【Linux】CPU情報を確認する方法を紹介!

今回は、LinuxでCPU情報を確認する操作を説明します。はじめてLinuxをインストールしたときは特に、Linuxが正確にCPUを認識できているか確認しておきたくなりますよね!

え?ならない?

確認したくなるあなたは、この記事を読んでサクッと確認してください。確認したくならないあなたは、この記事を読んでCPUを確認したくなってください!

  • この記事では、Windows 10+VirtualBox+Linux Mint Xfceエディション(18.3)で操作した結果を説明。
  • VirtualBoxの仮想パソコンの設定で、プロセッサー数を「2」に設定。

LinuxがCPUをどのように認識しているか調べよう

Linux Mint Xfceエディション(18.3)で「端末」を起動して、以下のコマンドを入力します。

cat /proc/cpuinfo

以下のように、Linuxが認識しているCPU情報が表示されます。
※この記事ではガタガタにずれて見にくくなっていますが、「端末」では見やすく揃っています。

processor    : 0
vendor_id    : GenuineIntel
cpu family    : 6
model        : 60
model name    : Intel(R) Core(TM) i5-4430 CPU @ 3.00GHz
stepping    : 3
cpu MHz        : 2993.070
cache size    : 6144 KB
physical id    : 0
siblings    : 2
core id        : 0
cpu cores    : 2
apicid        : 0
initial apicid    : 0
fpu        : yes
fpu_exception    : yes
cpuid level    : 13
wp        : yes
flags        : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt aes xsave avx rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase avx2 invpcid
bugs        :
bogomips    : 5986.14
clflush size    : 64
cache_alignment    : 64
address sizes    : 39 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor    : 1
vendor_id    : GenuineIntel
cpu family    : 6
model        : 60
model name    : Intel(R) Core(TM) i5-4430 CPU @ 3.00GHz
stepping    : 3
cpu MHz        : 2993.070
cache size    : 6144 KB
physical id    : 0
siblings    : 2
core id        : 1
cpu cores    : 2
apicid        : 1
initial apicid    : 1
fpu        : yes
fpu_exception    : yes
cpuid level    : 13
wp        : yes
flags        : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl xtopology nonstop_tsc pni pclmulqdq ssse3 cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt aes xsave avx rdrand hypervisor lahf_lm abm fsgsbase avx2 invpcid
bugs        :
bogomips    : 5986.14
clflush size    : 64
cache_alignment    : 64
address sizes    : 39 bits physical, 48 bits virtual
power management:

どうにも情報が多すぎますので、まず大枠から説明しましょう。「processor」の行から、「power management」の行までが、1つの論理プロセッサーの情報を示しています。

論理プロセッサーというのは、Linuxが認識しているCPUの最小単位だと思ってください。上の表示結果では、2つの論理プロセッサーの情報が表示されていますね。

今回は、VirtualBoxでプロセッサー数を「2」に設定しましたので、Linuxがそのとおりに認識していることがわかります。それでは、注目してほしい項目を細かく説明していきます。

processor

Linuxが認識している論理プロセッサーの番号です。「0」が1個目の論理プロセッサー、「1」が2個目の論理プロセッサーを表します。この行以降の情報は、その論理プロセッサーの情報です。

model name

CPUの製品名です。ここに表示された情報でググると、CPUの詳細情報が検索できるでしょう。

physical id

Linuxが認識しているCPUの番号です。「0」が1個目のCPU、「1」が2個目のCPUを表します。上の表示例の場合は、すべての論理プロセッサーで「physical id」が「0」になっていますので、1個のCPUの中に論理プロセッサーが2個あることを示しています。

siblings

CPUごとの論理プロセッサーの数です。siblingsとcpu coresが同じ場合は、ハイパースレッディングテクノロジー(Hyper-Threading Technology。以降、HT)が無効と判断できます。

一方、siblingsが2、cpu coresが1のように、siblings÷2=cpu coresとなっている場合は、HTが有効と判断できます。VirtualBoxでプロセッサー数を「2」に設定した場合は、HTを無効にしたCPUが1個(コアが2個)あると振る舞うようですね。

cpu cores

CPUごとのコア(中央処理ユニット)の数です。コアについては、以下のページが詳しいので、あわせてご覧ください。

参考:http://chimolog.co/2017/06/bto-cpu-core-thread.html

flags

CPUが対応している拡張機能を示します。この中でも特に注目するのが以下の表示です。

lm:64ビットCPUであることを表します。ちなみに、Linuxが32ビット版か64ビット版かを調べるには、以下のコマンドを入力します。

uname -m

表示結果が「x86_64」の場合は、64ビット版で、「i686」のような場合は、32ビット版です。

LinuxでCPUの使用率を確認しよう

現在のCPUの使用率を確認するには、topコマンドを使うと良いでしょう。topコマンドについては、以下の記事で詳しく説明していますので、あわせてご覧ください!

【Linux】topコマンドで実行中のプロセスを表示
更新日 : 2019年10月15日

まとめ

今回は、LinuxがCPUをどのように認識しているかを確認する方法と、現在のCPUの使用率を確認する方法を紹介しました。

CPU情報がわかったから、Linuxのすべてがわかる!というわけでもないのですが、Linuxが正しくインストールされている根拠の一つではありますので、気になったら調べてみてください。

では。

Writer

侍テック編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。侍テック編集部では技術系コンテンツを中心に有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close