スライドショー スライドショー スライドショー

稼げるプログラミング言語ランキング【2020版】

 

どうせならプログラミングを学んで稼ぎたい。
なるべく需要の高いプログラミング言語を学びたい。

 

プログラミングを勉強するならば、なるべく稼げる言語を身につけたいところ。プログラミング言語は200以上もあり、需要がない言語を学んでも大きく稼ぐことはできません。

この記事では稼げるプログラミング言語を、年収・案件数・人気の観点からランキング形式で紹介します。初心者が稼ぐためのおすすめプログラミング言語も紹介するので、言語選定にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「稼げる」プログラミング言語の定義とは

“稼げる”プログラミング言語の定義

画像:稼げるプログラミング言語の定義

まず、稼げるプログラミング言語とはどんな言語かを紹介します。冒頭でもお伝えしたとおり、

  • 年収
  • 案件数
  • 人気

という3つの観点で各プログラミング言語を比較していきます。

その1.年収が高い

稼ぐのが目的でプログラミングを学ぶなら、単純に年収が高い言語を選びましょう。プログラマーと言ってもさまざまな種類や業界があります。どの分野で働くかによって年収が変わるので、気をつけてください。

年収の高い言語を学べば、1つの案件で大きく稼げます。フリーランスの方などは1つの案件で大きく稼いで、その後しばらく休むといった働き方をしている人も少なくありません。1つの案件で大きく稼げれば、自由な働き方にも繋がるでしょう。

その2.案件数が多い

案件数が多ければ、安定した仕事の供給が見込めます。案件自体が少なければ当然仕事も減るため、案件数は重要な要素です。案件の多い言語は今後も継続的に仕事を受注できる上、将来性もあると考えられます。

社内で働いている場合はあまり意識しないかもしれませんが、フリーランスの場合は案件数は死活問題です。また案件数が多ければ内容や待遇の良い仕事を選べるので、たくさん稼げる可能性も高まります。

その3.人気がある

人気があるということは需要が高いということなので、単価も高い傾向にあります。現在主流の言語であれば採用している企業も多いので、エンジニアの人手不足も相まって稼ぎやすいでしょう。

人気がある言語は、今後も需要が伸びていく可能性が高いです。例えば人工知能やブロックチェーン、AIなど、将来性がある分野で使われている言語であれば、今後の需要も高まっていくでしょう。

【2020年】年収の高いプログラミング言語ランキング

今回はHRogリストで掲載された年収の高いプログラミング言語表をもとに、それぞれの言語の特徴をご紹介します。

第1位:データ分析に特化した「R言語」

R言語は統計解析に特化したプログラミング言語。ほかの言語のようにさまざまなモノを作るのではなく、データ分析に用いられます。

求人年俸平均額は474万7434円 ~ 831万1375円。(引用元:HRog)特徴としては、円グラフや折れ線グラフなどのさまざまなグラフ出力など、データ分析を行うのに便利な機能があるところです。

近年、ビッグデータの活用や機械学習の分野が発展しているため、そこで使われるR言語の需要が高まっています。コード自体はそれほど難しくありませんが、使いこなすには統計分析などの知識も必要です。

【入門】R言語とは? 言語の特徴・できることを分かりやすく徹底解説
更新日 : 2020年5月12日

第2位:Googleが開発した「Go言語」

Go言語はGoogleが生産性、拡張性を上げるために開発した言語。実行速度の速さや拡張性の良さ、クロスプラットフォーム対応などの特徴があります。

求人年俸平均額は463万4384円 ~ 791万5711円です。(引用元:HRog

表記方法が限定的なので、誰が書いても同じような記述になるのもGo言語のメリット。そのため複数のエンジニアが携わる大規模な開発や、複雑なシステム構築などで使用するのに最適です。言語構造がシンプルなため、初心者でも比較的学習しやすい言語といえます。

Go言語とは?Go言語の特徴7つと言語が活かされている分野実績も紹介
更新日 : 2020年1月24日

第3位:JavaScriptと互換性の高い「TypeScript」

TypeScriptは、JavaScriptを進化させたようなプログラミング言語。そのためJavaScriptと互換性が高く、JavaScriptよりも短いコードで記述できます。

求人年俸平均額は460万5892円 ~ 787万5212円です。(引用元:HRog

TypeScriptは静的型付けのため、エラーを発見しやすくなったり、大規模開発がしやすくなったりするのがJavaScriptとの大きな違いとしてあげられます。またクラスベースのオブジェクト指向のため、JavaやC++などほかのオブジェクト指向言語を使える方は、比較的学習が容易です。

TypeScriptについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

TypeScriptとは? Webアプリ開発で注目の言語を初心者向けに徹底解説
更新日 : 2021年10月1日

第4位:オブジェクト指向と関数を扱える「Scala」

Scalaはオブジェクト指向と関数型を両方扱える、ハイブリッドなプログラミング言語。Javaでできることが全てできる、Javaの後継言語と言われています。

求人年俸平均額は459万8970円~ 789万8019円です。(引用元:HRog

Java仮想マシンであるJVM上で動かせるため、OSを気にした処理をする必要がありません。またJavaのライブラリも利用できるため、これまで20年以上蓄積されたJavaのライブラリを活かせるという点も、他の言語と比べて有用性が高いポイントでしょう。

Scalaとは? 人気の秘密や勉強方法までまとめて解説
更新日 : 2020年5月26日

第5位:Androidアプリ開発の公式言語「Kotlin」

KotlinはAndroidの開発言語として公式にサポートすると発表されたことにより、知名度が上がりました。そのためスマホアプリの開発においてシェアを広げています。

求人年俸平均額は452万1563円~ 754万9194円です。(引用元:HRog

Javaと同じJVM上で動かせるため互換が高く、Javaよりもシンプルなのでコード記述量が少なく済みます。KotlinはJavaなどと同じ、静的型付けのオブジェクト指向言語です。見た目もJavaやC++などの雰囲気に近いため、これらの言語を扱える方は読み書きしやすいでしょう。

【超入門】Kotlinとは? いま話題のAndroidアプリ開発言語を徹底解説
更新日 : 2021年10月1日

案件数の多いプログラミング言語ランキング

案件数の多いプログラミング言語ランキング

画像:案件数の多いプログラミング言語ランキング

次に在宅案件数の多い言語ランキングを紹介します。案件数の目安として、クラウドソーシングサイトのクラウドワークス、ランサーズで検索した案件数も記載していきます。

ランキングは下記の記事を参考にしているので、より詳しい内容はこちらをご覧ください。

在宅案件数の多いプログラミング言語はどれか?徹底比較
更新日 : 2020年10月23日

第1位:汎用性の高さが魅力「C#」

C#はMicrosoftが開発した、Windows向けアプリケーションの開発によく使われている汎用的なプログラミング言語。アプリケーションだけでなくWeb開発にも使えて、AndroidやiOS、MacOSにも対応しているので、多くの現場で利用されています。

そのため案件数は多く、565件見つかりました。(調査サイト:クラウドワークスランサーズ

統合開発環境(IDE)であるVisual Studioを使うと、簡単にテキストボックスやボタンを設置できるので、プログラミング初心者でもキレイなGUIアプリケーションが作成できます。

専門知識いらず!C#とは?言語の特徴やメリットを網羅的に徹底解説
更新日 : 2021年1月25日

第1位:C言語を拡張した言語「C++」

C++はC言語を拡張したプログラミング言語。さまざまなところで使われており、PCソフトの開発やモバイルアプリ、家電やゲーム機、業務システムなどにも使用されています。

そのためC++は利用できる幅が広く、覚えておいて損はない言語です。広い範囲で使えるメリットがある反面、C++は記述が複雑になりやすいところがあります。使いこなすにはそれなりのスキルが必要ですが、扱えれば応用の効くエンジニアになれるでしょう。

案件数はC#と同じく565件です。(調査サイト:クラウドワークスランサーズ

今更聞けない!C++プログラミングとは何か?〜基礎の基礎を学ぼう〜
更新日 : 2019年10月15日

第3位:Web開発に強い「PHP」

PHPはWebサービス、Webアプリを開発するのに適した言語。HTMLに埋め込んで使えるため初心者でも簡単に扱うことができ、データーベースと連携させて、動きのあるWebページを制作できます。

世界中のWebサイトの3分の1で使われているWordpressも、PHPで作られています。構文がシンプルで簡単なため、プログラミング未経験からでも学習しやすい言語です。案件も簡単なモノからあるので、初心者でも比較的仕事を受注しやすいといえます。

案件数はC#、C++より少し減って、313件です。(調査サイト:クラウドワークスランサーズ

PHPとは?言語の特徴・プログラムの仕組みを初心者向けに解説!
更新日 : 2021年8月2日

第4位:Webページに動きを加える「JavaScript」

JavaScriptはWebサイトやWebアプリ、スマホアプリの開発に使われる言語。最も一般的な使われ方としては、Webページに動きを付ける場面です。画面上で写真を拡大したり、ボタンにカーソルを合わせたときにへこませたりと、ほとんどのWebサイトでJavaScriptによって動きを付けています。

環境構築が不要で情報が豊富、Web開発にも強いので、HTML・CSSを勉強した次に学ぶ方も多い、初学者にもおすすめの言語です。

案件数は225件見つかりました。(調査サイト:クラウドワークスランサーズ

JavaScriptとは?初心者向けに言語の特徴やできること、使い方を解説
更新日 : 2021年10月1日

第5位:Webアプリを効率よく開発できる「Ruby」

RubyはWebアプリケーションやショッピングサイト、ゲーム開発など、さまざまなシーンで利用できる万能な言語。芸術的で美しい言語と言われており、コードが短く簡潔に記述できます。

Rubyは日本で開発された言語なので、日本語の情報が多く初心者でも学習しやすいのがメリットです。汎用性が高くWindows、Mac、Linuxなどさまざまな環境で動作するので、多くの現場で使われています。

案件数は167件です。(調査サイト:クラウドワークスランサーズ

Rubyとは?特徴やできることを初心者向けにやさしく解説
更新日 : 2021年8月2日

人気の高いプログラミング言語ランキング

人気の高いプログラミング言語ランキング

画像:人気の高いプログラミング言語ランキング

次は人気の高いプログラミング言語ランキングです。日経xTECHから発表された「プログラミング言語実態調査」の結果をもとに紹介していきます。

第1位:C++

C++はさまざまな開発現場で利用できる汎用性の高さから、人気があると考えられます。これまで家電などの組み込み機器に使われてきましたが、今後拡大していくIoTの分野でも、実績のあるC++が使われていくでしょう。案件数の多い言語ランキングでも1位なため、需要の高い言語であることがわかります。

アンケートでは回答者440人中136人が使っていると回答しています。(引用元:日経xTECH

C++転職の実態とは?需要や年収から未経験でも目指せるのか徹底調査
更新日 : 2019年11月19日

第2位:Python

Python

画像:Python

PythonはWeb開発から人工知能の開発まで、多くの場面で利用できる汎用性の高い言語。機械学習や計算処理のライブラリ、フレームワークが数多く用意されているため、データ分析やAIの分野での利用が広がっています。構文がシンプルで学びやすいため、初心者にもおすすめの言語です。

回答者440人中127人が使っていると回答しています。(引用元:日経xTECH

Pythonについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Python評判総まとめ!求人情報やSNSから今後の需要を徹底調査
更新日 : 2019年7月30日

第3位:JavaScript

JavaScriptは一般的に、WebシステムやWebアプリの開発で使われています。Web制作現場でよく利用されているため、利用者も多いようです。

回答者440人中110人が使っていると回答しています。(引用元:日経xTECH

GitHubがだしている「機械学習に人気のランキング」でも3位という結果です。今後伸びる機械学習の分野でも人気なことから、将来性もあると考えられます。

JavaScriptについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

JavaScriptの評判は?SNS・年収・人気度等からリアルな評判を探る!
更新日 : 2020年5月8日

第4位:SQL

画像:SQL

SQLはデータベースに対して検索、変更、挿入、削除といった操作ができる言語。アプリケーションやシステムを作る際は、多くの場合データベースを用います。そのためSQLを扱ってデータベースの操作ができれば、開発の現場で役に立つ事もあるでしょう。

回答者440人中106人が使っていると回答しています。(引用元:日経xTECH

SQLはシンプルな抽出といった操作であれば、それほど難しくありません。むしろプログラミング言語よりも取っつきやすいので、初心者でも始めやすいです。

SQLについてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

SQL習得に必要な知識とは?学ぶ理由やメリットについても解説!
更新日 : 2021年8月1日

第5位:C#

C#はWindows向けアプリケーションでよく使われていることから、利用者も多いです。近年ではゲーム開発で使われるUnityの台頭により、さらに需要が増えています。またAndroid、iPhoneのスマホアプリも開発できるようになったことで、さらに利用者が増えたようです。

回答者440人中96人が使っていると回答しています。(引用元:日経xTECH

C#についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

C#の評判まとめ│学習の難易度・需要・人気など色々な視点から分析
更新日 : 2019年8月15日

【総合ランキング】稼げるプログラミング言語トップはどれか

稼げるプログラミング言語トップはどれか

画像:稼げるプログラミング言語トップはどれか

年収、人気、案件数のランキングを紹介してきました。それらを考慮して総合的に考えると、以下の3つが稼げる言語と言えるでしょう。

  • C++
  • C#
  • JavaScript

第1位:C++

案件数、人気ともに1位だったC++が、総合的に見て稼げるプログラミング言語といえます。

業務システムやスマホ・Webアプリケーション、家電の組み込みなど幅広く使えるので、その需要の高さが稼げる理由です。C++を覚えれば、多くの現場で通用するエンジニアになれるでしょう。

第2位:C#

C#はC++と並んで案件数1位、人気5位となったので、総合的には2位となりました。

C#も汎用性の高い言語で、Windowsアプリケーションだけでなく、iOS、Android向けアプリケーションでも使われるようになったので需要が高いです。Unity5ではC#がほぼ独占状態なので、家庭用ゲームの開発をしたい方におすすめです。

第3位:JavaScript

JavaScript プログラミング

画像:JavaScript

案件数4位、人気3位のJavaScriptが、総合ランキングの3位です。

JavaScriptはWeb開発の案件で幅広く使われているためWeb系の需要が高いことから、稼げるプログラミング言語といえます。また将来性が高いところも、今後稼いでいく上で重要な要素です。

稼ぐのにおすすめ!高需要なのにエンジニアが少ない言語

高需要なのにエンジニアが少ない言語

画像:高需要なのにエンジニアが少ない言語

エンジニアが少なければ希少性が高まるので、さらに稼げる可能性も上がります。需要が高いにもかかわらず、エンジニアが少ない言語は以下の通りです。

  • Go言語
  • SwiftやKotlinなどモバイルアプリ開発言語
  • Python

Go言語

Go言語は2009年に開発された比較的新しい言語のため、現場経験者がまだ少ないという実情があります。しかし近年人気が急上昇しており、Goに関するコミュニティなども発展してきました。

Googleが推している事からも、今後の需要の高まりが予想されます。「軽量・高速・シンプル」な言語で、実用性が高く無駄がないことも、人気な理由の1つです。

SwiftやKotlinなどモバイルアプリ開発言語

Appleが開発したKotlinとAndroidの開発で支持されているSwiftも、近年、人気が急上昇しているプログラミング言語の1つです。これらも開発から10年たっていない、比較的新しい言語のためエンジニアは多くありません。

またモバイルアプリの利用が増えたことも、Kotlin、Swiftが伸びてきた要因です。今後の需要も見込めるので、将来性の高い言語でもあります。

Python

PythonはAIを使ったソフトの開発や研究において、トップのシェアを誇っています。今後AIの分野は確実に伸びていくため、将来性は抜群の言語。現在も機械学習の分野は急速に伸びていますが、その成長に対してエンジニアの数が圧倒的に足りていない状況です。

Pythonを学べば、今後AIの分野で求められる人材になれるでしょう。

プログラミング初心者はWeb系言語で稼ごう

プログラミング初心者はWeb系言語で稼ごう

画像:プログラミング初心者はWeb系言語で稼ごう

プログラミング未経験の初心者であれば、Web系のプログラマーになるのがおすすめです。ここではWeb系の言語について紹介します。

学習難易度が比較的低い

初心者にWeb系をおすすめする理由としては、他のプログラミング言語と比べて難易度が低いからです。

HTML&CSS

HTML・CSSはWeb系プログラマーが最初に勉強する言語。HTMLは正確にいうと、マークアップ言語と呼ばれています。

WebページはHTMLによって出来ており、ブラウザがHTMLを読み込むことで、書かれた文章を表示しています。CSSはHTMLにデザインを設定する役割です。CSSによって文字のサイズや色、余白、画像の配置などを決めます。

HTML・CSSがわかれば簡単なWebページを表示できるので、まずはこの2つを勉強しましょう。

JavaScript

JavaScriptはHTML・CSSで作った静的なWebページに、動的な要素を加えられます。

例えば写真をクリックしたときに拡大表示したり、写真が横にスライドする機能を付けたりと、Webページのなかの要素を動かせます。簡単な動きであれば初心者でも難しくはないので、HTML・CSSの次はJavaScriptの学習をしていきましょう。

PHP or Ruby

PHP or Ruby

画像:PHP or Ruby

PHPとRubyは、Web開発の現場でよく使われる言語です。

PHPを使うと簡単にデータベースと連動させられるので、SNSのようなサービスや掲示板などが作れます。RubyはRuby on Railsというフレームワークを使うことで、Webベースの業務システムやWebサイトが作成可能です。

どちらも初心者からの学習はしやすい言語と言えます。

WordPress

WordPressはプログラミングがわからない人でもWebサイトが作成できる、CMSと呼ばれる仕組み。世界中のWebサイトのうち、約3分の1がWordPressで作られているため、WordPressを扱えれば案件も豊富にあります。

WordPressはPHPで作られているため、カスタマイズなどをするにはPHPのスキルが必要です。

案件数が多い

Web系の仕事は案件数が多く、初心者が受注できる内容の案件も少なくありません。

例えばHTML・CSSができるだけでも、コーディングの案件を受けられます。ただHTML・CSSだけでは単価が安い上ライバルも多いです。PHPを勉強してWordPress案件まで取れるようになれば、ある程度稼げるようになるでしょう。

PHPやRubyまで身につければ、安定して稼げて将来性もあるので安心です。

稼げるプログラミング言語の習得ならスクールで

画像:侍エンジニア

ここまで多数のプログラミング言語をご紹介してきましたが、

結局どのプログラミング言語がいいか選べない
エンジニアの人の意見を実際に聞いてみて選びたい

と思った方は、ぜひ一度、当社の運営するプログラミングスクール「侍エンジニア」の無料カウンセリングをご利用ください。

当スクールでは、今回紹介したプログラミング言語であれば、どの言語でも効率よく学べる環境をご用意しています。講師はフリーランスの経験年数3年以上の現役エンジニアを中心に構成され、さらに一人ひとりに合わせたオリジナルのカリキュラムを組むので、無理なく自分のペースでプログラミングスキルを習得できます。

無料カウンセリングではプロのコンサルタントによるキャリアの相談も行っているので、将来プログラミングで稼ぐためのビジョンも見えてくるでしょう。あなたの希望に合わせて、最適なプログラミング言語のご提案をさせていただきますので、お気軽にご利用ください!

無料カウンセリングを予約する

まとめ

今回は稼げるプログラミング言語を、年収・案件数・人気の観点から、ランキング形式で紹介しました。

現在需要の高い言語、そして将来的に伸びていく分野で使われる言語が、今後も稼いでいける言語です。全くの未経験であればWeb系の言語が取っつきやすく、PHPやRubyまで扱えるようになれば、安定して稼げるでしょう。需要が高くまだエンジニアの数が少ない言語も、身につければ希少価値の高い人材になれるのでおすすめです。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら