Webエンジニアとは?種類や仕事内容、未経験で転職する方法を解説

Webエンジニアとは、どんな職種?
未経験でWebエンジニアになれる?

「Webエンジニア」という名前を聞いたことがあっても、具体的な仕事内容を知らない方もいるのではないでしょうか。

現在IT業界の中でも、Webエンジニアは大きな注目を集めています。

この記事ではWebエンジニアの仕事内容や種類、求められるスキルを詳しく解説します。Webエンジニアになるためにすべきことが理解できます。

Webエンジニアとは?

Webエンジニアとは

まずは、Webエンジニアとはどんな職種なのかご紹介します。Webエンジニアになったら、どんな働き方ができるのかも確認しましょう。

WebエンジニアとはIT業界を支える職種

インターネットのWebサイトやWebアプリケーションを開発するのが、Webエンジニアです。WebサイトやWebアプリケーションの設計・開発・運用・保守を行います。

インターネットを用いたWebメディアは私たちの生活と密接に関わるようになりました。Webエンジニアは、現代社会で大きな役割を果たす職種なのです。

Webエンジニアの働き方

Webエンジニアには、IT企業の社員やフリーランスなど、さまざまな働き方があります。

特にWeb領域を得意とするIT企業には、多くのWebエンジニアが属しています。またDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進む現代、事業会社のような非IT企業で働くWebエンジニアも少なくありません。

企業に属さず、フリーランス、派遣、副業として活躍するWebエンジニアも多いです。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアはどういった仕事をしているのでしょうか。ここでは、Webエンジニアの仕事内容をご紹介します。

要件定義

要件定義とはクライアントからヒアリングした内容や企画をベースに、どんなWebサイトをつくるかをより具体的に決定する工程です。

クライアントとのヒアリングを通じて「そのWebサイトが実現すべきものは何か」「具体的にどういった機能が必要か」を洗い出し、整理します。

要件定義は「上流工程」とも呼ばれ、開発をスムーズに進行するため重要な工程です。

設計

設計工程では、まず外部設計として要件定義で確定した内容にもとづき、具体的な画面遷移やページレイアウトまどを決めていきます。また、プログラムが必要な部分を割り出し、どのようなソフトウェア構成で実現するかを決定します。

ユーザーがウェブページに入力したり、ユーザーが見たい情報を表示したりするために必要なデータを蓄積するデータベーステーブル(情報のレイアウト)決定も同時に行います。

外部設計で具体的なWebサイトの形が決まったら、それぞれのプログラミングが必要部分に関する具体的な仕様を作る内部設計を行います。

通常のプロジェクトではこの設計工程の成果物として、外部設計書や内部設計書といったドキュメントを作成します。

製造

製造

製造とは設計にもとづき、プログラミングを行う作業です。

WebサイトやWebアプリケーションは、フロントエンド、バックエンドという機能で分けられます。

フロントエンドとは、Webブラウザ上で表示され、ユーザーが操作する部分です。バックエンドとは、ユーザーの目には見えないサーバー側の処理にあたる部分です。

それぞれ、開発時は主に以下のような言語を使います。

<フロントエンドの開発>

  • HTML(マークアップ言語)
  • CSS(スタイルシート言語)

<バックエンドの開発>

  • PHP
  • Ruby

テスト

テストは製造工程でつくったプログラムが、正常に動作するか確認する工程です。この過程ででバグの検出が漏れると、サービスリリース後に多大な被害が発生するリスクがあります。

テストは品質を左右する最後の砦であるため、より慎重な作業が求められます。

運用・保守

運用・保守

運用・保守とは、開発したWebサイト・Webサービスが安定して稼働するように管理したり、予防措置を講じたりすることです。機器故障や想定外の動作が発生した際も、冷静な対応が必要です。

Webエンジニアは自社のほか、顧客企業に常駐してWebサイトの運用・保守を行うこともあります。

Webエンジニアの種類とそれぞれの役割 

Webエンジニアの種類と役割

Webエンジニアは、Webサイト制作で担当する部分によってさまざまな呼ばれ方をします。

担当部分によるWebエンジニアの呼ばれ方は、大きく以下の5種類です。

  • Webアプリケーションエンジニア
  •  フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • マークアップエンジニア
  •  Webディレクター

続いて、Webエンジニアの種類と仕事内容をご紹介します。

Webアプリケーションエンジニア

「Webアプリケーションエンジニア」は、Webアプリケーションを開発するエンジニアです。

Webアプリケーションとは、Webブラウザ上で動作するアプリケーションです。代表的なものは、「Gmail」「Twitter」「YouTube」などがあります。

アプリケーションエンジニアの作業は、広範囲に及びます。プログラミング言語を使った製造作業に加え、アプリケーションの要件定義などの上流工程を担当することも多いです。

上流工程はライアントのようなステークホルダーと接する機会も多いため、ITスキルに加えてコミュニケーションスキルも重要です。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア

フロントサイドエンジニアはWebサイトの開発で、ユーザーの目に見える部分を開発する職種です。

企業のホームページや、ショッピングサイトの画面などを開発します。

フロントエンドエンジニアが主に扱うHTML・SS・JavaScriptは、ほかのプログラミング言語と比べ習得の難度が低いです。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは開発で、ショッピングカートに入れたものをIDと紐付ける、というようなユーザーの目に見えないサーバー側を担当します。

使用するプログラミング言語は、Java・Ruby・PHP・Pythonや、データベースとのアクセスに必要なSQLといったものです。

バックエンドエンジニアは、プログラミングのほかにもサーバーOS・ミドルウェア・セキュリティの知識が求められます。

マークアップエンジニア

マークアップエンジニアの仕事は、HTML/CSSを使ってWebサイトの画面をつくることです。

扱う言語がHTML/CSSに限定されるので、未経験者であっても活躍しやすい職種といえるでしょう。

前述のフロントエンジニアは、マークアップエンジニアのキャリアパスのひとつです。

Webディレクター

Webディレクター

Webディレクターは、Webエンジニアを束ねるリーダー的な存在です。

Webサービスを開発する際、一般的には数名~数十名でプロジェクトを組みます。そのプロジェクトで全体を管理するのがWebディレクターです。具体的にはプロジェクトの進捗・予算管理や全体の最適化といった「ヒト、モノ、カネ」のリソース管理を行います。

Webディレクターはプロジェクトの進行でクライアントと折衝するため、プロジェクトマネジメントのスキルが求められる職種です。

Webエンジニアに求められるスキル

Webエンジニアに求められるスキル

Webエンジニアの種類にかかわらず必要なスキルは、下記のとおりです。

  • プログラミングスキル
  • データベースに関するスキル
  • セキュリティに関するスキル

Webエンジニアとして働くうえでどんなシーンで必要になるのか、みていきましょう。

Webエンジニアのスキルマップについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

プログラミングスキル

プログラミングスキル

プログラミングスキルは、Webエンジニアにとって最も重要なスキルです。フロントエンドもバックエンドも、どれもプログラミングのスキルがなければ、つくりだすことはできません。

またそれぞれのプログラミング言語には、ライブラリやフレームワークというものがあります。ライブラリ・フレームワークは、Webアプリケーションの開発を標準的・効率的に進めるための共通部品と標準的な枠組みの定義です。

ライブラリ・フレームワークを使用すると、開発効率が飛躍的に向上します。

フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアを目指している方は、プログラミング言語と代表的なライブラリやフレームワークについて、早めに勉強をスタートさせましょう。

バックエンドエンジニアにおすすめのプログラミング言語である、PHPについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

データベースに関するスキル

Webエンジニアには、データベースに関するスキルも必要です。

Webアプリケーションが情報を表示するとき、さまざまなデータをデータベースから取得し情報として表示したり、ユーザーが入力した情報をデータベースに格納したりしています。

Webエンジニアに限らず、ITエンジニアにとってデータベースに関するスキルは非常に役立ちます

セキュリティ対策に関するスキル

セキュリティ対策に関するスキル

セキュリティ対策のスキルも、Webエンジニアに求められるスキルです。具体的には、WebサイトやWebアプリケーションの情報が外部へ漏洩しないようにすることです。

世界中に存在する不特定多数のユーザーの中には、悪意を持ったクラッカーといわれるユーザーが存在します。クラッカーはWebサイトやWebアプリケーションのぜい弱性をつき、個人情報を奪ったりデータを破壊したりします。

Webエンジニアには、こういった攻撃を防止するための知識が必要です。

Webエンジニアの需要や将来性は?

Webエンジニアの需要や将来性

Webエンジニアを目指している方であれば、Webエンジニアの今後の需要や将来性は気になるところではないでしょうか。

ここではWebエンジニアの需要、そして将来性を説明します。

Webエンジニアの需要

Webエンジニアの需要は、今後も高まっていく見込みです。

前述のとおり、私たちの日常生活を支えている公共交通機関や航空券などの予約サービス、生活必需品の購入、 動画や音楽などの配信、 ゲーム、仕事や大学の講義など、さまざまなものがインターネットに集約しつつあります。

クライアントサーバー型といわれるソフトウェアのような社内システムも、ブラウザーを使ったWebアプリケーションでの実現がスタンダードになってきてます。

このような事例をみても、今後Webエンジニアの需要はさらに向上していくと考えられます。

Webエンジニアの将来性

IT化が進行する現代、Webエンジニアの将来性は高いといえるでしょう。

経済産業省が2019年に発表した「IT人材需給に関する調査(2019)」によれば、Webエンジニアを含むIT人材の需給ギャップは、2030年には最大約79万人に達する可能性があると試算されています。

また、転職サイトのdodaが発表した転職求人倍率レポートを確認すると、他の業種を差し置いてIT・通信の求人倍率が突出していることが分かります。

日本のIT化は、グローバルと比較すると少なくとも数年は遅れているといわれています。

最近はDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉も流行し、デジタル庁が新設されるなど、デジタル化への流れが急激に進んでいます。

もともとあったWebへの高い需要に加えて、日本全体のデジタル化が進み、Webエンジニアの将来性はさらに高いものとなる見込みです。

Webエンジニアの年収

Webエンジニアを目指す人にとって、具体的な年収も把握しておきたいところでしょう。

求人ボックスの給料ナビによれば、Webエンジニアの平均年収は約599万円です。これは日本の平均年収と比較すると、かなり高い部類に入ります。

月収で換算すると約50万円、初任給は21万円程度です。

※平均年収の情報は2021年5月現在のものです。

未経験者がWebエンジニアに転職するには

未経験者がWebエンジニアに転職する方法

Webエンジニアは今後も社会に必要とされる職種であり、高い年収も期待できます。

未経験者がWebエンジニアになるためには、どうすればよいのでしょうか。ここでは、未経験者がWebエンジニアになるための方法をご紹介します。

Webエンジニアのスキルを習得する

まずは、Webエンジニアのスキルを習得しましょう。

学習する内容は以下のとおりです。

  • HTML、CSSによるコーディングスキル
  • JavaScript、PHP、Pythonなどのプログラミングスキル
  • データベースやセキュリティなどの基礎知識

OJTを導入している企業であれば、未経験でも入社後スキルを習得できます

しかし、進路が確定していない方やフリーランスとして活躍したい方は、主に「独学」か「プログラミングスクールに通う」かいずれかでスキルを習得する必要があります。

独学する

独学の教材といえば、本は外せません。本は体系的に知識を習得できるすぐれた教材です。

また、最近では優れた学習サイトなども多く存在しています。これらを活用すれば、独学でもWebエンジニアのスキルを身に付けることが可能です。

スクールに通う

スクールに通う

Webエンジニアのスキルを身に付けるもう1つの方法は、プログラミングスクールに通う方法です。

スクールの特徴は、下記のとおりです。

  • 現役ITエンジニアが丁寧に指導してくれる
  • 実践的なスキルが身につくカリキュラムが組まれている
  • 学習を継続させるためのさまざまな仕組み

コンサルタントやキャリアアドバイザーによる就職や、転職のサポートを受けることができるスクールもあります。

スクールであれば、Webエンジニアのスキルを効率的に習得できます

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオを作成する

Webエンジニアに必要なスキルを一通り習得した後は、ポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオは、自身のスキルの証明となる資料です。料理やファッションなど、興味があるジャンルのテーマでWebサイトやWebアプリケーションをつくります。

未経験であっても、ポートフォリオがあればWebエンジニアになれる可能性が高まります

求人を探す

Webエンジニアの求人を探しましょう。

ただやみくもに求人を見ても、どの案件に応募するか決めにくいです。そういった場合は自身がWebエンジニアになる上で外せない条件をすべて書き出し、その中でも優先度が高いものを3つ程度選びましょう。

それが就職や転職活動をするうえでの、軸となるはずです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用する

Webエンジニアへの転職をお考えの方は、転職エージェントを活用する方法もあります。

スキルマッチする企業の紹介や履歴書の添削など、Web業界に精通した担当者が転職活動全般をサポートしてくれます。

Webエンジニアは日本の未来を支える仕事

日本を支えるWebエンジニアになろう

現代の生活に必要なしくみを開発するWebエンジニアの需要は、今後も増加する見込みです。適切な方法でスキルを習得すれば、未経験でもWebエンジニアになれます。

Webエンジニアになりたいけれど何から始めたらよいかわからないという方は、SAMURAI ENGINEERの無料カウンセリングにご相談ください。

無料カウンセリングでは、今後の目標、理想のキャリアビジョンのほか、人生をより良くするためにどうすれば良いかなどご相談いただけます。

これまでに28,000名の指導実績があり、多くの未経験者をWebエンジニアとして輩出してきました。完全オンラインで、ご自宅やコワーキングスペースなどリラックスできる環境で受講していただけますので、お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事のおさらい

Webエンジニアとは?

インターネット上に存在するWebサイトやWebアプリケーションをつくっているエンジニアです。

Webエンジニアの需要や将来性は?

IT化が進む現代、Webエンジニアの需要は高まっています。今後も、デジタル化すると予測され将来性が高い職業といえるでしょう。

Webエンジニアになるには?

Webエンジニアになるにはまずスキルを習得する必要があります。一定のスキルが身についたら求人を探すあるいは転職エージェントを利用することで、実績を積んでください。

Writer

小林 幸秀

株式会社SAMURAI

地元茨城で10年間機械エンジニアとして働き、医療用ロボット開発や半導体開発を経験。その後、プログラミングに興味を持ち、スクールで学習をしてオリジナルWebアプリを作成。
その後、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。
その他にも、未経験者向けのブログ立ち上げディレクションなどを経験し、SEOのスキルを日々磨き続けています。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら