プログラミング必修化の理由10選|学習の効果4選を詳しく紹介

プログラミング必修化の理由は、一言で説明しますとプログラムミング的思考を養うためです。プログラミング的思考とは、順序立てて問題を解決する能力や、トライアンドエラーなどの思考を養う力のことを指します。

今回は、そんなプログラミング必修化の理由や学習の効果を詳しく解説していきます。

プログラミング必修化の理由は?

画像:Shuttertock

例えば、順序立てるため計画をすることや、目的意識を持って実行すること、目標のために実行する力を養うことがプログラミング的思考といえます。今回はプログラミング必修化の理由を紹介します。

プログラミング必修化の目的

プログラミング必修化の目的は、最終的にプログラミング的思考を社会生活において役立てることです。

プログラミングを学ぶことで、倫理的思考や目的を順序立てて実行する力を育むことができるため、社会での生活でもそういった思考や力を活かすことができます。例えば、社会生活において仕事での問題に対してもプログラム的思考で問題を解決することができるでしょう。

プログラミング必修化の理由10選

画像:Shuttertock

プログラム必修化には、他にも理由があるので、それらの理由を紹介していきます。プログラミング必修化の理由を知ることで、プログラミング教育の重要性を知ることもできます。

例えば、小学校のうちからプログラミング必修化によって学ぶことができれば、学んだことが将来的にも大きく役立てることができるでしょう。プログラミング必修化の理由を知り、プログラミング教育の重要性を知っていきましょう。

早い段階でPCスキルを育成する

プログラミング必修化の理由はそれによって、早い段階でPCスキルを育成することができます。

PCスキルは、デジタル社会において必要なスキルになると考えられているため、早い段階でPCスキルを身に付けることによって、将来スキルを活かすことができるといえます。小学生のうちからPCスキルを学ぶことで、将来的にも新たなPCスキルに対しても応用することができます。

プログラミング的思考力の育成

プログラミング必修化の理由の一つは、プログラミング的思考力の育成にもつながるからです。プログラミング的思考とは、目的に対して順序立てる思考といわれており、倫理的思考も含まれているため、一般常識的な物事の考え方もできると考えられます。

目的に達するための道筋を具体的に計画立てるようになり、目的意識を高めることにもつながりますが、問題の解決する力も養うことができます。

プログラミング的行動力の育成

プログラミング的行動力を育成することも、プログラミング必修化の理由としてあげられます。プログラミング的行動とは、目的に対して実行するための行動をいいます。

そういった力を育成することで、目的に進むための力を早いうちから得ることができます。目的や理由に対してどのように行動すれば良いかを実践することで、失敗も成功も学び、より倫理的な行動や知識を得ることができます。

IT産業の人材不足

IT業界の人材不足があるため、プログラミング必修化が進められている理由といわれています。現時点でのIT産業において、人材不足が問題としてあげられており、10年後には更に人材不足が目立つようになるといわれています。

プログラミング必修化することで、IT業界への人材を早いうちから育てることができるため、こうした人材不足問題の解決の糸口になるといわれています。

デジタルリテラシーを学ぶため

プログラミング必修化をする理由の中の一つに、デジタルリテラシーを学ぶことがあげられます。デジタル化社会が進んでいる世の中で、リテラシーと呼ばれるデジタルに対するモラルなどを学ぶ必要があります。

デジタルを取り扱うための言語を学ぶことで、デジタルに対する言語を早いうちから理解できるようになり、デジタルに対しての常識も学び身に付けることが出来るようになるといえます。

第4次産業革命

プログラミング必修化の理由には、第4次産業革命によるものといわれています。第4次産業革命とは、IoTやAIが主流になり、産業の形が大きく変わることをいいます。

日々、AIの技術が進化しているので将来的に新たなガジェットを取り扱うためにもプログラミング必修化が行われています。必修化することで、新たな技術を早くから学ぶことができます。

