【ExcelVBA】シートの内容をテキストファイルに出力する方法とは?

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAでテキストファイルを出力する方法を知っていますか?

Excelのデータをテキストで出力したいケースはよくありますよね。

そこで今回は、

・テキストファイルに出力する2つの方法

といった基礎的なことから、

・テキストファイルを出力するサンプルコード

・【補足】マクロ実行ファイルのフォルダのパスを取得する方法

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

テキストファイルに出力する2つの方法

はじめに、テキストファイルを出力する方法について解説します。

大きく分けて2つの方法があります。


・Open・Print・Closeステートメントを使う方法
・SaveAsメソッドでテキストを指定する方法

それぞれ詳しく解説しますね。

Open・Print・Closeステートメントを使う方法

まずは、Open・Print・Closeステートメントを使う方法について解説します。

Open・Print・Closeステートメントを使えば、以下の流れでテキストファイルを出力することができます。

1. Openステートメントでファイルを開く
2. Printステートメントで値を書き込む
3. Closeステートメントでファイルを閉じる

具体的な使い方は、次のとおりです。

使い方:

Sub Test()
  'ファイルを開く 
  Open ファイルパス For Output As #番号
  
  'Printで値を書き込む
  Print #番号, 書き込む値
  
  '保存して閉じる
  Close #番号
  
End Sub

「ファイルを開く→値を書き込む→保存して閉じる」の流れなので、シンプルでわかりやすいですよね。

「Print #番号 , 書き込む値」が1行値を書き込む方法なので、書き込む行数文Printの処理をループすることで、複数行の値を書き込むことができます。

Open・Print・Closeステートメントを使ったファイル出力方法については以下で解説しているので、気になる方は以下を見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】ファイルを出力しよう!Open・Print・Closeの使い方
更新日 : 2019年4月30日

SaveAsメソッドでテキストを指定する方法

次に、SaveAsメソッドでテキストを指定する方法について解説します。

SaveAsメソッドを使って保存するファイルの形式をテキストに指定することで、以下のようにテキストファイルで保存することができます。

名前を付けてテキストファイルで保存する方法:

Worksheets(保存するシート名).Copy
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=保存するファイルパス, _
                      FileFormat:=xlText

ブックには複数シートがある場合が多いので、上の例ではシート名を指定してテキストファイルで保存するための書き方を解説しています。

「Worksheets(保存するシート名).Copy」でシートを新しいブックにコピーして、ActiveWorkbook.SaveAsで名前を付けて保存するときに「FileFormat:=xlText」でテキスト形式を指定しています。

このように、簡単にテキストファイルで保存することができます。

ちなみに、SaveAsメソッドの使い方については以下で解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】SaveAsメソッドを使ったファイル保存方法を徹底解説!
更新日 : 2019年4月2日

サンプルコード

次に、サンプルコードを使って、具体的な使い方を解説します。

サンプルコードも2つの方法でそれぞれ解説しますね。

Open・Print・Closeステートメントを使う方法

まずは、Open・Print・Closeステートメントを使うサンプルについてです。

セルのデータ:

サンプルコード:

Sub Test_Open()
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = "C:UsersSiroDesktopVBATest_Open.txt" 'ファイルパス

  'ファイルオープン(ない場合は新規作成)
  Open strFilePath For Output As #1
  
  '値を書き込む
  Dim i As Integer
  For i = 1 To 6
    Print #1, Cells(i, 1) & "," & Cells(i, 2)
  Next i
  
  '保存して閉じる
  Close #1
  
  MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation
 
End Sub

実行後作成されたテキストファイルのデータ:

No,Name
1,侍エンジニア1
2,侍エンジニア2
3,侍エンジニア3
4,侍エンジニア4
5,侍エンジニア5

「Cells(i, 1)」でNoのデータ、「Cells(i, 2)」でNameのデータをエクセルから取得し、ファイルに書き込んで保存するサンプルです。

このように、簡単にテキストファイルを保存することができます。

SaveAsメソッドでテキストを指定する方法

つぎは、SaveAsメソッドでテキストを指定するサンプルについてです。

セルのデータ:

サンプルコード:

Sub Test_SaveAs()
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = "C:UsersSiroDesktopVBATest_SaveAs.txt" 'ファイルパス
  
  '別名でテキストファイルを保存
  Worksheets("Sheet1").Copy
  ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=strFilePath, _
                        FileFormat:=xlText
                        
  '作成したファイルを閉じる
  ActiveWorkbook.Close
  
End Sub

実行後のファイル結果:

No    Name
1    侍エンジニア1
2    侍エンジニア2
3    侍エンジニア3
4    侍エンジニア4
5    侍エンジニア5

「Worksheets("Sheet1").Copy」でSheet1のデータを新しいブックにコピーした後、SaveAsメソッドで名前を付けてテキストファイルを保存し、Closeメソッドでファイルを閉じています。

このように、簡単にテキストファイルを保存することができます。

【補足】マクロ実行フォルダのパスを取得する方法とは

ここまでテキストファイルを作成する方法について解説してきましたが、ファイルの保存先を指定するときに、「マクロ実行ファイルと同じフォルダに保存したい」というケースもありますよね。

「ThisWorkBook.Path」を使うと、マクロ実行ファイルのパスを取得できるので覚えておくと便利です!

ThisWorkBook.Pathに置き換えたサンプルコード:

Sub Test_SaveAs()
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = ThisWorkbook.Path & "Test_SaveAs.txt" 'ファイルパス
  
  '別名でテキストファイルを保存
  Worksheets("Sheet1").Copy
  ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=strFilePath, _
                        FileFormat:=xlText
                        
  '作成したファイルを閉じる
  ActiveWorkbook.Close
  
End Sub

実行後のファイル結果:

No    Name
1    侍エンジニア1
2    侍エンジニア2
3    侍エンジニア3
4    侍エンジニア4
5    侍エンジニア5

直接パスを指定する場合と比べてタイプミスなども減るので、マクロ実行ファイルのパスを取得する方法を覚えておくと便利です。

ちなみに、ブックの操作に関しては以下でも詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】ActiveWorkBookの使い方!ThisWorkBookとの違いも解説!
更新日 : 2019年5月2日

まとめ

今回は、VBAでテキストファイルを出力する方法を解説しました。

データをテキストファイルに出力して使うケースはよくあります。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー