スライドショー

Slackを活用しよう!タスク管理の方法について解説

こんにちは、ライターの遠藤です!

本記事では、Slackでタスク管理をする方法について紹介いたします。

「Slackってどういう事ができるの?」
「Slackを使ってタスク管理がしたい」
「他のタスク管理ツールと連携させたい」

という方へ向けて、

・Slackの概要
・Slackの導入
・Slackを使ったタスク管理の方法

について紹介致します!

なお、本記事はSlackアプリでの手順となりますので、あらかじめご了承ください。

Slackの概要

まずはじめに、Slackとは何かを簡単に説明致します。

Slackは、スチュワート・バターフィールドという方によって作られたリアルタイムのメッセージツールです。

チャットツールですね。

リアルタムのメッセージツールは世間に沢山ありますが、その中でもSlackは機能が豊富で、現在ビジネスの現場で最も使われているツールの一つとなっています。

Slackの特徴は以下のようになっております。

  • リアルタイムでメッセージのやりとりができる
  • 様々なグループを作り、そのグループ内でメッセージのやりとりができる
  • 通話もできる
  • ファイル共有もできる
  • 多くの外部ツールと連携ができる
  • PCだけでなく、スマートフォンでも利用可能
  • 無料から始められる

いかがでしょうか?

これだけで十分Slackの魅力がわかりますね。

私も仕事中の連絡はほとんどSlackを使っています。

使ってみた所感としては、「多機能にして快適な動作」といったところでしょうか。

グループでのコミュニケーションを円滑にしてくれるツールと言えます。

Slackの導入

Slackをまだ導入していない方は、Slackの公式ページへアクセスし、登録しましょう。

アプリも公式のダウンロードページからダウンロードできます!

Slackを使ったタスク管理の方法

それでは実際にタスク管理をしてみましょう。

Slackを使ってタスク管理をするには、Slackに元々ある機能を使った簡易的な方法と、外部のタスク管理ツールをSlackに連携させる方法があります。

以降では、それぞれの手順を紹介致します。

Slackの機能を使ったタスク管理の方法

Slackの機能を使った簡易的なタスク管理の方法には

・ピンを使ったタスク管理
・星を付けるタスク管理

があります。

ピンを使ったタスク管理

ピンを使ったタスク管理を行う方法は以下になります。

  1. 自分のスペースでタスクを書き込む
  2. まずは自分のスペースにタスクを書き込みましょう。

  3. タスクをピン留めする
  4. ピン留めしたいメッセージにカーソルを合わせます。

    その他を選択します。

    この会話にピン留めするを選択します。

    「はい、このメッセージをピン留めします。」を選択します。

  5. ピン留めしたタスクを表示する
  6. ピン留めを行うとチャンネルのヘッダーにピンのアイコンが出てきますので、こちらを選択して表示します。

    ピン留めされたタスクの一覧が表示されました。

    作業が完了したら、タスクの右上にあるバツボタンを押せば削除できます。

これで簡易的なタスク管理を行う事ができます。

例では自分でタスクを書き込んでいましたが、上司からの指示がSlackで来た時は、それをそのままピン留めしてタスク管理する事も可能です!

星を付けるタスク管理

星を付けてタスク管理を行う方法もピン留めと同じ要領です。

手順は以下になります。

  1. 自分のスペースでタスクを書き込む
  2. タスクに星を付ける
  3. 星を付けたいタスクにカーソルを合わせると、スターを付けるボタンがありますのでそれを選択します。

  4. スターを付けたタスクを表示する

    右上にある「スター付きアイテムリストを開く」を選択するとスターを付けたタスクを表示する事ができます。

    また、こちらは「Cmd + Shift + S」で表示させるショートカットもありますので、ピン留めよりいくらか使いやすいです。

外部ツールと連携したタスク管理の方法

Slackの機能でも簡単なタスク管理ができるけど、やっぱりちゃんとしたツールを使いたい」という方は、外部ツールと連携させて使う方法をとりましょう。

ここでは、Slackが対応しているツールと連携させる手順を紹介致します。

  1. 連携させたいアプリを検索する
  2. まずはじめに、サイドバーの「App」を押して、連携させたいアプリを検索しましょう。

    Appを押すと、以下のような画面が表示されますので、そこから連携させたいアプリを入力して検索します。

    ここでは、「task」と入力してみましょう。

    タスク管理に関連したアプリが一覧に表示されました。

  3. 連携させたいアプリを連携させる
  4. 今回は例として、タスクの追加や変更をSlackに通知してくれる「Trelloアラート」をインストールします。

    Trelloアラートの右側にある「インストール」ボタンを押します。

    自動的に以下のブラウザ画面が開かれますので、画面の「インストール」ボタンを押します。

    アカウント認証とチャンネルへの投稿の設定をし、「インテグレーションを追加する」ボタンを押し、連携します。

    細かな設定画面が表示されますので、自分の環境に合うよう設定し、完了です。

TrelloアラートはTrelloでタスク情報が更新されたりしたら通知してくれるアプリです。

新しくタスクが追加されると以下のようにTrelloから通知がきます。

Trello以外にもwrikeStockといった、タスク管理アプリは沢山あります。

自分に適したアプリを見つけて、ぜひ活用してください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

・Slackの概要
・Slackの導入
・Slackを使ったタスク管理の方法

について紹介致しました。

Slackは仕事をする上で身近なコミュニケーションツールです。

そんなSlackでタスクを管理できれば、より快適に仕事を進める事ができます。

ぜひここで使い方の基礎を覚えて、スマートなタスク管理をしてください!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説