【ExcelVBA入門】「オブジェクトが必要です」のエラー原因・対処方法とは

皆さんは、VBAで「オブジェクトが必要です」というエラーを見たことがありますか?

「オブジェクトが必要です」のエラーは、メッセージを見ただけではエラーの意味がよく分からないため、対処方法がわからず困る方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 「オブジェクトが必要です」のエラーが出る原因
  • 「オブジェクトが必要です」のエラーが出たときの対処方法
  • エラー処理を使ってデバッグ画面に移動しない方法

といった基礎的な方法から応用的な方法まで、徹底的に解説します!

エラー「オブジェクトが必要です」とは

「実行時エラー ‘424’: オブジェクトが必要です。」のエラーは、オブジェクトのプロパティやメソッドを使う際、オブジェクトがEmptyだったときに表示されます。

よくあるケースだと、Setをつけずに値を代入した場合です。

セルのデータ:

サンプルコード:

Sub Test()
  Dim obj As Variant
  obj = ActiveSheet.Range("A1")

  'A1セルの値を確認
  MsgBox obj.Value
End Sub

実行結果:

Setをつけると、次のように正しく値が表示されます。

Setを加えたコード:

Sub Test()
  Dim obj As Variant
  Set obj = ActiveSheet.Range("A1")

  'A1セルの値を確認
  MsgBox obj.Value
End Sub

実行結果:

エラーの対処方法

エラーを対処する方法は、大きく分けて3つあります。

エラー番号で検索して調べる

表示されたメッセージにはエラー番号が載っています。

メッセージ文で検索しても見つかるときは見つかりますが、稀に起こるエラーだとメッセージ文だけでは対処方法が見つからないことがあります。

そのため、エラー番号を使って調べる癖をつけるのがおすすめです!

この番号を使ってgoogleなどでエラーの内容を調べてみましょう。

エラー番号の場所:

オブジェクトがSetで代入されているか確認する

このエラーは、変数代入のコードをコピペしたときにSetを付け忘れて起こるケースが圧倒的に多いです。

そのため、エラーの箇所を確認したら、Setで代入していない処理がないかを確認するのがおすすめです。

変数の値を細かく確認する方法をマスターする

Setの付け忘れチェックでほとんど解決できますが、オブジェクトに入っている値がEmptyになっていないか事前に確認ができれば、そもそもエラーは出ないですよね。

事前に変数の値を確認したいときは、イミディエイトウィンドウを使った変数確認方法がおすすめです!

以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】デバッグに使うイミディエイトウィンドウとは?
更新日 : 2019年4月15日

補足:エラー時にデバッグ画面に移動しない方法

エラーが発生したときにVBEの画面に移動してしまうと、VBAを知らない人がツールを使っていた場合はびっくりしてしまいますよね。

自分で使うだけであればそこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、ツールを使うことに対しての不信感にもつながってしまうので、エラー処理を入れておくのがおすすめです!

サンプルコード:

'メインの処理
Sub Main()
  Dim resultMessage As String
  resultMessage = Test

  If resultMessage <> "" Then
    MsgBox resultMessage, vbCritical
  Else
    MsgBox "処理成功", vbInformation
  End If

End Sub


'Setを忘れたFunction関数
Function Test() As String
On Error GoTo Test_Err
  Test = ""

  Dim obj As Variant
  obj = ActiveSheet.Range("A1")

  'A1セルの値を確認
  MsgBox obj.Value

  Exit Function

Test_Err:
  'エラー時にエラー情報を返す
  Test = "【処理エラー】" & vbCrLf & _
         "エラー番号:" & Err.Number & vbCrLf & _
         "エラーメッセージ:" & Err.Description

End Function

実行結果:

メッセージの内容はほとんど同じですが、VBEに移動せずにメッセージを表示することができます。

ちょっとしたことで使い勝手が大きく変わるので、エラー処理を入れる癖をつけるのがおすすめです。

エラー処理については以下でも詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【VBA入門】エラーを処理する方法(On Error、Resume、GoTo)
更新日 : 2019年4月21日

まとめ

今回は、VBAで「オブジェクトが必要です」のエラーが出たときの対処方法について解説しました。

コードが速く書けるようになってきた人ほど、Setの付け忘れでこのエラーを見る人は多いです。エラーが起こった時は、ぜひ試してみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。