スライドショー

【Rails入門】helperの使い方まとめ

こんにちは! フリーエンジニアの長瀬です。

みなさんはhelperを活用していますか?

Ruby on railsはフレームワークの1つなのであらかじめ多くの実用的なhelperが組み込まれています。

helperの使い方を極めれば、より精錬されたコードを書けるようになります。

この記事では、helperの使い方について

・helperとは
・selectの使い方

という基本的な内容から、

・独自helperの作り方
・すべてのhelperが読み込まれるのを止める
・モデルでhelperを使用する方法

といった応用的な内容についても解説していきます。

helperとは

helper(ヘルパー)はその名前の通り、ある動作を処理する場合にメソッド化して扱えるようにRailsにあらかじめ組み込まれた機能です。

ウェブ開発を効率化するために多種多様なhelperが用意されているので、使いこなせば、生産性をあげる上で強力な武器になります。

たとえばlink_toform_withlabel_forimage_tagなどはすべてhelperです。

selectの使い方

それでは、よく使用されるhelperの1つのselectの使い方を学んでいきましょう。

まず、selectを使用するための環境を整えていきます。

今回使用するコントーラーとビューを作成するためにコマンドプロンプトに以下のコードを入力してください。
[Tutorialというコントローラーとtestというビューを作成する]

rails g controller Tutorial test

[実行結果]

      create  app/controllers/tutorial_controller.rb
       route  get 'tutorial/test'
      invoke  erb
      create    app/views/tutorial
      create    app/views/tutorial/test.html.erb
      invoke  test_unit
      create    test/controllers/tutorial_controller_test.rb
      invoke  helper
      create    app/helpers/tutorial_helper.rb
      invoke    test_unit
      invoke  assets
      invoke    coffee
      create      app/assets/javascripts/tutorial.coffee
      invoke    scss
      create      app/assets/stylesheets/tutorial.scss

これでコントローラーとビューが作成されました。

それではViewにselectを表示するためにappl/views/tutorial/test.html.erbに以下のコードを入力してください。

[appl/views/tutorial/test.html.erbの内容]

<%= select_tag 'samrai[number]', options_for_select(["1", "2", "3", "4", "5","6"]) %>
<%= select :samurai, :pet, [["犬", "dog"], ["猫", "cat"],["馬", "horse"],["牛", "cow"]] %>

続いて、結果を確認するためにコマンドプロンプトにrails sと入力して、サーバーを起動してください。

そして、test.html.erbのルーティングを確認するためにapp/config/route.rbを開いてください。

[app/config/route.rbの内容]

  get ’tutorial/test'

となっていることを確認できます。

以下のURLにアクセスして、test.html.erbを開いてください。

http://localhost:3000/tutorial/test

(補足http://localhost:3000の箇所は各自の開発環境により読み替えてください。)

[実行結果]

Screen Shot 2560-08-03 at 13.39.21

Screen Shot 2560-08-03 at 13.39.30

このように、selectで選択肢を用意できました。

次にselectのオプション(prompt)を使って、先頭に『選択してください。』を追加してみましょう。

[appl/views/tutorial/test.html.erbに追加する内容]

<%= select_tag 'samrai[number]', options_for_select(["1", "2", "3", "4", "5","6"]) %>
<%= select :samurai, :pet, [["犬", "dog"], ["猫", "cat"],["馬", "horse"],["牛", "cow"]],:prompt => "選択してください" %>

続いて、結果を確認するためにコマンドプロンプトにrails sと入力して、サーバーを起動してください。

以下のURLにアクセスして、test.html.erbを開いてください。

http://localhost:3000/tutorial/test

[実行結果]
Screen Shot 2560-08-03 at 13.46.50

このように、先頭に『選択してください』を追加できました。

独自helperの作り方

Railsではあらかじめ用意されているhelperの他に自分でヘルパーを作成できます。

今回はヘルパーを3つ用意しました。

app/helpers/tutorial_helper.rbに以下のコードを追加してください。

helperを設定するためにはhelpersのファイルを修正する必要
があります。

heleprファイルはrails g controller〜の段階で作成されます。

[app/helpers/tutorial_helper.rbの内容]

module TutorialHelper

  def hello(name)
    "こんにちは! #{name}さん。"
  end

  def to_yen(money)
    "#{money}円"
  end

  def addTax(money,rate)
   taxed_money =  (money*rate).round
   "税込#{taxed_money}円"
  end

end

これで、名前を入れるとこんにちは!〜を自動で追加、円を追加、税込価格に変換するヘルパーを設定できました。

では実際に、ビューで使用してみましょう。

[appl/views/tutorial/test.html.erbに追加する内容]

<%= hello("長瀬来") %>


<%= to_yen(20) %>


<%= addTax(100,1.08)  %>

続いて、結果を確認するためにコマンドプロンプトにrails sと入力して、サーバーを起動してください。

以下のURLにアクセスして、test.html.erbを開いてください。

http://localhost:3000/tutorial/test

[実行結果]
Screen Shot 2560-08-03 at 14.15.04

このように、独自でヘルパーを設定することで自由に様々な操作を自動化できるので痒い所に手が届くようになります。

すべてのhelperが読み込まれるのを止める

Railsの初期設定では、すべてのhelperがすべてのView(ビュー)から読み込めます。

では同じ名前のhelperがあった場合はどうなるのでしょうか?

もしも同じ名前のhelperがあった場合には、app/helpersのファイルの名前順の降順に呼び出されるようになります。(下に設定されているhelperほど優先される)

これでは、自分が使用しようと思っているhelperが確実に呼び出されるわけではありません。

なので、すべて呼び出されないように設定を変更する必要がでてくるわけです。

さっそく、すべて呼び出されないように設定してみましょう。

config/application.rbに以下コードを追加してください。
[config/application.rbの内容

module DailyCounter
  class Application < Rails::Application
〜 (中略)各種初期設定〜
    config.action_controller.include_all_helpers = false
  end
end

たったこれだけで、helperがすべて呼び出される問題を解決することができます。

helperがうまく機能しないと思った時は設定してみてください。

モデルでhelperを使用する方法

helperは初期設定ではビューを対象にして作成されています。

なので、モデルでhelperを使用したいときはhelperを明示的にincludeする必要があります。

class モデル名 < ApplicationRecord
include ActionView::Helpers
end

モデルの始めにこのようにHelpersを呼び出すコードを追加してあげれば、モデルでもhelperを使えるようになります。

また、特定のhelperだけを呼び出す場合は以下のように名前を指定してあげてください。

class モデル名 < ApplicationRecord
include ActionView::Helpers::TutorialHelper
end

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、helperの使い方を解説しました。

Railsにあらかじめ定義されているhelperだけではなく、独自にhelperも定義して開発を進めていくことによってよりスマートに開発を進めていけます。

また、モデルやコントローラーにもhelperをincludeすれば使用可能なのでhelperは多くの場所で活躍できます。

この記事を機会にRailsにどんなhelperがあるのか、またどんな独自helperを作ることができるのかを調べてみてはいかがでしょうか。

もしhelperの使い方について忘れてしまったらこの記事を確認してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

長瀬来

長瀬来

Unityを使ったiOSアプリのリリース、フリマサイト運営の経験があります。

経験した言語はC、C#、Javascript、R、Python、Ruby、PHPなど

言語が好きで、英語や中国、ドイツ語を勉強しました。
将来的には海外で生活したいです。

現在はRuby on Rails5やCocos2dxの勉強を主にしています。

ライターとしては
できるだけ初心者にわかりやすい文章になるように心がけています。

趣味は語学、読書です。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説