【Git入門】pullでリモートリポジトリの履歴に更新する方法

git pullを使用すれば、ローカルリポジトリの内容を最新のリモートリポジトリの内容に更新することができます。

リモートリポジトリの最新の履歴を取得するにはどうすればいいの
誤ってリポジトリを更新してしまった場合の対処法が知りたい

なんて方に向けて、この記事ではgit pullコマンドを使用してリモートリポジトリの内容を更新する手順を優しく解説していきます!

  • git pullとは
  • git pullの使い方
  • git pullの取り消し

この記事を読めば、pullコマンドで最新の履歴を取得する方法が理解できるようになるでしょう。初心者の方はぜひ参考にしてください。

git pullとは

git pullを使用すればリモートリポジトリの最新の更新状況をローカルリポジトリに反映することができます。

とくに比較的規模が大きく複数人で開発を行う場合、リモートリポジトリの更新頻度が高く、常に最新版を取り込まないと、ローカル環境とリモート環境で不整合が発生しています。そのようなことを防ぐためにgit pullコマンドを使用すれば常に最新の更新状況を保つことができます。

git pullコマンドを実行すれば、リモートリポジトリの更新内容がローカルリポジトリに統合されます。git pullの書き方

git pull [リポジトリ名] [ブランチ名]

次項ではそんなgit pullコマンドについて、使い方を詳しく解説していきます。

git pullの使い方

ここでは実際にgit pullを使ってみましょう。まずはリモートとローカルにリポジトリを追加します。ここではリポジトリsampleを作成しています。リモートと、ローカルには同じ内容のファイル「sample.txt」が存在します。

テキストファイルには以下の内容が記載されています。

Hello Git!

この状態でリモートリポジトリの「sample.txt」を変更します。

Hello Git!
Remote Test

ではローカルリポジトリからgit pullコマンドを実行してみましょう。

$ git pull origin master

以下のように表示されたら成功です。

remote: Counting objects: 3, done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (3/3), done.
From https://github.com/takataka58/pull_sample
 * branch            master     -> FETCH_HEAD
   17168d5..4f88e99  master     -> origin/master
Updating 17168d5..4f88e99
Fast-forward
 sample.txt | 1 +
 1 file changed, 1 insertion(+)

テキストファイルの内容を確認すると、リモートリポジトリで変更された内容が反映されています。

git pullの取り消し

誤ってローカルリポジトリの内容をgit pullで更新してしまった場合、「git reset」を使って操作を取り消すこともできます。git resetで以下のように実行します。

$ git reset --hard HEAD^

そもそもGitとは

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事にGitやGitHubの基本を解説していますので、参考にしてください!


GitHubとは?概要やメリットを初心者向けに簡単解説!
更新日 : 2020年3月3日

まとめ

この記事ではリモートリポジトリの履歴を、ローカルリポジトリに更新するgit pullコマンドについて解説しました。

  • git pullとは
  • git pullの使い方
  • git pullの取り消し

複数人でGit Hubを使う場合などは、リモートリポジトリの内容が随時更新されていきますのでgit pullコマンドについてはしっかりと理解しておきましょう。もし、git pullコマンドを忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部