フリーランスプログラマーとして失敗する7つの原因と解決法

フリーランスのプログラマーを目指しているが、失敗したくない
フリーランスのプログラマーだが、失敗続きの現状を変えたい

このように「フリーランスプログラマーとして失敗しない方法」を知りたい方は、ぜひ当記事をお読みください!

当記事では、フリーランスプログラマーとして失敗してしまう要因から失敗を回避するために必要なスキルまで、詳しく解説していきます。

当記事を参考にして、フリーランスプログラマーとして成功しましょう。

フリーランスプログラマーになって失敗してしまう7つの原因

失敗してしまう7つの原因

フリーランスプログラマーとして失敗してしまうのは、原因があります。失敗の主な原因は以下の7つです。

  • フリーランスのデメリット面を甘くみている
  • プログラマーとしてのスキル不足
  • 自己管理できず効率的な仕事ができない
  • クライアントの意図を汲み取れない
  • クライアントに適切な提案をできない
  • プロ意識が欠如している
  • スキルアップしない

原因を把握し、改善することで失敗するリスクを減らせます。それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

フリーランスのデメリット面を甘くみている

フリーランスのデメリット面を甘くみていると、フリーランスプログラマーとして失敗します。フリーランスは会社員と比べると時間・場所の自由度が高く、在宅ワークも可能です。

一方で、フリーランスプログラマーは安定的に案件を獲得できるとは限らず、これは大きなデメリットでしょう。デメリット面を考慮した上で、フリーランスプログラマーを目指さなければ、失敗してしまいます。

プログラマーとしてのスキル不足

フリーランスプログラマーは、会社勤めのプログラマー以上に高いスキルが求められます。プログラマーとしてスキル不足だと、フリーランスプログラマーとして安定的に仕事を受注するのは難しいでしょう。

フリーランスプログラマーとして、スキル不足は致命的。失敗しないためにも、スキル習得は必須です。プログラマーになった後も継続的なスキルアップが必要となります。

自己管理できず効率的な仕事ができない

自己管理は、フリーランスプログラマーのみならずフリーランス全般にとって重要です。自己管理ができなければ、仕事を効率的にできずフリーランスプログラマーとして失敗するでしょう。

一概に「自己管理」といっても、時間管理や健康管理など、仕事以外の時間も自分を律する必要があります。そもそも自己管理が苦手な方は、フリーランスに向いていません。

クライアントの意図を汲み取れない

クライアントの意図をくみとる

コミュニケーション能力が低く、クライアントの意図を汲み取れないとフリーランスプログラマーとして失敗します。

クライアントの意図を汲み取れないことで、クライアントが求めている成果物とは異なる開発となり、プログラマーとしての評価を下げてしまうからです。

クライアントに適切な提案をできない

フリーランスプログラマーは、提案力も重要です。クライアントに適切な提案ができなければ、フリーランスプログラマーとして失敗する可能性が高いでしょう。

適切な提案は案件ごとに異なり、柔軟な思考力がフリーランスプログラマーには求められます。提案力のないプログラマーは、競争力が低くなり結果として失敗につながります。

プロ意識が欠落している

フリーランスプログラマーとして活躍するには、プロ意識は必須。プロ意識が欠落しており、自己管理やスキルアップができていなければ、フリーランスとして失敗します。

他の仕事にも同じことがいえますが、常にプロ意識をもち、仕事に取り組むことが重要です。プロ意識を持ち続ける必要があります。

スキルアップしない

スキルのないフリーランスプログラマーは、失敗します。というのも、プログラマーを取り巻くIT業界は、変化の激しい業界だからです。

スキルアップしていかなければ、時代の変化に伴い、これまで身につけたスキルが通用しなくなってしまいます。失敗しないためにも、フリーランスプログラマーとして、継続的なスキルアップが必須です。

失敗を回避!フリーランスプログラマーとして身につけるべきスキル

身につけるべき技術とは

では、失敗を避けるためには、どういったスキルが必要となるのでしょうか。身につけるべきスキルは以下の4つです。

  • プログラミングスキル
  • 案件をどの程度で遂行できるかの計画力
  • 分からない箇所を調べるスキル
  • コミュニケーションスキル

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。失敗を回避しましょう。

プログラミングスキル

フリーランスプログラマーとして、プログラミングスキルは必須です。一概に「このスキルされあれば安泰」ということはありません。

常に最新のプログラミング情報を仕入れ、手を動かしながら継続的にスキルアップする必要があります。

プログラミング言語は需要の変化が激しいため、習得する言語を見極める必要があるでしょう。

案件をどの程度で遂行できるかの計画力

フリーランスプログラマーとして稼ぐには、複数の案件をこなす必要があるでしょう。そこで重要なのが「案件をどの程度で遂行できるか」という計画力が求められます。

自分のスキルとクライアントからの要望をすり合わせ、納品までにかかる時間を正しく認識しましょう。

計画力はいきなり身につくものではないので、案件をこなしながら慣れる必要があります。

計画にはプログラミングスキルが必須。まずはプログラミングスキルを身につけた上で、計画力を養ってください。

分からない箇所を調べるスキル

わからない箇所を調べる

フリーランスプログラマーとはいえ、全てのプログラミングスキルを身につけることはできません。案件によっては、分からない箇所は当然出てきます。

そういった時に重要なのが、調べるスキルです。国内外のリソースをフルに活用し、スピーディーなリサーチ能力が求められます。

コミュニケーションスキル

フリーランスプログラマーは、ただ技術力があるだけでは活躍できません。クライアントあっての仕事のため、コミュニケーションが求められます。

ここでのコミュニケーションスキルとは、「クライアントからの要望を適切にヒアリングし、要望に応じて適切に提案する力」のこと。

プログラミングのスキルアップに集中するあまり、人とのコミュニケーション不足にならないよう、気をつけてください。

失敗しないフリーランスプログラマーになるためスクールを活用しよう!

引用:侍 無料カウンセリング https://calendar.sejuku.net/

ここまでご覧のように、フリーランスプログラマーとして成功するには多くのスキルが求められます。そのため、「フリーランスプログラマーとして失敗したくない」と思う方はスクールを活用することをおすすめします。

スクールではプログラミングスキルの習得はもちろん、仕事の獲得までサポートしてくれます。当スクール「侍エンジニア」は、フリーランスの経験年数が3年以上のプロの現役エンジニアを中心とした講師陣。

その中から一人の講師が完全担任制で、個人に合わせたカリキュラム作成から実際の指導、案件の獲得法まで支援。

フリーランスプログラマーとしての成功に向けた、相談から案件サポートまで用意しています。まずは一度、無料カウンセリングを受けてみましょう!

無料カウンセリングを予約する

まとめ

フリーランスプログラマーの失敗する原因はさまざま。失敗しないためにも、継続的なスキルアップが求められます。

フリーランスプログラマーとして失敗する原因を把握し、失敗を避けましょう。当記事を参考にして、フリーランスプログラマーに向けたプログラミング学習を始めてください。

プログラミング学習中、
誰かへ相談したいことはありませんか?

SAMURAI TERAKOYA

プログラミングはエラーの連続。作業を進めるなかで誰かに教えてほしい場面は多いですよね。

そんな悩みを解決できるのが、侍テラコヤです。月額2,980円から学べて、現役エンジニアとオンラインで相談できるほか、回答率100%のQA掲示版でプログラミングに関する悩みを解決します!

公式サイトからご入会いただくと、お得なクーポンを利用できるので、気になる方はぜひ詳細をご覧ください。

詳しくはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close