コーディングを最速で学べるプログラミングスクール厳選4校


コーディングを習得して、自分でWebサイトを作ってみたい。
Web制作会社で働きたいけど、コーディングがよくわからない

そんなあなたは、スクールに通いプロにコーディングを教えてもらいましょう。

筆者も過去に独学でコーディングを勉強した経験があります。ですが、今までWebデザインを経験したことがない人には意味不明の英語や数字が並び、あえなく挫折…。

しかも、基礎が身につかないので転職するにも、フリーで仕事受けるにも限界がありました。

この記事では、そんなあなたに向けて、

  • コーディングスキルが学べるおすすめスクール
  • コーディングスキルを身につけて就職・転職できる職業

の2点を解説いたします。

月額2,980円で質問し放題
侍エンジニアPlus+

登録後まずは無料チケットで現役エンジニアとのオンラインレッスンを試してみるのがおすすめ!
登録は最短30秒!ログイン後すぐに利用可能
入会金不要+いつでも退会OKなので登録初月にかかるのは月額料金のみ!
利用を続けても月額2,980円の圧倒的なコスパの良さ
わからないことも「Q&A掲示板」で質問すれば平均30分以内に解決できる

公式サイトはこちら

経験談:コーディングを勉強するにはスクールがおすすめ

冒頭にも書いた通り、私は過去に独学でコーディングの勉強をしたことがあります。結論から言って、私には独学が向いていませんでした。

当時、Amebaブログのデザインをカスタマイズすることが好きで、「もっと自分好みのデザインにしたい!」と思いブログの背景の色や、見出しのデザインを変えるためにCSSやHTML、PHPをネットで検索するようになりました。

簡単なデザインの変更であれば、ネットで調べた情報でも十分対応できました。ですが、タイトルの位置を変えたり、ブログの一部に動きを加える等の凝ったカスタマイズまではできず、かなり苦戦した覚えがあります…。

その後、スクールでコーディングを基礎からしっかり学んでからは、今までネットで調べて、コードを書いて、失敗して修正して…と何時間もかかっていた作業が、驚くほど簡単にできるようになり、同じ作業が数分でできてしまうようになりました。

無料学習サイトの学習も向かなかった

また、プログラミングが無料で学習できるサイトも、私にはまったく向いていませんでした。

誰かに教えてもらうわけではないので集中力が続かず、調べてもどうしてもわからないことを誰かに聞くこともできないのでストレスが溜まり、全然続かないのです。

スクールの良さは、コーディングのプロにしっかり教えてもらえるという安心感と、コーチされているという程よい緊張感が両立していることです。過去に何かを勉強した際に私と同じような経験をされている方は、迷わずスクールで学習されることを強くおすすめします。

コーディングのスキルがしっかり学べるおすすめのスクールまとめ

では、上記の経験を踏まえて、筆者がおすすめするスクールを順番にご紹介していきます。

「SAMURAI ENGINEER Plus+」は月定額2,980円で、

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる30種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

といったサービスを提供しています。

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金月定額2,980円
(税込み3,278円)
受講形式教材を中心とした学習
対応時間8時~22時
対応地域オンライン
備考・現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
・平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
・作りながら学べる30種類の「教材」
・学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」
2021年12月時点の税込み価格を掲載しています。

SAMURAI ENGINEER Plus+の口コミ・評判

No.1
SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

まずおすすめしたいのが、SAMURAI ENGINEERです。

日本初のマンツーマン式オンラインプログラミングスクールで、抜群のコーディングスキルをもつ経験豊富な現役エンジニアが、あなたに最適なカリキュラムで指導する方式をとっています。

「フルオーダーメイドカリキュラム」といって、通常のスクールではあらかじめ用意されたコースを選択することが多いです。しかし、当塾はあなたの目的に合わせて完全オーダーメイドでカリキュラムを作成しています。

しかも、カリキュラムを組む段階~実際の指導まですべて1人の専任の講師が行い、途中交代は一切なし。土日祝日関係なく8時~22時に対応してくれ、合意の上なら時間外での対応もしてくれます。

さらに転職・就職サポートまであるので、正直、当時コーディングを独学していた自分におすすめしたい体制が整っています。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金

デビューコース(4週間プラン)
・授業料¥68,000
・入学金¥98,000
エキスパートコース(12週間プラン)
・授業料¥400,000
・入学金¥198,000
フリーランスコース(12週間プラン)
AIコース(12週間プラン)
・授業料¥400,000
・入学金¥298,000

受講形式 マンツーマン
対応時間 365日、8~22時
対応地域 オンライン
備考 ・専属マンツーマン講師によるレッスン
・完全オーダーメイドカリキュラム作成で言語に対応可能
・オリジナルWebサービス開発重視のカリキュラム
・転職成功でレッスン料無料になる「転職コース」あり

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.2
CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider

CodeCampでは、学びたい言語からコースを選択するのではなく「こうなりたい」という漠然とした理想からコースを選択する事ができます

つまり「あなたが実現したい理想」からコースを提供してくれるので、理想とのズレがなくなる事でしょう。まったくの初心者の方にもおすすめできるスクールです。

公式サイトで詳細を見る  

期間・料金 各種マスターコース
・162,800円(2ヶ月)
・272,800円(4ヶ月)
・327,800円(6ヶ月)
プレミアムコース
・272,800円(2ヶ月)
・382,800円(4ヶ月)
・437,800円(6ヶ月)
プレミアムプラスコース
・437,800円(2ヶ月)
・547,800円(4ヶ月)
・767,800円(6ヶ月)
受講形式 マンツーマンレッスン
対応時間 7時~23時
対応地域 オンライン
備考 ・講師が全員現役エンジニア
・無料転職サポートサービスあり
・専任アドバイザー在籍

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

No.3
TechCamp

previous arrownext arrow
Slider

TECH CAMPは、一度入学金¥217,800(税込み)を払ってしまえば、そのあとは月額¥21,780(税込み)でレッスン受け放題なのが特徴です。教室とオンライン両方を併用できます。

7日間でテクノロジースキルをマスターするというイナズマコースなどもあり、短期間で集中してスキルを身に付けたい人からも人気となっています。

転職前提の人には、エンジニアへの転職保証コースがおすすめです。

公式サイトを見る
期間・料金 プログラミング教養コース
計¥239,580
(月額¥21,780+入学金¥217,800)
エンジニア転職コース
短期集中スタイル
¥712,800
夜間・休日スタイル
¥932,800
受講形式 少人数グループレッスン
対応時間 平日:10時〜22時
土日祝日:11時〜22時
対応地域 梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階
備考 ・転職保証コースあり
・オンラインと教室を併用できる

2021年5月時点の税込み価格を掲載しています。

コーディングスキルを身につけて転職・就職する職業4つ

コーディングスキルを身につけて就職・転職する職業・4つ
では、コーディングスキルを身につけると、どんな職業で活かせるのでしょうか?代表的なものを4つご紹介いたします。

Webデザイナー

コーディングとは、CSSやHTMLなどの言語を使ってプログラムを書くことです。Webデザイナーはこうした言語を使ってWebサイトやアプリをコーディングする仕事です。

有名企業のホームページや人気アプリの制作に直接携わることもでき、コーディングの知識・スキルをフルに活かし活躍できる職業と言えます。

なお、Webデザイナーは他にもPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを使って、バナーやロゴのデザインを行ったりもします。

プログラマー

プログラマーにも、HTML、CSS、PHP、JavaScriptと言ったコーディングで使われる言語の習得が必須です。なぜなら、コーディングで使用するHTML、CSS、PHP、JavaScriptなどの言語は、Webサイトの「見た目」を作っている言語だからです。

もちろん、プログラマーに必要とされる言語は他にもたくさんあり、人気のRubyやPython、Swift等の言語も習得しておいた方が、受けられる仕事の幅も広がり年収アップにも貢献します。

しかし、どの言語を学ぶにしても、コーディングのスキルは身につけておくことをおすすめします。

Webディレクター

Webディレクターは、いわば開発現場の監督。Webデザイナー、プログラマーなどの複数のメンバーをまとめ、納期や品質の管理を行う仕事です。

Web制作の上で核となるコーディングの知識がないと、納品物の品質のチェックも開発にどれくらいの工数がかかるか等も把握ができません。そのため、Webデザイナーやプログラマーを経験してから、その上流にあたるWebディレクターになるケースは多いようです。

なお、他にも顧客と交渉したり、制作物の企画書を作成したり、要件定義などを行うこともWebディレクターの業務。総合力が求められる職種といえます。

ブロガー

意外かもしれませんが、コーディングの知識・スキルはブロガーにも役立ちますよ。その理由は、ほとんどのブログが使用しているWordPressというブログ制作ソフトにあります。

WordPressは世界中のWebサイト、3分の1をシェアするソフトですが、実はPHPとCSSでできており、他にもJavaScript等の言語も使用されています。

ブログの見た目を変えたり、ユーザビリティーを向上させるためには、コーディングの知識・スキルのある方が圧倒的に有利。

もちろん、ブログの記事を書くことやアクセス解析を行うことの方が、ブロガーにとって重要な仕事ではありますが、コーディングスキルを兼ね備えていれば鬼に金棒と言えるでしょう。

まとめ

以上、私がおすすめするコーディングのスキルが学べるスクールは以下の3つ。

  • SAMURAI ENGINEER Plus+
  • 侍エンジニア
  • CodeCamp
  • TECHCAMP

また、コーディングスキルを身につけることで転職・就職できる職業としては、以下のようなものがあります。

  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • Webディレクター
  • ブロガー

Web制作においてさまざまな場面で必須となるコーディングスキルは身につけておいて損はありません。ぜひあなたに合ったスクールを見つけてください!

Writer

れん

WordPress系言語(HMTL・CSS・PHP)を愛する6歳男の子パパ。2020年のプログラミング教育開始に向け、親子プログラミング学習をやってます。息子のプログラミング教室の送り迎えが日課です。
プログラミングスクールやプログラミング学習のブログ書いてます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close