フロントエンドエンジニアとは? 仕事内容、スキル、年収について

フロントエンドって何? バックエンドと何が違うの?
フロンエンドエンジニアってどんな仕事?
初心者でもなれるものかな?

最近よく耳にするようになった「フロントエンド」という言葉。でも正直、どんな意味があって何を指す言葉なのか、よくわかりませんよね?

「前側の」という意味のfrontという英語からもわかるように、フロントエンドは工程の一番最初という意味があります。工学やスポーツなど幅広いジャンルで使われる言葉ですが今現在では、Web開発の業界で最も多く使われています。

フロントエンドとバックエンドの違いとは?

画像:shutterstock

フロントエンドと対で使われるのが、バックエンドという言葉です。WebサイトやWebアプリケーションの制作現場は、「フロントエンド」と「バックエンド」の大きく2つに分けられます。

WebサイトやWebアプリケーションは、ユーザーの目に触れる部分のフロントエンドと、ユーザーの目に見えないWebサーバー側のバックエンド、この2つによって動いているのです。

フロントエンドとは?

フロントエンドは、直接ユーザーの目に触れる部分のことです。インターネットブラウザでアクセスできる、Webページの見た目のことを指します。ユーザーが文字を入力したりクリックしたり、バックエンドのソフトウェアと直接やりとりできるよう、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を駆使して、視覚的にWebサイトを見られる状態にします

バックエンドとは?

フロントエンドとよく一緒に使われる言葉が「バックエンド」です。ユーザーの目に触れない、裏側の部分のことを指します。

ユーザーが入力した内容のデータ処理でデータの保存のような、ユーザーから見えない部分の処理を担います。JavaやJavaScript、PHP、Python、Rubyといった言語のほか、各種フレームワークを使って開発を行います

フロントエンドとバックエンドの違いまとめ

フロントエンドはwebサイトのユーザーが見ている側、バックエンドはフロントエンドをサポートする裏側の部分にあたります。

フロントエンドには言語のほか、UIやデザイン的な知識が求められることがあり、バックエンドには開発言語のほか、ミドルウェアという補完ソフトウェアの知識が求められます。それぞれ役割が異なりますが、どちらかが欠けてしまうとWebサイトやWebアプリケーションは成り立ちません。

フロントエンドエンジニアとは?

画像:shutterstock

フロントエンドエンジニアは、WebサイトやWebサービスなどのユーザーが目にして使う側を開発します。ここで、フロントエンドエンジニアどのような仕事をするのか、詳しく見ていきましょう。

フロントエンドエンジニアの仕事とは

フロントエンドエンジニアの仕事は、Webデザイナーが制作したデザインを元に、HTML、CSS、JavaScriptといった開発言語を用いてWebサイトを設計・構築していくことです。「コーディング」と呼ばれることもあり、HTML、CSS、JavaScript等の基本的な言語は使いこなす必要があります

また最近では、WordPressでのWebサイト開発が増えており、WordPressで用いられる言語を覚えておくことも重要視されています。PhotoshopやIllustratorなどを使ったバナーやロゴの作成・写真の加工といったデザイン業務をフロントエンジニアに求める企業もあるので、デザインにも関心を持っておくのがおすすめです。

フロントエンドエンジニアの平均年収

求人ボックスの給料ナビによれば、フロントエンドエンジニアの平均年収は548万円です。月額だと46万円で、初任給は24万円程度、派遣社員の平均時給は1,900円です。

また、今後スマートフォンが台頭しHTML5、CSS3、JavaScriptの需要が高まることが予測されています。そのため、JavaScriptの高い技術を持つフロントエンドエンジニアは、高年収が期待できるでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルとは

画像:shutterstock

フロントエンドエンジニアになるのに、必要最低限の知識をご紹介します。

HTML/CSSのスキル

「HTML」とは、Hyper Text Markup Languageの略で、Webページを作るのに最も基本的なマークアップ言語です。試しに、Webサイトを表示して右クリックし「ページのソースを表示」を選んでみてください。すると、英語が並んだ画面が表示されます。この英語がHTMLです。

ブラウザがHTMLを読み込んで、Webページが表示されます。テキストボックスや文字、画像や表、リンクなど、Webサイトを構成する要素をきちんと配置し表示するのは、HTMLが実現しているのです。「CSS」は、HTMLで用意するパーツに、色や罫線、文字サイズの変化といった装飾をつける役割を果たします。

HTMLは文章の構造を、CSSはレイアウトを作るため、この2つはセットで習得するのが基本です。こちらを読むとより詳しく理解できます。

HTMLとはなにか?特徴やできることについて世界一わかりやすく解説
更新日 : 2021年3月20日

JavaScriptのスキル

近年、ほぼすべてのWebサイトで使用され、Webサイトやアプリの開発になくてはならない存在の「JavaScript」。ユーザー側のWebブラウザと、WebサイトやWebサービスのやりとりをスムーズにするために使われています。

LINE、Facebook、TwitterといったSNSのほか、cookpadやnote、メルカリやグノシーといったサービスもJavaScriptで開発していますが、JavaScriptの最も一般的な使われ方は、Webページに動きをつけることです。

そのため、特にフロントエンドエンジニアには必須の言語と言えるでしょう。習得すれば、アプリ開発ができるのも魅力です。JavaScriptについては、こちらでわかりやすく説明しているので、参考にしてみてください

JavaScriptとは?概要・始め方・将来性を初心者にもわかりやすく解説
更新日 : 2021年3月21日

デザインスキル

デザイン制作の現場で欠かせないツールと言えば、Adobeが開発したPhotoshopやillustrationです。

「Photoshop」は、画像編集で最もよく使われるソフトで、複雑な画像処理はもちろん、簡単な補正や加工ができます点の集まりでできたビットマップデータを扱い、レイヤーと呼ばれる1枚の層ごとに画像の編集できるので、修正の際には必要なレイヤーだけ編集できる点が魅力です。

「Illustrator」は、イラストを書いたり、文字や図形に装飾したり、ロゴのデザインなどができるソフトです。拡大・縮小しても画質が劣化しないベクターデータを扱っており、アイコン、ヘッダー、メニュー、webページのデザインを行うこともできます。

画像の書き出し方法、CSSや長さの取得方法、レイヤーやアートボード、レイヤーマスクについて理解しておくことが、フロントエンドエンジニアにとって最低限必要な知識です。

WordPressのスキル

ここ最近のWebサイトは、WordPressで作成されているケースが多いです。例えば、下記の企業サイトやニュースサイトはWordPressで作られています。

  • 株式会社カカクコム
  • クックパッド株式会社
  • freee株式会社
  • 株式会社博報堂
  • ガジェット通信
  • SHIBUYA109

このようにWordPressはいろいろな企業のサイトやニュースサイトで採用されています。そのため、Webサイトの見た目を作るフロントエンドには、WordPressのスキルが欠かせません。

ライブラリやフレームワークのスキル

効率的に作業を進めるため、ライブラリやフレームワークのスキルを身につけておくといいでしょう。ライブラリーとは使用頻度の高い機能や効果のプログラムをまとめたものです。一方でフレームワークは、作業を効率化するための枠組みのことをいいます。

  • ライブラリ:自分で書くコードがアプリケーションの動作の主軸となるもの
  • フレームワーク:雛形ができていて自分のコードでカスタマイズするもの

ライブラリやフレームワークを使えば、一から自分でコードを書く必要がないため作業時間を短縮できます。ライブラリとフレームワークに関しては、こちらの記事で紹介しているので、よかったら参考にしてください。

Webフレームワークとは何か?
更新日 : 2020年7月15日

UI/UX設計ツール

「UI」とは、ユーザーインターフェイスの略です。インターフェイスには接点や接地面を意味し、UIはユーザーとサービス・製品との接触面を指します。Webサイトを見ている時、ユーザーが目にしたり触れたりする部分はすべてUIとみなすことができます。

「UX」とは、ユーザーエクスペリエンスの略。エクスペリエンスには経験、体験という意味があり、UXはユーザーがサービス・製品を通じて得られる体験を指します。「文字が読みやすい」、「導線がわかりやすい」、「注文から到着までが速い」など、そのどれもがUXです。サービスを利用する行動の中で経験したり感じたりしたこともUX。

UIは、UXを生み出す要素の一つです。お互いが相乗効果となって、よりよいWebページやWebサービスを作り出すことができます。ここで、UIデザインに欠かせない代表的なソフトを2つ紹介します。

  • Adobe XD:Experience Designの頭文字をとってXDです。UIに特化しているデザインツールで、PhotoshopやIllustratorを出しているAdobeのソフトなので、使い勝手が似ています。
  • Figma:複数人で同時に作業ができるため、チームでの共同作業にピッタリのツールです。Webベースのツールなので、MacでもWindowsでも使えて、機能が豊富です。使用するUI/UXデザイナーが増えているツールです。

フロントエンドのスキルがあれば、フリーランスも目指せる理由とは

画像:Shutterstock

フロントエンドエンジニアは、実はフリーランスの求人が豊富にあります。そのため、現場で使えるスキルを身につけたら、フリーランスとして活躍していくという道も選べます。

フロントエンドならフリーランス求人も豊富

主なフリーランスの求人サイトで、フロントエンドエンジニアの求人数を調べてみました。

求人サイト名 求人数(2020年7月9日時点)
クラウドテック 909
ギークスジョブ 112
レバテックフリーランス 723

このように、フロントエンドエンジニアのフリーランス求人数は豊富です。

フロントエンドエンジニアは要望に対して制作したものを、Webサーバーにアップロードし確認してもらえばよいので、自宅で業務を遂行するフリーランスに向いています。実際、フリーランスで働くフロントエンドエンジニアが増えています

フロントエンドエンジニアの案件獲得方法は?

フリーランスの場合、自分で案件を獲得する必要があります。主な案件獲得方法は下記の通りです。

  • クラウドソーシングサービス
  • フリーランス向けエージェント
  • 企業に直営業をする
  • 友人や知人から紹介してもらう

まずは、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを活用して、案件を獲得するといいでしょう。こちらのサイトでは、案件を獲得する際に活用したいおすすめのマッチングサイトを紹介しているので参考にしてください。

フリーランスエンジニア向けマッチングサイト10選!目指せ年収アップ
更新日 : 2021年1月25日

フロントエンド案件の単価相場は?

月60万円を超える案件が充実しています。完全リモート可や、週3日の稼働でOKなど、働き方を自由に選べる案件もあります。近年、企業が独自のWebサービスやオウンドメディアを立ち上げることが増えてきているため、それに伴いフロントエンドエンジニアの需要も高まっているようです。

フロントエンドのスキルを身につけて、エンジニアになる方法

画像:shutterstock

では、フロントエンドエンジニアになるにはどうすればいいのでしょうか? 最後に、必要なスキルと学習法を簡単に紹介します。

 独学で学習する方法

独学で学習する方法ですが、主に以下の3ステップで学習を進めることをおすすめします。

目的を明確にする

目標がない状態でスタートすると、学習中につまづいたとき、やめてしまう原因になってしまします。「こんなWebページを作りたい」「もっとこうしたい・よくしたい」というような目標があると楽しく学べます。いつまでに就職する、と期限を決めるのもいいでしょう。

無料学習サイトを使い倒す

目標が定まったら、無料学習サイトを活用して実際に体験しながら学習していきましょう。今やプログラミング学習サイトは、無料とは思えないクオリティのものが多くなってきています。

動画形式のもの、スライド形式のものなど形式も様々なので、自分に合ったサイトを見つけたら使い倒して、実際に手を動かしながら繰り返し学習しましょう。まずは動画、スライド、穴埋めで学習できる無料学習サイトを、3つご紹介します。

以下の記事で学習サイトをまとめているので、参考にしてみてください

学習効率を飛躍的に上昇させるツールを活用する

また、上記に加えて以下3つのツールを活用することで、最短でフロントエンドエンジニアの学習を終わらせることができるでしょう。

  • Toggle(時間管理ツール)
  • Evernote(メモ共有アプリ)
  • Wanderlist(To Doリスト管理)

フロントエンドを目指すならスクールに通うのも選択肢の1つ

もうひとつの学習方法としては、プログラミングスクールに通い、現役のエンジニアから現場で本当に役に立つスキルを直接学ぶという方法があります。決して安くはないスクール代がかかりますが、独学の最大の課題であるモチベーションの維持は容易にでき、短期間で成長できます

さらに多くのプログラミングスクールでは就職・転職サポートを行っているため、優良な企業に就職・または仕事がもらえるというメリットがあります。とはいえ、プログラミングスクールは非常に数が多いので、初心者の方は特に「どこを選べばいいのかわからない」と悩んでしまいがちです。

いくらプロに習えるとはいえ、あなたに合ったスクールでなければ意味がありません。その「あなたに合ったプログラミングスクールの選び方」と「おすすめのプログラミングスクール」は以下の記事が参考になります。合わせて読んでみましょう。

フロントエンド言語が学べるプログラミングスクールおすすめ6選
更新日 : 2021年3月15日

まとめ

フロントエンドという言葉の意味、そしてフロントエンドエンジニアについておわかりいただけたでしょうか?これを機に、フロントエンドに興味を持っていただけたら幸いです。

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

プログラミング学んで今の生活を変えたい
でも、何から始めればいいか分からない
1番正しい道を知りたい
そんなあなたを「侍エンジニア」は全力でサポートします。

プログラミングを学び人生を変えた卒業生の事例を元に、あなたの理想を叶えるためにはどんなキャリアを歩めばいいか。プロのコンサルタントが無料でカウンセリングさせていただきます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは気軽に無料体験レッスンをご予約ください。 無料体験レッスンを予約する

書いた人

れん

WordPress系言語(HMTL・CSS・PHP)を愛する6歳男の子パパ。2020年のプログラミング教育開始に向け、親子プログラミング学習をやってます。息子のプログラミング教室の送り迎えが日課です。
プログラミングスクールやプログラミング学習のブログ書いてます。