IT産業を動かすのは人であるから

プログラミング必修化の理由として、IT産業を動かすのは人であるため、基礎知識を身に付ける必要があるということが挙げられます。

人工知能の開発にともない、人による様々な作業がAIによる自動化に向かって進められていますが、最終的に管理するのは人であるため、基礎知識は必要となります。AIを管理するための知識を早くから学んでおくことで、より詳しい知識を習得することができます。

コンピュータに触れる格差をなくすため

プログラミングの必修化を行うことで、コンピューターに触れる格差をなくすことができます。小学生の頃から、全ての生徒がコンピュータに触れ、学ぶことによって知識に関する格差をなくせます。

将来的にはタブレットは一家に一台は当たり前になると考えられているので、取り扱うための基礎知識に格差をなくす必要があります。

ネットリテラシーを学ぶため

プログラミング必修化の理由として、ネットリテラシーを学ぶためともいわれています。インターネットが主流になっているデジタル社会において、インターネットでの言語とマナーやモラルを学ぶことが大切になります。

インターネットは相手の顔が見えない分、言葉遣いやマナーに気をつけなければなりません。また、言語を知っておくことはトラブルを避けるためにもなるので、プログラミング必修化は大切だといえます。

私生活においても暮らしやすくするため

プログラミング必修化の理由として、デジタルについて学べるだけでなく、私生活においても暮らしやすい思考になるといわれています。プログラミング教育によって身につく思考や行動は、私生活においても大切なことなので、より充実した生活を送ってもらうためにも必修化が進められています。

プログラミング的思考である、物事を計画立てて目標から逆算して考える思考は、私生活においても重要なので必修化が進められています。

プログラミング必修化による学習の効果4選

画像:Shuttertock

プログラミング必修化による学習の効果を4つ紹介します。プログラミング必修化によって他の学習においても、今までの学習以上の効果が見込めるので、効果的だということがいわれています。

社会生活をする際に、プログラミングを学んだことによっていかせる能力が身につくことや、プログラミングで扱うPCやタブレットを使用することで興味関心が高まるなど、そういった効果が見込まれています。

課題を見つけて解決する力がつく

プログラミング必修化によって、課題を見つけて解決する力が身につくことが効果として見込まれています。プログラミングを学ぶことで、課題を見つけるための視野が広がるといわれています。

例えば、プログラムを組む際に目的を明確にすることで、目的に向かうための課題を発見することができるので、それが私生活においても活かされて課題を見つけて解決する力が身につくといわれています。

プログラミング的思考が身につく

プログラミング必修化によって、プログラミング的思考が身につくことが効果として見込まれています。プログラミング的思考は、目標に対して逆算して課題に取り組むための思考であったり、目標を達成するために必要なことを考える思考のことなどを言います。

例として、目的の料理を作るためにどの材料をどのように調理していくかといったような思考がプログラミング必修化によって身につくと考えられています。

学びへのやる気を高める

プログラミング必修化によって、学びへのやる気を高めることにも繋がる効果が見込まれています。プログラミングをタブレットやPCで学ぶことによって、ゲーム感覚で楽しく学習することができるので、学ぶことへのやる気も損なわずに楽しく学べるといわれています。

ゲーム感覚で学習することができれば、学習することを苦痛に感じることなく楽しく行うことができるでしょう。

道徳心が身につく

プログラミング必修化によって道徳心が身につくということも、効果としてあげられています。

プログラミングを学ぶことで、ネットリテラシーやデジタルリテラシーを学び、マナーを守ることによって、私生活においても道徳心が身につくといわれています。相手を傷つけないための言葉選びや相手に対する思いやりや敬意、姿勢などを学ぶことで道徳心が身につきます。

プログラミング必修化の理由を知ろう!

画像:Shuttertock

プログラミング必修化の理由を知ることで、どのような効果があるのかを知ることができます。

将来、更にIT産業が進化した際にも対応できるような力を身に付けるため、プログラミング必修化は必要なことといえます。将来を生きるためにも、若いうちからプログラミング学習をすることで、時代に対応できるといえるでしょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー