【Go言語入門】インストール方法と実行方法をわかりやすく解説!

プログラミング言語の1つに「Go言語」があります。
ただ、これから学びたい人にとっては

Go言語をインストールする方法を詳しく知りたい
 
Go言語をインストールしたあとの動かし方を知りたい

という人も多いと思います。

そこで記事では、Go言語とはそもそもどんなプログラミング言語なのか解説しつつ、Go言語のインストール方法から実際の実行方法まで分かりやすく解説していきます。

この記事を参考にGo言語をインストールして、ぜひ一度体験してみてくださいね。

そもそもGo言語とは

Go言語は2009年に「Google」が開発したプログラミング言語で、OSもLinux・Mac・Windowsとさまざまな環境で実行できる言語として注目されています。

ちなみに、OSというのは簡単にいうとキーボードの入力機能やマウスを動かして操作する機能など、動作を担うシステムのことです。

また、Go言語はシンプルな構文が特徴で、比較的簡単に動作させることができるため、近年Go言語を導入する企業が増えています。

ちなみに、Go言語の特徴や活かせる分野については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

Go言語とは?Go言語の特徴7つと言語が活かされている分野実績も紹介
更新日 : 2020年1月24日

Go言語のインストール手順

Go言語はLinux・Mac・WindowsのOSで利用可能です。

また、インストールも公式サイト(https://golang.org/dl/)の手順に従って操作すれば簡単なので、すぐに使えるようになります。

実際にGo言語を扱ってみると分かりますが、Javaなどの言語に比べるとかなり書きやすいです。
ここからは、Go言語のインストール手順をキャプチャも交えながら分かりやすくご紹介します。

ちなみに、今回はWindowsでのインストール方法をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

Goのインストール

Goのインストール

引用元:golang https://golang.org/

Go言語のダウンロード画面

1.Go言語のダウンロードをするには、公式サイトのダウンロードページを開きます。

https://golang.org/dl/

Go言語のダウンロード中

Go言語のダウンロード中

2.公式サイトが開けたら、「Microsoft Windows」を選択してクリックします。
クリックをするとファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロード画面

ダウンロード画面

3.ダウンロードしたファイルを選択して開きます。しばらくするとダイアログが表示されるので、NEXTを選択しましょう。

ダウンロード画面

ダウンロード画面

4.NEXTを選択して進みます。

ダウンロード先を決める画面

ダウンロード先を決める画面

5.Go言語ファイルのインストール先を指定します。

インストール画面

インストール画面

6.インストールを押すとインストールが完了です。お疲れさまでした。

7.Go言語のインストールが完了したら、ちゃんとインストールされているかコマンドプロンプトを使って確認します。

コマンドプロンプト内で、「go version」と記入して実行。

go version

以下のように表示されれば、正しくインストールされています。

go version go1.15.2 windows/amd64

このように、基本的にGo言語のダウンロード作業は手順に従うだけで終了するので、難しくはありません。参考にやってみてくださいね。

インストールしたら実際にプログラムを実行してみよう

Go言語がインストールできたら、さっそくプログラミングを実行してみましょう。Go言語は他のプログラミング言語に比べると、コードがシンプルで分かりやすいです。

ここでは、実際に「Hello World」を出力するプログラミングと、Go言語のコンパイル方法まで解説していくのでぜひ最後までご覧くださいね。

サンプルコードの作成

実際にGo言語を使って「Hello World」を出力するためには以下のコードを記述する必要があります。

まずはフォルダに「sample.go」のファイルを作成し、ファイル内に以下の「Hello World」を出力するプログラムを記述します。Go言語の実行ファイルは拡張子が「.go」になります。

package main

import "fmt"

func main(){
fmt.Println("Hello World")
}

プログラムを記述したらファイルを保存します。

このプログラムを実行することで、Go言語で「Hello World」を表示することができます。

Goの実行方法

ここからは、実際の実行方法を解説していきます。

作成したファイル内のコード

作成したファイル内のコード

コマンドプロンプトを開き、sample.goが格納されているフォルダから「go run ファイル名.go」を実行します。

ちなみに「go run」コマンドはを実行することで、以降のファイルに記載されている内容をコンパイルし、プログラムを実行します。

go run sample.go

Hello Worldが表示されたら成功です。

Hello World

まとめ

今回はGo言語のインストール方法から、実際に実行する方法まで解説しました。Go言語は近年注目されつつある言語で将来性も期待できます。導入も難しくはないので、ぜひGo言語を学習してみてください。

最後にGo言語のインストール方法についておさらいしておきましょう。

  • Go言語のインストールは公式サイトからできる
  • インストールができたかどうかの確認はコマンドプロンプトからできる
  • プログラミングの実行はコマンドプロンプトとファイルを使って行うことが可能

Go言語はスタートしやすい言語なので、ぜひ習得を目指してみてくださいね。

\業界最安級/
月額2,980円のプログラミングスクール

✔ 業界最安値の月定額2,980円
✔ 「Q&A掲示板」で平均30分以内に回答がもらえる
✔ 月に一度の「オンライン相談」で悩みを解決
✔ 教材の数は30種類以上
✔ 入会金不要+いつでも退会OK

公式サイトはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close