LinuCの難易度をレベル別に解説!効率的な学習方法も解説

未経験からではLinuCの取得は難しい?
他の資格に比べてLinuCの難易度はどれくらいなんだろう?

LinuCの学習難易度は、大きく分けて初級者向け、中級者向け、上級者向けの3つです。順番に取得を目指すことで効率的にLinuxの知識とスキルを身につけられます。

この記事では、次のレベル別にLinuCの難易度をわかりやすく解説します。

LinuC取得に向けた効率的な学習方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、次の記事ではそもそもLinuCとはどんな資格なのか、その特徴を難易度や取得するメリットも交え詳しく解説しているのでよければ参考にしてください。

→ LinuCはどんな試験?難易度や取得するメリット、勉強方法も解説

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事は4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、プログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

未経験からLinuCの取得は難易度が高い

未経験からLinuCの資格を取得する場合、難易度はかなり高いでしょう。LinuCでは、システムのセットアップ、管理、トラブルシューティングなど、Linuxの深い知識や実践スキルを問われるため、基本的な操作から高度なタスクまで幅広い学習が必要です。

したがって、まったくの未経験からLinuC取得を目指す場合、十分な学習時間と実践経験が必要です。

初心者が合格するためには、学習時間の確保と取得に向けた努力が必要なのは間違いありません。

【レベル別】LinuCの難易度

ここからは、次のレベル別にLinuCの難易度を解説します。

LinuC レベル1:初級者向けの資格

受験の前提条件実務経験や前提資格の保有は不要
試験実施言語日本語・英語
受験費用1試験あたり1万6,500円
試験実施方式コンピュータベーストテスト(CBT)。主にマウス選択。キーボード入力問題も一部あり。実技・面接なし。
問題数約60問
試験時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)
出題範囲101試験の範囲、102試験の範囲
日時・会場全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)
認定要件101試験と102試験の2試験に5年以内に合格
学習期間の目安1~3ヶ月
確認できるスキルレベルLinuxシステムの構築・運用・管理の専門家を認定(クラウド環境やオンプレミス環境)

参考:LinuCレベル1 – LPI-Japan
※「受験費用」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

LinuC レベル1は、Linuxに関する基礎知識やコマンド、基本的な仮想化技術やセキュリティ・ネットワークの知識が必要ですが、それほど高度な知識は必要ありません。初級者向けの資格であり、難易度も低めです。

普段からLinuxを利用している方であれば、Linuxの基本的なコマンドやファイルシステム、仮想化技術やセキュリティ・ネットワーク・オープンソースなどの知識を学ぶことで、LinuC レベル1の試験に合格できます。

LinuC レベル1の合格率は70%以上と高く、初めてLinuxに触れる方でも、LinuC レベル1の資格取得を目指すことで、システムの運用・管理における基礎的な知識やスキルが身につくでしょう。

LinuC レベル2:中級者向けの資格

受験の前提条件実務経験や前提資格は必要ありません。レベル2の試験を先に受験することは可能ですが、レベル2認定を取得するには先にレベル1認定が必要です。
試験実施言語日本語・英語
受験費用1試験あたり1万6,500円
試験実施方式コンピュータベーストテスト(CBT)。主にマウス選択。キーボード入力問題も少数。実技・面接なし。
問題数約60問
試験時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)
出題範囲201試験の範囲、202試験の範囲
日時・会場全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)
認定要件LinuCレベル1の認定を保持し、201試験と202試験の2試験に5年以内に合格すると、LinuCレベル2に認定されます。受験の順序は問いません。
学習期間の目安3~6ヶ月
確認できるスキルレベルLinuCレベル2は、Linuxを用いたクラウドやオンプレミスでのシステム・ネットワーク構築、応用的なシステム管理、サーバー構築の知識を総合的に評価します。

参考:LinuCレベル2 – LPI-Japan
※「受験費用」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

LinuC レベル2は、中級者向けの資格で、難易度はやや高めです。Linuxを実際に運用している方であれば、LinuC レベル2の試験に向けて、

  • Linuxといったサーバー構築に関する知識や経験
  • 仮想マシンやコンテナの仕組み
  • アーキテクチャの基礎
  • シェルスクリプトの作成技術

などの学習が必要です。

また、過去の試験問題を解いたり、模擬試験を受けたりすることで、自分の知識やスキルを確認できます。

LinuC レベル2の合格率は比較的低く、十分な試験対策を行わなければ合格できません。しかし、LinuC レベル2を取得することで、Linuxを含むシステム開発に関するより高度な知識やスキルを身につけられますよ。

LinuC レベル3:上級者向けの資格

300試験303試験304試験
受験の
前提条件
・実務経験や前提資格は不要
・レベル3認定の取得には先にレベル2認定が必要
300試験と同様300試験と同様
試験実施
言語
日本語・英語300試験と同様300試験と同様
受験費用1万6,500円300試験と同様300試験と同様
試験実施
方式
コンピュータベーストテスト(CBT)。主にマウス選択。キーボード入力問題も少数。実技・面接なし。300試験と同様300試験と同様
問題数約60問300試験と同様300試験と同様
試験時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)300試験と同様300試験と同様
出題範囲300試験の範囲303試験の範囲304試験の範囲
日時
会場
全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)300試験と同様300試験と同様
学習期間の
目安
6~12ヶ月300試験と同様300試験と同様
認定要件・300/303/304試験のうち1つに合格
・LinuCレベル2の認定を保持すると、LinuCレベル3に認定
300試験と同様300試験と同様
確認できる
スキルレベル
Linux、Windows、およびUnixを含む混在システムの設計、構築、運用・保守に関するエキスパートエンジニアの能力を持つこと。高いセキュリティ基準に基づくコンピュータシステムの設計、構築、運用・保守に関するエキスパートエンジニアの能力を持つこと。クラウドコンピューティング環境の設計、構築、運用・保守に関するエキスパートエンジニアの能力を持つこと。

参考:LinuCレベル3 – LPI-Japan
※「受験費用」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

LinuC レベル3は、Linuxに関する高度な知識や経験が必要で、試験の難易度も高いです。Linuxを実際に開発や運用している上級者レベルのエンジニアであっても、LinuC レベル3の試験に合格できるかどうかは難しいといわれるほどです。

LinuC レベル3の試験問題としては、Linuxのカーネルのカスタマイズや高度なネットワークの設定、セキュリティの評価などが出題されます。

LinuC レベル3の合格率は非常に低く、非常に高いスキルと経験が必要です。しかし、LinuC レベル3を取得することで、Linuxに関する非常に高度な知識やスキルを身につけられます。

LinuC レベル3の取得により、Linuxエンジニアとしてさらなるキャリアアップにつながるでしょう。

LinuCシステムアーキテクト:上級者向けの資格

受験の前提条件・実務経験や前提資格は不要
・認定には「LinuCレベル2」の取得が必要
試験実施言語日本語(2023年12月現在)
受験費用2万7,500円
試験実施方式コンピュータベーストテスト(CBT)。主にマウス選択。キーボード入力問題も少数。実技・面接なし。
問題数約40問
試験時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)
出題範囲SA01・SA02の試験範囲
日時/会場全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)
学習期間の
目安
6~12ヶ月
認定要件・LinuCレベル2の認定保持
・SA01試験/SA02試験の2試験を5年以内に合格
確認できるスキルレベル決められた要件に基づいた処理方式から具体的な実装までを設計でき、実際に動くシステムを構築できる

参考:LinuCシステムアーキテクト
※「受験費用」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

LinuCと他の資格の難易度を比較

LinuCと他の資格の難易度を比較

Linuxに関する資格は複数存在し、それぞれの試験内容や難易度は異なります。

ここからは、次の資格と比べつつ、LinuCの難易度を紹介します。

LPIC

LPICは、Linuxシステムの管理や運用に必要な高度な知識やスキルを認定する資格です。LPICには、初級者向けの資格から上級者向けの資格まで展開されており、順に取得できます。

初級者向けの資格は、Linuxの基本的な知識があれば取得できますが、上級者向けの資格では、より高度な知識やスキルが必要とされるため、難易度が高くなります。

LinuCとLPICは、どちらもLinuxに関する資格であり、初級者向けの資格はどちらの資格でも比較的易しいです。しかし、上級者向けの資格になると、システムアーキテクトの試験がある点から、LPICに比べLinuCの方が高度な知識やスキルが必要で難易度が高くなるでしょう。

