目的別!WordPressの管理画面をカスタマイズする方法とプラグイン

こんにちは! ライターのナナミです。

WordPressを使う上で欠かせない機能といえば、管理画面ですね。
この管理画面、もっと使いやすくしたいと思ったことはありませんか?

実は、管理画面は色々なカスタマイズを行なうことができるんです。
今回はそんなカスタマイズ方法や、よく使うカスタマイズの具体的な実装方法をご紹介します。

自分が使いやすい管理画面にカスタマイズして、さらにWordPressを楽しく使えるようになっちゃいましょう!

管理画面のカスタマイズ方法は2つ

管理画面をカスタマイズする方法は、大きく分けて2つあります。
それぞれの方法について、簡単に確認していきましょう。

プラグインを使う

WordPressといえばプラグインですね。

プラグインとは、WordPressに機能を追加することができるファイルのことです。


https://ja.wordpress.org/plugins/

この機能追加により、管理画面のカスタマイズもできちゃうというわけですね。

コードなどの知識がなくても使えるので、WordPressやプログラミングの知識がそんなになくてもカスタマイズが可能です。
その分多少自由度は落ちますが、実装が楽なのは嬉しいですね。

プラグインの設定方法などについて確認したい方は、下記の記事も参照してみてください。

>>WordPressに便利機能を追加!プラグインの設定方法

functions.phpを使う

functions.phpとは、WordPressの機能や設定に関わるコードを書くファイルです。
このファイルにコードを書くことで、管理画面をカスタマイズすることもできます。

自由度が高いので、完全に自分好みのカスタマイズが可能です。
しかしその分、PHPWordPress独自タグなどの知識が必要になります。

難易度が高いのでちょっと玄人向けですが、色々とサンプルコードを紹介しているブログも多いので、そういうのを参考にして実装するのもありですね。

権限ごとにメニューを変更してみよう

ではここからは、実際のカスタマイズを紹介していきましょう!

まずは権限ごとにメニューの表示を変更してみましょう。

そもそも権限って何?という方は、下記の記事で確認してみてくださいね。

>>サイトの管理を役割分担!WordPressの権限とは?

プラグイン「Adminimize」を使って実装する

まずはとっても簡単な方法、プラグインを使った方法です。

下記のプラグインを使うことで、簡単に権限ごとのメニュー内容を設定することができます。

Adminimize

https://ja.wordpress.org/plugins/adminimize/

使い方については、下記の記事が詳しく解説しているのでこちらを参照してください。

>>Adminimizeの使い方

functions.phpにコードを書いて実装する

プラグインを使わなくても、コードを書いて実装することも可能です。

functions.phpに下記のようなコードを書いていきましょう。

PHP

このコードがどのようになっているのか、細かく確認してみましょう。

関数を宣言

まずは非表示にするコードをまとめる関数を宣言しましょう。

PHP

関数名の部分は、自由に決めていただいて構いません。
今回はわかりやすいように、remove_menusという関数名にしています。

対象となる権限を指定

下記の記述で、対象となる権限を指定しています。

PHP

権限名の所には、各権限の名称が文字列で入ります
下記を参照して入れましょう。

権限名記述
管理者administrator
編集者editor
投稿者author
寄稿者contributor
購読者subscriber

例としたコードは、current_user_can否定演算子(!)をつけることで、「管理者以外」という条件にしています。

非表示にするコードを書く

先ほどの条件式の中に、非表示にするコードを記入していきます。

非表示にするコードはWordPressの独自関数、 remove_menu_pageを使います。

PHP

非表示にしたい項目、となっている部分には、項目の名称を入れます。
名称は下記のように記述しましょう。

項目記述
ダッシュボードindex.php
投稿edit.php
メディアupload.php
固定ページedit.php
コメントedit-comments.php
外観themes.php
プラグインplugins.php
ユーザーusers.php
ツールtools.php
設定options-general.php

複数の項目を非表示にしたい場合は、その数だけremove_menu_pageで指定してあげればOKです。

>>remove_menu_pageのリファレンスはこちら

管理画面のデザインを変更してみよう

管理画面とはいえ、自分の好みのデザインにできると運用の時ちょっとテンション上がりますよね。

そんな時は、Add Admin CSSというプラグインを使ってみましょう。

Add Admin CSS

https://ja.wordpress.org/plugins/add-admin-css/

このプラグインは、管理画面に独自のCSSを適用させることができるプラグインです。
CSSを使うことで、色などを変更できるというわけですね。

CSSってなんだろう…
という方は、下記の記事もチェックしてみてください。

>>サイトの見た目を設定できる、CSSとは?

エディタを使いやすくしてみよう

記事を投稿する時の本文エディタ、もっと色々な機能を追加したいなんてこともありますよね。
これもプラグインを使うことで、とっても簡単に機能を追加することができます。

例えば、TinyMCE Advancedというプラグインを使うと、ビジュアルエディタのボタンを増やすことができます。

TinyMCE Advanced

https://ja.wordpress.org/plugins/tinymce-advanced/

他のプラグインは下記の記事で紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

>>エディタをもっと使いやすくするプラグイン紹介

投稿の種類を増やしてみよう

例えばポートフォリオサイトを作っていたとして、自分の作品紹介の投稿と日々のブログ投稿を分けられたら便利だと思いませんか?

WordPressは、デフォルトの投稿以外の投稿機能を追加することができます。
この追加した投稿を、カスタム投稿と言います。

カスタム投稿は、functions.phpへの記述でも追加できますが、プラグインを使った追加の方が楽チンです。

おすすめは下記のCustom Post Type UIです。

Custom Post Type UI

https://ja.wordpress.org/plugins/custom-post-type-ui/

管理画面上で項目名やラベルを入力するだけで、カスタム投稿をサクッと実装できちゃいます。

下記の記事が詳しい使い方を紹介しているので、こちらも確認してみてください。

>>Custom Post Type UIの使い方

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したのは、カスタマイズ方法のほんの一部です。
プラグインfunctions.phpを活用すれば、もっと色々なカスタマイズをすることができます。

ぜひ自分が使いやすい管理画面にして、WordPressを楽しんでくださいね。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナナミ

ナナミ

1991年生まれ。
文系大学卒業後、フリーターを経てフロントエンジニアになる。
HTML、CSS、 jQueryなどのコーディングやCMS設計に従事。
文系からエンジニアを目指す人にもわかりやすい記事を目指して、日々精進中。
体は日本酒でできている。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説