スライドショースライドショー

VirtualBoxでCentOS7の仮想環境を構築しよう!

みなさんこんにちは!かいです。今日はVirtualBoxにCentOSを導入する方法、を詳しく書いていきます!この記事一つで、

  • CentOSの仮想環境構築
  • 各種必要な設定
  • 拡張ツールの導入

まで全て分かるようになっているので、必要な方は是非参考にしていただければ幸いです!

CentOSをインストールしよう!

それでは、実際にCentOSの環境構築の手順をみていきましょう。

CentOSとは

と、その前に、CentOSってどんなOS?ということについても軽く触れておこうと思います。CentOSはLinux系のOSで、レンタルサーバーのデフォルトとしても設定されていて、とても供給率が高くメジャーなOSの一つです。

デスクトップとして使用することもありますが、サーバーとして使われることが多いOSで無償で提供されています。CentOSは本来有償のOSをクローンしたものなので、高品質かつ、常に開発が行われています。

本来有償なものがなぜ無償で利用できるのか、などは長くなるので割愛しますが、とにかくスタンダードで優秀なOSというイメージを持ってもらえば問題ないです。

元となるCentOSをダウンロードしよう

それでは、実際の導入方法ですがまずはじめに、元となるCentOSのディスクが必要ですので以下リンクよりDLしておきましょう。

公式サイト

時間がかかるので、先にダウンロード作業はしておきたいですね。上記サイトから、Get CentOS Now、DVD ISOをクリックすると、

このような画面が出てくると思うので、自分に必要なものをDLしましょう。どれでも良い方は、一番上の最新版をDLするとよいでしょう。

仮想マシンを作成しよう

それでは、CentOSをダウンロードしている間に仮想マシンを作成しておきましょう。

左上の新規を押すと、作成できます。名前は分かりやすいものをつければ良いですが、CentOSという名前を含めると自動でタイプ、バージョンが設定されるので楽ですね。

タイプはLinux、バージョンはRed Hat 64bitが選択されていることを確認したら続きを押します。

サイズは1024MBで大丈夫です。

仮想ハードディスクを作成するを選択しましょう。

ファイルタイプはVDIを選択します。

ストレージは可変サイズで大丈夫です。

その後、作成をクリックします。恐らく初期の段階で、必要なものにチェックボックスが入っているとは思いますが、念の為確認しておきましょう。これで仮想マシンの作成は完了です。

マシンの設定をしよう

本来はここで、マシンの設定をしておくとよいのですが、今回は拡張ツールを導入する前提なので今は最低限に留めておきます。

拡張ツールは入れなくても動きますが、自動で設定されるものもあったり、自分用にカスタマイズできたりと便利なので入れておきましょう。ここでは、ネットワーク通信の設定をしておきます。

設定からネットワーク、割り当てと名前を画像のように変更して忘れずにOKを押しましょう。

ダウンロードしたCentOSを仮想マシンにインストールしよう

さて、それでは実際にCentOSの環境を作ってみましょう。

設定、ストレージからコントローラ: IDEの下の空をクリックして、画面右のIDE セカンダリマスターの右のディスクのマークをクリックします。

すると、先程ダウンロードしておいた、CentOSのISOが選択できるので、選択しOKを押します。

その後、起動しましょう。

そしたらこのような画面になると思うので、Install CentOS 7でエンターを教えてやるとインストールが始まります。

しばらく待つと言語設定の画面になるので、適宜変更しましょう。

その後、画像にあるインストール先をクリックし、

何も変更を加えず、完了を押します。

また、今回は行いませんが、GUIとして利用したい方は、ソフトウェアの選択からGUI使用を選択するとGUIとして利用できます。CUIとして使う方はそのままインストールの開始をクリックしましょう。

インストールが始まるので待っている間にROOTパスワードの設定をしておきましょう。好きなパスワードを設定すれば良いですが、忘れないようにしましょう。

インストールが完了したら、画像のように「インストールの開始」が「再起動」に変わっていると思うので、クリックします。

その後ログイン画面になれば、正常にインストールが完了しています。

特に設定していなければ、user: root, pass: 先程設定したパスワード
でログインできます。次は任意ですが、拡張ツールを入れていきましょう!

VirtualBoxを拡張しよう!

VirtualBoxの機能を拡張するエクステンションはいくつかありますが、ここでは主要なものを2つ紹介しておきます。

VirtualBox Extension Pack

1つ目はVirtualBox Extension Packですね。導入方法は使用方法は以下の記事にかいてあります。

VirtualBox Extension Packを導入して機能を拡張しよう!
更新日 : 2019年7月6日

VirtualBox Guest Additions

もう一つはVirtualBox Guest Additionsです。こちらもメジャーで便利なエクステンションです。機能や導入方法などを説明した記事はこちらです。

まとめ

いかがでしたか。今日はVirtualBoxにCentOSを導入していきました。Vagrantというツールを使うと、面倒な設定を全てやってくれたり、導入を簡単にできたりします。

Vagrantを用いて仮想環境構築ができるようになると、よりスムーズになるので気になる方はそちらでの作成方法もマスターしてみてください!それでは!!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説