、ブラウザ上で利用できるので、タブレットやスマートフォンなどを使って作業をすることもできます。

AWS Cloud9は超初心者でAWSを使うときに最初に使うサービスなので、導入を検討してみると良いでしょう。

【ストレージ】Amazon S3

Amazon S3は、AWSでストレージを利用する場合に使うサービスで、セキュリティを高めたうえでデータを保存することができるサービスです。

例えば、ストレージで保存しているデータの暗号化やデータのバックアップ・復元などセキュリティ性を高めることができる機能があります。

企業でストレージサービスを利用する場合、機密情報や個人情報などの流出を懸念する声もあると思いますが、Amazon S3であれば保存するデータのセキュリティ性を高めることが可能です。

【データベース】Amazon RDS

Amazon RDSは、AWSでリレーショナルデータベース(MySQL)などを構築するときに使うサービスです。具体的には、PostgreSQLやOracleなどのデータベースを構築する際に便利なサービスで、低コストでデータベースを運営することができます。

特にAmazon RDSを使えば、物理的なサーバーの構築やメンテナンスなどが不要なので、導入コストはもちろん、運用コストも削減可能です。

また、ストレージの容量の増減も簡単で、マウス操作で可能なので開発現場の関係で仕様がよく変わるという場合にはおすすめですね。

【データベース】Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDBは、NoSQLを構築する際に使うサービスです。

NoSQLというのは、SQL言語を使用しないデータベースで、SQLの知識がなくてもプログラミング言語を扱えれば使うことができます。

Amazon DynamoDBでは、通常自力で行う必要があるデータベースの運用やストレージの増減に伴う管理作業を任せることが可能です。

データベースの管理や設定の手間をかけたくない場合はおすすめのサービスです。

【ネットワーキングとコンテンツ配信】Amazon VPC

Amazon VPCは、クラウド上に作成できる仮想ネットワークサービスで、AWSのサービス同士の通信やAWSと外部の通信に使うことができるサービスです。

具体的には、Amazon EC2やAmazon RDCなどを利用する場合、EC2同士を接続したり、外部のネットワークと接続するときに便利です。

サービス同士を接続したり、外部のネットワークと接続したりするのに便利で、インターネット向けのシステムやオンプレミス向けのシステムに向いているサービスです。

【ネットワーキングとコンテンツ配信】Amazon CloudFront

コンテンツ配信

コンテンツ配信

Amazon CloudFrontは、CDNサービスの1つでHTMLや画像、動画やアプリケーションなど静的・動的なWebコンテンツをスムーズに配信できるサービスです。

CDNサービスとはWebコンテンツを配信するサービスのことですが、配信のスピードや安全性の高さが魅力といえます。

静的・動的なWebコンテンツの配信に対応しているので、世界的にAmazon CloudFrontを利用している企業もたくさんあります。

  • Amazon Prime Video
  • Huru

など大手企業でも利用されているので、コンテンツ配信のシステムを作成するときにはおすすめです。

【ネットワーキングとコンテンツ配信】AWS Route53

AWS Route53は、WebサイトやWebサービスを公開するときに必須となるIPアドレスとドメインの関連付けができるDNSサービスです。

AWS Route53は、WordPressなどのWebサイトやWebサービスを作成する際に便利なサービスで、ドメインの登録やIPアドレスとの紐づけを簡単に行えます。

また、アクセス場所や混雑状況に合わせて最適な場所で接続できるトラフィックフローの定義や、URLがアクセスできるかどうかチェックできるヘルスチェック機能もあります。

WebサイトやWebサービスを作成・運営する場合には、導入を検討してみると良いでしょう。

AWSのサービスは、資料の確認 + チュートリアルで使い方を学ぼう

AWS

AWS

AWSのサービスはたくさんの種類がありますが、使い方を学ぶ際には資料の確認+チュートリアルで学ぶのがおすすめです。

基本的にAWSのサービスはたくさんの種類があるので、サービスごとの知識をつけたうえで実際に使ってみないと、習得するのは難しいといえます。

ただ使い方を検索したとしても、使ったことがある前提で解説されているものもあるので、今から学び始める超初心者には分かりづらいです。

そんなときには、Amazon公式でまとめられているAWSのサービスごとの資料を確認すると良いでしょう。

Amazonの公式サイトでは、SlideShare・PDF・YouTubeに分けて資料が閲覧できるようになっているので、ぜひ確認してみてください。

Amazon公式サイト(https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/aws-jp-webinar-service-cut/

AWSの使い方を確認したら、実践編としてチュートリアルを実行してみましょう。

Web上で「サービス名 チュートリアル」で検索すると、チュートリアル情報が出てくるのでそれを参考にしながら実際に使ってみてください。

またQiita(https://qiita.com/)というエンジニア向けの情報共有サイトで「サービス名 使い方」と検索すると、記事の内容が出てきますので、その内容を参考にチュートリアルを実行すると良いでしょう。

【知らないと損する】AWSの学習におすすめの勉強方法とは?

AWSの学習におすすめの勉強方法とは?

AWSの学習におすすめの勉強方法とは?

AWSのサービスについて勉強したいときには、まずは主要なサービスの特徴やできることを理解し、実際に使って試すことが大切です。

プログラミング言語を習得するときでもいえることですが、知識だけでなく実際に使ってみて学べることも多くあります。

ただ、それだけだと網羅的な知識が身につくとはいえません。

一番手早く学ぶ方法としては、書籍を使った学習法があります。AWSのサービスに関しては世界的に有名なので、学習用の書籍も多く販売されているため、自分に合ったものを使って学ぶことが可能です。

またAWSの使い方を学びたいという方を対象としたセミナーや勉強会、情報交換会なども定期的に開催されています。そういったイベントに積極的に参加することで、モチベーションを高めるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、AWSのサービス10個の特徴や使い道などについて解説したうえで、おすすめの勉強方法についても紹介しました。AWSはシステム開発に導入することで、開発業務を効率化することができるので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

最後に今回のおさらいをしておきます。

  • AWSにはたくさんのサービスがある
  • AWSのサービスごとには特徴があるので目的に合わせて導入することが大事
  • AWSの勉強は知識+実践が大切

AWSは開発現場で需要が高まっているサービスなので、ぜひ勉強してみてくださいね。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら