プログラミング初心者が作れるもの3選!実践手順や開発例も紹介

プログラミング初心者でも作れるものは?
プログラミング言語によって作れるものは違うの?

プログラミング初心者の中には、プログラムを実際に作ってみたいと考えている方も多いですよね。しかし、プログラミングの知識が少ないために何を作れるのかわからず、上記のような疑問を抱えていませんか。

そこでこの記事では初心者向けに、プログラミングで作れるものについてご紹介します。プログラミング未経験の方でもわかりやすい内容となっていますので、ぜひお読みください。

初心者が知っておくべきプログラミングで作れるもの

プログラミングで作れるもの

プログラミングで作れるものは、次の5つが代表的です。

  • Webアプリ
  • パソコンアプリ
  • スマホアプリ
  • AI(人工知能)
  • 組み込みシステム

プログラミング初心者へのおすすめ度も併せて、1つずつ順番にご紹介していきます。なお、次の記事ではプログラミングでできることを身近な例も含めて紹介していますので、ぜひご覧ください。

プログラミングでできることは?身近な活用例と言語の種類を解説!
更新日 : 2021年7月28日

Webアプリ おすすめ度:★★★★★

「Webアプリ」は、「YouTube」のようなWebブラウザを通して利用できるアプリです。Webアプリは主に「フロントエンド」と「バックエンド(サーバーサイド)」の2種類で構成され、それぞれでプログラムが動作します。

フロントエンドのプログラムは、Web画面上の表示を動かしたりユーザーの入力内容を処理したりする役割です。バックエンドのプログラムは、Webサーバー上でWebアプリのデータを管理します。

Webアプリを作れるプログラミング言語には、比較的習得しやすいものが多くあります。また、Webブラウザさえあれば簡単なプログラミングの実践ができるので、初心者に最もおすすめです。

Webアプリの仕組みや開発手順を知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

Webアプリとは?サービスの仕組みや開発の流れを理解しよう
更新日 : 2020年3月13日

パソコンアプリ おすすめ度:★★★★

パソコンアプリ

「パソコンアプリ」は、パソコンにインストールして利用するアプリです。WindowsやmacOSなど、アプリの対応OSによって必要なプログラミング言語は変わります。また、対応OSの知識も必要な場合もあります。

パソコンアプリは、基本的にパソコンさえあれば動作確認まで行えるため、開発を実践しやすいといえます。ただしプログラミング言語の難易度は全体的に高めです。

スマホアプリ おすすめ度:★★★

「スマホアプリ」は、スマートフォンにインストールして利用できるアプリです。スマホアプリのおもな対応OSはiOSとAndroidの2種類で、それぞれ異なるプログラミング言語が用いられます。

開発によく使われる「Swift」や「Kotlin」は、比較的文法がシンプルで初心者でも覚えやすい言語です。ただしプログラムの実行前には変換作業(コンパイル)が必要となり、Webアプリ開発言語よりは難易度が上がります。

「Xcode」「Android Studio」などの開発環境を用いることで、パソコン上でスマホアプリの動作確認が可能です。とはいえ最終確認には実機を使うことになります。

スマホアプリを作るために必要な要素は次の記事で解説していますので、参考にしてください。

スマホアプリを開発するには?初心者向けに必要なことを解説
更新日 : 2021年1月27日

AI(人工知能) おすすめ度:★★

AI(人工知能)

人間の思考システムをコンピューター上で再現する「AI(人工知能)」も、プログラミングによって作れます。AI開発で最もポピュラーな「Python」は、文法がシンプルで覚えやすいプログラミング言語です。

ただし、AIを作るためには数学やデータ分析の知識など、多くのことを覚える必要があります。また、他の作れるものと比べて初心者にはプログラムの動作がイメージしづらいため、星2つとしました。

人工知能の基礎知識については、こちらの記事を読むとより詳しく把握できます。

人工知能(AI)とは?基礎知識や需要、将来性をわかりやすく解説
更新日 : 2021年5月19日

組み込みシステム おすすめ度:★

「組み込みシステム」は、電化製品などの機械に組み込まれて動作するプログラムです。開発には「C言語」や「Java」など、歴史のあるプログラミング言語が長い間使われています。

組み込みシステムの動作確認には実機が欠かせず、ハードウェアの知識も求められます。またC言語やJavaの場合、プログラム変更のたびに変換作業(コンパイル)で発生するエラーを取り除かなければなりません。

すぐに動作を確認できない分プログラミング言語の習得難易度も全体的に高いため、星1つとしました。

プログラミング初心者でも短期間で作れるもの3選

初心者でも短期間で作れるもの

プログラミング初心者には、環境構築の手間が少なく個人でも開発を始めやすい「Webアプリ」や「パソコンアプリ」がおすすめです。

ここでは、初心者でも短時間で作れるものを3つご紹介します。

  • タイピングゲーム(Webアプリ)
  • メモ帳(パソコンアプリ)
  • タイマー(パソコンアプリ)

