スライドショー

【Python入門】せっかく書いたプログラムが実行できないって!?

Pythonをインストールして、いよいよプログラムを書いて、実行してみよう!と思っても、どうやって実行するのかわからない!

ということになっていませんか?

この記事では、

  • Python(またはAnaconda、またはPyCharm)をインストールしたんだけど実行方法がわからない!
  • コマンドプロンプトを起動して、って書いてあるけどどうやるの!?
  • コマンドプロンプトを起動して、「python helloworld.py」と入力してもエラーメッセージが出るんだけど!


といったところでつまずいてしまったあなたに贈る、Pythonのプログラムの実行方法を説明する記事です。

いろいろなページでサラッと書いてあることは、そんな意味だったのか!と目からうろこが落ちる記事になっていますので、ゆっくりお読みください。

Pythonでせっかく書いたプログラムが実行できない!?

以下のようなhelloworld.pyを、「D:\Python\helloworld」フォルダに作成しましょう。

print("Hello World!")

次に、「python helloworld.py」と入力して実行しましょう。

Hello World!

と表示…されたらこの記事は読んでいませんよね。

この『「python helloworld.py」と入力して実行しましょう。』のたった1行で説明されている操作を、インストールした環境ごとに説明していきます。

Python環境別プログラムの実行方法

Python 3.6をインストールした場合

まずは、以下の記事を参考にPython 3.6をインストールした場合の、実行方法から説明しましょう。

ただし、インストールの途中で表示される「Add Python 3.6 to PATH」にチェックをつけましょう。これは、隠れたつまずきポイントです。

Pythonのインストール方法をOS別に解説(Windows・Mac・Linux)
更新日 : 2019年8月1日

ここでは、Windows 10にインストールした場合の操作を説明します。

まずは、以下の内容のhelloworld.pyを、DドライブのPythonフォルダの中のhelloworldフォルダに作成しましょう。

print("Hello World!")

「helloworld.py」をエクスプローラーで確認すると以下のようになります。

python-execute01

では、このhelloworld.pyをPython 3.6で実行しましょう。

(1)スタートボタンを右クリックして、「コマンドプロンプト」をクリックします。

python-execute02

(2)「D:」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute03

(3)「cd D:\Python\helloworld」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute04

(4)「python helloworld.py」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute05

「Hello World!」と表示されましたか?

python-execute06

表示されていれば、これで作成したファイルが、Python 3.6で実行できたことになりますね!

もし、以下のようなメッセージが表示されたときは、次の点を確認します。

D:\Python\helloworld>python helloworld.py
python: can't open file 'helloworld.py': [Errno 2] No such file or directory
  • D:\Python\helloworldフォルダにhelloworld.pyが保存されていますか。
  • 「helloworld.py」を間違えて「heloworld.py」(lが1つしかない)などになっていませんか。
  • 「python helloworld.py」と入力するときに、カーソルより左側に「D:\Python\helloworld>」と表示されていますか。

Anacondaをインストールした場合

次は、以下の記事を参考にAnacondaをインストールした場合の実行方法です。

【TensorFlow/Chainer挑戦者必見】Anacondaのインストール方法
更新日 : 2018年8月21日

Anacondaの場合も、以下の内容のhelloworld.pyを、DドライブのPythonフォルダの中のhelloworldフォルダに作成しましょう。

print("Hello World!")

「helloworld.py」をエクスプローラーで確認すると以下のようになります。

python-execute01

では、このhelloworld.pyをAnacondaのbase (root)環境で実行しましょう。

(1)スタートボタンをクリックして、「Anaconda3 (64-bit)」→「Anaconda Navigator」の順にクリックします。

python-execute07

(2)「Environments」をクリック後、「base (root)」をクリックし、「python-execute09」をクリックして、「Open Terminal」をクリックします。

python-execute08

(3)「D:」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute10

(4)「cd D:\Python\helloworld」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute11

(5)「python helloworld.py」と入力し、Enterキーを押します。

python-execute12

「Hello World!」と表示されましたか?

python-execute13

表示されていれば、これで作成したファイルが、Anacondaで実行できたことになりますね!

もし、以下のようなメッセージが表示されたときは、次の点を確認します。

(base) D:\Python\helloworld>python helloworld.py
python: can't open file 'helloworld.py': [Errno 2] No such file or directory
  • D:\Python\helloworldフォルダにhelloworld.pyが保存されていますか。
  • 「helloworld.py」を間違えて「heloworld.py」(lが1つしかない)などになっていませんか。
  • 「python helloworld.py」と入力するときに、カーソルより左側に「(base) D:\Python\helloworld>」と表示されていますか。

PyCharmをインストールした場合

最後に、以下の記事でPyCharmをインストールした場合の実行方法を説明して終わりにしましょう。

【Python入門】PyCharmが最強おすすめのIDEだ!
更新日 : 2019年8月1日

PyCharmの場合は、先にプロジェクトを作成する必要があるので、ちょっと手間が増えますが辛抱強く行きましょう。

(1)スタートボタンをクリックし、「JetBrains」→「JetBrains PyCharm Community Edition 2018.1.3」の順にクリックします。

python-execute14

PyCharmが起動します。

(2)「ファイル」→「新規プロジェクト」の順にクリックします。

python-execute15

(3)「ロケーション」に「D:\Python\helloworld」と入力し、「作成」をクリックします。

python-execute16

※ここで以下の画面が表示された場合は、「いいえ」をクリックして、別のフォルダを指定してください。既存のフォルダを指定すると、Pythonの実行環境を作成できません。

python-execute17

(5)「helloworld D:\Python\helloworld」をクリックします。

python-execute19

(6)「ファイル」→「新規」の順にクリックします。

python-execute20

(7)「Pythonファイル」をクリックします。

python-execute21

(8)「名前」に「helloworld.py」と入力し、「OK」をクリックします。

python-execute22

(9)「print(“Hello World!”)」と入力します。

python-execute23

(10)「実行」→「デバッグ」の順にクリックします。

python-execute25

(11)「helloworld」をクリックします。

python-execute26

helloworld.pyが実行され、PyCharmの左下に「Hello World!」と表示されます。

python-execute27

これで、PyCharmで実行できたことになりますね!

あなたが学ぶべき言語はPythonで本当に大丈夫?

ここまでPythonで書いたプログラムの実行方法を解説してきましたが、この記事をご覧の方の中には、

このままでPythonを習得できるのだろうか..?

と不安になっている人もいるのではないでしょうか?そんな方には、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。それは、そもそもあなたがPythonを学ぶ目的は何か?本当に学ぶべき言語はPythonで間違いないか?ということです。

Pythonを学ぶ目的や理由は明確ですか?

Pythonに限った話ではありませんが、プログラミング学習はエラーとの戦いが大半なので、学ぶ目的や理由が不明確だとモチベーションが下がってしまい、挫折してしまいやすいです。

なのでもしあなたが今、

  • なんとなくPythonが人気そうだから
  • Pythonは将来性がありそうだから

といったような、ぼんやりした理由でpythonを学んでいるとしたらそれは挫折に繋がりやすい状態かもしれないので要注意です。もっと言うと、そもそもあなたが学ぶべき最適な言語が他にあるという可能性も考えられます。

どのプログラミング言語を学ぶか?はその先のエンジニア人生を左右すると言っても過言ではありません。もしあなたが言語選定に少しでも不安があるなら、まずはプログラミング言語無料診断アプリを使ってみてください。

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの言語や学習プランを1分ほどで無料診断致します。

挫折せずに学びたいなら

また、学ぶべき言語はPythonで間違っていないけど、エラーとの戦いに消耗している方や、Python学習に最適な学習環境を作れていない人もいるかもしれません。

というのも、一般的にPythonは初心者でも学びやすい言語と言われていますが、そもそも機械学習という分野は、プログラミング以外にも専門的な知識や数学の知識も必要になってくるので、実はかなり挫折しやすい言語でもあるのです。

なのでやはり、つまずいた時に分からない部分を聞ける環境を作っておくと、挫折する事なく学習を続けられスキルを習得できる可能性がグッと上がります。

もしあなたが今Pythonの独学に少しでも不安を抱いているのであれば、ぜひ弊社「侍エンジニア塾」をご利用ください。

弊社では機械学習専門コースを用意しており、現役エンジニアがマンツーマンであなたの学習をサポートします。また、転職支援や独立・起業サポートもしているので、学習した先も安心ですよ。

もちろん、いきなり入会するのは不安な人も多いと思います。そこで、興味がある人はまず無料体験レッスンを利用してみてください。弊社随一のコンサルタントが、あなたの理想や目標をヒアリングした上で、あなたにぴったりの学習プランを提供させて頂きます。

無料体験は下記ボタンから1分ほどで予約できるので、ぜひお気軽にご利用ください。オンラインでの利用も可能となっています。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの予約はこちら

まとめ

今回は、Pythonのインストールが終わった方に向けて、自分で書いたプログラム(helloworld.py)を実行する操作を説明しました。

『「python helloworld.py」と入力して実行しましょう。』のたった1行で説明されている操作が、実はこんなに大変だったのか!と目からうろこが落ちたのではないでしょうか。

ここまでくれば、あとは自分が好きなようにプログラムを書き、実行するだけです! その「実行するだけ」が大変ではありますが、何とかやっていけそう!という気がしてきたのではないでしょうか。

では!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説