【Swift入門】数値を文字列(String)にformatする方法

数値の桁数を指定した桁で揃えたいときにはformatを使用します。

この記事では、

・formatとは
・桁数を指定する方法(0埋め)
・桁数を指定する方法(空白埋め)

というformatの基本的な解説から、

・小数点の桁数を揃える方法
・日付をフォーマットする方法(DateFormatter)

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はそんな桁数をそろえるformatの使い方についてわかりやすく解説します!

※この記事ではSwift4.0を使用しています。

formatとは

format(フォーマット)は、数値の桁数を0で揃えたいときに使用します。

例えば数値や年月日などの表示桁数が不揃いで表示を合わせたいときにformatを使用すると便利です。

formatは以下のように記述します。

書き方:

第一引数にformat:を記述し、桁数を指定します。
第二引数には桁数を揃えたい値を指定します。

formatの基本的な使い方

桁数の指定(0埋め)

ここでは実際にformatの使い方を見ていきましょう。

数値を5桁で揃えたい場合は以下のように記述します。

0を5桁で揃える

実行結果:

format:で指定した”%05d”は、0を左寄せで5桁分埋めていく処理となります。

既にフォーマットする値が指定した桁数と同じまたはそれ以上の場合は0埋めは行われません。

実例として、例えば年月日時の桁数を揃えたいときのサンプルを紹介します。

年月日時の桁数を揃える

実行結果:

桁数の指定(空白埋め)

0の代わりに空白を指定したい場合は以下のように記述します。

空白で揃える

実行結果:

小数点の桁数を揃える

小数点以下の桁数を揃えたい場合は「%.5f」のように指定します。

整数の場合と同様指定した桁数と同じ、またはそれ以上の場合は0埋めは行われません。

小数点以下の桁数を揃える

実行結果:

日付をフォーマットする(DateFormatter)

日付を指定した書式でフォーマットするにはDateFormatterクラスを使用します。

フォーマットするにはDateFormatterクラスのdateFormatを使用し、yyyymmddなどの日付の書式を指定します。

以下に現在の日時を指定したフォーマットに変換するサンプルを紹介します。

サンプルプログラム

実行結果:

まとめ

ここでは数値の桁数を揃える方法として、

・formatとは
・桁数を指定する方法(0埋め)
・桁数を指定する方法(空白埋め)
・小数点の桁数を揃える方法
・日付をフォーマットする方法(DateFormatter)

などについて解説しました。

数値の桁数を揃えるときにformatはよく使用しますので使い方は理解しておきましょう。

もしformatの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

未来に繋がるプログラミング学習、できていますか?

エンジニアと一口にいっても、フロントエンド、サーバーサイド、アプリ開発、AI関連など様々な業界や職種があり、業務内容や働き方、年収は変わります。

どんな働き方をしたいのか、どのくらい年収が欲しいのかなど具体的なキャリアパスを考えて、それを達成できる学習カリキュラムを考えていかないと、希望する方向性とは違うエンジニアになってしまったり、遠回りの学習に時間を費やしてしまう可能性があります。

侍エンジニア塾では目的から逆算する形で、まずあなたの目指すキャリアをヒアリングさせて頂いてからそれを達成するためのオリジナルの学習カリキュラムを作成しています。

今学んでいることが理想のエンジニアになるために繋がっているか不安でしたら、下記の無料体験レッスン予約カレンダーよりお気軽にご相談ください。

LINEで送る
Pocket

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説