40代未経験からエンジニア転職は無理?実情や目指し方も紹介

40代未経験か等でもエンジニアに転職できるの?
転職できるイメージが湧かない…

ITエンジニアは需要が高く、収入アップも目指せる魅力的な仕事です。しかし「40代かつ未経験からITエンジニアへの転職は無理」といった噂を聞き、不安に感じている人もいますよね。

そこで、本記事では40代未経験からのITエンジニア転職が「無理」と言われる理由から、成功のポイントまでお伝えします。ITエンジニア転職の実情や目指し方も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

目次

40代未経験からのエンジニア転職は「無理ではないが難しい」

40代未経験からのエンジニア転職が難しい理由

40代未経験からのエンジニア転職は、無理ではありません。実際に40代未経験からエンジニアになった人もいます。正しい進め方で学習・転職活動に取り組めば、成功するチャンスもあります。

しかし、現実的には挫折している人も多く、難しいと言わざるを得ません。40代未経験からのエンジニア転職が難しい理由は、主に次の3つが挙げられます。

1つずつ、順番に解説します。

理由1:20代や30代よりも転職活動で不利になる

ITエンジニアに限った話ではありませんが、やはり20代や30代と比べると40代未経験者の転職活動は不利でしょう。

20代であれば、未経験でも伸びしろを買ってもらえる「ポテンシャル採用」もそれなりに期待できます。30代だと多少はハードルが上がるものの求人の選択肢は多く、経験でカバーすることは可能です。

しかし40代の場合、基本的にポテンシャル採用は期待できません。給与などの待遇面が高くなりやすい分、むしろ高いスキルを期待されます。そのため、40代の未経験は20代や30代と比べてマイナスポイントが大きいのです。

また、求人に年齢制限がある場合、30代半ばに設定されることが多いです。この場合、40代ではそもそも応募できません。求人の選択肢が狭まることもあり、40代未経験の転職活動は苦戦を覚悟する必要があります。

理由2:IT業界の変化に対応し続けるのが大変

IT業界の速い変化に対応し続けることは、40代の人にとって大変でしょう。IT業界は日々進歩しており、技術のトレンドも急速に移り変わります。今のトレンド技術が、数年後には廃れているケースも珍しくありません。

ITエンジニアとして生き残るためには、新しい技術を継続的に取り込んでいく必要があります。しかし、年齢が上がるほどIT学習の難易度は上がります。知識の吸収が大変なだけでなく、そもそもITに疎い人も少なくありません。

新しい技術を取り込めないと、飲み込みが早い若手エンジニアについていけない懸念もあります。40代からITエンジニアを目指すなら、転職に成功した後のことも考えなければ挫折しかねないのです。

理由3:職場によっては体力的に厳しい側面も

職場によっては、40代だと体力的に厳しい側面もあります。

未経験からだと、顧客企業から仕事を請け負う「受託開発」や、顧客の職場で働く「客先常駐」が多くなります。これらの働き方は残業・休日出勤が増えたり、顧客の都合に振り回されたりするケースが少なくありません。

若手エンジニアと比べれば、やはり40代は体力面で不利です。若い人の体力ならハードな場面を乗り越えられても、体力に自信がない40代の人だと難しい場合があります。

40代未経験からエンジニアになる3つの方法

40代未経験からエンジニアになる3つの方法

40代未経験からITエンジニアになるための道のりは険しいといえます。しかし、正しい方法で取り組めば成功するチャンスもあります。

ここでは、40代未経験からITエンジニアになる方法を、3つにまとめて紹介します。

方法1:転職エージェントを利用する

40代未経験の転職活動には、「転職エージェント」を利用するのが効果的です。転職エージェントでは、エージェントから書類添削や面接対策、求人紹介といったサポートを受けられます。

転職成功のノウハウを持つエージェントを味方につけることで、成功率アップにつながるでしょう。ただし、ITエンジニアのスキル習得まではサポートしてもらえないため、独学でスキルを身につける必要があります。

転職エージェントを利用する場合は、「マイナビITエージェント」がおすすめです。転職後の定着率97.5%(2023年9月時点)という高さで、後悔のないキャリアプラン設計をサポートしてくれます。

なお、次の記事ではITエンジニアへの転職に強いおすすめのエージェントサービスを詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてください。

ITエンジニア転職に強いエージェント・サイトおすすめ28選
更新日:2024年5月7日

方法2:知人に紹介してもらう

場合によっては、知人にITエンジニアの仕事を紹介してもらう選択肢もあります。これまでの豊富な人脈を活かせるのが40代の強みです。システム系の仕事に携わる知人がいるなら、仕事を紹介してもらえないか打診するのも良いでしょう。

知人からの紹介だとスムーズに選考が進みやすく、採用担当者からの信頼を得やすいのがメリットです。ただし紹介であっても、求めている人材に合わなければ不採用となる場合があることを知っておきましょう。

また、こちらもスキル習得までは独学で何とかしなければなりません。独学に不安があるなら、別の選択肢を考えることをおすすめします。

方法3:転職サポートのあるプログラミングスクールを利用する

手厚いサポートを受けたい人には、転職サポートのあるプログラミングスクールの利用が最もおすすめです。スキル習得から転職活動まで一貫したサポートを受けられます。

前述した2つの方法だと、独学でのスキル習得が求められます。独学だと不明点があっても相談できず、挫折してしまう人が多いのです。その点、現役エンジニアに相談できるスクールであれば、挫折のリスクはぐっと下がります。

またスクールの転職サポートでは、転職エージェントと同様のサポートが受けられることが多いです。それに加えて、スキルの証明に役立つ「ポートフォリオ」の作成支援を受けられることも大きなメリットといえます。

ハードルが高い40代未経験からのITエンジニア転職を成功させたいなら、転職サポートのあるスクールの利用を積極的に考えましょう。

なお、下の記事では40代から通えるおすすめのプログラミングスクールを、選び方も交え詳しく紹介しているので、あわせて参考にしてください。

【2024年6月最新】40代・50代から通えるプログラミングスクールおすすめ6選
更新日:2024年6月1日

40代未経験からITエンジニアを目指す人が学ぶべき3言語

40代未経験からITエンジニアを目指す人が学ぶべき3言語

ITエンジニアには、さまざまなプログラミング言語を扱うスキルが欠かせません。

そこで、ここからは40代未経験のITエンジニア志望者が学ぶべきプログラミング言語を、3つにまとめて紹介します。

自分だけでWebサイトを作れるスキルがあれば、40代未経験でもアピール力が上がります。そのため、できれば上記の3言語はすべて学ぶほうが良いでしょう。

Webの基本「HTML/CSS」

Webの基本といえる「HTML/CSS」の学習は欠かせません。HTMLはWebページの表示内容を定義する言語、CSSはWebページの見た目を整える言語です。併用されることが一般的なため、HTML/CSSとセットで呼ばれます。

これらは、文章を構造化して記述する「マークアップ言語」であり、プログラミング言語と比べると習得難易度は低いです。しかし、Web系の開発では、HTML/CSSの知識が求められます。

ITエンジニア転職に向けたプログラミング学習の第一歩として、HTML/CSSを学びましょう。

フロントエンド開発で必須の「JavaScript」

「JavaScript」は、Webページの動的な処理を実現するプログラミング言語です。たとえば、ボタンが押されたときに処理を行ったり、画面にアニメーションを表示したりできます。

Webサイトの構成要素は、下記のようにフロントエンド・バックエンドの2種類があります。このうちJavaScriptは、ブラウザ上で動作するフロントエンドのプログラム開発に使われる言語です。

  • フロントエンド:ユーザーのブラウザ上で表示や動作を制御する
  • バックエンド:裏方のWebサーバーでアプリやデータを管理する

Webのフロントエンド開発には、基本的にJavaScriptが欠かせません。そのため、自分だけでWebサイトを製作するならJavaScriptも必ず学びましょう。

バックエンド開発で高需要の「PHP」

「PHP」はWebサーバー上で動作し、バックエンドの処理全般を担うプログラミング言語です。主には、ユーザーからの要求に応じてデータの取得や加工を行い、適切なWebページを生成してフロントエンドに送信します。

バックエンド開発に使えるプログラミング言語は複数ありますが、その中でもPHPは特に需要が高い言語です。40代だと選択肢が狭まりやすいため、少しでも需要が高いPHPを選ぶことをおすすめします。

PHPは、フロントエンドのJavaScriptプログラムとの通信が欠かせず、HTMLに埋め込んで使うことも多いです。そのため、前述の2言語を学んだ後にPHPを学習すると良いでしょう。

40代未経験からITエンジニアに転職するためのポイント3つ

40代未経験からITエンジニアに転職するためのポイント3つ

40代未経験からITエンジニアへの転職を目指すことは、簡単ではありません。少しでも成功率を高めるために、次のポイント3つを押さえましょう。

1つずつ、順番に解説します。

ポイント1:高品質なポートフォリオを製作する

40代未経験からIT業界へ転職する場合、「ポートフォリオ」が鍵となります。ポートフォリオとは、経験やスキルを証明するための作品集や資料のこと。高品質なポートフォリオを製作しましょう。

ITエンジニアにおけるポートフォリオといえば、大半の場合は自作したWebサイトです。高品質なWebサイトをポートフォリオにすることで、未経験でも高いスキルをアピールできます。

ただし、Webサイトの品質は「独自性」も含めて評価される点に注意が必要です。Web系の採用担当者は、さまざまな応募者のポートフォリオを見ています。優れたWebサイトでも、ありきたりだと高い評価を得られません。

なお、次の記事ではポートフォリオの作り方を、作成するメリット・デメリットも交え詳しく紹介しているので、ぜひご一読ください。

エンジニアのポートフォリオとは?作成するメリットや例、作り方も紹介
更新日:2024年5月10日

ポイント2:これまでの経験を最大限に活かす

40代であれば、他業界での豊富な経験があるはずです。転職活動では、これまでの経験を最大限に活かしましょう。そうすることで、ITエンジニアへの転職成功が近づきます。

たとえば金融業界の経験をアピールすれば、金融システムを開発する会社に評価されやすいでしょう。また、管理職の経験がある人なら、高いマネジメントスキルをアピールできる可能性があります。

これまでの経験を効果的に活かすうえでは、自己分析が大切です。何が強み・弱みなのかをしっかり把握することで、応募先の企業に合わせたアピールがしやすくなります。

ポイント3:1人だけで抱え込まない

40代未経験からの転職はハードルが高いため、1人だけで抱え込まないことも大切です。プログラミング学習や転職活動でつまずくことは、誰にでもあります。誰の助けも借りられないと、そのまま挫折してしまいかねません。

特に、ITエンジニアのスキル習得に向けたプログラミング学習において、独学にこだわるのは危険です。事実、弊社の調査ではプログラミング独学者の87.5%が学習途中に「挫折や行き詰まりを感じたことがある」と回答しています。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験

掲載元:PR TIMES
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
サンプル数:n=298
調査対象:10代〜80代の男女

その理由として、特に多かったのは「不明点を聞ける環境になかった」「エラーが解決できなかった」といったもの。独学で発生した不明点やエラーを自己解決することは難しく、挫折につながりやすいのです。

不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

掲載元:PR TIMES
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
サンプル数:n=298
調査対象:10代〜80代の男女

独学は費用を抑えやすいものの、挫折すれば費やしたお金や時間が無駄になってしまいます。そのため多少費用はかかっても、すぐに相談できるプログラミングスクールで学んだほうが、結果として損になりにくいでしょう。

40代未経験から挫折なくITエンジニアへの転職を目指すなら

40代未経験から挫折なくITエンジニアへの転職を目指すなら、プログラミングスクールの利用をおすすめします。

前述した調査のとおり、プログラミングの独学途中で挫折する人は多くいます。また、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%
・転職成功後の平均年収65万円UP
・転職成功後の離職率3%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

冒頭で述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、現役エンジニアのようなプロに質問・相談できない状況でプログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%」「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

また、侍エンジニアでは受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でもITエンジニアへの転職や副業での収入獲得に必要なプログラミングスキルだけを効率的に習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な「給付金コースを提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの転職や副業での収入獲得などの目的が実現できますよ。

公式サイトで侍エンジニアの詳細を見る

40代未経験からITエンジニアを目指す人によくある質問

最後に、40代未経験からITエンジニアを目指す人によくある3つの質問に回答します。

Q1:今から目指すならどんなITエンジニアの職種がおすすめ?

40代未経験からIT業界への転職を目指すなら、最もチャンスがあるのはWebエンジニアでしょう。比較的習得しやすい開発言語が多い上に、求人数が多く未経験でも仕事を探しやすいためです。

例として、Webエンジニア以外にも下表のようなIT職種があります。ただし、Webエンジニアと比べて40代未経験の人にとっては難しい部分があります。

IT職種メリットデメリット
AIエンジニア生成AIで注目されており、将来性が高い先端技術を吸収し続けなければならず大変
インフラ
エンジニア
社会に欠かせないITインフラを支えるため、需要が安定している未経験だと現場でのシフト勤務が多く、体力がないと厳しい
組み込み
エンジニア
さまざまな機器の制御プログラムを開発する仕事があり、需要が安定している基本在宅ワークができず、職場によってはハードで体力がないと厳しい

ほかにも魅力的なIT職種はありますが、成功率を高めたいならWebエンジニアが最もおすすめです。

Q2:フリーランスのITエンジニアになるのは無理?

ITエンジニアには、企業に所属せず自由に案件をこなしていく「フリーランス」の働き方もあります。40代未経験からフリーランスのITエンジニアになることは無理ではないものの、転職以上に難易度は高いといえます。

フリーランスの場合、案件を受注できなければ基本的に収入が得られません。Web開発の案件には、何十人ものITエンジニアが応募することが珍しくなく、営業力がなければ受注を勝ち取ることは難しいでしょう。

40代未経験からフリーランスのITエンジニアを目指す場合、独学は無謀です。もしフリーランスという働き方を選びたいなら、案件獲得に向けたサポートが受けられるプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。

なお、フリーランス志望者におすすめのプログラミングスクールを知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

【2024年6月最新】フリーランスへの独立が目指せるプログラミングスクールおすすめ5選
更新日:2024年6月1日

Q3:女性でもITエンジニアになれる?

40代未経験の女性でも、ITエンジニアになることは可能です。男性と比べれば割合は少ないものの、現場で活躍している女性のITエンジニアもたくさんいます。

出産や育児によって家庭の比重が高くなると、IT業界への転職で不利になる場合があります。しかし、子どもが大きくなって育児がある程度落ち着いた40代の人であれば、家庭面での不利は少なくなるでしょう。

ITエンジニアへの転職を目指すにあたっては、性別よりもスキルのほうが重要です。40代未経験から転職を成功させたいのであれば、スキルを磨きましょう。

まとめ

今回は、40代未経験からITエンジニアへの転職を目指す人に向けて、次の5点をお伝えしました。

40代未経験からでもITエンジニアに転職することは可能です。しかし、決してハードルは低くありません。ITエンジニアへの転職を成功させるためには、正しい情報を身につけたうえで取り組むことが大切です。

独学だと挫折するリスクが高いため、不安があればプログラミングスクールを利用しましょう。今回の内容を参考にして、40代未経験からのITエンジニア転職を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

【プロフィール】
9年ほどITエンジニアを経験したのち、豊富な技術文書の作成経験を活かし、専業Webライターへ転身。クラウドワークスでは半年ほどでプロ認定、3年半ほどでトッププロ認定を受ける。システムエンジニア・プログラマー・テストエンジニアなどを経験しており、上流から下流まで幅広い開発工程のノウハウを習得しているのが強み。侍エンジニアブログでは、2020年から幅広い分野の執筆を担当。「挫折させないライティング」をモットーに、プログラミング初心者の方でも負担なく読める記事の執筆を心がけています。
【専門分野】
IT/システム開発/組み込み開発/アプリ開発(主にWindows)
【保有資格】
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
ソフトウェア品質技術者資格認定(JCSQE)初級
JSTQB認定テスト技術者資格(Foundation Level)

目次