フリーランスエンジニアやめとけは本当?独自調査から実態を徹底解明

「フリーランスエンジニアはやめとけ」って聞くけど本当?
現役のフリーランスエンジニアがどう感じているのか気になる...

フリーランスエンジニアとして働いている人の意見も聞かずに勢いで独立しては「イメージと違った」と後悔しかねません。とはいえ、現役のフリーランスエンジニアから話を聞く機会がなく、独立すべきか悩んでいる人は多くいますよね。

そこで、今回は弊社が現役のフリーランスエンジニアに対して行った独自調査をもとに、つぎの内容を解説します。

この記事を読めば、フリーランスエンジニアとして独立すべきか判断できますよ。

なお、次の記事ではフリーランスエンジニアの働き方から年収、必要なスキルやなり方までを包括的に解説しているので良ければ参考にしてください。

→ フリーランスエンジニアへの独立ガイド!必要なスキルやなり方も紹介

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

フリーランスエンジニアへの独立はやめた方が良いのか

フリーランスエンジニアへの独立はやめた方が良いのか

フリーランスエンジニアへ独立すべきかどうかは、それぞれの求める働き方などによって変ります。

現役のフリーランスエンジニアへの独自調査をもとに、独立をおすすめできる人とそうでない人をにまとめました。

おすすめ
できる人
・スキルがあり収入を増やしたい人
・自由な時間を作りやすい人
・人間関係のストレスを軽減したい人
・仕事の自由度を優先したい人
おすすめ
できない人
・仕事がなくなる不安に耐えられない人
・継続して働く健康的な体と体力がない人
・他のエンジニアと差別化できるスキルがない人

フリーランスエンジニアをおすすめできるポイントとしては、収入のアップが目指せる点や、自由な時間が作りやすい点が多くあげられてます。

収入をアップさせるには、もちろん継続した案件獲得が必要です。しかし、会社員のときに比べると手元に入る金額は増えるケースが多いでしょう。

また、スケジュール管理や仕事の選択といった点でもフリーランスであれば融通が利くため、休みやプライベートの時間がつくりやすくなります。

あわせて、フリーランスエンジニアは企業に所属していないため、会社員のように特定の人間関係に悩まされることが減ります。社内の人間関係に疲れている人であれば、大きなメリットになります。

一方、努力ができない人や体力的に不安がある人、他エンジニアと差別化できるスキルがない人はフリーランスエンジニアとしての独立はおすすめできません。

フリーランスは常に仕事がなくなるリスクにさらされており、安定収入を得るのは簡単ではありません。収入を安定させるには、新しい技術を習得しながらスキルアップする必要があります。

また、フリーランスは働いた分だけ収入がもらえます。しかし、健康問題から働けなくなれば、収入がとだえるリスクがあります。さらに、体力的に不安がある場合も、フリーランスは大変です。

フリーランスの場合、作業を1人で行うだけでなく、事務作業なども自分で担当します。そのため、ときには労働時間が多くなることも。そのため、体力的に自信がない人はフリーランスで活躍するのは少し不安が残ります。

「フリーランスエンジニアはやめとけ」といわれる7つの理由

ここからは、独自調査をもとに「フリーランスエンジニアはやめとけ」といわれる7つの理由を解説します。

常に収入の不安がつきまとう

フリーランスエンジニアは、常に収入の不安がつきまとうため、精神的にきついという意見があります。

フリーランスは、案件獲得を自分で行わなければいけません。スキル不足などの理由で案件が獲得できなければ、収益は0です。また、案件が獲得できたとしても、報酬単価が少ない案件しか受注できなければ、収入は減る可能性があります。

さらに、フリーランスは案件を継続してもらえるケースもありますが、いつ契約延長が終了するか分かりません。契約を解除されないように、ミスをさけながら成果を出すのはプレッシャーに感じる人もいます。

フリーランスエンジニアとして長く活躍している人のなかには、安定して高年収を稼いでいても、常に収入への不安がプレッシャーになると回答している人もいました。

不安な気持ちは現状の収入とは関係なく、いつ収入が減るか分からないため発生します。このように、収入が不安定という理由から、フリーランスエンジニアはやめとけといわれることがあるのです。

突然、仕事がなくなる

フリーランスエンジニアは、突然仕事がなくなる不安と隣り合わせです。

フリーランスは案件ごとに契約を行いますが、契約がいつ打ち切りになるか分かりません。例えば、継続して案件を受注していたクライアントでも、社内事情の変化や業績悪化などで案件が打ち切られるケースもあります。

突然仕事がなくなれば収入は途絶え、次の案件を探す手間もかかります。収入だけでなく、仕事がなくなる不安に苛まれるのも、フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由の1つです。

仕事をフォローしてくれる相手がいない

フリーランスエンジニアは1人で業務を行うことが多く、仕事をフォローしてくれる相手がいないという大変さがあります。

例えば、仕事中に体調不良になった場合、会社員なら他の社員に代わりを頼んで休むこともできます。しかし、フリーランスは引き受けた仕事は自分で行う必要があるため、無理をしながら仕事をしなければいけないケースもあるようです。

また、仕事で行き詰ったときなど、誰かを頼りにしたいときもフォローしてくれる人はいません。精神的・身体的にきついために、やめとけといわれるのです。

仕事量と報酬が釣り合わないこともある

フリーランスエンジニアの場合、クライアントとの関係性を優先するあまり、仕事量と報酬が釣り合わないケースもあります。

安定して案件を獲得するには、クライアントとの関係性は大事です。そのため、多少報酬が低くても日ごろの関係性を考えると、断り切れない人も少なくありません。

ただ、仕事量と報酬が釣り合わないとモチベーションも低下しやすいです。また、精神的にもストレスになるため、できれば仕事を受けたくないのが本心でしょう。

とはいえ、仕事を途切れさせないためには、ある程度妥協しなければいけません。クライアントとの関係を優先して報酬の安い仕事をしなければいけない点は、フリーランスのきつい部分です。

案件獲得のために自分を売り込むのが大変

フリーランスエンジニアの中には、案件を獲得するために自分を売り込むことへストレスを感じる人もいます。

フリーランスエンジニアは、案件業務だけでなく、案件の獲得作業もしなければいけません。そのため、技術力だけあっても活躍できないことから、難易度が高くやめておけという意見があるのです。

営業職経験者であれば、問題なく自分を売り込むことができるかもしれません。ただ、エンジニアのほとんどは、営業経験は多くないはずです。

自分を売り込むために履歴書・職務経歴書を作り込んだり、ポートフォリオをまとめたりするのは手間がかかります。また、なかにはお金にならない活動期間があることで、コストパフォーマンスが悪いと感じる人もいました。

自由度が高い分、生活のリズムを崩しやすい

フリーランスエンジニアは、働く場所や働く時間を自由に決められる半面、生活リズムが崩れやすいケースもあります。

極端な話をすれば、深夜に仕事をして日中睡眠を取ることも可能です。しかし、スケジュールを自由に決められることで、生活リズムが崩れやすいと感じる人もいます。

とくに、自宅で仕事をしている場合、空き時間に仕事をしてしまいプライベートとの境目が曖昧になるリスクもあります。自由度が高くても、生活リズムが乱れるリスクを懸念してやめておけといわれることがあるのです。

自由度が高いのはよいことですが、しっかり自分を律することができないと、生活リズムが崩れる可能性がある点は注意が必要です。

会社員に比べ社会的信用が低い

フリーランスエンジニアは、会社員に比べて社会的信用度が低いといわれています。

会社員の場合、収入を問わず安定した収入が期待できることから、社会的信頼があります。一方、フリーランスはいつ収入が途絶えるか分からない不安定さがあるため、どうしても社会的信用は低くなりやすいです。

社会的信用は、ローンを組んだり、クレジットカードを作成したり、賃貸契約をするときに影響があります。フリーランスの場合、一般的な会社員より稼いでいたとしても、社会的信用が低く契約できないケースもあるようです。

フリーランスになって収入が増えたとしても、社会的信用が低下してしまうのはきついポイントといえます。

フリーランスエンジニアに潜む罠!リスクを回避して成功する秘訣
更新日:2022年9月13日

それでもフリーランスエンジニアをおすすめできる7つの理由

ここまで、フリーランスエンジニアはやめとけといわれる理由を解説しました。しかし、このような理由からフリーランスエンジニアの働き方にはおすすめできる側面もあります。

それぞれ詳しく紹介していきますね。

自分の好きな時間に好きな場所で働ける

自分の好きな時間に好きな場所で働けるのは、フリーランスエンジニアの大きな魅力です。

会社員は始業・終業時間やオフィスが決まっていますが、フリーランスなら自由です。例えば、カフェ・ワークスペース・在宅で働くこともできます。また、働く時間もクライアントと連絡ができるのであれば、深夜・早朝作業も可能です。

働く時間を融通できることで、家庭・プライベートの両立がしやすいメリットがあります。アンケートのなかには、フリーランスになってから家庭の時間が取りやすくなったという声や、旅行に行くときにスケジュール調整がしやすくなったという意見がありました。

自由度の高い働き方がしたい人は、フリーランスエンジニアも選択肢になるでしょう。

正社員の頃より収入が上がった

フリーランスエンジニアになることで、正社員のころより収入が上がったと回答する人は多くいました。

会社員は毎月決まった給料をもらいます。この給料は、会社の利益や経費、社会保険料などを差し引いたうえで支払われているため、実際にクライアントが支払った金額より少ないです。

一方、フリーランスの場合、直接クライアントと契約をかわします。そのため、手元に残る金額も多くなるのです。もちろん、フリーランスにも税金・社会保険料はかかります。しかし、それでも会社員よりは年収が高い人も多いです。

会社員だとなかなか給料は上がらないため、自分の働き次第で収入が増やせるのは魅力といえます。

仕事や人間関係のストレスを感じづらい

フリーランスエンジニアは職場環境や人間関係が固定されないため、仕事や人間関係のストレスを感じにくい点があります。

会社員の場合、外出先で仕事をしたり、社内で仕事をしたり移動を伴うこともあります。そのため、移動の疲労やストレスを感じることもあるのです。

また、会社で働いていればある程度固定された人間関係のなかで働く必要があるため、気を使いながら仕事をすることにストレスを感じるケースも少なくありません。

その点、フリーランスであれば、基本的に勤務場所は自分で選べます。また、人間関係もオンライン上でのやり取りが多いのでそんなに問題にはなりません。くわえて、もし人間関係でストレスを感じてしまうのであれば、案件を終了して他の仕事に変更することもできます。

働き方や人間関係の自由度が高いのは、フリーランスエンジニアのメリットといえます。

やりたい仕事を自由に選べる

やりたい仕事を自由に選べる点も、フリーランスエンジニアをおすすめできる理由の1つです。

会社に所属している場合、苦手な業務や専門外の業務でも担当しなければいけない場面もあります。苦手な作業を担当するとなると、どうしても作業効率は下がりがちです。

その点、フリーランスであれば、案件を自由に選択できます。自分が得意な業務や、これから力を入れたい業務だけ選べるため、モチベーションもアップしやすいです。働き方や業務内容など、自分に選択権があるのはメリットといえます。

会社のルールに縛らずに働ける

フリーランスエンジニアは、会社のルールに縛られずに働けます。

会社員の場合、働く時間や場所、収入などルールに従わなければいけません。場合によっては、残業や休日出勤を頼まれるケースもあり、働き方に不満を感じている人もいます。

その点、フリーランスエンジニアであれば、働き方や収入などのルールは自分で決められます。子育てや家庭での時間を優先したい人でも、ルールを変更することで働きやすくなるのです。

今の会社で働くのが息苦しいという人は、自由な働き方ができるフリーランスも検討してみてください。

子育てしながら働ける

子育てしながら働けるのも、フリーランスエンジニアをおすすめできる理由です。

会社員として働く場合、子育てと会社での業務のバランスを保つのに苦労する人もいます。例えば、保育園・小学校の送り迎えや食事の準備など、子育て中にやらなければいけない家事・育児は多いです。

もちろん、子育て中を理由に勤務時間に融通を利かせてくれる会社もあります。しかし、場合によっては調整が難しく、家族に負担がかかるケースもあるでしょう。

その点、フリーランスエンジニアであれば、働く時間は融通が利きます。家事・育児の時間や、お子さんの送り迎え、家族との時間なども作りやすいです。

アンケートでも、フリーランスになってから家族との時間が増えて満足しているという意見もありました。仕事も大事だけど、子育てや家族との時間を優先したい人は、フリーランスという選択肢もあります。

スキルの向上や人脈形成に繋がる

フリーランスエンジニアの働き方は、スキルの向上や人脈形成にも繋がります。

会社に所属していると、いい意味でも悪い意味でも同じような業務を担当しやすいです。例えば、コーディング・テスト・保守作業など、業務内容が固定化される場合もあります。

また、業務内容は変わったとしても、同じ分野の開発しか携われないケースも多いです。

その点、フリーランスエンジニアであれば、自分の選択次第でさまざまな業務や開発分野に挑戦できます。また、新しいことに挑戦することで、知識・スキルとのも成長するはずです。

さらに、会社で働く場合は人間関係が固定されやすいですが、フリーランスなら今まで出会えなかったクライアントと交流できます。フリーランスエンジニアになることで、今まで出会えなかった人と人脈ができる可能性もあるのでしょう。

このように、スキルの向上や人脈形成の面でも、フリーランスエンジニアになるメリットがあるといえます。

まとめ

今回は、弊社が行なった独自調査をもとにフリーランスエンジニアはやめとけといわれる理由と、逆におすすめできる理由を紹介しました。

フリーランスエンジニアになるうえで大事なのが、メリット・デメリットを把握することです。どんな仕事にも向き不向きはあるため、後悔しないためにも慎重に検討してください。

決断したら、後は行動するのみです。向いていると思ったら、ぜひ、フリーランスエンジニアを目指してチャレンジしてください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る