スライドショースライドショースライドショー

IoT入門編|全くの初心者でも大丈夫!仕組みや活用事例について解説

こんにちは!侍エンジニア編集部ライターのTAKUMAです。最近話題のIoT

学んでみたいけど、どのように学習すれば良いのか分からない
IoTについて分かりやすく知る方法が知りたい
今後の日本のテクノロジーについて詳しく知りたい

と思っている方は大変多いはず。今回はそんな方のためにこの記事では、IoTに関する概要を初心者の方でも分かりやすく解説してみました!

今後10年で私たちが行っている仕事の「77%」が失くなると言われていますが、IoTの技術も深くそれらに関わりがあるので今のうちにしっかりと学習しておきましょう。

IoTとは?

画像:shutterstock

IoTとは「Internet of Things」の略称であり、その意味を簡潔に言うとモノのインターネット化のことです。

普段、私たちの身の回りのモノがインターネットに接続されるようになることで、遠隔操作したりモノ自体がデータ収集したりとそれまでの役割にプラスして効率よく仕事をしてくれるようになります。

また、これが進むと「モノ」が「モノ」に指示を出して間に人間がいらなくなる技術「M to M(Machine to Machine)」も利用可能となりますね。

こうなってくると「AI」などに管理させることで、人間が考えることもなく全ての作業がモノによって完結するようになります。私たちの仕事が失われる恐れがあるのは、この「M to M」の技術が普及した時だと言われています。

オックスフォード大学と野村総研の共同調査結果によると、M to Mが発達することによりAIと関連付けて利用することが可能となり、今ある私達の職業の49%は奪われると予測されていますね。

みじかなIoTの活用事例について解説!

画像:shutterstock

私たちの身の回りのみじかなIoTの活用事例について、以下から分野別にみて行きましょう。

自動車分野

一番私たちの身の回りで馴染みのあるのが自動運転車ではないでしょうか。自動車会社の大手「トヨタ」は、2020年に行われる東京オリンピックに向けて、完全な自動運転車の開発を急ピッチで行っています。

従来の自動車は完全な自動運転ではなく、一部の道路でしか自動運転が使えない状態でした。しかし、2020年の東京オリンピックでは完全な自動運転車を発表すると言っており、業界でもかなり注目されています。

また、これらの技術は全てIoTが使われており、自動車自体にセンサーがついていたりして全てデータ管理できるようになっています。もちろん完全な自動運転車になると遠隔操作も可能ということになりますね。

医療分野

医療分野でもかなり前からIoT技術が活用されており、今まででも多くの患者の命を助けています。代表的なのが救急車へのIoT技術の導入でしょうか。

緊急搬送する際に受け入れる病院等を見つけるのが困難だった現状を解消すべく、救急車全車両にIoT技術を導入し、どの病院が受け入れ可能で現場から近いのか瞬時に割り出すことが可能となりました。

その他にも着るだけで身体状況が把握できるTシャツや、スマートウォッチ等もIoT技術が使われており全てデータとして管理してくれます。クラウドでデータ管理しているので異常値が検出されると、すぐに知らせてくれます。

農業分野

少子高齢化でかなり深刻な問題となっている農業。

日本の食料自給率も年々減少傾向にある中で、IoTによる農作業の効率化が叫ばれていますよね。IoTと農業を掛け合わせた取り組みはすでに行われており、そのような取り組みをスマート農業と呼びます。

代表的なのでいえば、和歌山県のみかん農家等では気温や降水量を全てデータ管理し、最適な肥料の散布や収穫時期などをデータを見て判断したりする取り組みが行われています。

従来であれば、管理している農家さんの長年の経験や勘を頼りにやる作業を決めていましたが、これからは全てデータ管理しそのデータに元ずいて作業を行うことで、より効率的に農業を行うことができますね。

それ以外でも農地ではなくビル内で全てコンピュータ管理し、野菜を栽培し同じビル内のレストランでそれを直接使用したりといった取り組みもすでに日本やオランダ等の国で行われています。

また、その他の詳しいIoT技術の活用事例に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。

【IoTとは?】活用事例を分野別に分かりやすくご紹介!
更新日 : 2019年6月22日

IoTの今後の市場規模はどうなるのか?

画像:shutterstock

国内のIoT市場規模は2020年には、約12兆円に達すると言われています。特に市場が爆発的に伸びると予想されているのが金融の分野で、その予算額は他の分野の比になりません。

それでも海外の国と日本を比較するとまだまだ市場は将来的に見ても小さく、技術的に遅れを取るような感じになるのは否めないでしょう。

ただ、これはまだまだ改良の余地がある技術であり、全く問題のないモノとは言い切れず各分野で導入に関して検討されているところがほとんどです。先行事例が少ない分野なため、多くの企業が導入に関して二の足を踏んでいるのが今の日本の現状。

また、IoTの市場規模に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、是非ともご一読ください。

【必見】国内IoT市場規模は2020年には約12兆円に達する!
更新日 : 2019年6月24日

IoTの入門書としておすすめの本をご紹介!

画像:shutterstock

もっとIoTに関して知りたい方のために、以下におすすめの本を数ある中から3つに絞ってご紹介してみました。それぞれ「ビジネス」に絞って書かれている本なので、かなり参考になると思います。

IoTまるわかり

IoTについて全くの初心者でも読んだ後にはまるわかりできるように、分かりやすく解説してあるのがこちらの「IoTまるわかり」。

本の内容は私達の日常からイメージしやすいようにIoT技術を紹介されており、理解を深めたい人にはうってつけの本となっています。また、価格もかなり安いので入門書としてはコスパ最高ですね。

図解でわかるIoTビジネス いちばん最初に読む本

「IoTって一体なんなの?」といった人でも、とても分かりやすく解説してあるのがこちらのビジネス書です。

IoTの活用事例に関してとても豊富に書かれており、IoTの基礎から丁寧に解説してあるため、初心者の方が最初に読みたいおすすめの本です。

60分でわかる! IoTビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)

IoTに限らず、AIやVRといった技術までビジネス書を販売しているこちらのシリーズは、図解や表を豊富に活用しているため大変理解しやすいと評判です。

現在使われているIoT技術から最新のものまで概要を全て網羅しているため、サクッと短時間で読みたい方にはおすすめ。難しい解説等はなくイラストなどが使われているところもおすすめのポイントですね。

IoTビジネス入門&実践講座

IoTビジネスに絞って詳しく解説してあるこちらの本は、これからどのようにIoTが活用され私たちの生活にどのように影響を与えていくのか事細かに書かれています。

本書では「人、住宅、車両、都市、商業、産業」の各分野別に紹介しているので、自分が関わっている分野のことに関して詳しく知ることができます。内容は前の2つに比べると難しめですが、かなり詳しいところまで知りたい方には大変おすすめですね。

まとめ

画像:shutterstock

今では誰もが持っている車も昔は一家に一台が常識でした。その後にはスマホが浸透し、このような便利なツールが出回るなんて想像もしてなかったことでしょう。

そして今回ご紹介したIoT。これも新しい技術として数年後には当たり前のように誰もが活用しているかもしれません。新しい波が来る前にしっかりと知識を深め、ビジネスチャンスを失わないようにして行きたいものですよね。

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

Takuma Oka

Takuma Oka

クラウドワークスを中心にライターをやっています。海外ノマドワーカーに憧れて公務員を辞めて、勢いでフリーランスになりました。

カフェめぐりや海外旅行が大好きです!

元航空自衛官。辻調理師専門学校caféクラス卒業生。飲食歴4年程度。コンテンツマーケター。プログラマー(Progate歴2年)

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説