下記は、LinuCとLPICの比較表です。

LPIC-1LinuC-1LPIC-2LinuC-2LPIC-3LinuC-3LinuCシステムアーキテクト
試験時間90分90分90分90分90分90分90分
合格ライン65%~70%以上65%以上65%~70%以上65%以上65%~70%以上65%以上65%以上
受験資格なしなしLPIC-1に合格していることLinuC-1に合格していることLPIC-2に合格していることLinuC-2に合格していることLinuC-2に合格していること
受験方式CBT方式CBT方式CBT方式CBT方式CBT方式CBT方式CBT方式
価格1万6,500円1万6,500円1万6,500円1万6,500円1万6,500円1万6,500円2万7,500円

参考:Linuc – LPI-JapanLPIC – LPI-Japan
※「価格」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

Red Hat認定資格

Red Hat認定資格は、Linuxシステムの管理や運用に必要な高度な知識やスキルを認定する資格です。

Red Hat社が提供する試験を受け、合格することで、Red Hat Enterprise Linuxの管理や運用に必要なスキルを証明できます。

RHCSA(Red Hat Certified System Administrator)やRHCE(Red Hat Certified Engineer)など、複数のレベルがあり、受験費用や試験時間も異なります。自分の目的や目標に合わせて、どちらの資格を取得するか検討しましょう。

下記の表では、RHCSA認定試験とLinuC レベル1を比較しています。

RHCSA認定試験LinuC レベル1
試験時間3時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)
受験料5万円1万6,500円
受験方法クラスルーム試験、オンサイト試験、個人用試験コンピュータベーストテスト(CBT)
受験会場トレーニング会場:東京・大阪、試験会場:東京のみ全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)
出題形式実践的な実技試験主にマウス選択。キーボード入力問題も少数。実技・面接なし。
合格ライン70%以上65%以上
問題数300問約60問

参考:Red Hat技術者認定 – RED HAT
※「受験料」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

Linux Foundation認定資格

Linux Foundation認定資格は、アメリカに本拠地を置く非営利団体が行う資格試験です。日本ではあまり知られていませんが、世界的には非常に評価されている資格です。

この試験は、今のITの流れやトレンドがきちんと取り入れられており、ブロックチェーンやコンテナ、仮想技術などのテーマが含まれています。

他のLinux関連の資格(LPICやLinuC)と比べると、Linux Foundationの試験の方が難しいです。

試験の形式は、実際に手を動かして問題を解決するスタイルです。2022年には日本語のサポートは終了しましたが、試験自体は日本語で受けられます。

項目LFCS-JPLinuC レベル1
試験時間2時間90分(5分はアンケートのための時間で、実質の試験時間は85分)
受験料395ドル1万6,500円
受験方法実機を使ったパフォーマンスベースの試験コンピュータベーストテスト(CBT)
受験会場オンライン全国の試験センター、またはオンライン受験(OnVUE受験)
合格ライン66%以上65%以上
問題数20~25問約60問

参考:Linux Foundation認定システム管理者 (LFCS-JP) – Linux Foundation
※「受験料」には2023年12月時点の税込み価格を掲載しています。

高難易度のLinuCに合格する4ステップ

高難易度のLinuCに合格する4ステップ

Linuxに関する認定資格の中でも高難易度のLinuCに合格するためには、以下のステップを参考にしてください。

それぞれ、詳しく解説します。

なお、下の記事ではLinuCの取得に向けたおすすめの勉強法を、必要な学習時間も交え詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

→ LinuCの勉強法ガイド!必要な学習時間や取得に向けたコツも紹介

STEP1:Linuxの全体像を知るため書籍で情報収集する

Linuxに関する書籍を読むことで、Linuxの基本的な知識を身につけられます。たとえば、Linuxの基本的な知識を身につけたい場合は「Linux入門ノート」や「Linuxサーバ構築入門」などの書籍がおすすめです。

これらの書籍には、Linuxの基本的な知識、コマンド、ネットワークの知識が詳しく説明されています。また、Linuxの実践的な知識を身につけたい場合は「Linuxサーバー構築・運用ガイドブック」や「Linuxシステム管理バイブル」などの書籍がおすすめです。

Linuxに関する書籍は、初心者から上級者まで、さまざまなレベルのものがあります。書籍を読んで、Linuxの全体像をつかみ、実践的な知識やスキルを身につけましょう。

以下の記事では、LinuC取得におすすめの参考書を紹介しているので、あわせて参考にしてください。

【レベル別】LinuC取得におすすめの参考書7選!選び方も紹介
更新日:2023年11月7日

STEP2:LInuxのシステムを実際に触ってみる

Linuxのシステムを実際に触ることは、Linuxに関する知識やスキルを身につける上で非常に重要です。Linuxのシステムを実際に触る方法としては、下記のようなものがあります。

  • Linuxの仮想環境を構築する
  • LinuxのライブCDを使用する
  • Linuxを導入したPCを使用する

Linuxの仮想環境を構築する場合は、VirtualBoxやVMwareなどの仮想化ソフトを使用します。これらのソフトを使用することで、WindowsやMacなどのOS上でLinuxを動作できます。

また、LinuxのライブCDを使用する場合は、CDやUSBメモリにLinuxのイメージファイルを書き込み、そのメディアから起動することで、Linuxを使用可能です。

STEP3:問題集や過去問を繰り返し解く

問題集を繰り返し解くことで、情報が定着します。エビングハウスの忘却曲線によれば、情報を学習した直後は記憶が定着しやすく、時間が経つにつれて徐々に忘れてしまうことが知られています。

つまり、LinuCに必要な知識やスキルを学習した直後は、その情報が脳に定着しやすいため、習得したことをすぐに活用できるのです。

そのため、定期的に問題集を解いたり模擬試験を受けたりすることで、情報を定着させられ、試験当日に自信を持って臨めます。ただし、時間が経つにつれて忘れてしまうため、繰り返し学習することが大切です。

下記の記事では、おすすめのLinuC問題集と過去問(例題解説)サイトを紹介しているので、あわせて参考にしてください。

LinuCの問題集・過去問サイトおすすめ6選!勉強時の注意点も紹介
更新日:2023年11月7日

STEP4:わからないことを聞ける環境を作る

わからないことを聞ける環境を作ることはとても大切です。なぜなら、学習は1人での取り組みだけでは限界があるためです。

独学での勉強も大切ですが、疑問点や不明点を持ったときに、それを尋ねられる場所がないと、学習の定着にもつながらないうえ、挫折しやすくなるでしょう。

そこで役立つのが、コミュニティや学習スクールです。このような場所では、同じ目的を持った人たちが集まっており、互いに助け合いながら学びを深められます。

また、自らの疑問や悩みを共有することで、他者とのコミュニケーションが深まり、一緒にスキルアップを目指していくことも可能です。

LinuCの難易度に関するよくある質問

LinuCを受験する過程で、さまざまな疑問や不安を感じることは少なくないはずです。最後に、LinuCの難易度についてよくある質問とその回答を紹介します。

これらの質問と回答を参考に、試験の準備に役立ててください。

LinuCとLPICなど複数の資格を習得する必要はありますか?

LinuCとLPICは、Linuxに関する資格であり、それぞれ異なるレベルの知識やスキルを認定します。複数の資格を習得することで、より幅広い知識やスキルを身につけられます。

ただし、取得に必要な費用や時間・労力の考慮はもちろん、合格に向けた試験勉強を通じてどんなスキルを身につけたいのかを考えたうえで、自分に適した資格を選択することが重要です。

プログラミング未経験でも合格できますか?

LinuCの取得には、Linuxに関する深い知識や経験が必要ですが、プログラミング未経験でも合格は可能です。LinuCの試験問題は、Linuxに関する基礎的な知識やスキルを問うものが多く、プログラミングの知識は必要ありません。

ただし、試験の難易度が高いため、Linuxに関する深い知識や経験が必要となることは覚えておきましょう。

LinuCは家からも受けられる?

LinuCの試験はオンラインでの受験が可能で、自宅など好きな場所でも試験を受けられます。ただし、オンラインでの受験を選ぶ際には、安定したインターネット環境を整える必要があります。

また、試験の際のID確認などもあるため、事前準備は念入りに行いましょう。

まとめ

この記事では、LinuCの学習難易度や効率的な学習方法を紹介してきました。LinuCには3つのレベルがあり、それぞれ難易度が異なります。

そのため、自分のスキルに合ったレベルを選択することが大切です。また、高い難易度に挑戦することで、キャリアアップの機会につながるでしょう。

弊社が運営する侍エンジニアでは、Linuxに関する悩みや相談に無料で対応しています。プロのエンジニアがあなたの悩みに対して丁寧にお答えします。

ぜひこの機会に、侍エンジニアの無料相談サービスをご活用ください。

この記事を書いた人

中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

目次