【UNITY】WWWクラスで通信を行おう!画像やデータを取ってこよう

Unityでゲームを作っているときにサーバーと通信したい時ってありますよね?

そんな時に便利なのがwwwという通信クラスです!

今回は、

・wwwクラスとは
・wwwでWebデータ取得

といった基本的な内容から

・json形式での取得
・その他の通信手段

といった少し応用的な内容まで詳しく解説していきます。

wwwクラスとは

wwwクラスとはunityで簡単に通信を行えるようにするクラスのことです。

Webページやサーバーからデータを取得する時に使います。

通信を行ってみよう!

それでは実際に通信を行ってみましょう。

Webから画像データを取得してオブジェクトに貼り付けてみます。
まずはunityを立ち上げて取得してデータを貼り付けたいオブジェクトとスクリプトを作成してください。

次に作成したスクリプトをオブジェクトにアタッチしましょう。

それではコードを書いていきます。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour {

private string url = "https://www.sejuku.net/blog/wp-content/uploads/2018/09/skybox.jpg";

    IEnumerator Start()
    {

        WWW www = new WWW(url);
        yield return www;
        Renderer renderer = GetComponent<Renderer>();
        renderer.material.mainTexture = www.texture;

    }

}

出力結果は、

Webから取得した画像がオブジェクトに張り付いていますね!

それでは簡単にwwwクラスの説明をしましょう。

まず変数urlに取得したい画像アドレスを格納します。

次にWWW www = new WWW(url);の部分では取得した画像アドレスを用いてWWWオブジェクトを生成しています。

wwwクラスはコルーチンと親和性が高いので、コルーチンを用いて書いています。

その後renderer.material.mainTexture = www.texture;で取得した画像データをオブジェクトに貼り付けています。

json形式で取得してみよう!

次はwwwクラスを用いてサーバーからjson形式のデータを取得してみましょう。

今回使うjson形式のデータは、

{
  "Hp":100,
  "Attack":20,
  "Defense":7
}

unityでjson形式のデータを扱うためにMiniJSONを使います。

MiniJSONを使うためにMiniJSON.csというファイルをプロジェクトに追加してください。

MiniJSON.csはこちらからダウンロードできます。
https://gist.github.com/darktable/1411710

それではコードを書いていきましょう!

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
//追加
using MiniJSON;

public class Test : MonoBehaviour {

private string url = "http://127.0.0.1:8887/player.json";

    IEnumerator Start()
    {

        WWW www = new WWW(url);
        yield return www;
        var jsonDict = Json.Deserialize(www.text) as Dictionary<string, object>;
        Debug.Log(jsonDict["Hp"]);
        Debug.Log(jsonDict["Attack"]);
        Debug.Log(jsonDict["Defense"]);
    }

}

出力結果は、

json形式のデータを取り出せていますね!

それでは簡単にコードの解説をしておきましょう。

wwwクラスについては先ほどと同じなので割愛し、MiniJSONの部分について解説します。

このコードでは、まずusing MiniJSON;でMiniJSONを使えるようにします。

次にvar jsonDict = Json.Deserialize(www.text) as Dictionary<string, object>;ではwwwクラスを使って取得したjsonデータをDictionaryに変換し、変数「jsonDict」に格納しています。

これはwwwクラスで取得しただけではjsonの構造に合わせられていないためです。

Dictionaryに変換することでjsonの構造に合わせることができます。

その後Dictionaryに変換されたデータをそれぞれログ出力しています。

以上がコードの説明になります。

unityでの詳しいjsonの扱いに関しては下記の記事を参照してください。

【Unity入門】5分で簡単解決!JSON形式のデータを扱う方法
更新日 : 2018年12月18日

その他の通信手段

今回は通信にwwwクラスを使ってきました。

しかし、unityには他にも通信クラスがあります。

基本的なものを二つ紹介し、wwwクラスと比較していこうと思います。

UnityWebRequest

UnityWebRequestはunity5.4より正式機能となったwwwクラスに変わるものです。

wwwクラスと比較するとPUTやDELETEなどのメソッドが使えるようになり、RESTにunityで対応できるようになりました。

RESTとは簡単に説明するとWebの設計思想のことです。

RESTのリクエストメソッドにはGET、POST、PUT、DELETEがあるのですが、wwwクラスではGET、POSTにしか対応していませんでした。

UnityWebRequestではPUT、DELETEといったリクエストメソッドが使えるようになったのでRESTに対応できるようになったのです。

HttpWebRequest

wwwクラスはunityに備わっているクラスでした。

一方でHttpWebRequestクラスはc#に備わっているクラスです。

wwwクラスと比較すると導入が少し複雑で面倒ですが、早くダウンロードを行うことができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はwwwという通信クラスについてやりました。

wwwクラスを使えば簡単に通信を行えますので、この記事を参考にぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!