スライドショースライドショースライドショー

プログラミングのタイピング向上方法3つ|タイピング練習サイト5選

プログラムを記述する速度をあげたい!

プログラミングのみならず日々の業務やアウトプットを早くする基本は、タイピングの正確さと速さです。

もちろん論理的思考力なども大事ですが、考えたことを少ないタイムラグで記述するタイピング能力は高い方が絶対的にいいでしょう。

今回は、プログラミングのタイピングを向上させる方法3つの解説と、練習サイトを5つ紹介します。タイピング能力向上のため損はない情報ですので、ぜひ最後までお読みください。

プログラミングとは

プログラミングとは、コンピューターに命令することです。

しかしコンピューターは人間の言葉を理解できないため、コンピューターの理解できる言語で書いた指示書(プログラム)渡す必要があります。

また、人間相手なら曖昧な命令でも問題ないところ、コンピューターには「仕事の順番を明確に」し、いつどこで何を、など「具体的な指示」をしなければいけません。

つまり、「コンピューターに仕事をさせるために、コンピューターが認識できる言語で、具体的な指示書を書いて命令すること」がプログラミングです。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

プログラミングにタイピング速度は重要?

プログラミングにタイピング速度は重要かどうかという点に関しては、重要です。

プログラミングの速度はタイピングで決まるからです。プログラミングとは、かつてのように作れば終わりではなく、修正や変更を加えながら発展させていかなくてはならないものです。特にタイピングの正確性は重要で、速度よりも大切なポイントとなっています。

プログラミングのタイピングが速い人はイコール、仕事が早くできる人と認識されています。

プログラミングのタイピング向上方法3選

それでは、プログラミングのタイピングを向上させる方法をご紹介させていただきます。

プログラミングのタイピングはプログラマーにとって必須の項目です。速度と精度を上げることで、自らの専門職としてのスキルも上がっていきます。タイピングに自信が無い方は、いまいちど自分のタイピング技術についての見直しが必要です。

以下でプログラミングにおいて、タイピングの重要なポイントを挙げていきます。

方法1:文字の位置を正確に記憶

プログラミングのタイピングを覚えるためには、文字の位置を正確に記憶することが大切です。

いわゆるブラインドタッチは、目を瞑った状態でも打てるタイピング技術です。ホームポジションや指の正しい配置や動かし方を、体で覚えていく必要があります。そのためにトライ&エラーを繰り返しながら、何度も練習をしていく姿勢が大切です。

方法2:ミスしやすいワードを把握する

プログラミングのタイピングには頻発する言葉があるので、ミスしやすいワードを把握しておくことが重要です。

自分のタイピングの癖で、間違いやすい言語があります。その事実をしっかりと把握して、その言語のみに集中して練習していきましょう。

また、自分がミスしやすいワードが出てきたら、意識してゆっくりと打つ・間違えないように気をつけるなどの配慮をして、タイピングミスを無くしていきましょう。

方法3:目標を立てる

プログラミングのタイピングを向上させるために、目標を掲げて練習をすることが大切です。

ただ漫然とプログラミングのタイピングを練習しているだけでは、なかなかタイピング技術を向上させることはできません。このワードだけは絶対に間違えない、次の仕事の納期を早めるなど、自分に目標を課してからプログラミングのタイピングを練習していくとよいでしょう。

プログラミングにおすすめのタイピング練習サイト5選

プログラミングにおすすめのタイピング練習サイト5選をご紹介していきます。どれも代表的で有名なタイピングの練習サイトです。マニュアル通りにきちっと練習を繰り返しながらレッスンすれば、基本的な技術が身に付きますのでしっかりと行っていきましょう。

1:PTYPING

初心者向けのタイピング練習が学べる「PTYPING」は、タイピングをゲームで覚えることができます。

制限時間内に、提示されたワードを打ち込む、正確性を重要視したゲームを行います。プログラミングのタイピングを習得したい人が、楽しみながら自然に学べるおすすめの人気サイトです。

2:key speed

key speed」とは、プログラミング言語の中で識別子にしてはいけない予約語というワードを、タイピング練習できるサイトです。

ゲーム形式で、とにかく単語を打ち続けるサイトです。これらのサイトは無料ですので、いろいろなコンピューター言語を練習してみましょう。ミスなく速く打ち続ける方法で、タイピング練習ができます。

3:コードドリル

コードドリル」は、タイピングしながらプログラミングが学べる画期的な練習サイトです。

コードドリルは、プログラミング言語を中心に、繰り返し反復練習でタイピングをしていく練習サイトです。タイピングをしながらプログラミングも学べるので、朝の10分など、短時間でも効果が期待できるおすすめサイトです。

4:C言語打

C言語打」は、C言語に特化したタイピング練習サイトです。C言語を使用しているプログラマー向けのサイトです。C言語を、どれだけ速く正確にタイピングし続けることができるかを目的とした、ゲーム形式の練習サイトです。

5:1typing.lk

1typing.lk」は、ホームポジションに特化したタイピング練習サイトです。激しく複雑な動きを必要とするワードなどをたくさん練習して、ホームポジションを確実に自分の技術として身につけることができるサイトです。基本に立ち返りたい時に大変有効となる、タイピング練習サイトです。

タイピングが早い人の共通点

タイピングが早い人の共通点について見ていきましょう。

ベテランプログラマーなど、驚くほど速くタイピングができる人がいます。彼らの共通点とはなんなのでしょうか。彼らのように早くタイピングができるように、その特徴を詳しく考察していきましょう。

ブラインドタッチを実践

タイピングが早い人は、基本となるブラインドタッチを実践しています。

ブラインドタッチはタイピングの基本中の基本です。ブラインドタッチを初期の段階でしっかりと修得している人は、プログラムのタイピングがとても速いです。どのようなことも常に基本に立ち返ることが大切なので、タイピングに自信が無い人はブラインドタッチを練習しましょう。

正確かつ丁寧に行っている

プログラミングのタイピングが早い人は常に正確に打ち、丁寧に行っています。いい加減にタイピングしているように見えても、実は指の位置などもきちっと置いて、プログラミングを行っている人が多いです。

タイピングは速いことも重要ですが、正確に間違えずに打つことがプログラムの高い生産性に繋がると、よく把握しておきましょう。

タイピング速度を向上させて作業効率をあげよう

タイピング技術が高いということは、優れた作業効率につながります。

プログラミングの基本はタイピングです。タイピングが速い人はプログラミングも早く、能率アップできます。一流のプログラマーを目指す人は、今回ご紹介させていただいたタイピング練習サイトを利用して、能力向上に努めましょう。

企業は、高い生産性を発揮してくれる、タイピング技術のあるプログラマーを求めているからです。

LINEで送る
Pocket

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。