スライドショースライドショースライドショー

個人でアプリを開発する方法|アプリ開発の3つのポイントをおさえよう!

アプリにしたいいいアイディアがある!
アプリって自分でも作れるの

いまや毎日の生活にも欠かせないアプリ。生活や仕事に役立つようなアプリのアイディアがあったら形にしたいですよね!

今回は、個人でアプリ開発をする方法と3つのポイントを解説します。これを参考にアイディアを実現しちゃいましょう!

アプリ開発とは?

アプリ開発」とは言葉のとおりアプリケーションを開発することを指します。

また、「アプリ」はもともとワープロソフトや表計算ソフト、画像編集ソフトといった、作業の目的に合わせて使い分けるソフトウェアを指す言葉です。

特定の企業が行う業務のために利用する業務用アプリケーションや、OS、サーバー、ファームウェアといったコンピューターを制御・コントロールするために利用するソフトウェアなどもアプリと称されます。

アプリ開発でつくる「アプリ」とは?

近年のアプリ開発で言われているアプリのほとんどは、スマートフォンなどで利用するアプリです。

最近はiPhoneやAndroidなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットで利用することのできるソフトウェアを指して「アプリ」と呼ぶことが増えてきました。具体的には、

  • SNSアプリ
  • 通信アプリ
  • EC・オークションアプリ
  • 動画アプリ
  • 音楽アプリ
  • ゲームアプリ

などその種類は多岐にわたります。

アプリ開発のステップ

アプリ開発ではおおまかに4つのステップがあります。

アプリ開発はiPhoneのOSであるiOSアプリ、Android携帯のOSであるAndroidアプリの2種類がありますが、流れは同じです。まずはアイデア企画を纏め、要件や機能、レイアウトなどを決めるアプリの企画を行います。

次にアプリ開発を行い、開発が完了したらアプリ開発のテスト、全て完了したら、最終的にアプリの公開を行います。

アプリの詳しい開発工程についてはこちらでも紹介していますので、併せてご覧ください。

アプリ開発のアイデアの出し方

アプリ開発のアイデアの出し方にはいくつかの手法があります。アプリ開発のアイデアの出し方としては、代表的なものとして「ブレーンストーミング」と「オズボーンの9つのチェックリスト」があります。

ブレーンストーミングは複数人がアイデアを出し合うことの相乗効果によって個人ではたどり着けないようなアイデアを考えだす手法で、オズボーンの9つのチェックリストは9つのチェックリストに沿って深堀するという手法です。

アプリ開発を個人でやってみる

アプリ開発は個人で行うことも可能です。一般的にスマートフォンなどのアプリは企業が開発し、リリースしているイメージがあります。

しかし環境やスキルさえあれば、個人でアプリを開発し、公開することも可能です。

最近では個人でアプリ開発を行って副業で稼ぐ方や、フリーランスで独立したり、事業として起業したりする方も増えています。ここではアプリ開発を個人で行う方法について紹介します。

エンジニアの収入はいくら?

アプリ開発に携わるエンジニアの平均年収は451万円です。企業でアプリ開発を行っているエンジニアの平均年収は、一般的なサラリーマンとほぼ同じでした。

一方、個人でフリーランスとしてアプリ開発を請けおう場合は利益を全て手にできるため、それだけ稼ぐことができる可能性も高まります。また、アプリ開発の単価相場はひと月に140時間〜180時間の工数で、40万円〜100万円ほどと言われています。

広くITエンジニアの平均年収についてはこちらで解説しています。ご興味ある方はぜひご一読ください。

エンジニアの平均年収や将来性は?現状からなり方まで徹底解説!
更新日 : 2019年8月7日

アプリ開発を個人の副業にできる?

アプリ開発を個人の副業にする場合、収益を出すには3つの方法があります。アプリでの収益は、「有料アプリによる収益」「アプリ内課金による収益」「アプリ上の広告配信による収益」の3つがあります。

ただしApple、Googleはアプリの収益の3割を手数料として徴収するため、開発者側が手にできる利益は全体の7割です。また、最近はアプリ開発の競争率が高いため、個人で一獲千金を狙うのは難しいでしょう。

個人でのアプリ開発におすすめの業種は?

個人でのアプリ開発におすすめなのはAI連携アプリやIoT、AR(拡張現実)アプリです。最近はAIを活用したり最新のテクノロジーを利用したアプリがトレンドです。

ただし、これらは技術の専門性が高いため、個人では参入障壁も高めです。他にはソーシャルゲームアプリ、ECアプリ、金融系アプリ、広告系アプリ、教育系アプリ、不動産系アプリなどは個人でも利益を見込めるでしょう。

初心者が勉強する方法

初心者が個人でアプリ開発を行えるようにスキルを学ぶためには、いくつかの方法があります。

知識がない初心者で個人でのアプリ開発をはじめる場合、開発のために必要なスキルを得るために独学で勉強したり、プログラミングスクールや講座を利用したりする方法が考えられます。ここでは初心者が勉強する方法について紹介します。

独学

独学でアプリ開発を学ぶなら、Webサイトを活用するのが手軽です。最近ではインターネットでプログラミングの技術を公開しているサイトも多いため、独学で学ぶならWebサイトを利用するのが簡単です。

また、アプリ開発情報を発信しているメディアや、実際にアプリ開発をしている個人ブログを見て情報を仕入れるのも有効でしょう。Webサイトだけでなく、プログラミングやデザインの参考書籍を読むのも必須です。

スクールや講座

スクールや講座を利用してアプリ開発を学ぶのも有効です。

お金をかけても早く効率的に学びたいなら、プログラミングやアプリ開発のスクール、オンライン講座を利用するのも良いでしょう。講師から直接学べるため、個人で学ぶよりもより吸収も早まります。

また、3Dアプリの開発など独学では習得が難しいジャンルの知識も学べるため、興味がある方は探してみると良いでしょう。

アプリ開発の3つのポイント

アプリ開発を行うためには、開発環境を構築するなどのポイントがあります。

これからアプリ開発をはじめる初心者の場合、まずは開発環境や動作プラットフォーム、プログラミング言語、ツールなどの知識を身につけて、きちんとそれに沿った必要な準備をはじめる必要があります。ここではアプリ開発の3つのポイントを紹介します。

アプリ開発のポイント1:開発環境や動作プラットフォーム

アプリ開発を行うためには、開発環境や動作プラットフォームを用意する必要があります。

アプリ開発を行う場合、開発環境や動作プラットフォームはもっとも重要です。それぞれまた、iPhoneアプリ、Androidアプリで開発に必要なものは異なります。ここではiPhoneアプリ、Androidアプリについてそれぞれ紹介していきます。

iPhoneアプリ開発

iPhoneアプリ開発を行う場合、MacとXcodeが必要ですiPhoneアプリの開発にはXcodeを利用しなければならないため、パソコンもMacが必須となります。

現在はXcodeの最新版である「Xcode 9」をインストールする必要があるため、macOS 10.12.6を搭載できる機種を選びましょう。

Androidアプリ開発

Androidアプリ開発を行う場合、Android StudioJavaが必要ですAndroidアプリの開発では、現在はAndroid Studioがアプリ開発ツールとして主流です。OSはWindows、Macのどちらでも問題ありません。

また、Androidアプリは主にJavaで作成されているため、Javaのさまざまなツールを搭載しているJava Development Kitを導入しましょう。

アプリ開発のポイント2:開発言語

アプリ開発を行う場合、適した開発言語を知っておく必要があります。iPhoneアプリの場合、アプリ内の動作系統にプログラミング言語のSwiftObject-Cなどを利用して開発を進めるのが一般的です。Androidアプリの場合は主にJavaが利用されていますが、C#を利用するケースもあります。

アプリ開発のポイント3:おすすめツール

アプリ開発を行う場合、適したツールを知っておく必要があります。

アプリ開発は自分で環境を構築して開発を行う以外に、アプリ開発ができるツールを利用して開発を行う方法もあります。代表的なところでは、「Yappli」や「Monaca」などがあります。

アプリ開発案件の受注方法は?

アプリ開発を受注するなら、仕事紹介サイトに登録するのがおすすめです。

フリーランスのエンジニアに仕事を紹介するサイトは多く存在しています。これまでエンジニアとして開発をしてきたキャリアがある場合、知人の紹介や自分でサイトを立ち上げて仕事を受注する方法もありますが、初心者が個人で仕事を取るには紹介サイトを利用するのがもっとも簡単でしょう。

初心者にもアプリ開発はできる!

初心者でも個人でアプリ開発を始めてみましょう。アプリ開発と聞くと難しそうですが、必要な環境や知識さえ押さえておけば初心者でも必要なスキルを習得してアプリ開発ができるようになります。

最近では個人でアプリ開発をして副業にしている方もいます。コンスタントにリリースできればそれだけ収入を増やすこともできますので、個人でのアプリ開発を目指してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説