プログラミングの資格があれば就職に有利は勘違い

井上 慎也
書いた人 井上 慎也
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!インストラクターの井上です。

プログラミングの資格を取ろうという方の理由の一つに「収入アップ」や「就職のため」などがあると思います。

ただ実際その資格がどのように役に立つのか、何の資格を取るべきなのかわかりませんよね。

今回は目的を達成するために最適なプログラミング関連の資格についてまとめました。

ぜひ参考に資格の取得にもご利用ください。

この記事の目次

就職にプログラミング資格が関係ない理由


「資格は取っても意味がない」
そんな風潮がある今、資格を取ることは本当に無駄なのか?ということを改めて考えてみる必要があります。

資格より実務が重要

実務があれば資格なんて・・・と思っている方もいるようです。

確かに実務があれば資格があろうとなかろうと不要かもと思うのが自然です。

しかし、採用の場での採用側の判断基準は曖昧なことが多く、それゆえに面接回数を何回も重ねて人物を吟味します。

その場合に資格があれば分かりやすくスキルを示すことができるので、面接を有利に運ぶことができるのは間違いないありません。

資格より就職先が重要

就活や転職で有利になりたいために、とりあえずプログラミングを学ぶ人が増えています。

でも、あなたが就職したい企業はプログラミングスキルを必要としていますか?

例えば、ゲーム制作会社でゲームを作ったり、ソフト開発の企業でカスタマイズを行ったりする場合は、プログラミングスキルが必要です。

しかし、ゲーム会社に入っても、営業であればプログラミングスキルは必要ありません。

つまり、どんな仕事をして、どんな会社で働きたいかという就職先によって変わります。

まずは仕事としてプログラミングをしたいのか、考える必要があります。

就職を有利にするプログラミング資格の活用法

プログラミング資格を活かすためには?

先ほど採用の場で資格は有効に使えるということをお伝えしました。

とはいえ、『資格を持っていればOK!問題なし!!』というわけにはいかず。。

ダメ押しの一つとして用意しておくくぐらいの気持ちで取得することをおすすめします。

どう考えておくのがいいかというと、以下の図式で考えるといいですね!

一般的にはやはりこの図式になると思います。

経験+資格>経験のみ>資格のみ>どちらもなし

(出典:ビジネス系資格をめぐる3つの疑問と、5つの活用法

このように経験+資格のアピールでダメ押しする形が理想ですね。

とはいえ、未経験の場合には経験がゼロなので、どうアピールするべきかというのを次に解説していきます。

プログラミング未経験なら『資格+制作物』でアピール

経験ゼロでも実務経験と同じくらい重要になるアピールが制作物の提出です。

エンジニアの場合には、簡単なプログラムを作ったり、Webサービスを作ることで自分ができることを分かりやすく示すことができます。

企業側は経験年数を採用条件に入れていることがほとんどですが、それも制作物があれば問題なく採用される場合がほとんどなので、未経験だからと諦めるのは早いです。ということで、、

  • 実務経験がある場合には、「経験+資格」
  • 未経験の場合には、「制作物+資格」

とこのように資格と合わせて就職成功に向かって計画的に準備していきましょう!

やりたい事が分からない、でも就職は有利にしたいというあなたへ

将来やりたいことを見つけなくてはいけない、というプレッシャーに悩まされる就活生が非常に多いですよね。

もちろん、やりたい事があり、それに向かって努力することは無駄がなく非常に効率的です。

しかし、やりたい事が変わる可能性はあるし、大人になってもやりたい事が分からない人は大勢います。

でも、何もせずにただ時間を費やしてしまうのであれば、まずはプログラミングを勉強してみましょう。

プログラミングを学ぶだけでも得られるメリットがあります。

ただ、プログラミング学習を何から始めればいいかわかりませんよね。

どの言語を選ぶかさえ、未経験者のあなたには難しいはずです。

そんな時は、無料体験レッスンで相談することをオススメします。

こちらの無料体験レッスンでは、実際に授業を体験するのではありません。

就職のためのアドアイスや就活で不安に思っていることをプロのキャリアカウンセラーに相談する事ができるんです。

もちろん無料で。

色々不安で悩む事ばかりですが、まずは無料でプロに相談する事をオススメします。

Javaのプログラミング資格『Java SE 8 認定資格』

スクリーンショット 2016 05 18 19 13 52
URL:http://www.oracle.com/jp/education/certification/jse8-2489021-ja.html#3

公式には次のような目的が示されている資格です。

「Java SE 8」は、冗長的なコードの削減、コレクションやアノテーションの改善、並列処理プログラミング・モデルの簡素化、最新のマルチコア・プロセッサの効率的な活用により、企業システムやクラウド・サービス、スマート・デバイスなどで活用されるアプリケーション開発を加速させます。この資格を取得することで、業界標準に準拠した高度なスキルを証明します。(出典:最新のJava開発プラットフォーム「Java SE 8」の認定資格を発表)

資格の種類・難易度

OracleのJavaの資格にも「JavaJava EE」「Java ME」「Java SE」があります。

難易度は「Bronze」「Silver」「Goled」の3段階です。

また、Javaなどのプログラミング資格にはバージョンにより若干の差異がある点にも注意が必要です。

学習のレベルは主に以下の程度になります。

Bronze … 基本が分かっていれば取れるレベル
Silver … 入門書を終えて開発をしたことがあれば取れるレベル
Gold … データベースなど開発に関わる周辺知識や設計など、Javaのシステム開発全般について担当者レベルで理解していれば取得できるレベル

Goldまで2ヶ月で取得された方も居るようです。

参考:2ヶ月でOracle認定JavaプログラマGoldSE7を取得

資格のおすすめポイント

・Javaを教える仕事で評価されやすい
・特に大きい企業からの受託案件において他の言語の資格より比較的有利
・公的な機関の案件開発等の受託案件獲得にも少し有利

Rubyのプログラミング資格『Ruby技術者認定試験制度』

スクリーンショット 2016 05 18 19 17 56
URL:http://www.ruby.or.jp/ja/certification/examination/

公式には次のような目的が示されている資格です。

1. Rubyの学習・教育において、到達目標となる技術レベルの基準を示す
2. Ruby技術者が、技術力を確認し、他者にアピールする基準を示す
3. 企業などのRuby技術者の採用(雇用及び開発委託)に際しての判断の基準を示す
(出典:Ruby技術者認定試験とRails技術者認定試験のご紹介)

資格の種類・難易度

Rubyの資格は現在は次の2種類が存在します。

「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1」
「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold version 2.1」

Silver … 普段からRubyをすらすら書いている人には少し学習すれば簡単に取れる内容
Gold … Rubyの普段の開発では使わないような内容も出てくるため開発者でもそれなりに学習が必要

出題範囲等は公式サイトに細かく書いていますので、確認してみてください。

参考:Ruby Programmer Gold 2.1 に合格した!次は Platinum 狙うぞ

資格のおすすめポイント

  • 技術者に対して「新しい知識」が有ること・勉強習慣があることをアピール出来る
  • Rubyを教える仕事に有利
  • ベンチャー企業の採用に少しだけ有利
  • 個人発注の受託開発獲得で少しだけ有利

※Rubyを採用している企業はベンチャーであることが多いため実力主義な事が多いです。
※プログラミング教育のような事業以外では、やはりアプリを実際に作って持ち込んだほうがしっかり評価はされます。

PHPのプログラミング資格『PHP技術者認定試験』

スクリーンショット 2016 05 18 19 40 02
URL:http://www.phpexam.jp/

公式には次のような目的が示されている資格です。

PHPの専門技術取得能力を正当に評価できる技術者認定試験を実施することにより、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的とする。(出典:PHP技術者認定試験概要)

資格の種類・難易度

PHPの資格として、「PHP5技術者認定初級試験」「PHP5技術者認定上級・準上級試験」「PHP技術者認定ウィザード」が存在します。

近年合格率は、初級:68%、上級:10%程度とも言われています。

上級以上の資格は技術者の人にとってもしっかりとした学習が必要と言えます。

参考:資格の王道

資格のおすすめポイント

  • 技術者に対して「スタンダードな知識」が有ること・勉強習慣があることをアピール出来る
  • PHPを教える仕事に有利
  • 無料で学習できる教材」が公式で配られている
  • サーバサイドの技術者が少ないWEB制作会社で仕事をする際に有利
  • 個人発注の受託開発獲得で少しだけ有利

Pythonのプログラミング資格『Python3エンジニア認定試験』

Python試験___一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

URL: https://www.pythonic-exam.com/exam

・Pythonをこれから始める人などを対象に、学習の目安を提供し習熟度チェックを行う
・プログラミングフィロソフィー「Pythonic」の普及推進を行う
・Python関連の一団体として試験関連の情報発信を行い、Pythonの普及を推進する
(出典:一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会)

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会はこの上記の方針をもとにPython3エンジニア認定試験を作っています。まだ公式には認定試験の目的の発表されていないようですが、これからのPythonの需要を考えた試験ですね。

資格の種類・難易度

資格の種類としては、、

  • Python 3 エンジニア認定基礎試験
  • Python 3 エンジニア認定データ解析試験

この2つがあります。

どちらも正解率は70%で合格ラインとなっています。

Python3エンジニア認定基礎試験の概要は、

概要:文法基礎を問う試験
受験料金:1万円(外税) 学割5千円(外税)
問題数:40問(すべて選択問題)
試験時間:60分
合格ライン:正答率70%
試験センター:全国のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンター
出題範囲:主教材であるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」の掲載内容を出題範囲として、以下の比率で出題いたします。また、一般的な知識からも出題されます。
認定教材:こちらをご覧ください。
認定スクール:こちらをご覧ください。
(出典:PythonED)

基礎試験に関しては、難易度としてパーセンテージがはっきり出ているわけではありませんが、実際に試験を受けた方の感想は以下です。

Pythonがある程度かけるレベルの人であれば勉強なしでも合格できる。(出典:Qiita)

とのこと。

基礎試験に関しては、あくまで基礎試験なので難易度的には優しい問題が多く、受験時間も少しで済んでしまうようです。

とはいえ、これから整備されてくる試験ではあるので、試験レベルが優しいうちに取得しておくという手もあるかもしれません。

資格のおすすめポイント

  • 基礎学習を終えたPython初心者の方の力試しになる
  • 自信につながる
  • スキルがそこまでなくても、資格が取れる

C言語のプログラミング資格『C言語プログラミング能力認定試験』

C言語プログラミング能力認定試験・Javaプログラミング能力認定試験_~第44回全国一斉公開試験受験申込受付中__~|サーティファイ認定試験事務局

URL: https://www.sikaku.gr.jp/cj/lp.html

次のような目的が示されている資格です。

C言語プログラミング能力認定試験、Javaプログラミング能力認定試験は、プログラマやシステムエンジニアとして活躍されている方の保有スキルを客観的にアピールできる「1級」から、これからプログラミングを学び始める方を対象とした「3級」まで、幅広いスキルを測定できます。これまで数多くのエンジニアに利用され、累計で20万人以上(平成28年度実績)の受験実績があります。(出典:C言語プログラミング能力認定試験・Javaプログラミング能力認定試験 サーティファイ認定試験事務局)

資格の種類・難易度

資格の種類は、

  • C言語プログラミング能力認定試験1級
  • C言語プログラミング能力認定試験2級
  • C言語プログラミング能力認定試験3級

と3つに分かれています。

難易度としては、1級から3級までの受験者全体で67.9%という数字です。(出典: 資格の門)

公式で発表されている勉強時間の目安として、

  • 3級は110時間
  • 2級は210時間
  • 1級は280時間

これだけの時間が必要になっているとのことでした。

3級や2級に関しては、基礎的な問題を出題されるので、実務経験がなかったとしても合格する可能性はかなりあります。

1級に関しても応用問題も多少でますが、きちんと手を動かし、対策を行っていれば独学でも十分合格圏内に入ってくる試験です。

『努力すれば報われる』素晴らしい試験ですね!

資格のおすすめポイント

  • 現場経験がなくても勉強を積み重ねれば合格圏内に入ることも難しくない
  • 1級から3級まであるので、段階的に学習することができる
  • 20万人以上の受験実績

IPAの国家資格『情報処理技術者試験』

スクリーンショット 2016 05 18 19 51 54
URL:http://www.jitec.ipa.go.jp/

公式には次のような目的が示されている資格です。

1.情報処理技術者に目標を示し、刺激を与えることによって、その技術の向上に資すること。
2.情報処理技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、学校教育、職業教育、企業内教育等における教育の水準の確保に資すること。
3.情報技術を利用する企業、官庁などが情報処理技術者の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて情報処理技術者の社会的地位の確立を図ること。
(出典:情報処理技術者試験(METI/経済産業省))

資格の種類・難易度

情報処理技術者試験には様々な種類があります。

スクリーンショット 2016 05 18 19 57 31URL:http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

ITパスポートはシステム利用者を想定しているので開発側の資格ではありません。

スペシャリストにも様々な種類がありますが、特にプログラミングによるシステム開発に直接活かすことを考えるのであれば、

「データベーススペシャリスト」「情報セキュリティスペシャリスト」「ネットワークスペシャリスト」がオススメです。

難易度としては、
基本情報技術者 … 開発をしたことがある人であれば、数十時間程度の学習で取得可能です。
応用情報技術者 … 技術者でも広い知識と、それなりの用語の理解・暗記が必要です。
スペシャリスト … 各専門範囲での深い知識と、用語の理解・暗記が必要です。

知識によっては応用情報技術者よりもスペシャリストの方が取りやすい場合もあります。

資格のおすすめポイント

  • 国家資格なので「幅広い基礎知識」があることがアピール出来る
  • 運用保守業務などにおいて一定の評価を得られる
  • プログラミングスキル+αとしてデータベーススペシャリストなどがあると信用を得やすい

※プロのエンジニアとして採用や就職・転職に活かすとなれば、応用情報以上、主にスペシャリストと呼ばれるLv4の資格以外はほぼ評価されないと考えても良いでしょう。

Linuxのプログラミング資格『LPIC(エルピック)』

スクリーンショット 2016 05 18 20 07 51
URL:http://www.lpi.or.jp/

LPICとはLinuxを使用できる技術者を普及させる為の資格です。

公式には次のようにも紹介されています。

LPICはLinuxの技術力を中立公正に判定するIT資格です。
製品メーカーや配布元企業に全く依存せず、
常に中立公正な立場で、Linux技術力を評価しています。
(出典:IT資格といえば Linux技術者認定試験LPIC)

資格の種類・難易度

資格の種類としては「LPIC-1」「LPIC-2」「LPIC-3」が存在します。

LPIC1 … エンジニアとしてLinuxを利用したことが有り、シェルスクリプトなどが書ければ問題ありません(公式によると勉強期間目安1か月~3か月程度)
LPIC2 … 自信でWEBサーバやファイルサーバを構築したことがあれば少し学習すれば取得可能です(公式によると勉強期間目安3か月~半年程度)
LPIC3 … 大規模なシステムや特殊な認証システムなど、人によっては普段利用しない深い知識が必要になります(勉強期間目安半年~1年程度)

資格のおすすめポイント

  • サーバサイドエンジニアとしての仕事獲得に有利
  • WEBを始めとした様々な開発の現場で汎用的にアピールできる
  • 無料で学習できる教材」が公式で配られている

まとめ

プログラミング関連資格について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

業界や企業によって資格に対する評価の仕方も変わってきます。

ご自身のキャリアや仕事獲得の手段として有益に利用して頂けましたら幸いです。

関連記事

Rubyカリキュラム無料公開中!
この記事はRuby入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Ruby学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくRubyを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


Rubyを最短で習得したい方へ
近年では様々なWEBサービスが流通するようになりました。

WEBサービスの普及が進むにつれて、それらを素早く開発するのに長けたRubyの人気は今後さらに増し、Rubyエンジニアの需要も自ずと増えることは間違いなしでしょう。

元々ITリテラシーの高い方や他言語を習得している方であれば、独学でRubyを習得することが可能です。

ただし、プログラミング学習をしている方の多くは

「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」
「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」
このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • WEBアプリケーション開発までしっかりサポートして欲しい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、「CookPad」、「Wantedly」、「食べログ」のようなWEBアプリケーション開発方法もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルWEBアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

Rubyならではの学習方法や、現役フリーランスRubyエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像から弊社サービス内容をご確認ください。

ruby_a2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

井上 慎也

井上 慎也

侍エンジニア塾のインストラクター。フリーでWEB制作の受託や自身の事業の傍ら、侍ではWEBプログラミング方法の指導やプログラミング学習コミュニティの運用を行っている。
好きなショートカットキーは、command + w 。愛機はMac Book Pro。ブラウザのタブを大量に開きがち。