それぞれ、順番に解説していきます。

タイピングゲーム(Webアプリ)

タイピングゲーム

まず簡単なWebアプリとして、「タイピングゲーム」をおすすめします。タイピングゲームは、制限時間内に表示される文字列をどれだけ正確に入力できるかが試されるゲームです。

タイピングゲームは仕様がシンプルで、本来のWebアプリ開発で必要となるバックエンドのプログラミングが不要です。必要な言語は表示内容を定義する「HTML」と、ボタン動作などを制御する「JavaScript」の2つとなります。

また、これらの言語はWebブラウザさえあれば動作確認できるので、特別な環境構築も必要ありません。JavaScriptやHTMLを使ってタイピングゲームを作る方法については、こちらの記事をご覧ください。

JavaScriptで簡易タイピングゲームを作成するチュートリアル記事
更新日 : 2020年4月29日

メモ帳(パソコンアプリ)

メモ帳

パソコンアプリを作りたい方には、「メモ帳」がおすすめです。メモ帳はパソコンに標準搭載されているので、初心者でも動作がイメージしやすいといえます。

基本構造はシンプルなので作りやすく、自分なりのカスタマイズも比較的容易です。また、オリジナルのメモ帳を自分の作業に活用できる楽しさもあります。

メモ帳を作る方におすすめのプログラミング言語は、Windowsのパソコンアプリ開発で人気の「C#」です。「Visual Studio」と呼ばれる開発環境を使うことで、WindowsはもちろんMacのパソコンでもメモ帳を作れます。

次の記事ではC#を用いた具体的なメモ帳の作り方を紹介していますので、ぜひお読みください。

C#で自分だけのメモ帳を作成してみよう!手順・方法を徹底解説します
更新日 : 2019年7月25日

タイマー(パソコンアプリ)

タイマー

パソコンアプリとしては、簡単な「タイマー」を作るのもおすすめです。「時間を計る」というシンプルなルールなので、初心者でもプログラムをイメージしやすいといえます。

GUI(操作画面)を持たない簡単なタイマーであれば、比較的少ない記述量で作れます。またカウントアップやカウントダウンなど、自分なりにバリエーションを付けることも可能です。

簡単なタイマーを作るなら、前述のC#に比べて文法がシンプルな「Python」というプログラミング言語をおすすめします。こちらの記事ではPythonでタイマーを作る方法を詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【Python入門】初心者に最適!Pythonで簡単なタイマーを作成しよう
更新日 : 2021年4月23日

また、Pythonのライブラリ(便利な作成済みプログラム)を使えば、GUI付きのタイマーも作れます。PythonでGUIプログラミングする方法を知りたい方は、次の記事も参考にしてください。

ライブラリで簡単!Pythonでソフトウェアを作成する方法
更新日 : 2019年4月8日

プログラミング言語別作れるもの一覧

言語別作れるもの一覧

プログラミング言語によって、作れるものはさまざまです。ここでは、主要なプログラミング言語別に作れるものを一覧表でご紹介します。

各言語でできることの紹介記事もリンクしましたので、ぜひ言語選びの参考にしてください。

言語名主な作れるもの
C言語パソコンアプリ/組み込みシステム
C++パソコンアプリ/組み込みシステム
C#Webアプリ/パソコンアプリ
JavaWebアプリ/パソコンアプリ/スマホアプリ/組み込みシステム
Kotlinスマホアプリ
Swiftパソコンアプリ/スマホアプリ
JavaScriptWebアプリ
PHPWebアプリ
RubyWebアプリ/スマホアプリ
Go言語Webアプリ/パソコンアプリ
PythonWebアプリ/AI
R言語AI
Visual Basicパソコンアプリ
ScalaWebアプリ/パソコンアプリ

プログラミング初心者が覚えておきたい開発手順

覚えておきたい開発手順

プログラミングで作れるものが分かったら、正しい作り方も押さえておきましょう。プログラムを作るための手順として、下記の7ステップをおすすめします。

  • ステップ1.まずはプログラミングを理解する
  • ステップ2.プログラミング学習の目的を決める
  • ステップ3.プログラミング学習の準備をする
  • ステップ4.作りたいものや目的からプログラミング言語を選ぶ
  • ステップ5.効率的なプログラミング学習法を知り、基礎を学ぶ
  • ステップ6.お手本にならって開発を実践する
  • ステップ7.オリジナルアプリを開発する

まずは、ステップ1でプログラミングの基本概念や学ぶメリットを理解しましょう。次のステップ2で、プログラミング学習の目的や作りたいものを明確にする必要があります。

その後、ステップ3で学習に必要なパソコンやインターネット環境を整えておきましょう。次に、ステップ4で目的を達成できるプログラミング言語を選びます。

プログラミング言語が決まったら、ステップ5で効率的な学習法を押さえたうえで、基本文法を一通り学びましょう。基礎固めができたら、ステップ6でいよいよ開発の実践です。

ステップ6では前述の「作れるもの」などの、お手本にならって開発を実践しましょう。ある程度慣れてきたら、ステップ7でオリジナルアプリの開発にトライすることをおすすめします。

詳しい開発手順について知りたい方は、次の記事をお読みください。

プログラミング初心者は何から始める?言語選びから案件獲得まで6ステップ!
更新日 : 2021年7月28日

作りたいものが思い浮かばないプログラミング初心者の対処法3選

作りたいものが思い浮かばないときの対処法

実践力を高めるためには、オリジナルアプリを作成するのが効果的です。とはいえ、プログラミング初心者だとなかなかアイデアが出てこないことも多いですよね。

ここでは作りたいものが思い浮かばない方向けに、3つの対処法をご紹介します。

  • まずは真似して作ってみる
  • 実際の成果物を参考にする
  • 発想法を知る

1つずつ、詳しく解説していきます。

まずは真似して作ってみる

いきなりオリジナルアプリを作成しようと思っても、上手くイメージできないことが多いものです。まずは前章でもご紹介したとおり、お手本を真似して作ることを繰り返しましょう。

「作れるもの3選」でご紹介した内容はもちろん、世に出ている既存サービスを真似して作ってみるのも効果的です。さまざまなプログラムに触れることで、新しいアイデアも生まれやすくなります。

実際の成果物を参考にする

実際に、プログラミング初心者が作った成果物を参考にするのもおすすめです。初心者ならではの斬新なアイデアに触れられるかもしれません。ここでは、例を1つご紹介します。

こちらの「Fishing Map」は、プログラミング未経験から4か月の学習で北野将隆さんが作った釣りアプリです。「Google Map」上で釣り好きの方とつながったり、釣果を記録したりできます。

出典:Fishing Map

フロントエンド開発には「JavaScript」、バックエンド開発には「Ruby」というプログラミング言語が使われています。

上記のような成果物を参考にすることで、「初心者でもこれだけできるんだ」とモチベーション向上にもつながります。釣りアプリの詳細については、次の記事をお読みください。

プログラミング未経験から4ヶ月でRailsを使った釣りアプリ作ってみた
更新日 : 2020年3月3日

発想法を知る

発想法を知ることで、オリジナルアプリを作るためのアイデアを出しやすくなります。ここでは、おすすめの発想法を2つご紹介します。

  • 1人ブレインストーミング
  • Whyツリー

「1人ブレインストーミング」は、集団でアイデアを出し合う「ブレインストーミング」を1人で行う手法です。1人ブレインストーミングでは否定的な考えを排除することで、多くのアイデアが出やすくなります。

「Whyツリー」は、「なぜ?」と物事を掘り下げていくことで、本質を見つける手法です。本質を把握できることで、より役立つプログラムのアイデアが生まれやすくなります。

発想法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

プログラミング初心者がオリジナルアプリを最速で作るならスクールへ

プログラミングは実践してみると、なかなか上手く行かないことも多いものです。実践で直面するエラーや誤動作といった問題を、プログラミング初心者がすべて自己解決するのは簡単ではありません。

オリジナルアプリを最速で作るなら、プログラミングスクールがおすすめです。スクールならプロの講師に教わりながらスムーズに問題解決でき、挫折の心配もまずありません。

弊社「SAMURAI ENGINEER」はマンツーマン指導が特徴のスクールで、オリジナルアプリ開発を通して実践スキルが身に付きます。無料カウンセリングがオンライン受講可能なので、ぜひお試しください。

無料カウンセリングはこちら

まとめ

今回は初心者向けに、プログラミングで作れるものについて下記の5点をご紹介しました。

  • プログラミングで作れるもの5選
  • 初心者でも短期間で作れるもの3選
  • 言語別作れるもの一覧
  • プログラムの開発手順
  • 作りたいものが思い浮かばない場合の対処法3選

プログラミングスキルを高めるうえでは、実際にプログラムを作ってみることが大切です。今回の内容を参考にして、ぜひプログラムを自分の形にしてみてください。

この記事のおさらい

初心者が知っておくべき、プログラミングで作れるものは?

代表的なものは「Webアプリ」「パソコンアプリ」「スマホアプリ」「AI(人工知能)」「組み込みシステム」の5つ。初心者の方には、実践しやすいWebアプリとパソコンアプリが特におすすめです。

プログラミング初心者でも短期間で作れるものは?

Webアプリなら「タイピングゲーム」、パソコンアプリなら「メモ帳」や「タイマー」がおすすめです。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら